スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken

<   2008年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

朝アパートで軽い朝食を食べたあと、出発。日曜日の朝お店があくのが11時。10時にあくスカンセンへ。スカンセンでは、昔のスウェーデン人の暮らしがみえる。100年以上前に農家や村の学校と先生の家。金物屋と商人の家。小作農民と家畜小屋がある木の家は、日本の昔の農家の家ににている。一部屋に6人もどうやって寝ていたのだろうという部屋。まきでたくストーブの調理場。壁に作りつけたベンチは、居間にぐるりとまわされていて、多くの人がそこにすわることができて合理的。

驚いたのは、1920年に商人は、ふつうのまきでたくまきストーブ調理台のほかに、電気のオーブンストーブとセントラルヒーテイングを使っていた。学校の先生は教室が家の一部にある。庭に当時蜂を飼っていて、はちみつを手作りで売っていたという。まきストーブの調理台にお湯がわくところがあって、蛇口がついているところは昔の日本のまきストーブににている。農家も実際の家を移転したもので、寄付をした家族から手に入れた、実際住んでいた人の写真が飾られている。農家の蒔きストーブ調理台で1920年代にコーヒーの生豆を煎るふたつきの取っ手がまわる鍋でコーヒー豆を煎って飲んでいたというのをしってびっくり。


スウェーデン刺繍は、日本に一般的に紹介されているのは、一部だが、わたしが好きなのは白い生地に、ブルーや赤など単色ででシンプルに刺繍をするモチーフ。コーヒーカップだったり、文字だったり。ラインが優しい。刺繍も台所にかかっていたのは、商人の家。あきらかに同時代でも商人が一番モダン名暮らしをしていた。一年契約の契約農家の夫婦は、55回更新して一生を終えている。昔は本当に寒い時代に調理も暖もいっしょにとった台所兼居間で寝ていたのは、興味深い。いすのベンチが夜はベットになる。家畜馬などが住む小屋が家に続いてあるほうは、家の中が大きく、二家族が住んでいた。おもしろいのは、大きな広間の室内にぐるりと壁ぞいに木のベンチが回してあって、客や大家族がみなそこにすわれるようになっている。。大きなテーブルをかこんで大家族の姿を想像する。機織りの機械で生地を織っていた昔の女性達。

いろいろな種類の小さなケーキ(みんなおいしそう)とコーヒーがのめる昔風の家があって、そこで手作りのおいしいケーキがたべられる。絵になるカフェ。100年以上もさかのぼったようなふんいきがあって、とってもおすすめ。ケーキもおいしい。北欧の伝統的なお菓子。キャンドルとお菓子のセってイングされたテーブルの前で写真をとってみよう。旅の思い出になる。そこのカフェはストックホルムカフェの本にもでている。女子大生は、チョコレートのプラリネを一個とコーヒー。わたしは、コーヒーとチョコレートのお菓子をいただく。スウェーデン人のおじさん。そして他に旅行客のカップルがいた。スカンセンは、入り口のよこにあるブテイックがとってもかんじがいい。スウェーデンらしい質のいいおみやげがたくさんあって、本からカード、良質のものがみつかる。

彼女が、昨日みて一個自分用にかった、文房具のおきにいり。カードや紙をぱちんとはさむと女の子や男の子のかたち。あるいはサンタクロースのかたちの切り抜きができるもの。がとってもきにいって、そのスウェーデンの有名文房具デザインショップへ。バスでエステルマルム近くでおりる。マリメッコのブテイックの前をとおる。ルイヴィトンのブテイックの前を通り過ぎ、ガラスのオレフェスやコスタボダのショールームの前をとおり、横断歩道をわたって、スウェーデンの若者が一番クールな場所と思っているスチュァプランのギャラリアンへ。モールの中にたくさんのブテイックがはいっている。


入り口のデスプレイオレンジ色のFACEのデスプレイに彼女はおしゃれ!と声をあげる。入り口をはいってすぐひだりが本屋。隣はフィンランドのヘルシンキが本店のフィンランドジン、フランス人デザインナーがつくる北欧宝石(ここの指輪のデザインは北欧でしたなかなか手に入らないもの)、セレクトショップ(バッグや洋服)Stockholm FACEのお化粧屋さん。フランスの食器や鍋を中心においているお店などの前をとおって、スウェーデンブランドの文房具デザインショップへ。いろいろな色のノートや鉛筆、ペン。楽しい気分になる。目的のものがみつかって、大満足。おともだちへのプレゼントを買う。(あとで、スウェーデンの店員さんは、親切。だって買った数より多めの袋をくれたの。と彼女)

スチュァプランの反対側出口近くのカフェはいつもながら混んでいる。ストックホルムで一番おしゃれな地域あるいは、お金持ちがではいりするショッピングモールといわれているところ。夜になるとナイトクラブなどに若者は、おしゃれしておでかけもするが、場所代でそのあたりは高い。BOSSやVERSUSやいろいろなブテイックがある。。

バスでグランドホテル近くまで。ホテルの前を通って、国立美術館へ。現代デザインに興味のある彼女は、一生懸命みていた。空港出発まで時間が迫る。あまり時間がないので、スウェーデンがほこるMAXハンバーガーをランチ。お肉が柔らかい。野菜が多い。店内のオレンジ色とライトブルーのインテリアは、カジュアルだが、デザインナーのセンスがいい。コーラがおかわりができるのがいい。

ヒュートリエットの駅までNKデパートの前を通り、地下鉄にのって、セントエリクスプランまで。アパートまで歩いて、荷物をとり、また駅近くのリムジンバス停留場まで。バスがきて彼女は出発していった。何回も手を振りながら。短い間だったけど、ストックホルムを駆け足で案内して、もっと本当は時間があったらお見せしたいところがたくさんあった。デザインや文房具やおいしいものに興味がある20才の女の子。いつか新婚旅行で来たいです。と彼女。今回の旅行でスウェーデンが好きになったということをきいて、嬉しくなったわたし。冬は寒くてくて暗いけど夏は気持ちがいいわよ。可愛い子には旅を。ご両親の愛情と理解があってこその一人旅。


母親が編んでくれたという手編みのセーターは、北欧でみかけるどのセーターより北欧らしくてすてきだった。空港まで迎えにいかずに、リムジンバスで最寄りの駅て下車そこで出迎えをした。最初ひとりでバスにのると、空港からしばらく暗い道をへて途中いくつか停留所にとまる。スウェーデン語と英語でアナウンスするにしても名前がはっきりとわかりずらい。でも一度新しい国にいってどきどきしながら、市内にはいる一人旅は、印象に残るもの。わたし自身の経験でも、ひとりで外国にでかけるのは、それなりにいつも緊張感がある。その緊張感と期待感がわたし自身好き。

フィンランドとスウェーデンの相違をいろいろ感じた旅田と思う。ストックホルムの中は、電車とバスで3日間180クローネの旅行パスを使うのが便利。一回のるだけで40クローネと高いので、これが短期滞在者には一番経済的。買い物につきあってついつい自分も買ってしまう。やっぱりガムラスタンが一番と彼女。戦争が180年?以上なかっった焼けていないヨーロッパの数少ない都市として旧市街ガムラスタンは、むかしの面影、石畳が残されている。いまでも馬車が通りそうな狭い道。16,17世紀。。。魔女の宅急便の舞台にイメージしたという宮崎はやおはいつガムラスタンを訪れたのだろう。旅で歩いてそれにインスピレーションをえて芸術にしたり小説にしたりする人たち。ガムラスタンの2月はいつもはつららを気にしてあるくのに、今年はまったく雪がふらない。本当に地球はこのまま気候が変化して、どうなっていくのだろうか。まさか地球が恐竜が歩くあんな環境になってしまったら、大変なこと。動物が大型化して、もっとかしこい大型の動物がでてきたら、人間はどうなるのだろう。と考えることは、もしかしたら、あと1000年さきのことはだれもわからない。


宮崎はやおの隣のトトロはスウェーデンでも上映。わたしは千と千尋をストックホルムの映画館でみて感動して涙が流れた。またその映画がテレビで上映された。


宮崎はやおは、アニメファンにとっては、神様みたいな人なのだろう。ヨーロッパの子供達は、日本の漫画本が自国語に訳されて売っているのをふつうにそろえて、育つ。まんがは、こうだ。とネガテイブにとらえるのではなく、なぜまんががこれだけ世界の人たちの心をつかむのか?日本文化のおもしろい部分。カラオケ、漫画、そしてアニメ。ゲーム。秋葉原のオタク文化。原宿ファッション。キテイチャングッズはこどもたちに人気だし。キッチュなアジアの雑貨はヨーロッパ人の選択でますますおしゃれなポップなブテイックで売られている。

20才の女子大生の一人旅。ルイビトンのお店の前を通ったときに、スウェーデン人の若者がみなナップサックやもっと安いH&Mのビニールのバッグを持っているのをみて、"日本人の若い人はみんなヴィトンをもっているひとが多いけど、スウェーデンはほとんどみないですね。”とコメント。ここの若い子は、分相応に、それなりにする。ヴィトンやグッチにこだわる子もいるが、お金をじゃんじゃん稼いでるキャリアウーマンやおばさまたちが、持っている方が圧倒的。またスウェーデン人は、室内のあしらえやインテリア小物、ベッドシーツ、季節ごとのテーブルクロスやランチョンマット、カップやグラスなどのコーデイネイトや照明を変えるので、クッションカバーやお花をいれるはち、キャンドルいれなどにお金をかけたり、お金をかける順序が少し違うのかもしれない。とわたし個人の意見。若い学生もアパートに友人をよんだりパーテイをするスウェーデン人は、イケアなどで手頃な値段のおしゃれな家具や小物でベッドもカバーを上手にして狭くてもよく友人達をまねいたりする。いつも感心するのは、それなりに台所やお部屋が居心地がいい。スウェーデンの若者は一人住まいの場合、ルイヴィトンにかけるお金は、働いて自分の給料がはいったときに、グッチでもヴィトンでも買うのだろうけど、学生は、そういったお部屋をきれいにするものに使うほうが多いのでは?少なくてもヴィトンやグッチを持ちたい人はもつけれど、あまりそこに人生の重点をおいていないような気がする。スウェーデンでは、職場でも女性があまりちゃらちゃらとして浮くことは、よしとされない。ラゴム(中庸)を美徳とするお国柄、ミニのフリフリと子供っぽい女子高校生のような格好で職場にいくことは、そのひとの品格を疑われる。高校生はお化粧もしているし、日曜日は髪の毛をたてて、黒くそめたり、いろいろな格好で町にくりだすが、それも平日とは違う。女性も職場では、印象のよいあまりめだたない洋服職場の服をきるが、夜のパーテイは、高いヒールをはいたり、ミニのふりふりも、胸があいたセクシーなワンピースも口紅も赤くぬったり、する。TPOの使い方を徹底されるのが、やはりヨーロッパの基本なのではないだろうか。

