スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久しぶりの日本

2週間ほど帰国。東京は、人が多くて活性度が高い。日本は、マンパワーは、十分あるように見える。ヨーロッパの街より、近代化が進んでいる。戦後廃墟から東京は、パワーあふれる都市へ。戦後50年あまり、半世紀の間に苦労をされた、我々の父、祖父母世代は、戦争を乗り越えて、遅れていたヨーロッパやアメリカに若者を送り出した。言葉だけではなく、良いものは、とりいれ、改良を重ねてきた。皿洗い芝刈りでもいいからアメリカへ言葉を学びに行こうというミッキー氏の時代は終わった。戦争花嫁時代も過去のものだ。英語は今の時代は、手段であり、言語学者以外は、学ぶ目的ではない。


日本の優れた文学は、海外でも認められ、ストックホルム一番大きな書店のショーウインドーを飾る。村上春樹英語版AFTERDARKが並んでいる。一線で活躍していた通訳のおねえさまが、こういった。”わたしたちは、何でも屋だけど、これからの時代は、専門性の高い人が必要とされるわ。言葉を訳すためには、自国語能力の高さを実は求められるのよ。一番私が憧れるのは、私たち通訳や翻訳家を使える立場のひとたちだわ。”



英語で文章をかかなくても、自国語で書いたものが、欧米に紹介賞賛される時代。スウェーデンには、日本の小説はロンドン経由英語版が瞬時に店頭に並ぶ。推理小説スリラー人気が高い北欧では、桐野夏生(Natsuo Kirino)のOUTアウトが、現在スウェーデン語版が特別デスプレイされ、人目をひく。


表紙もスウェーデン人が好みそうな、美人日本女性の目。大きくインパクトがある。スウェーデン語FRI。今一番注目話題の一冊である。話題作品として並ぶ本。恐怖小説、日本ホラー映画のヨーロッパ人気を裏付けている。アニメに続く、怖い日本小説やホラー映画は、若いヨーロッパ人に受け入れられている。お弁当工場のおばさんが、殺人事件の共犯になるという怖い話。


寿司レストランや日本レストランでお弁当をふつうに食べるスウェーデン人。お弁当がどういうものか知っている。おすし握り、サラダ、やきとりに焼き肉、ポテトサラダなど。欧米で人気があるのはどうしてなのか。出版される怖い日本小説やホラー映画人気背景は?ロシアやバルト3国、ベラルーシの若いおにいさんおねえさんたちも、日本最近のホラー映画って怖いよね!DVDで借りてみちゃうんだという。日本アニメと同様、若い10代20代の心をがっちりとつかんでいるようだ。スリラーや推理がよくよまれる北欧文学事情。日本の現代社会ーお弁当工場、パートおばさんなど普段知ることができない日本への興味などが考えられる。お弁当の中に怖いものが。恐怖にスウェーデン人は、おののくだろう。明日書店で買ってみよう。スウェーデン語だから、日本語で読むより、怖さが(単語を調べている間に)半減するかもしれない。昨日通りかかったスウェーデン一書店の店頭ポケットブックの陳列のしかたは、出版社書店も力をいれている証拠だ。


話は、日本に戻る。成田に到着して目についたのは、空港表示が英語だけではなく、中国語韓国語。駅の表示も。兄弟船を大切にする日本の小さな心使い。


外国人が驚くのは、おつりがすぐでてくること。チャージが簡単にできるシステム。スピーデイ。エレベーター無人アナウンス、足下にお気をつけくださいは、ちょっとうるさいかも。田舎駅。夜、電車を待つ間、誰も通らないエレベーター足下にお気をつけくださいが、えんえんと流れていた。江戸時代でもない。きらきら星サウンドにするとか。視力の不自由な人に配慮する日本の交通システムは、ヨーロッパより遙かに進んでいるが。



ドイツフランクフルト空港歩くエレベーター通路照明がブルーやバイオレット、流れるチャりーんという音。さわやかなサウンドを使うのはどうだろう?日本で地方駅エレベーターそばのベンチで次の電車を30分待っていた。エレベーター足下にお気をつけてくださいアナウンスを何百回も静かな夜構内に流れる。音楽を聴きたくなる気持ちになる。外は台風余波の風。無人アナウンスを延々と聞きながら、夜の電車を待つ。



