スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2011年 10月 02日 ( 2 )

Nyfiken 日曜映画館第2部

Swedish movie is interesting, that is different from that of Hollywood, French and Japanese.


Family, way of thinking, social problem, relationship. It might not be right to generize, but as there is a flag in each country. there is specific character in nordic movie.Personally I like it.


by nyfiken | 2011-10-02 09:23
This movie show some aspects in Sweden.Single mother. How do young live? Relationship with mother and father.familyl?
Loneliness, immigrant's background family's child, this movie describes so well about interesting aspects in sweden.Sorry for No translation in English but you can enjoy without understand Swedish, but if you understand swedish language, you will enjoy more! High school age..10 age and early 20th.舞台はスウェーデン、誰もが思い当たる青春。10代から20代にかけての時代。スウェーデン映画。移民の母と息子。(ロシア)孤独な夜にネットで偶然会うプロットは現実むしろ珍しくないパターンではあるが。この映画の中には、北欧で問題になる移民の両親を持つ子供たちのおかれた状態。いろいろな社会の要因、スウェーデンの若者のおかれた今を映している。ロシアなまりのスウェーデン語を話すバレリーナをめざす息子の母親が家庭でスウェーデン語を話す。これは、移民の子供たちがスウェーデン語の教育を幼稚園から受けるために、母国語よりスウェーデン語のほうが得意になっていくために、家庭でスウェーデン語を使うといったことも多いが、現実にはロシア語を家庭で話しかける親、学校でスウェーデン語というパターンもロシア系移民の知り合いには多い。もちろん子供のほうがスウェーデン語が母国語になってしまう。


by nyfiken | 2011-10-02 09:03