スウェーデンにいて、思うことは、スウェーデン人もパリやニューヨークに目がいっているということだ。特にファッション関係者で、ミラノ、ニューヨークで21才からモデルをしていた女性が、(TOMMY H やシャネルなどでトップモデルで活躍していた開眼しニューヨーク時代に培ったセンスで新しく洋服のデザインをはじめ、最近のH&Mの主催する新しいファッションデザイナーの登竜門である賞にノミネートされたKARIN Säby33才がいる。ラルフローレンなどに影響を受けたという。スウェーデンは小さな静かなヨーロッパの北のはずれの国。スウェーデン女性が世界で活躍するその土壌には、いつもこういった海外ニューヨークやパリに若いときにでていったあるいは他のヨーロッパで住んだひとたちが、今のスウェーデンのデザインシーンをリードしているような気がする。もちろんスウェーデンにいながら、北欧発のデザイナーで最近ニューヨークのバーニーズに洋服のコントラクトをつけたFIFTH AVENUE SHOE REPAIR のデザイナーもある。わたしがよく散歩するソーホー、セーデルマルム地区のジャマイカ人がやっているジャマイカ音楽のお店と同じ通り農民通り(BONDEGATAN)にあるBUTIKが今やニューヨークからまた世界にむけて発信されているのを知って嬉しい。(日本のバーニーズでも売っているかも。銀座と横浜はチェックしてみよう)


よく歩いた3日間。、ストックホルムにきてよかった。の女子大生のコメントが一番うれしかった。リムジンバスが停留所から離れ、わたしは横断歩道をわたり、サンとエリクスプランの地下鉄駅の上をとおり、レストランがタン通りへ。角のパリの街角にあるような小さなメルクビストのコーヒー店はいつものように狭い中は混んでいる。カウンターから外をみながら、ラップトップをひらいて書いているおにいさん。ROBERTたばこ店は葉巻やシガー、チョコを売っている。キューバの雰囲気など南米の音楽がながれている。比較的新しくできたとなりのオレンジ色のカフェ。雑貨のKAMARI。北欧ブランドのPIRGRIMなどデンマークやスウェーデンのブランドのアクセサリー、ラウンジ音楽、クッション、カード、キャンドルや雑貨が売っているおみせ。かわいいぬいぐるみもある。おとなりの美容室。いつもお店のデスプレイが楽しい。ベトナム雑貨やアジアの雑貨を売っている。パリのアジア雑貨店のイメージをヒントにしているようなお店。ベトナムからのバニラなども。。

ベトナムコーヒー。食器やランプが小さな店内一杯。南のスウェーデンでベトナム人がつくっている木彫りの彫刻の入れ物は芸術品。色っぽいおばさんの開いている下着屋さんは、マリメッコやフィンランドのメーカーの下着など。角はブテイック、セレクトショップ。男女とも。今はセールの最終。春物がどんどん入っている。通りをわたり、セブンイレブンセブンイレブンは24時間営業。中はあかるくて、最近日本でもそうだが、家庭料理のテイクアウトに力をいれつつある。チンするとできるスウェーデンの肉団子。ふぉっかちゃやピザ。やきそばみたいなもの。菓子パンやマフィン。パン。お寿司。などなど。店内でカウンターがありコーヒーものめるしそこでメールを送ったりチェックができる。

お店を横目にみながら、少し寂しくなって、楽しい時間をくれた20才の彼女のことを思いながらアパートへもどる。よく歩いたけどちっとも疲れなかった3日間。旅人と町をあるくと新しい発見がある。地球の歩き方をよくよんで予習をしていた彼女。やはりあの本は、なかなかよく調べてあると感心。
by nyfiken | 2008-02-29 06:07

快晴のストックホルム

珍しく晴れた快晴のストックホルム。太陽がまぶしい。雲ひとつなく部屋に光がさしこむ。まるで真冬のてんきのよい東京みたい。町がいつもとちがってみえる。みんな目を細めて、オフィスからでたり、外で寒くても座っておちゃを飲む。スウェーデンの暗い冬を過ごすと、太陽の光がなによりもの天からの恵みのように思われる。地球はすごい。北極も南極も同じ地球なのに、太陽がどうあたるかで、熱帯のジャングルもつくったし、氷りの場所も作った。わたしたちは、太陽の光で生かされているわけだけど。太陽のあたるほうが、のびが早い木やお花。でも太陽があたらないところは、人は、暗い中でも寒い中でも一生懸命生きてきた。環境が及ぼす影響はおおきい。太陽が照らすと、自然とそちらに花も顔をむける。われわれ生き物は、自然に必要なものがなにかを本能的に察する。すべての人間はそれなりにそれぞれの土壌で努力をしている。ひとしれず咲く花が美しいのは、だれかがみてくれるからではない。小さな鉢植えのお花もすこしだけでも手をかけると生き生きしていく。手をかけることは心をかけること。こういう気持ちはいろいろなことに大切なのかもしれない。太陽の光と水。そして空気。神様があたえてくれた、恵み。

命が宿る生き物や植物、動物。すべてをのみこむ地球はこれからどうなっていくのだろう。

スウェーデンの教育の道徳の本に、人と違うこと。その違いは当然で違いを受け入れることの大切さが、かかれていた。違うから差別するのではなく、違うものが存在することが当然で、それを受け入れたり、排除しないこと。確かに理想論ではある。宗教、民族の違い。それをのみこんであたらしい国をつくったアメリカ。去年ロンドンのシェークスピア野外劇場で演じられたアメリカの憲法を生み出すために州から代表をあつめて、けんけんかくかくの論議のすえにアメリカ合衆国の憲法がうみだされた劇をみた。ひとり南部から黒人の代表がでている。民主主義のなのもとに。全く違う国から来た人たちが、ひとつのデシプリンのもとに、国家を作った。旧世界では、一生はたらいても、一部屋に8人の家族と寝起きをし、朝から晩まで働いても今日食べていくのがやっとだったヨーロッパの貧しい農民たちのこどもたち。10代の後半ひとりでアメリカに渡った若者も多い。

ヨーロッパの王族や貴族(6,7世紀くらいからのヒエラルキーの過去の遺産?少なくても今世紀において、なおかつ続いてきた権力と財力)の世界での価値観で決して浮かばれない理想者たちが、新たな国へ旅立ち、いろいろなしがらみ階級差からのがれ、よりよい生活お金をもとめて移住したアメリカ。奴隷制度があったときに、連れてこられた人たち。

ロンドンのシェイクスピア野外劇場は、アメリカを題材にした劇を上演していた。役者の突出した魅力。決して堅苦しくなく、ちょっとお色気もあったり、衣装のセンスが日本の歌舞伎の衣装のセンスと同じくらいすばらしかった。昔の上流階級の女性の衣装や農民の男女の衣装などの時代考証が本場だけあって、実にすばらしい。衣装の色彩が、上品でけばけばしくない。わたしは、シェイクスピア劇場のその劇の一番の感動したのは、女性の衣装ドレスを手がけた人の、センスと品のよさ。日本の劇での洋装のドレスの色となると、なぜか舞台映えするようなけばけばしい色を持ってきがちだが、シックで華やかで、着物の色のように、原色でなく、わびさびの粋な色あいにすっかりと魅了されてしまった。

シェークスピア野外劇場で演じる若い役者たちのすばらしい演技や生き生きした英語。衣装の色あいの美しさ。イギリスの演劇の若い俳優の魅力は、本当にすばらしい熟年の俳優もいい味をだしていた。さて、アメリカの憲法制定前の熱い議論。各州の代表達の劇。立ち見席でみているひともいれば、ぐるりと壇をかこむ席にすわるひともいる。木のべんちで、クッションもお金をだすと借りられる。劇をみながら、上の空もみえるし、日が照ってくると、入場まえに渡された、紙のキャップをかぶる。

思えば、アメリカをつくったのは、イギリス人、ドイツ人、フランス人、オランダ人、スウェーデン人、アイルランド人、ロシア人、ポーランド人、ユダヤ人、スペイン、イタリア、などヨーロッパの各国からの移民達。アフリカからの奴隷、そして中国などのアジア人。アメリカ人はどうのこうのとひとことでかたづけること自体間違っているようなきがする。あの国をまとめていく人間に今なにをあの国民はもとめているのだろうか。英語がひとことも話さなくても生活にこまらないアメリカに住んでいるスペイン語圏の住民達。今回の選挙でアメリカの今後は決まるのではないだろうか。