スウェーデンの駅は、乗るたびに現金で高く払うか(初乗り一時間バス地下鉄共通、800円)。定期か切符の回数券を駅、売店で購入する。値上がりがひどく、定期代が一万円を軽く超える。日本のタッチポンもできあがりつつあるがカードの一部を通すシステム。カードをいれるプラスチック。ずらすやりかたは、賢くない。ずるをして通り抜ける若い男性女性。時々抜き打ちチェックがある。

ロシアサンテペテルスブルグ駅の改札口横で、次の汽車まで時間つぶしに人々をみていたことがある。新しいタッチポンシステムに多くの市民が慣れない様子。大きな麻白布のリュックを背負った田舎人など、まごまごとしていた。太った女性係官がおしゃべりしながら立っていた。彼女らは、通り過ぎるひとを頭からつまさきまでじろりじろりとみる。ロシア人は外見にうるさい。バルトも旧ロシア独立国も、コンビニより遠いところにおでかけは、心しておしゃれをするという。サンテペテルスブルグ駅員うわさ話をしたり、通行人をちろりとみて、後ろでぷっと笑ったりしていた。感情のあらわしかたが、とりすましている北欧人と違う。ロシア文学みたいに人間くさい。新しいシステムタッチポンにとまどうロシア庶民達。あれから3年。今はもっと普及しているはず。

タッチポンSUICAもどきがあるが使われていないスウェーデン。東京は、SUICAカードを慣れた手つきでタッチポンポンしていく。おつりがさっとでてくる国。がんばれ!その調子。アメリカの投資家にだまされないで。小さな利益を根こそぎもっていかれちゃだめ。日本の赤ずきんちゃん気をつけて。

久しぶりに訪れた日本の物価は、北欧6パーセント食品値上がりからみると、安く思えた。女性の靴や下着、ランチの多様で安い。メードインチャイナの品質が高くなり、アジア工場が安い豊富な労働力を背景に良いもの安いものを作り出した。恩恵利益は、どこに行っているのだろう。富の集中。働きありのアジア、お金がお金を呼ぶ欧米キリギリスをふと思う。矛盾。これについては、わたしのおすすめの経済関連ブログをおすすめ。日本海外経済の動きが専門家らしくよくわかる。田村秀男さんの経済がわかると世界がわかる。のブログだ。先日のアリとキリギリスの話は、たくさんの人に読んで欲しい。ブログにも書かれてあった自衛隊派遣については、複雑な問題である。マンパワー、軍事力のある中国では、自国のやりかたがある。支援してくれる気持ちはありがたいいうことだろう。中国が困っていることを助けてあげたい気持ち。

訓練された優秀な災害救助犬わんちゃんを100匹乗せたJALやANAわんわんお助け号が一番喜ばれるはずだ。日本の訓練をうけた忠犬ハチ公救助犬わんわんハチ公の活躍は涙をさそうはず。犬は中国語も日本語も同じはず。自衛隊も犬の訓練犬をふやし、災害救助自衛隊犬に活躍してもらおう。100匹自衛隊救助犬を派遣。中国もノーと言えないはず。パンダ顔わんちゃんだったら、熱烈歓迎なはず。



ヨーロッパ人が行くべき国は、デフレ最後恩恵を受けている日本だ。残念なことに、企業接待で高いところに連れて行かれる欧米人に広まるうわさ日本は高いところばかりは、とんでもない。もし安い今の日本に気がつかないヨーロッパ人がいたら、チャンスをのがす。ユーロのくにのひとたち。今旅行のチャンスである。ホテル代はスウェーデンの3分のいち。

企業全体が、値上げをしないようにがんばっている日本。村人感情を損ねないよう人件費をけずり給料をあげずに値段を抑える日本村。480円ラーメン一杯は、スウェーデンコーヒー一杯。28パーセント近く消費税、所得税35パーセント、本6パーセント税金で涼しい顔をしている。スウェーデンの独占スーパーマーケット(ICA, COOP など)数社。平気で値上げをしている。給与をあげろ!組合運動は激しいが、値上げを簡単にされるのに反対しデモをする人は少ない。たまごかにわとりみたいに、勝手に値上がり、組合が給料をあげよ!追いかけっこだ。


EUユーロになって、物価高になったというオランダ。オランダ人と先日食事をした。ポルトガルリスボンにいって、安いはずのポルトガルがユーロで高く感じられた。ユーロに切り替わることでもっと物価の高い国になるのだろうか。年金生活者には、厳しい。日本で75才以上は、切り捨てですか!の怒りの声は、北欧では聞かない。怒っている人は、女性。移民。差別がないの国で差別に苦しむ人。世界環境に敏感な人たち。


男も女も性に関係なく同じく2にん給料でなければ暮らしていけない北欧。働かない人は、年金ももらえない。結婚していてもしていなくても愛がある限り同じ権利。超個人主義ヨーロッパ。

権利は主張して勝ち取る。声をあげないとおいしいマンゴーは手に入らない。待っていてもなにも起こらない。患者が死にそうでも退院させても、骨折手術を遅らせても、ストを続けた。ちょうだいと要求しないとだれもくれない現状。モハメッドアブラハムは2世3世でも不利なので、名前をかえようかなあという。スウェーデン名が付けられていく。アジア顔アンナやクリスチーヌやサビーナとなる。

親がすっぽりと頭をかくしたイスラムお嬢さんたちは、男女平等シャワーをあびスウェーデン教育で金髪にそめ、胸をちらりとだし歩く。怒って、暴力をふるおうものなら、父親も兄も監獄にいれられる。スウェーデン化した次世代こどもたち。インド人のこどもは、リサという名前になった。元スウェーデン語クラスメートは、バス運転手。娘は、スウェーデン人として育つ。インドのバス運転手が、スウェーデンでバス運転手となった。給料100倍。努力は、涙なくしては語れない苦労。インドバス運転手がスウェーデンバス運転手になる。彼が語ったら一冊本ができそうだ。山を越えてトルコに逃げ、アメリカ行きのお金に満たないのでスウェーデンにきたイラク人や、偽装結婚でケニアからきた移民。たくましいん人たち。温室育ちの日本人は、がけっぷちからとびおりる覚悟がないとスウェーデンでは暮らしていけない。


日系スウェーデン人もいる。両親が日本人スウェーデン育ち。スウェーデン語を話すと、顔の表情がまったく違う。化粧法もファッションも同化していく。中高生。冬は細身のパンツにふらっとシューズ。厚手のダウンジャケット。運動用のパンツに、帽子付きの同じく運動用のトレーなーかジャケット。髪長めに、夏はポニーテイル。まんなかわけより、片方によってわけるなどなど。鞄は、王様の王冠がついているブランドが人気。チリ人女性がスウェーデンジンと結婚して23才に高校に入った。入ったトタン、女子高生格好になった。まつげカール。強めに上下マスカラの今時スウェーデン高校生の女の子のできあがり。不思議だが、女性はカメレオン的。特派員報告で、海外在住のスウェーデン女性が、女っぽくおしゃれに見えるのは、不思議。グレタガルボやイングリッドバーグマンはアメリカで一皮もふた皮もむけた。スウェーデン少女時代は、あかぬけない女の子という雰囲気が否めない。ハリウッドは女性をみがく。ニコールキッドマンしかり。


女性の権利を声高に主張のテレビ新聞。知り合いのスウェーデン女子大学院生によると、女性給与が、専門職を除き、男性より低いという。。タンザニア人男性がいった。アフリカでは、あたりまえ。男が偉い。女が優秀でも。なまいき女性は、嫌われる。スウェーデンでは、タイキックボクシング女性なら、男性は喜んでひざまずくだろう。たくましい女性。スーパーママがジョギングやスポーツクラブで汗を流し、ボクシングや柔道なら、素敵なんだ。