理想論共産主義をかかえる中国は、かつてない資本主義的経済のなかでイデオロギーはたもちながら、国を発展させている。どのようにあの国はバランスをとっていくのだろうか。しかしながら、中国は、実は今のところ賢者がトップにたっている。賢い人がきちんと選ばれていく中国の今までの教育システムは、人的財産を築いてきた。賢い政治家や賢い学者や賢いトップがきちんと選ばれる国はのびるのではないだろうか。一人っ子政策で育ったあたらしいタイプの中国ジンが今でている。今までと違ってくるだろう。。中国の餃子問題しかり。中国の歴史と中国の国のシステムを学んだ人は、水掛け論をしていても時間の無駄だと知っている。謝る謝らない。はいつも問題になるが、謝ったって、餃子の毒は入るだろう。中国国内で、インスタントラーメンをたべた小学生が、小さなスープの粉についていた毒で亡くなったニュースは昨年あった。大陸でおそらくニュースにならないたくさんの毒いりなんとか事件が起きているはずだ。中国のトップは賢いから、知らないはずはない。日本で混入したといいながら、その日家に帰ったら、妻がだした餃子について聞きただすだろう”この餃子はあなたが作ったものか?”いいえ。冷凍食品よ。日本で混入したといった政治家は、"日本製の餃子なら食べる。”という。

中国へ行くときのおみやげは、必ずMADE IN JAPANというマークが100パーセント入っているものにする。日本人はもう気がついているだろう。中国大陸にメードインジャパンだけを売る店が登場するのは、時間の問題だ。台湾の台中には、すでにお金持ち専門のMADE IN JAPANショップがあって、日本の女性が好んできそうな洋服。キテイちゃん。お化粧品。すべてMADE IN JAPANだけ集めた店があった。日本のゲイシャのおみやげやさんでも日本人相手の食料品ではない。ちょっとぜいたくな日本のものを地元の金持ちのマダムたちが子供達とベンツでのりつけてくるお店なのである。台湾は日本びいきもいるからそうなのだと思う人もいるかもしれないが、それだけではない。その辺にこれからの中国ビジネスへのなにかしらの展開もあるかも?

なぜなら、日本から買っていったものがMADE IN CHINAのとき、かれらはひっくり返して、大きなため息をつく。ああ、しまった!だから成田空港の出発直前のお店に化粧品コーナーにMADE IN JAPANのものが並んでいる。化粧石けんだったり、ローションだったりする。日本は、コストが高くあがったとしても、こういったMADE IN JAPANの炊飯器を海外の寿司屋や寿司工場にしっかりと輸入して、国内産と同じくらいのレベルのものを値段を高くしても売っていくことが、いいビジネスになるのではないか。

ネズミのたくさんいる中国では、ねずみ殺しの薬を工場のすみにおくこともあるだろう。ねずみがそれをたべちらかして、もしテーブルのうえにその粉末が散ることもあるかもしれない。工場視察のときは、事前にしらされるから、テトラポットに花を飾って垂れ幕を下げ、きれいにするだろう。それを知った上で、ビジネスをするべきだ。中国人を信用するとかしないとかの問題ではなく、あの大陸は大きい。


親が政治家の環境で育つ子供達は、政治の世界を知っている。政治家の質をあげることと海外メデイアで日本は指摘されていることを日本人は、知っているのだろうか。政治家が、きちんと考える頭をもたずに、そのばしのぎでやっていたら、日本の経済もだめになるのではないだろうか。


マルテインルーサーキングのI HAVE A DREAM.を先日スウェーデン語で読んだ。そして、当時の映像をみた。ルーサーキングは、牧師的な大きな声。今でも太平洋諸国の黒人牧師達が大きな声で演説をしているのが印象的だ。1963年8月28日のリンカーンメモリアルでの演説。夢と現実という教材でスウェーデンでは生徒にスウェーデン語で読ませる。日本語にも訳されている。訳者にもよるのだが、もっとやさしい訳を小学生レベルにわかるように読ませることは日本の学校教育のなかでも教えられるのだろうか。

英語とスウェーデン語と日本語でのニュアンスが違う。訳は難しい。日本語に訳するときにやらら、難しくわかりにくい訳者がいるが、わたし個人の意見としては、訳というものは、万人が読んだときに自国語でわかりやすいように訳するのが訳者の力量だと思う。訳本がもし読みにくい物になった場合は、訳者の力が不足しているということだろう。機械翻訳でずらりと並んだ日本語のしりめつれつな訳を目にして、日本語に思えないことが多々あり、言語の難しさを感じる。

言語は、その言語独特の、ニュアンスがある。オバマ氏のMy father had a dream.の本はこのアーサーキングの有名な街頭演説をもじっている。スウェーデンの学校で演説内容を教える。日本の暗記中心の考えさせない受験勉強のための勉強をすすめていくと、頭がいいといわれる塾に通って点数のいい人がたとえトップクラスで大学にはいっても、創造力、考えていく力が子供時代から養われない。塾で世界の都市やその国の名前を丸暗記させる教育をしているかぎり、日本の将来は本当に暗い。アメリカの、どうしてその答えが正しいのか?なっとくするまで質問するあるいは、回答はそういっているけど、そうじゃないのではないか?と疑うことをする教育と、回答をそのまま暗記するといい点数がとれる教育の差が大きいのではないかと思う。

国の政治をマニュアル通りに進めていけばよいといった時代ではない時代にどうやって世界のなかでいきていくのだろうか。教育は、もう一度かんがえなおすべきではないだろうか。できる子供は塾にまかせて、暗記一辺倒の受験勉強ばかりさせていたら、これからの子供達が大人になったときに考えることが全く苦手な大人になる。おとなになったら、マニュアルなどないわけだから、社会にでたときにつまずく。問題集や参考書のとおりにやっていたら、いつもトップを走っていたひとは、そういうものが目の前になく、自分で考えてすることを苦手とする。その辺にこれからの日本の教育の課題があるのではないかと思う。じゃあ、塾にいって一生懸命勉強している少年達が勉強しなくてもいいのか。ということではない。ゆとりの教育がなぜ失敗したのか。現実の大学受験と文部省の推進するやりかたに大きなギャップがあること。

日本人は、西欧社会に学び、今日まできた。日本的なよいものは、そのままにして、いいところをどんどん吸収することにかけては、我ら日本人は、得意とする点である。。東京はとてもすばらしい魅力的な都市だ。ロンドンにだって、パリにだってまけない。そういうチャーミングな都市を私たちの親の戦後、焼けこげた廃墟から作った。

がんばってきてくれた大人達に感謝しよう、そしてその大人達の努力を決して決してむだにしないために、元気な若者がこの国を支えていかなければならない。日本の美徳は、本人たちはなかなか気がついていない。へこたれないで、これからの日本を作っていくために、教育が本当に必要だ。ひとりひとりの子供達を育てるために親がどんなに苦労して育てることか。その宝物の命を社会がやっぱり育てていかなければならない。いい本を読むこと。ハウツー物も必要だけど、自分がよく考えることができそうな、テーマをもったものならまんがだってなんだっていい。いろいろ考えることが、人を成長させる。

また匠の技ではないが、日本の優れた町工場や町の家内工業など先祖代々培った技術や古い伝統のものを守ることをしないと、中国の安い人件費の国に負ける。まけてもいいが、日本のせっかくあるいいものを失ってしまうのではないかと危惧する。

教育は、学歴社会だから仕方がないが、本当に能力のある子供達を先生達はチェックして、親に経済力がない子供達をぜひ奨学金で無料で大学まで教育できるシステムを作るべきである。シングルマザーやあるいは父親がいない子供達、あるいはシングルファザーの増えている時代にそういった子供達に国の税金を投入して優秀な人間を傑出させることは、国益になるのではないだろうか。アフリカの移民や戦争難民をうけいれているスウェーデンが、教育のないそういった外国人がこの国でがんばれば、道がひらけるように教育のチャンスを与える。親が経済力があって、塾で何度もでそうな問題を時間をかけてやったら、たいていふつうの頭脳の子供は誰でもいい学校にはいれるだろう。

人の能力はほとんどあまり差がない。アフリカの僻地からきた黒人達が、無料のスウェーデン語の移民学校で高校まで教育をうけるとちゃんと大学にいく。タイ人の中卒の女中さんだって、へたをすると日本の大卒より同じ教室で学ばせると文法などできるのだ。やる気があるとかないとかの問題以前に、希望がもてる社会やいろいろな人間の能力がそれぞれ生かせる多様な価値観(家内工業を捨てて、大学へいき、ホワイトカラーで事務がいいという価値などはもう旧態依然としたものになりつつある。)職人や大卒でない人の専門職の給料をもっと高くするなど、いろいろな方策がひつようなのではないかとふと感じる。スウェーデンでは、建築に携わる人や職人などの賃金は決して安くない。大学の研究者より、不動産会社の営業社員の給料が高い。



日本の大工さんや伝統的な家具の職人、畳職人やふすま職人、そういった人の技術をもっと高く評価して、若い人が安心して職人ができる保証制度を整備することは必要なのではないか。すべてのひとは、コンピューターで事務作業や仕事をするために、大学へ行く必要もない。一応大学をでていたら、という目的志向のないやりかたでは、これからの人的教育は世界に立ち後れる。大学教育とあるいは実務教育をもって、将来どういう仕事について、それで収入を得、国に税金をはらい、国を支えていく。そういう使命感を国家が持たせるのは、子供の時からの教育であり、社会がきちんと困っている時は互いに支えていくといった信頼感が必要なのだが。

スウェーデンでは、移民と若い子供達に一番力をいれている教育の項目がある。働いて税金をきちんとおさめスウェーデン社会の一員としてはれて、きちん公的年金をもらうこと。働かない人は、ざんねんながら、年金ははいらない。妻であっても夫の年金はないので、厳しい。みんなあわてて働く。自分の老後をしんけんに考えないと、だれも払ってくれない。夏はたらくありさんは、秋や冬になってもちゃんと蔵に食べ物があるというおとぎばなしを思い出す。お昼は、多くのおとしよりのひとや退職した年齢の女性が、悠々と手押し車をおして、お化粧品コーナーやスーパーマーケットやブテイックにいる。働き盛りの年頃の若い女の子が、お昼うろうろと歩くのは、ここでは、なんとなく恥ずかしい感覚だ。若い人は、働いているか、仕事がない場合は、もっと仕事がみつかりやすいように、セミナーや技術をつけるための短期講座や学校に通う。