ひらひらスカートに揺れるイヤリングピンクの大きなリボンがついた可愛いバッグ。小学校にはいる前。中学校から黒に突入。紺色、軍服色やグレーに。大人になったら冬は黒、夏は白が中心色。小花模様などは、スパッツとジャケットの間に花柄ワンピとなる。H&Mでみかけた、大きな派手な花柄ロングスカート女性は、くるぶしまでくる超ロングでかっこうよかった。H&M男性売り場コーデネイトは、白スラックスコットンが今旬。濃いピンクストライプ、紺色ジャケット。紺色水色半袖襟付きコットンシャツと白いスラックス。薄水色に白いストライプシャツとベージュコットンパンツ内側は水色で細かなおしゃれ。子供は、白いコットンフリルワンピース前に小さなリボン。薄ピンクレース付きスパッツ。きらきら光るシルバーのバックルのある先の丸い平靴。濃いピンクハート型ヘアピン。若者は、膝ちょっとしたまでコットンパンツに大柄チェックのコットンシャツ。中にTシャツ。赤グレーのストライプチェックなど。クビに巻く超薄手の麻風布は、白に黒グレーの模様。


スウェーデンファッションは、黒、白、グレースパッツが主流。上着とスパッツ黒組み合わせが多い。ワンピが上着下から少し出すのが今の季節おしゃれ。暑いので柄物半袖ワンピを。夕方はジャケット定番。ワンピの長さも短めにスパッツ。日本は、ワンピが膝近くで長め。アフリカ人女性は、ワンピ下にパンタロンをはいて、大きな輪のイヤリングばしっときめている。夏が近くなって、ストックホルムもおしゃれ度がぐんぐん高まりつつある。つゆがないのがいい。さわやかな夏の日。

日本と北欧女性の大きな違いは、胸をあけているのが北欧女性は、多い。胸が夏のチャームポイント。ブラジャーもアップブラが。日本では、胸がちらりと見えることにちょっと抵抗がある。スウェーデンでは、老若女性は、勝負をかけているような気も。おばさんは、すべて下に垂れ下がるので、ボデイスーツで勝負。近所の下着屋さんのショーウインドーにも飾られる。考えることは似ていて面白い。


男女平等や権利主張背景には、女性が農家の主要な働き手としてもがんばってきたという歴史的な背景もあるという。100年前、ビルが都市に建てられたときも、工事現場で女性も重い石などを運んでいたという。ミルクレデイといって、馬車でしぼりたての牛乳を大きな缶にいれて、家々を回っていた力の強い女性。重い大きな缶から牛乳を各家に配達した女性の写真をみたことがある。若い農家の女性が家の中を飛び出して、外に働きにでた走りともいえる。


おつまみお飲み物列車レデイーを思いだす。おつまみー。おのみものーいりませんかー。甘ーい優しい可愛い声。愛らしさ。とろけるように甘いかわいらしい声。北欧じゃ、考えられない。小鳥のようなトーン。声を全部出し切らずに、お耳の後ろをくすぐられるような声。中国人男性が好きな女性に、あなたの鈴虫のような美しい声をきいて心地よくて、嬉しい。という話を思い出した。鈴虫の声。最後にいりませんかーあああー。とちょっと余韻を。日本語もこうしてみると女性が話す声調によっては、かなり美しい言語だ。キイポイントは余韻。仏教のおぼうさんのお経も余韻がすべてだ。

スウェーデン民放テレビコマーシャルで、白人になにか日本語を言わせていた。アチョー、コケコッコー!ハイハイ!ヌンチャク。スタッカート多い言葉。冷凍食品アジア野菜シリーズのCM。フランスジンを真似をするときは、黒髪でカーリーの男性を登場。片手にフランスパン。なぜかめがね。日本人の真似。おべんとういりませんかああー。の優しい日本語をCMに使ってほしい。

お辞儀をするのは、日本の美徳。相手を尊重する武士の名残リ。スウェーデンは、大きく相手の体を包み込むように手をひろげる。日本のこどもたちは、サンキューかわりに頭をぺこり。海外にでたら、頭ぺこりは相手が気がつかないから、相手の目をみて、元気よくサンキューといおう。ただし、アメリカ人がみんな英会話の先生みたいに、ハーイ!エッブリワン!!と元気がいい人だと限らない。知人は、日本の英会話教室で、根暗の恥ずかしがり屋、おおきな声で話すのが大苦手な外国人なのに。英会話教室から、元気よくいってください!先生、スマイルで。と無理にがんばっていたら、病気になってしまった。