個人主義のヨーロッパでは、特にスウェーデンでは結婚と同居が同じ法律上で守られている。出産しても籍をいれないひとが、多い。出産したからといって結婚の理由にならない。この感覚は、多くの東洋人女性には受け入れられない。中国大陸や保守的なアジアの国からくる女性の親は、結婚だったらスウェーデン人の男性と一緒になってもいいと承諾する。日本人女性は、離婚が多い日本の現状。実験的に外国人のかれと同居してだめなら、さっさともどりなさい。うまくいくかどうかわからないんだから。あわててなにも籍をけがすことなんてないわよ。という親たちの本音も聞こえてくる。おおかた、それは正しい。海外で暮らすことは、厳しい寒風がびゅーびゅーと吹く。ブログで最近、若い日本の女の子が、スウェーデン人ダーリンと一緒にうふふふふと楽しそうに書いているひとの写真のコメントに、嫉妬の悪意のコメントがあったときいた。実際は鍋も飛び、箸も飛び、なれない言葉で怒ったり、泣きながら、異国で空を仰ぎ、ちいさな子供の手をひいて一人公園で祖国の両親を思いぽつんとしている日本女性も多い。わたしは、こんなに不幸なの。とすなおに書けない人もいるだろうし、楽しい海外生活をファンタジーで作り上げて書いている日本女性もいるかもしれない。コメントがあったひとは、鍋や釜が飛び、ガラスがわれている写真を載せてみよう。事実は、万華鏡のよう。角度をかえたら、いろいろな姿がみえてくる。

男女平等というのは、響きはいいが、実は女性にとっては、甘いことばかりではない。甘えきった我々大和撫子が冬の寒空寒風に耐えられるか。といった責任を伴う言葉なのだ。別な言葉では、男や夫に金銭的に頼れないということになる。精神的に頼っても、城主や貴族をのぞいては、金銭的に頼ることができない厳しい社会を男女平等社会という。男女平等思想で教育されたスウェーデンのおとこたちは、女性が働いて、すべてを折半することを条件とする。どんなにかわいくても、かわいいブランド品をきていても、仕事をしていない女の子にはみむきもしない。家事見習いということばで、さあっと興味を失うスウェーデンの男性は、お金を稼ぎ出さない、あるいは稼ぐ能力のない女性には、興味がない。一人分の給料で、お金がないといって暮らすことに耐えられないからだ。だからいつも、スウェーデン男性の頭の中には、二人で住んだら、1プラス1イコール2.これが図式としてインプットされている。1ぷらす1イコール1という数式が見えたときには、すぐに失礼!のサインがでてくるのだ。彼らの頭の中には、日本男性の”おとこたるものはだまって、養う。だから、文句言わずオレについてこい!”この図式は、おそらくほとんどの北ヨーロッパ男性にはない。”ぼくもはたらくけど、きみもはたらいて。仕事は絶対やめないでね。ふたりの給料で、あのすてきな北欧モダンのお店BOコンセプトの白いレザーのソファがほしいな。半分ずつだしあおうよ。”かちかちかちと計算機の音がかすかに聞こえる。日本男性みたいに、うぶに純粋に、愛の言葉”ぼく、きみのためだったら、なんだって買ってあげる。まいにちラーメン食べたって、おかねためて、BOこんせぷと(WWW.BOCONCEPT.SE)の白いレザーのソファ買ってあげるよ。だから一緒になってね。おねがいしまーす。”この違いは限りなく大きい。

スウェーデンどうやって自分のやりたい仕事をみつけ、その仕事につくためにはどうしたらいいか。ということを学校で教える、移民でのスウェーデン語教育の講義にある"アルべートマクナーデンオリエンテーリングという舌をかみそうな授業。

働くひとの権利やどうやって自分を不法な採用や労働環境やセクシャルハラスメントやいきなりクビを切られたらどうしたらいいか。組合はなにがあって、どういうことをやってくれるかなど。どうやって仕事をみつけるかの授業。ビデオでみるいろいろなひとの採用試験の口答でのやりとり。テレビ局のアシスタントデレクターは人気の仕事だが、その採用に20人が集まって、それぞれの面接試問を隠しカメラでとったもの。などをみせるなど。その講義の最後は、10分ずつ毎日数人自分の将来への道というテーマでおのおのの発表をさせる。なにをしたくて、そのためにはどういうふうに勉強し、情報をどうやって得るのか。今どんな努力をしているか。最終目的のその仕事につくまで、あとなにとなにをどれくらい期間どこで勉強したり見習いをするのか。バスの運転手になりたい人。学校の先生。老人の介護。看護婦。幼稚園の先生。レストラン開業。鍼の開業。それぞれの外国人生徒が、スウェーデン語で調べてきたことを発表する。

仕事をするために学ぶチャンスを大人になってもあたえることは、大切だが、やる気のない無気力な子供達に必要なのは、いっしょうけんめいがんばれば、むくわれるといった社会があるかどうかなのでは?

また日本の政治家の質を高めないと、エコノミストで指摘されているいまだにぴんときていない日本の政治家達。あるいは輸出で近年利益があってもそれを勤労者の給料に還元してこなかった企業や企業の設備投資を積極的に行なってこなかった企業の停滞化、後手にまわる。など鋭いイギリスのエコノミスト雑誌の指摘に日本の政治家は何党と何党の派閥争いや、攪乱でのんきに権力争いをしているわけにはいかないのではないかと感じる。
by nyfiken | 2008-02-28 22:59
二日目の早めのランチは、市内中央駅向かいのスウェーデンの有名な文学者達のお墓がある教会を通り抜け、その前の彫像で記念撮影。彫像の手のところにたくさんキャンデイーがはいっている袋がぶらさげられていたのに、感心。なんだか地蔵みたいな感覚。デパートの前を横切り、市内のヒョートリエットの市場へ。ノーベル授賞式が行なわれるコンサートホール・コンサートヒューセットの薄いブルーの建物と市場のお花屋さんを一緒にいれて撮影。右側にある映画館の建物の地下は、屋内市場。お酒やお肉、お魚、チョコ、パン屋、コーヒー屋からカフェ、ギリシャジン専用食材店、モスリム用お肉や、チーズ、フランス風お総菜。スパイス屋、果物屋、お寿司やさん、中東料理のファストフードなどが、あるが、そのなかで、絶対のがさないのが、フィッシュスープがおいしいお店。FISK SOPPAもしくは英語でも通じる。そこでランチ。女子大生の彼女もおいしさに深くうなずく。場所は混んでいるけれど、お値段と中身がたっぷり。そなえつけのチリペーストもちょっといれて、本当においしい。感動!いつも日本からお客さんがくるたびにお連れするけど、ほとんどの人が”いやー。おいしいですね。”"南フランスのマルセイユで食べた魚介スープより全然おいしいですよー。”とうなる。そうスープが大好きな我々日本人は、旅でぱさぱさのパンやサンドイッチをたべているうちにスープが恋しくなる。
二日目のランチは、予定通り、お魚スープで満足となる。おおきなボールにたっぷりのお魚の白身、貝、エビなどがはいっていて、おいしい。パンとはくさいをざく切りサラダが好きな分とれるのもいい。
by nyfiken | 2008-02-28 05:58
知り合いの女子大生のお嬢さんが、留学中のフィンランドから週末ストックホルムにやってきた。日本人からみたフィンランドとスウェーデンの印象の違いは?ときくと、"ストックホルムは、街角にたくさんセブンイレブンがあって、びっくり。24時間営業のところもあるのですか。マクドナルドの中がとってもおしゃれ!町がきれいですね。ガムラスタン旧市街が一番すきです。隣のトトロの作者宮崎はやおの魔女の宅急便の舞台がガムラスタンだときいて、一度絶対来たいと思っていたのです。

スウェーデンの若い男女の格好って格好いいですね。シックで華美じゃないけど、すてき。ストックホルムスタイル。黒が多いですね。背がみんな高い。わんこちゃんのしつけがとってもいいですね。

ヘルシンキはセブンイレブンがないです。ストックホルムはおすしやさんがたくさんあってびっくり。ヘルシンキの町がとっても小さく見えます。”

依然ドイツで仕事をしていた日本人の友人が来たときも同じコメントだった。”ストックホルムは本当に街角にたくさんセブンイレブンがあるんですね。”そう。セブンイレブンでインターネットのサイドウオークカフェのコンピューターもあるのよ。”

”ああ便利ですね。”

いつも住んでいると、そういったことに気がつかない。

日本の無印良品もデパートに入っていたのをみて感心。スウェーデンの無印といわれている同じくしろ、黒、グレーが主のGRANITのお店があちこちにあるのにも、驚く。最近できた南のほうのセーデルマルム地区のSKRAPAN の中に入っているお店へ行き、一番おすすめのスウェーデン人が大好きな香りの石けんを紹介。スウェーデンの若者がTシャツのむねもとにちょっとながめのスカーフをまくのが彼らのスタいル。GRANITのおにいさんが、黒のTshirtにグレーの同じ素材の首のまわりに巻いていたのが、なかなか格好がいい。と彼女も賛同。もうひとつのお店にいったら、ばったりコロンビア人の知り合いとその彼氏スウェーデン人と会う。


ガイドブックとしてはかなり詳しく調査をしているけれど、やはりストックホルムのお店はどんどん新しく変わっていくのは、他のヨーロッパの都市以上。

地球の歩き方のストックホルムを持っていたのでみせていただいたが、レストランの案内は、残念ながら、地球の歩き方の多くの国の問題であるけど、もうすこしおいしいところをだしてほしい。