外国人がみる一般的な印象やイメージはあくまでサンプルのひとつ。日本人をまねしたコマーシャルをみると、とまどってしまう。


北海道函館と本州青森を結ぶ海峡線の黒髪の東北美人の女性のおつまみーおべんとうの売り子さん。とろけるような甘ーい声。おべんとうー。おべんとうーはいりませんか。ほたてのかまめし、いくらとしゃけのおべんとう。ああーおいしそー。お弁当ーいかがですかあああー。最後は消え入る声調。甘い声と甘い顔に、おじさまたちは、目を奪われ次々とコーヒーやおつまみお弁当を。ちらりと女の子の顔をみる。しおらしい楚々とした細面のかわいこちゃん。

韓国人男性が、日本の食堂でそばを注文、運んできたのがおばあさんだったので、びっくりという話を思い出す。パートのおばあさんが、やるんですか。韓国じゃ、アル年齢からキッチン専用ですよ。アジア男性のメンタリテイ。スウェーデンのアメリカ系レストランなどは容姿若さサービスと徹底してかわいこちゃんハンサムボーイを使う。

フェミニスト党党首の面構えやグリーン党の政治家と日本の列車ガールの面構えが違う。しおらしいと生意気は反対語だったかしら。しおらしいスウェーデン女性だっているので誤解は避けたい。(学校で男女平等、男も女もサッカーがあたりまえ。男の子はアイロンも、整理整頓も上手。。女性は職場でフリルは着なくても、遠慮がちにどこかにフリルを持っている。)

知人が、ストックホルムのミシンやさんの前を通ったとき、”あれ、強いスウェーデン女性でもミシンなんて使ってするんですかあ。いやーおどろいたな。おじさんもふたりいますね。さすがスウェーデン。” 観察眼はシャープさをましよく見えるらしい。”あら、男のための花婿お料理講座が人気の国よ。アップリケのつけかたや小物を作りたい気持ちになったっておかしくないわ。”友人は、”うーん。すごいなあ。”お店の窓の外でのぞき込む東洋人など気にとめずミシンをかたかたとかけるおじさん。

日本の優しいおつまみーおべんとうーの声は旅をする人たちの心を慰める。むかしの飛行機の国際線は、そうだった。最近は、実用的登用となっている。ファーストクラスになるほど、美人度は高くなる。タイインターナショナルアジア系中国の飛行機会社など。学生時代に一度ロンリープラーネット旅行ガイドに洗脳されて、PIAを使ってタイに行ったときは、知り合いに、大丈夫?といわれた。乗ってすぐに、目をみはるほどの究極ハンサムスチュワードとスパイシー本場のカレーに満足したもの。エアフランススチュワーデスは、女らしく魅力的な独特の雰囲気がある。いまなら、チャイナエアは、才色兼備花盛りかも。

ANAドイツ行きの日本スチュワーデスは、甘さが抑えられてプラクテイカル。エプロン姿。背高のっぽ外国人スチュワーデスも、違った海、日本海で泳ぐバルト海の魚感。ANA男性外国人スチュワードオーストラリア英語の歯切れの良さとベテランアナウンスぶりは、さすがの登用。オーストラリア英語は、リラックス感とフレンドリーさで飛行機で聞くと落ち着くし、肩から力が抜けるのがいい。

お正月カウントダウンパーテイでオーストラリア人コメデイアンが世界の英語を真似するショーをみたことがある。日本人スチュワーデス英語アナウンスという設定。納豆まぜ混ぜまぜした英語。まぜまぜこねこねしたあとに、納豆がからまりすぎて収集がつかないアナウンス。ひいいと泣きながら聞いてしまったが、人ごとではない。他にクビを横にふるインドエアーや中国エアーなど。アメリカやフランスイタリア、スペインのスチュワーデスなどよくぞそこまで特徴をという巧みなもの。怖いものをみるみたいにもう一度是非みたい。