どうやってそのお店を選んだのか?ガイドブックの問題はそこである。村上春樹のフィンランドの旅行のエッセイじゃないが、北欧でであったものが、あまりおいしくなかったという誤解は、たまたま入った場所やレストランにもよる。北欧料理は、今本当にフランス料理の修業をした若い優秀なシェフが、育っていて、北欧料理とフレンチの合体したすばらしいレストランがある。観光客しかいかないレストランや、町中にあるというだけで便利なお店をだすのは仕方がないが、お金をそれなりにだしてもおいしいお料理をいただきたい人たちのためにも、情報が必要であろう。


女子大生は地球の歩き方にものっている地下鉄の駅構内のデザインがすべて違うのにも感心。また地下鉄の電車の中の色が席がブルーの柄にもつところが黄色と国旗色を使っているところも指摘。わたしもアートの地下鉄の駅に感動。もともと地震のない国だから深くほった岩盤むきだしのなかに駅をそのまま作ったわけだけど、日本では絶対考えられないこと。その岩盤にきれいなコバルトブルーの色を塗るのも大胆。そのブルーはいわゆる日本の駅にあるブルーとは違う。ブルーはむずかしい。

二日目の夜はスウェーデンの肉団子が食べたい!というリクエスト。フリードへムスプランのあるレストランへ。完璧な肉団子だった。スウェーデンの誇る肉団子の魅力。

柔らかくジューシーな食べやすい大きさの肉団子(スウェーデンのスーパーで売っているかまぼこ肉団子しかたべたことのない人は、スウェーデンの肉団子のおいしさを未だ知らず。あれは、手作りの肉団子と雲泥の差)。肉汁とソースにからめられた肉団子に、つけあわせの手作りのリンゴンジャム。宝石のルビー色。ザクロ色。赤いビーツの色。濃いピンク色のリンゴンジャムがひとつぶひとつぶ、ソースと一緒にからめて味わいながら食べる。


ロシア人も北欧の人も、あの色っぽいビーツ色、ボルシチの濃い赤い色が好き。ビーツの本当の美しい色は缶詰じゃわからない。本物のビーツを買ってきて、包丁で切ってみよう。まな板が濃いピンク色になって、水であらうと、まるで絵の具みたいに鮮やかなピンク色になる。本物のリンゴンジャムの食感。シェフ手作りのリンゴンジャムは、完璧だった。キュウリの薄切り甘酢つけもおいしく、クリーミーマッシュポテト、肉団子にクリームデミソースと真っ赤な美しいリンゴンジャムがお皿の上でとけあう。。黒パンとスウェーデン風のパン。

韓国人のキムチ、タイ人のパパイヤサラダのソムタム。ロシア人のボルシチ。ハンガリー人のグラーシュかチキンパプリカ、イギリス人のキドニーパイ、アメリカ人のマカロニチーズかパンプキンパイ。どれもそれぞれの国の自慢料理。スウェーデンの家庭料理の肉団子シェットブーラーに大満足。写真をぱちりととって、レストランをあとにする。

夜のストックホルムの町をふたりで、アパートまで歩きながら、橋を渡り、彼女は、”ああたくさんのアパートの夜の明かりがきれいですね!”旅人とともに歩くと、いつも歩く道が新鮮に見せてくる。橋からカールべりェ城が遠くに、そして電車が通り、アパートの窓辺のランプ。雪がないストックホルムの2月がすぎていく。旅人と町を歩くと新たな発見があるのは嬉しい。
ちなみに、ストックホルムぶらり2日間の全行程は、

一日目の夜は、夜7時過ぎにリムジンバスで最寄りの駅に到着した彼女を迎えにいく。歩いて役10分。すこしお茶をのんでから、歩いてすぐの最寄りのレストランまで。

レストガタン通りのレットレストラン。金曜の夜は地元の客で混み合っていたが、バーのカウンターで少しまつ。ほとんどスウェーデン人のおじさんおばさんおにいいさんおねえさまたち。30-分まったのち席によばれ、人気メニュームール貝南フランスプロバンス風とラムのお料理をたのむ。付け合わせのジャガイモのグラタンもおいしい。ラムは組み合わせがソースと野菜のコンビネーションがいい。最近のスウェーデン料理は、ソースと肉と野菜のハーモニーの味わいが勝負といったものが多いけれどこれもそのひとつ。いつもながらお店は満杯おいしかった。大満足。ー帰宅。


翌日の一日目
地下鉄で中央駅まで。

セルゲイ広場でストックホルムのカルチュラルヒューセットの前にて写真撮影ーデザイントリェでいろいろおもしろいものをみる、ギャラリアンそぞろ歩き。ー。ーギャラリアンの下にある地下鉄駅構内のアートをみるー電車にのり隣のT-セントラーレン中央駅へ。電車をおりてすぐ構内の地下鉄のブルーアートに感激。(彼女)ー中央駅を上にでて、ヨーロッパへいくノルウェーやデンマーク行きの国鉄の駅。ー駅前で記念撮影。中央駅前の大きな教会へ、歩き、教会へ。。ー電車で南セデルマルムへ。ー地上にでて、メインストリートのヨーテガタンのスウェーデン製の有名文房具店をみる。ー地球の歩き方にのっている10人のデザイナーが作ったお店にいく。ー大人のための学校。高校。スウェーデン語を学ぶ移民学校を見学。今一番人気の新しくオープンしたスクラッペンへ。その中のお店やGRANIAをみる。ー一階のカフェでアイスクリームを食べる。アマレノをおすすめしたら、彼女は大満足。コーンがおいしい。ーそこからソーホーへ。ーセカンドハンドSTADSMITSIONへゆく。ー角の若者や映画演劇学校の生徒がたくさん集まるカフェを外から見る。中がとってもいいかんじ。。ーソーホーをそぞろ歩きーチョコレートファブリッケンまでーそこの中を見学ーバスにのり、美しいストックホルム市街と客船ヴィキングを右にみながら、スルッセンをとおり、ガムラスタンで下車。ー


ーガムラスタン旧市街見学。古い石畳み、王宮など。雰囲気のいいヨーロッパヨーロッパした感じのケーキ屋さんでコーヒーとベリーケーキ。ーお店をいくつか覗く。ーおみやげさん王宮の高台から市庁舎を遠くにみるー階段をおりて、通りをまっすぐTセントラン中央駅にムカって歩く。左側に、とってもかわいい北欧の画家のたくさんのカードがうっているのに感動して、何枚かカードを購入。ー中央駅地下鉄駅から電車にのり、オデンプランへ。スポーツクラブSATSで体を鍛えている人たち(ダンベル体操やジムで体を鍛えるスウェーデン人男性や女性)を見学ー子供用のジムやプログラムがあるのもみる。-歩いて、国立図書館を外からみながら。バスにのりかえアパートの近くへ、セントエリクスプラン駅から歩いて

翌日の出発午後3時過ぎまでの時間のつかいかたを相談。ーテレビでメロデイフェステイバルをみながら、(ふたつのグループが選ばれたが、歌そのものより、洋服(イギリスのデザイナ=?)が男性の洋服が、むかしの長崎の出島にきていたオランダ人の着ていたような服ーえりのまわりにふりるがくるりとまわっているような。それが面白かった。ーそして長いストックホルム電車とバスで歩く一日が終わった。午前中10時からから夜9時すぎまでの長い一日。テレビをみながら寝床につく。対岸のアパートの窓明かりのランプやテレビの映像が動くたびに青く光ったり赤く光ったりする反対側の夜のたくさんの町あかりをみながら、おやすみなさいとふたりとも疲れで熟睡。

以下続く。
by nyfiken | 2008-02-26 07:48

Sushi AND MEATBALL

Since I am japanese born in Japan, grew up and educated there , so many of my friends ask me where is the best sushi restaurant in STOCKHOLM.It is trully trully difficult to say.If there are only 10 sushi restaurants , it will be easier for me to taste every sushi restaurantsBUT NOW OVER 100 OR MORE?

I am not sure how many sushi restaurants do business in Stocholm?Including Ponpanng type a kind of Thai sushi restaurants(I guess they used to work for japanese or other sushi restaurants and they started their own business very quickly), Mongolian barbeque chin chun chinese RESTAURANT WHERE SERVE sushi AT restaurants.OR THEY NEVER SAY THEY ARE CHINESE BUT THEY JUST SERVE SUSHI ON JAPANESE NAME.SOMETIMES THEY SERVE QUITE NICE SUSHI.I KNOW ONE RUSSIAN GIRL WHO MAKE NICE SUSHI AT O.SALUHALLEN.I LIKE HER SUSHI.AND ANOTHER I LIKE ONE CHINSE GUY MAKE SUSHI JUST NEXT TO INDIAN RESTAURANT NEAR BUS NO2 NORTULL .

I WAS SURPRISED TO EAT THER E THE PERSON WHO MADE WAS QUITE TALENTED OR I WAS VERY HUNGRY? .though it was last year.Sushi room, is the name.

To tell the truth first i could not accept to eat sushi at chinese restaurant even at buffet.I was asked by friends "Let's go to eat sushi at Chunchihng brabra restaurants which rather sounds chinese."IN JAPAN PEOPLES NEVER WANT TO EAT SUSHI AT CHINESE RESTAURANT AND NEVER EAT CHINESE FOOD AT SUSHI RESTAURANT.THEY ARE DIFFERENT TOTALLY.SUSHI RESTAURANT IS CLEAN AND COZY OR FISH MARKET STYLE SUSHI RESTAURANT THEY ARE QUITE CROWDED JUST LIKE KAITEN SUSHI (BELT MOVING SUSHI WHICH IS FAMOUS FOR MR.BEENS MOVIE AT COOL NICE LONDON'S BELT MOVING SUSHI , HE WANTED TO SHOW HOW COOL HE waS, BUT SOON AFTER HE WAS TOLD BY HIS ADMIRABLE PRETTY MADONNA, THAT SUSHI waS SQUID OR OCTOPUS, HE COULD NOT HOLD THAT IN HIS MOUSE, ...ALMOST he threw it up.

.In this country we should not descriminate for anything even for sushi.IS MADE BY WHICH NATIONALITY OF COURSE.I DO NOT TALK ABOUT THE NATIONALITY OR BEING SERVED AT INDIAN RESTAURANT OR PERSIAN RESTAURANT, IT IS NOT THE MATTER.THE MATTER IS HOW GOOD IT IS OR HOW SAFE THAT IS OR HOW DELICIOUS IT IS OR HOW SUSHI MAKING PERSON UNDERSTAND THE MOST IMPORTANT PART OF SUSHI.I MEAN RICE.


How to cook rice is totally different among countries food.Japanese way of cooking rice, we must wash very well and at least before cooking the rice should be soaked in water more than 30 minutes.if rice is cooked by gas , 30 minutes are enough , but if it is cooked by ordinaly electric rice cooker, just like my parents do, they soak rice longer than 1 hour..it depends how fresh rice is.fresher rice need shorter time for soaking.Most asian who eat jasmine rice oftne, they make mistakes, since they know japanese rice is more or less sticky rice, but it is not sticky rice.they add too much water.then rice become soft. Some who do not eat rice reguraly but they cook rice, like spagetti they do nto soak rice before cookiing, soon after washing they put switch on the rice.cooker , then the center of each cooked rice is not cooked well.then that rice is uneatable for us Japanese.I have experienced this at the quite popular sushi restaurant in vasastan, trendy young peoples drink wine or eat there, full of peopels.then I was so sad to notice that fact, I should have told chef the truth or ?


One time I told the person who made bento and sushi,at sushi bar for his sake, I told him his yakiniku was something wrong, no umami at all.just plain.salty.I recommended him "You should use real sake and real Mirin, there are two kinds of Mirin, one is real mirin from Sake, another is Mirin flavored one, that can be OK.but I never like to use artificial Mirin , I like Sake and real Mirin for japanese cooking if it is avairable..the japanese cooking umami is the combination of Kombu (high quality )and good quality fresh sake, real mirin made by sake company, good quality of salt ,good quality of bonito flakes freshly sliced by special tool(katuobushi).we can not obtain real staff in Sweden.

Bento in Sweden at japanese restaurant ..yakiniku is quite swedish way of cooking , Yakiniku means different in my country, of course that could be one of 10 yakiniku shape.though personally that yakiniku seems like korean burgogi style.We normally love to eat either nikujaga style or sukiyaki gyudon style(beef cooked with sukiyaki sauce)or if we say Yakiniku, that mostly tastes like ebara yakiniku sauce taste.we do not eat only meat cooked without onions or other vege.so probably that woudl be quite specially developed on the name of Yakiniku.I trully miss real koeran Yakinikubarbeque, I never understand why korean does not do korean barbeque properly in Sweden..Korean barbeque should be serrved on the cooking table.Though Teppanyaki, They should learn at SERINA restaurant in Sinjuku.Tokyo.Teppanyaki sauce , should be served not only japaense sauce, but also more like korean style sauce, so it will go with meat.

Bento, if any motivated chef want to study more about bento, just try to eat OMASUin GINZA,Bento should reflect the season.Must have the beauty of combination.
. Sakura resataurant, bento is nice..or Yutakamakes quite nice bento.i personally like Nagano's sukiyaki.good quality of beef and quite nice.SOme japanese might say Sushi katu is best?Jan gyau recommend his nearest sushi restaurant Samurai near stadion.or Husband is japanese and wife is swedish couples owned roppongi or Good located Seikoen (first japanese restaurant owned by korean japanese)near sheraton hotel?Birkastan's little tiny sushi restaurant just behind ICA salmon sushi is good but not gyoza..the fasionable sushi bar .near church , they should learn more how to cook rice ,the inside of cooked rice ...I feel hardness.and should press sushi a little bit moer strongly , so sushi wil not be so breakable I do not know how swedish can handle..their salmon is fresh but sushi rice should be considered more,but norimaki is pretty good.maybe better than that of kimama..JUST LIKE MANY OF SUSHI RESTAURANTS.TO COOK RICE AND MAKE SHARI IS THE MOST DIFFICULT FOR UNTRAINED PERSON.

.Sake is important for japanese cooking.if the chef is quite mean and not to use sake , his japanese food will be tasteless.Teriyaki sauce, Sukiyaki...without sake how people can make that sauce.My mother taught me if I cook sushi rice ,I should use good quality Konbu from Hokkaido and sake , the tast will be different.(konbu is seaweed from Japan bt not wakame.)

I do not make sushi oftne since in japan we go to sushi restaurant or telephoned them to deliver sushi to home.when I was a child, young trainer delivered sushi to house , I could hear his walking sounds caused by his japanese wooden traditional geta sandal, as a child when i heard the sounds of his aproaching ..i rushed to the entrance door to open.iwhen familyl invite special guests to home, mother order edsushi for special treat, and huge sashimi decorated on wooden boat. Iseebi, tuna , hirame, oyster, cavia, kai, ika, tako , awabi, I grew up with this memory.Though i have never moved by salmon until I came to sweden to eat this real staff Nordic salmon that is very very very mouse watering delicious.so probablyl that , the salmon is delicious, because of this fact so any kind of sushi rice could be acceptable.that can be true.but after I ate more sushi in Stockholm, my tongue can differenciate more precisely which is more delicious and which is less deicious,

I never like one brand sushi rice sold at any supermarket, sorry to say.they should check when it was imported or from where?to me that taste is very old..I prefer rice for christmas pudding rice at ICA.fbrown package.



What is wrong sushi made by chinese or Thai or indian or Bangradish or Afganistan,?If they are trully well trained under proper master and know the concept of sushi as professionals.It does not matter which nationality they are or where they come from.THough sometimes I am totally disappointed with sushi made by some of them and when I eat half of PIECE OF ONE SUSHI I was depressed with those so called sushi.Not because of the beautiful Lax, BUT THIER SHARI(SUSHI RICE) (sometimes at buffet they serve left over sushi at one chinese restarant made by young chinese girl,I was trully mad about that fact.I should have told them , but I did not.Since the place was so crowded by folks .


Anybody can make sushi, it is not difficult to make sushi to eat by themselves at home.How about serving sushi as professionals?Yes.I am sorry to say.we all japanese miss our real SUSHI in Japan.Mouth watering TOro sashimi.Mr.BEEN'S alskaring(Lover)octopus or squid sushi, real Cavia sushi with beautiful DAIGINJO SAKE made by 400 years family owned sake maker at each division.We dream about this.


ANOTHER problem is that how to blend japanese sushi vinegar in fact it is very simple.though why some sushi restaurant they serve too sour or too sweet (that recepeipt for chirashi, not for nigiri, or maybe Inari sushi)Shari should.Not too sweet, not too salty , not too sour.In sweden they sell japanese sushi vinegar, but please buy made in japan sushi vinegar, not chinese european brand because taste is not acceptable .they should learn how to make real ljapanese sushi vinegar if they want to do business.I

Ica or COOP, i, please start selling real Japananese rice sushi vinegar (sushisu)Mitsukan brand from Japan.

.Another problem...rice should be washed well. till water become clear, that means we change water 4 or 5 times)and If the person do not soak rice enough sushi will be unsuccesful ,To be more tasty, adding good sake and kombu before cooking rice.It will turn to be miracle.This is secret..Worst case is to use old rice, not to wash well, not to soak well before cooking, add too much water for sushi rice for cooking or too less water. what is kombu what is wakame.wakame...in sweden, you will see dried seaweed in miso soup, rather softer .that is wakame.But KOMBU, we use that for making japanese clear soup or other cooking to give more flavor UMAMI.

To make sushi rice WE NEED TWO PERSON TO MAKE SUSHI RICE.SUSHI IS JUST LIKE SUMO, IN SHORT PERIOD TIME, THE GAME IS OVER, YOU LOSE OR WIN, THAT IS THE HIGHLIGHT OF SUSHI MAKING PROCEDURE.

ONE PERSON HOLD JAPANESE OR ANY KINDS OF FAN AND WAVE QUICKLLY WHILE ANOTHER SPRINKLE BLENDED SUSHI VINEGAR OVER COOKED WARM RICE AND WITH WOODEN SPATULA MUST DRAW LINE FROM RIGHT TO LEFT OR LEFT TO RIGHT JUST LIKE CUTTING.WE SHOULD NOT MIX LIKE CAKE FLOWER .
MIXED RICE MUST LOOK LIKE SHINING PEARL.tO BE REAL SUSHI MASTER..THIS IMAGINATION WILL HELP.EVERYTIME WHEN YOU MAKE SUSHI RICE...AFTER BLENDED WITH RICE AND SUSHI VINEGAR , EACH OF RICE SHOULD BE LOOKED AS IF SHINING JAPANESE AKOYA GAI PEARL.THAT WE HAVE LEARNT .(IT IS NOT EASY FOR US ..

THE TEXTURE OF SUSHI RICE SHOULD NOT BE SO HEAVY
ANOTHER PROBLEM OF SUSHI IN SWEDEN..THE SMALL size IS TREND.BECAUE EASY TO EAT , JUST LIKE ONE SHOT.Tthough if they DO NOT PRESS with lagom, appropriate power.by righy fingers when they hold sushi rice by left hands , that sushi rice will not be holded each other.and half Sushi rice will FALL DOWN from your chopstic ON THE TABLE OR YOUR SOY SAUCE POND.AND IT TURNED TO BE MISERABLE SUSHI.That is not your fault, that is sushi master's lack of experiences or their technique.They must think how customers eat sushi comfortably not just how it looks.why our hands must be tired aftrer eating sushi.in that case, just like traditional way of eating sushi, we shoudl use our hands just like indian chef eat curry in their kitchen.(those who eat curry by hands they are real chef.)