成田空港出発ラウンジでみかけた腰がくびれ、うなじのきれいな系シンガポールエアのスチュワーデスは、エプロン姿のANAと売り方が違う。でも、芸者花魁姿、ハッピ祭り太鼓姿もヘン。我らが、ちょんまげかつらかみしももびっくりものだ。日本男性のシンボルちょんまげをいやいや切った明治天皇の頃。おすもうさんは、今でもまげだ。今。日本人男性がみなまげを結ったら、世界中のひとが、一目も2目もおくだろう。すもうとりは、西洋人にはやっぱり不思議にうつるらしい。150年以上前に飛行機があったら、かみしもちょんまげ、刀。芸者花魁。舞子。すもうとり。斜洋館姿ロングドレス。うめぼしおかかしゃけおにぎりだろうか。機内メニューに何をだしたのだろうか。餅やあんこたっぷり大福。茶屋だんごメニュー。干し柿。。どぶろく、地酒。。殿様はファーストクラス。士農工商だろうか。殿は外国についても籠に乗せるなど、お付きのひとも大変だ。想像がやまない。ヨーロッパ鷹狩り旅行諸国の殿様の間の海外旅行目玉になるかも。時代は不思議だ。ブータン人は尊敬に値する。世界のどんな会議でも、あのミニ丹前着物はぜったい脱がない。

SASに乗り込み、ベテランスチュワーデス。おのみものーおつまみー甘くせつない腰をくすぐられるかわいらしい声は遠い夢幻の世界へ。

ある種の女性たちが、話す甘いスウェーデン語。外国人が真似ができない。色気があって甘えるようにころころ優しく歌のように話す。わたしが話すなら、一世紀さかのぼる馬車農民ミルク配り。力持ちスウェーデンミルクレデイの発音ミルクはいらねーかー。ミルクーあるよー。といったふうではないだろうか。納豆をまぜたスウェーデン語の発音考えると不安になる。


スウェーデン社会党党首はにこにこ顔。前首相ヨーランパーション。モナサリンも最近満面にこにこにこ。紀子様にこにこ満面ほほえみ。目尻が下がるにこにこスウェーデン人政治家と違う人たちは、ぶすぶすと怒っているグリーン党の若い女性政治家。ニヒルな笑いと怒り心頭フェミニスト党女性党首。おでこが顔半分スポンジぞーきんにも顔が印刷されている首相ラインフェルト氏は、にこにこしない。おでこが顔の半分目がぱっちり。社会党アナリンの暗殺?がなければ今日の彼はない。歴史の後ろには、どんな真実があるのだろう。ユーロ賛成のアナリン。おかげでスウェーデンは、いまだにクローネ経済である。



スウェーデンで暮らしていると甘いやさしいトーンの日本語を忘れている自分に気づく。やさしい日本女性の日本語の練習。たまにおつまみー。おのみものー。と優しくささやいていってみよう。忘れてはいけないのかも。テレビをぱちんとつける。”女性に権利を!。スウェーデンに帰ってきたと感じることば。

日本企業男性が、飲み会で決して質問してはいけないこと。タブー、部長でも社長でも会ったばかりのスウェーデン人に、決して聞いては、いけない。”スベンソンさん。さて、我が社の女性たち、10人で誰が一番スウェーデン人のスベンソンさんに美人に見えますかな?”大変失礼な質問となるそうだ。日本人感覚でいうと、お酒上、これくらいの質問はたいしたことがない。初対面スウェーデン人、プライベートに近い意見を聞くことは避けられるべきとのこと。どうしてそういった個人の意見をみんなの前で答えなければいけないの?と苦痛にしか思えないと彼らは感じる。実際スウェーデン人が日本出張の話しである。


”なんとかさん。スベンソンさんが、あなたが一番美人でお気に入りだって!さあ。となりにすわって!おしゃくして!”これは、絶対にスウェーデンじゃありえないはなし。男性におしゃくをさせても、自分が男性におしゃくする文化がない。また女性が美醜を比較されることで、怒り大問題に。たとえば、仕事場の女性5人をスウェーデン社長が、日本から出張してきた社員にどの女性が一番美人で好みときくと、ハラスメントで訴えられることにも。