SALMON SUSHI IS MOST PROUD beautiful SWEDISH FOOD .IT IS SWEDISH SUSHI , SWEDISH STYLE SUSHI.BUT PLEASE DO NOT FORGET THE BASIC OF SUSHI CONCEPT.rice must be cooked like shining japanse pearl.not too sticky not too hard .LAGOM.Just like how to cook potate.same thing.
Thai sushi restaurant, please do not serve your thai food with sushi rice..i understand you have left over sushi rice , i never like to eat t thai curry with sushi rice.jasimin rice is best for thai curry.

WE JAPANESE LOVE TO EAT Japanese CURRY. CURRY WAS INTRODUCED to all over japan before the warBY ONE RESTAURANT IN SINJUKU,tokyo .THE OWNER OF NAKAMURAYA RESTAURANT HAD AN INDIAN FRIEND ,At first they USED A BIT FRENCH WAY OF COOKING PEOPLES have loved to eat japanese stylecurry last 70 years in Japan.

i asked my father over when my grandmother died, "what food do you miss most when you were kid,?"my dad told me he was very impressed by first served curry rice in 1940th by mother.He has never forgotten the beautiful taste of that.So foreign food go to anther country and change the shape and adopt their own favorate taste.Should i say which sushi is good or not.It is hard to say ...though I dare to say for better sushi in Stockholm and folk's sake .

I RECOMMEND YOU TO EAT AT SHISEIDO GINZA PARLOR RESTAURANT.8CHOME IN GINZA, TOKYOThey have very nice dishes japanese syle european dishes YOSHOKU.not teriyaki sauce of course, but they serve french plus our style of food..I LIKE THEIR VEGETABLE CURRY SERVED 3 DIFFERENTS PICKLES(JAPANESE STYLE CURRY ALWAYS ACCOMPANIED WITH RED COLOR HAPPY GOD PICKLES )is so nice.JAPANESE CURRY RICE IS QUITE DELICIOUS JUST AS BEEF STEW OR GLOUSH FROM HUNGRY OR STROGANOV FROM RUSSIA.

JAPANESE CURRY RICELOVED BY us AT HOME AND AT THE RESTAURANT..IS EATEN AT LEAST ONCE A WEEK.WE HAVE INVENTED EVEN BEEF or porkCUTLET CURRY, OYSTER CUTLET CURRY, EGG CURRY OR EVEN RAW EGG ON IT JUST LIKE OSAKA STYLE.NOW JAPANESE CURRY HAS SPREAD TO THE RICH YOUNG IN SHANGHAI.AND I HAVE EATEN JAPANESE CURRY IN SHANGHAI WITH CHINESE UNDERSTANDING...THEY SERVE CURRY NOT SPICY BUT MORE LIKE SAUCE WITH THIN FRIED PORK WITH BREAD CRUMBLES .SO OUR NATIONAL DISH JAPANESE CURRY TURNED TO BE A CHINESE INFLUENCED JAPANESE CURRY IN SHANGHAI.THINKING ABOUT THIS CAN I SAY SWEDISH SUSHI'S RICE IS BRABRA?


IMAGINE, IF SWEDISH MEAT BALL IS ACCEPTED well BY JAPANese . IF at EVERY CORNER TOWN IN TOKYO suddenly folk starts selling SWEDISH MEATBALL without LINGON JAM but apple jam.LINGON SOUNDS LIKE APPLES IN JAPANESE ,YOU WILL CRY FOR LINGON JAM AND DREAM ABOUT BEAUTIFUL RED COLOR WITH SPECIAL SAUCE.In kichijoji, Tokyo there is a swedish restaurant, which serve quite nice swedish, but it have to be commented by swedish.


A YOUNG JAPANESE GIRL maySAY"LAST NIGHT I ATE VIKING, IT WAS SO DELICIOUS AND SO GOOD!"?PROBABLY when MOST SWEDISH HEAR THIS, THEY START WONDERING WHAT MEANS VIKING ,

VIKING MEANS BUFFET IN JAPAN IF THEY SAY WE GO TO VIKING FOR lunch .NORMALLY THEY USE LIKE THIS "viking buffet for sunday lunch.

"AT THAT CHINESE CHINCHIN RESTAURANT THEY HAVE VIKING TONIGHT, SO LET'S GO THERE."WHAT IS EATING VIKING AT CHINESE RESTAURANT.jAPANESE EAT SWEDISH MEN AT CHINESE RESTAURANT?OR SWEDISH DOGS?NO THAT IS JUST VIKING BUFFET.THE FAMOUS FRENCH CHEF WHO WAS JAPANESE CHEF AT TOKYO IMPERIEAL HOTEL , HE VISITED EUROPE TO STUDY AND TRAVEL TO OTHER COUNTRIES LONG LONG TIME AGO, HE CAME TO SWEDEN AND SAW SWEDISH BUFFET MAYBE JULBOAD.THEN HE WAS QUITE AMAZED .WHEN HE WENT BACK TO JAPAN, HE TAUGHT THE WAY OF DOING BUFFET THAT DAYS WERE NOT SO POPULAR.JUST LIKE JOKING, THEY CALLED THAT BUFFET FOR VIKING BUFFET.EVERYBODY WANTED TO GO THERE TO TRY.FOOD WAS NOT PARTICURALY SKANDINAVIAN, THESE WERE RATHER FRENCH BUFFET.SINCE TTHEN VIKING MEANT THAT.EVEN WHEN I WAS CHILD, ADULTS OFTEN SAID "lET'S GO TO VIKING TONIGHT."

WELL,WE MEED TOLERANCE.FOR EACH OTHER.

The best sushi in Stockholm is "AKI SUSHI"near the exit of subway station "Medborgarplatsen",small and 6or7 peoples maximum to sit on the counter.The taste of sushi should be like this and that is real real sushi what we japanese mean.This sushi is the only sushi in Sweden I call "SUSHI".All others can be eatable but "Japanese supermarket level sushi or take -away chain sushi.Any owner of sushi restaurant should go and eat there and taste it!!Learn how harmonious of beauty of sushi, if i eat that, I will smile naturally .I tried to eat sushi at different sushi restuarant from one to others to compare the taste. The result is clear.This is the best sushi bar right now.


" Aki sushi's sushi is quite same level as sushi bar at 5 star hotel's sushi restaurant in TOKYO.I do hope they keep the level trully.



KIMAMA'S SUSHI is nice , most peoples tend to take sushi away . we can not entertain president with nice chilled Sake daigjinjo or wine, many peoples are waiting in cue at certain time.

MUURASAKI, SECOND FLOOR IS NICE.especially summer day , the terace outside is pleasant. .They slice salmon a bit thinner.I tried some japanese sukiyaki, a kind of teppanyaki, I fond the difficulty of how our japanese food should be cooked. OUTSIDE JAPAN.ITHE FRESH MATERIAL IS THE ONLY KEY.IF they use the first quality ...everything will be perfect.The meat, the fish, the vegetable.Second floor is the place , peoples can feel cozy and we japanese feel at home. .i wish they develop more taste or tare for teppanyaki.Just try Serina restaurant in tokyo and check why their teppanyakii is so good.

I recommend swedish owners should go to tokyo to learn about more sukiyaki and shabushabu at ZAKURO In GINZA.REasonable price.Perfect service, perfect setting, the quality.and cheaper .ZAKURO restaurant is quite famous , always crowded and llunch is very reasonable , we can eat one person sukiyaki, one person shabushabu , one person pork shabushabu.the price is only less than 100 KR nothing.Whenever I go to Ginza for shopping , I just pop in ZAKURO at CORE BUILDING NEAR GINZA 4 just another side of MITSUKOSHI GINZA, cross the road to see Nissan showroom , then next is CORE shopping building.Murasaki should learn from them , then the taste will be perfect.Murasaki serve real made in japan beer Sapporo.They hold ebisu, kirin and asahi.That is the only resataurant i see all of them.



SWEDEN IS DELICIOUS!THAT WILL BE QUITE HIGH POSITIVE SIDE OF TOURISM.IN TOKYO WE EAT ALAIN DUCAS 's 6 STARS FRENCH cuisine AT TWO RESTAURANTs.I understand why he took this 6stars.his real motivation and efforts for everydetails and passion for his cookiing.artistic and tasty. food. I paid the lunch with beautiful fantastic dessert only 350 kr including one glass of lovely french wineat the nice cozy spacious DUCAS restaurant in AOYAMA with view.of central town of Tokyo.You will notice how expensive restaurant food is in Sweden including to wine.How peopels can say Japan is expensive.I never admit this.We pay money but for quality.In Sweden, probably we have to pay 5 times as much if we must eat the same exellent level of french food or others due to high tax.The services are only given if you pay for 200 dollers over for person, others are quite school lunch treatment?The socialism is lovely theory but not good for service business.Maybe slightly better than communism, I do hope.

Sushi was invented during EDO SHOGUN PERIOD IN EDO(TOKYO), then the sea was rather clean and in the market, somebody started to serve sushi with sliced fresh raw fish.There were plenty of vinegar from rice.(AT THAT TIME THE RICE ViNEGAR WAS RED.)Sushi rice at first time , the color was light pink from sushi vinegar.And the size of sushi rice was bigger just like some sushi restaurants'sushi in Stockholm
SInce then sushi has spreaded to all over japan


IWHEN I WAS aKID, AT HOME PARTY WE USED TO MAKE OWN SUSHI WITH MUM , SO CALLED TEMAKI SUSHI .MOTHER PREPARED FOR ALL DIFFERENTS KINDS OF SASHIMI(SLICED RAW FISH)AND SHREDDED HORSE RADISH.GARI , WASABI AND SOYA.AND NORI.EACH MAKE OWN SUSHI, SINCE I WAS CHILD I TRULLY ENJOYED THIS HOME MADE SUSHI MAKING PARTY.