おつまみー。おのみものー。スウェーデンの売り子さんは甘い声をださない。若い男の子なら話は別かも。。おつまみー。おのみものーは、いかがですかー。スウェーデンなら、かわいい若い男の子にやらせて、めがねきらり刈り上げおばさんが、コーヒーを美味しそうにいただくだろう。テレビの番組案内の若いかわいい男性のように。夏は、バカンス。スウェーデンのおばさんたちは、海外リゾート地で有名なギリシャの島やアフリカのリゾートに、女だけでおでかけ。おつまみー。おのみものー。甘ーい声をだすのは、ヨーロッパのおねえさんおばさん目当ての現地のジゴロたち。北欧女性と日本女性の現実は、おばさん達の間に20年の差がある。経済力の差だけとはいいがたい。
by nyfiken | 2008-05-30 21:15

ストックホルム夏の予感

木の芽がふぶき、枯れ木に一斉に花ならぬ緑の葉がぐんぐんと伸びてきた。北の大地の木は、緑色でも黄緑から濃い緑とグラデーションがきれい。足元にはタンポポが愛らしく、見てみて!と咲いている。チューリップも、アパートの庭や、近所のアパートでてすぐの角に。街行く人が、ひとやすみする小さなベンチのまわりに、新種の珍しい色のチューリップが咲いている。八重桜が最後の満開。道を昨日歩いていて見つけた、急に狂ったように咲いている八重桜の美しいことよ。たまたまある通りを左に曲がった瞬間に満開桜の樹が5本。沿道に沿って華やいでいる。ピンクは、若干濃い桜色。アパートの住民がバルコニーにイスをだしている。すべての人々を幸福感に誘う。怪しくその木の前の道をゆっくりと5往復する。八重桜はやっぱりきれい。ストックホルムの街路樹に桜があちこちにあるけれど、どこから、誰が植えたのだろう。いつの日かストックホルムの街全体が桜の花で満たされたら。。とちょっと想像してみる。



鳥は、朝3時半くらいからおきて、ぴーチュチュチュと機嫌がいい。一日中鳴いている。あんなに美しくなくものなのだろうか。春がきて、嬉しさ一杯。日本のカラスは、嬉しいのだろうけど、あの声。どうして同じ鳥もカラスやうぐいすスウェーデンでちゅちゅちゅっと気分よく木の上で楽しそうに鳴いている鳥の違いができてしまったのだろう。日本全体が、うぐいすの声で満たされたなら。都会のカラスは、むかしから、エコ鳥、残飯整理として、案外重宝されきたのかもしれない。都会のカラスの言葉がもし聞こえたら、人間は、恐怖でおののくだろう。”あそこの、残飯をねらおう。”スウェーデンにからすが、いたら、だれも外で、あんなふうに、夜9時まで外のテーブルで食べないだろう。カラスの目と声の威圧感。いろいろ思うと、動物の言葉を全部理解できないほうが、人間は幸せかもしれない。

ベランダ、テラスでワインをのみながら、黄昏デイナー。バックミュージックはちゅっちゅんの可愛い小鳥たち。やっぱり可愛い鳥が愛らしくていい。これが、スウェーデンの人の好きな夏への期待感に充ち満ちた幸福スタイル。

カラスで思い出した。学芸会で、白い鳩の鳥と、黒いカラスの鳥のミュージカル。小学校一年生の時に演じた。歌を歌わせられて、わたしは、ソプラノではなく、アルト。低音がよく出る声。声の診断ウムを言わせずに、即座に、カラスグループへ。白い鳩グループの白いケープ。黒いカラスグループの黒いケープ。その時のわたしの失望感と絶望感。先生に、”天使みたいな鳩グループへ行きたいの。。””でもあなたの声はアルトだからカラス、変えられないわ。。”自分のアルトの声を呪ったものだ。学芸会の写真は、黒ケープをまとっていて、ちょっと悲しそう。大人になって黒のコートやジャケットを喜んで着ている。でもどうして、あんな鳩とカラスの学芸会ミュージカルを先生は、演じさせたのだろうか。