A MOTIVATED SUSHI MASTER SHOULD HAVE PASSION AND LEARN PHILOSOPHY OF SUSHI.I HOPE ONE DAY HERE STOCKHOLM WILL HAVE THE REAL BEAUTIFUL SUSHI RESTAURANT , THANKS, AND licka till!next time I want to introduce sushi receipt by our respectable showa emperor's personal chef.
by nyfiken | 2008-02-21 20:41
指占い。薬指が男性ホルモン。人差し指が女性ほるもんを。女性ならばりばり働いている男勝りの女性の手をみてみよう。薬指がながい。男性でも、お料理がすきだったり、ファッション関係者、あるいは、こまかいことにこだわるひと、くよくよ女性っぽいひとに、ひとさし指が長いという。同じくらいのひとは、バランスがとれていて、いいとのtこ。女性でひとさし指がながすぎるのは、女性ホルモンがおおいので、いつも悩んでいたり、くよくよタイプ。決断があまりできないので、会う男性とのタイミングをのがしやすかったり、間違った男性を選んだりと。。いうのを今日きいたのだけど、自分の手をみてみたら、納得するかも。独身のひとは、異性の指をみてみよう。、その人の隠れた性格がみえてくるかもしれない。男性でも、ちいさなことでくよくよとなやみがちなひとは、人差し指が長い。指の長さをかえられないので、性格は変えられないそう。おとこまさりの自分で働いて男性を養うタイプは、反対に薬指が長い。タイプはかえられないので、自分のタイプをみて、適正を知ってから、その分野で努力しよう。
by nyfiken | 2008-02-20 02:48
スウェーデンの女性誌のなかで、薄くても、ヘアメークトレンドがまとまっている雑誌FIRST STYLEにちょっと注目。編集長の力量が感じられる。ホームページをのぞいてみよう。
WWW.FIRSTSTYLE.SE
でたばかり3月号では、PARIS HILTONのぷっくりふくらんだリップを例にして、リップグロスを紹介している。またヘア特集の写真は、かなりメークとヘアに力がはいっている。春のヘアは、まきまきがまた。ボブもいろいろな形、ボリューム感のあるウェイビーなヘアーの流行のきざし。

気になる春のいちおしメークは、
SALLY HANSENS サリーハンセンスのLIP INFLATIONリップインフレーショングロス
4色のニュアンス お値段は高いけどとまえおきをしながら。くちびるがぷっくり見える不思議なグロス。とのこと。。。スウェーデンの女の子も、パリスヒルトンもみんな唇がぷっくりみえたいのね。
by nyfiken | 2008-02-19 09:03

Charlotte Perrelli

春の雑誌の表紙をかざり、またメロデイーフェステイバルに出演し最終選考をめざす歌手、タレント。33才。
とてもSeDUCTIVEな女性である。

母親妻でありながら、仕事もこなす。エキゾチック美人でグラマーラウス。人気のあるシャーロッテ ペレり。セクシーな女性。若い頃から男性があとをつけて歩いたという女性。女らしくセクシーな印象があるCHARLOTTE PERRELLI。(TAKE ME TO YOUR HEAVEN)引きつける魅力があるのは写真からも伝わってくる。日本の若い歌手がない、大人の女性の魅力とセクシーさがある。是非参照されたし。注目。メークやヘアに興味がある人はネットで彼女の写真をみてみよう。
by nyfiken | 2008-02-19 08:35
スウェーデンでは働く女性が圧倒的に多いので、オフィスメークは、ニュートラルのものが主流。スウェーデン社会では、男女平等。あまりフェミニイを前面にだしたオフィス着は、常識的に好まれない。スウェーデン式相手を説得する場合のデスカッションの方法論の講義によると、発表するひとや説得したいひとは、あまり目立つぴらぴらした格好ではなく、印象よくするためにおさえめにして。とのこと。
トレンドについては、また明日。
by nyfiken | 2008-02-19 08:18
ケバブは中東のひとたちが食べ、お肉をグリルして、うすくスライスして、パンにはさんだり、チャパテイみたいなパンにくるくる他の野菜とかと一緒にまいたり、食べるもの。ごはんとでもあう。ケバブというと、挽肉の団子の中東版と思う?もっと奥が深いのです。豆の粉で作ったベジタリアンお団子もある。スウェーデンに来てはじめてケバブを時々食べるようになった。町中にケバブが。ピザ屋にトルコ、イランなどのクルド人がたくさン働いている。そしてとうとう彼らは自分たちの18番ケバブと修業したピザを一緒にした。スウェーデン独自のケバブピザが登場し、今爆発的に人気がでてきた。

スウェーデンのピザ屋さんは、中東出身者が多いので、ケバブも一緒にピザのトッピングにしたら、スウェーデンジンに大人気。ケバブピザはスウェーデン式にいうと、ケバブピッザ。

昨夜のメロデイフェステイバル予選の第二回。たくさんのスウェーデン人がテレビをみていて、投票をSMSで。そのなかに、大注目のケバブぴっざすりヴォッツァというバルカン移民のグループの登場。ヨーロッパで今いちおしの注目音楽はこの元気いっぱいのバルカンブラバンを素地にした新しいポップス。コソボ難民がたくさんいて、旧ユーゴのひとたちがたくさん移民できているスウェーデンは、もうスウェーデン生まれの子供達が育っている。

バルカングループの音楽はイゼンも書いたが、彼らの熱い血は、スラブ人どくとくのものなのだろうか。北欧の人とまったく違う性質であるけれど、感情に熱いバルカンの人たちの音楽も熱い。ヴァルカン情勢は、旧ユーゴの戦争。そして海外へ移民となって、でていくセルビア、コソボあるいは、ボスニアのひとたちがたくさんスウェーデンに住んでいて、こどもたちは、スウェーデンで生まれて育っている。髪の毛が黒いひともたくさんいる。

若い男性は、オフィスの夜の掃除(機械を使う)引っ越しの重い荷物を古いアパートの5階まで階段を運んだり、長距離トラックの運転や、いろいろな力仕事でがんばる。彼らの結束は強く、女性もオフィスの掃除夫として働く。(ボスニア人の知り合いがスウェーデンの首相のオフィスで掃除のアルバイトをしているが、彼女は、あのトランプさんも色目を使いそうな美人。ー”みて!”彼女の携帯の写真は、首相とツーショット。”あらまあ。ラインフェルトさんじゃない!””ふふふ。掃除がおわって、着替えをしてでてきたら、会って、一緒にうつしてもいいですか?といったら、きさくに、いいよ。”それでそばにいたおにいさんにとってもらったの。そうモデルと首相みたい。”ところで君、首相オフィスのどこの部署?あんまりみたことないけど。”そこでM嬢は、あの。。掃除をといえずに、”うらかたです。”とだけいってその場を去ったというはなし。そうヴァルカン美人モデルもがんばっている。彼らは、とても熱いひとたちで、なかよくなったら、日本人と居酒屋でもりあがるだろう。ただし、コソボのモスリムのひとは、お酒はのんじゃだめだから、もりあがりたいなら、モスリム以外のひとをさそってみて。肉、肉、肉のお料理の好きなひとたち。水で調理するしゃぶしゃぶはうけず、脂を使った料理を好む国民性。イかフライ、かりかり天ぷら。焼き肉。焼き鳥。などたのんでもりあがろう。

セルビアじんたちのつぶやきは、"もスリムはたくさんあかちゃんをうむから、どんどん人口があっちはふえるんだよね。”今日の新聞にも、"セルビアはみとめたくない。"というコメントがあったが、違いを認めて、受け入れることがやはり平和への道。セルビアは王国だった。パリの宝石商カルテイエにヨーロッパの王国の王妃がこぞって特注の宝石を注文した。セルビアの王妃さまも、すばらしい宝石を作らせていた。


(旧ユーゴスラビアのひとたちー今は、、カソリックの観光国クロアチア、セルビア、コソボ、ボスニアヘルツエゴヴィナ、スロヴェニアに分割。ご近所はブルガリアやマケドニアなど。)

ケバブピザーこれが実はスウェーデンを理解する大きな鍵。ケバブとピザを融合させ、町のどこにもあるケバブピザは多くの10代のスウェーデンの高校生や中学生の心をつかんでいる。ケバブピザは、スウェーデンが生み出した独特の食べ物。ヨーロッパの中で、スウェーデンは、ますます発展するだろう。ケバブピザもおすしも、異国のものをただ排除するだけではない。いいものは、どんどんとりいれて、胃袋にいれる。

古い伝統にこだわりながらも、新しいものをとりいれていく。スウェーデンの移民教育のなかで、道徳教育の教材を読まされる。文章を考えさせられる。おしつけないけれど、どういうふうに考えるのかと。移民や難民教育の先進国といえよう。言葉をおしえるだけではなく、社会のシステム、習慣、差別をしない。違うことにたいして、受け入れる。中学生や高校生が読むそういった学校教材を移民にもよませていく。辛抱つよく。いろいろな国から来ている価値観も宗教も文化も社会的背景が違うひとたちが同じクラスで学ぶ。

今日町中でケバブピザをランチに食べた。キャベツのコールスローも細く切っていておいしい。
"何人?タイ人?フィリピン人”ときかれたので、”わたしは、日本じんよ。”"タイ人とフィリピン人の女のひとは、多いよ。”"フィリピン人の女の人?あまりみたことないわ。。””たくさん、団体旅行でくるよこちらへ。"タイ人の間違いじゃ?”いや、フィリピン。休暇でくるんですよ。”日本人はこの辺でみるかしら?いや、旧市街やガムラスタンあたりじゃないとみないかも。”団体はケバブピザにはいかないかもしれない。

外国でスウェーデンの人にあったら、ケバブピッザ(スェーデン式にいうとピザじゃなくってぴっざとなる。ぴにアクセントをおこう。)知ってる?ときいてみよう。しらないひとは、スウェーデン人じゃない。
by nyfiken | 2008-02-19 07:59