小学校一年生は、プリンセスの時代。ヨーロッパの子供達は、とってもきれいなピンク、夢一杯のドレスや王冠をかぶる。ふと、黒を一回も着てこない中国人の知り合いの女性を思い出す。"黒はいやだわ。子供の頃から、母親が黒ばかりきせたの。カルチャーレボリューションでしょう。大人になって今、赤いいろしかきないのは、反動なのよ。”ストックホルムの街で赤いぼうし、赤いコート、ジャケットしか着ない。スウェーデン人の男性と空港で知り合う。出張で来て、3年の交際ののち、遅い結婚をした。今は、母親になった。こどもに、黒い色は、決して着せないだろう。小学校一年生のスウェーデンの女の子達は、とっても可愛い愛らしいピンクをおしゃれに組み合わせる。とろけるストロベリーカラー。ミルクストロベリーと甘いピンク。水玉。おいしそうな色の組み合わせに、いつもわたしは、感心する。



家を一歩でる。角のベンチに若者。ノースリーブの白いシャツにコットンのパンツ。クビにしっかり薄手の布をまくのが、スウェーデンスタイル。しっかり、夕方からのための、ジャケットは手に。そこでわたしは、考える。わたしの体感温度がおかしいのかしら?温かいし、おひさまが入る部屋ではノースリーブを着ているけれど、太陽の日差しが北は強い。風はようやく温かいけれど、まだノースリーブまではちょっと。外では。いや、彼らは、もう水着になって草むらに寝ころんでいる。夏の予感。

今の季節が、スウェーデン人は、無理をしてでも夏の格好をする。もちろんコートやジャケットの下に。寒くなったら、アスにでも襟巻きとダウンを着るにせよ。太陽がでたら、海辺への期待感で一杯になる。水着の宣伝の大きなCM写真が街頭に。社会主義の長かったスウェーデンでは、水着の値段は、低く抑えられている。デザインも素敵なのに、安い。H&Mは、新しいデザインで華やいでいる。サイズがかなり大きいのまでそろっているのは、ヨーロッパ。

どんなにおでぶちゃんでも、ふりふりのミニスカートのかわいいデザインがある。週末は、彼氏のデートで、最近は、ミニミニの薄手のワンピをジャケットの外にだして、スパッツ。ミニミニに直接タイツは、スタイルのいい若い女の子。週末は、いつもの労働者洋服を脱ぎ捨てて、ハイヒールサンダルを痛そうに歩く女の子。やっぱり女の子は、スウェーデンも東京も同じ。みんな、可愛くきれいになりたい気持ちは同じ。男の子も、小学生の男の子は、まだGパンラインが下がっている。そして髪の毛は、ちょっとカットの毛先をたてて、かわいい。スウェーデンの10代の男の子は、髪の毛が長い子が多い。



スウェーデンの人たちは、夏への期待感で、気持ちが先走ってしまう。昨日は、コートの下に鮮やかなグリーンの素敵なサンダルヒールをはいていたマダムをみかけた。サングラスは、今流行の大きめのサングラス。白いジャケット。ベンチで、あるいは歩いている大人達の手に、アイスクリーム。スウェーデンのひとは、ちょっと熱いとすぐアイスクリーム。冬はバナナを手にもって歩きながら食べているひとをみかけるが、今はアイスクリーム。近所のセブンイレブンでミルクセーキも売り出された。お日様が恋しかった冬もおわり、夏にむかって、今、スウェーデンや北欧の人は、興奮度やアドレナリンが高まる。



梅雨がないスウェーデンでは、日本の5月、これから夏、でもその前にあの梅雨がねえ。といったワンクッションがない。素直にストレートに、夏に向かって、ぐんぐんと木の枝をのばす木や、お花が冬の寒い日々を取り戻すかのように、咲き乱れる。蜂も忙しい。アリも短い春夏を謳歌するために、今日も女王アリにおつかえして、えっさえっさと運び屋業にいそしむ。ちゅんちゅんの鳥。朝からずっとちゅんちゅんとおしゃべりをしている。知り合いのスウェーデン人は、鳥をえずけしているというが、えさはチーズという。お米をまくすずめのお宿の国日本とは、そこが違う。日本でチーズでもベランダにだそうものなら、くちばしの鋭いカラスが直行してくるだろう。

カラスはみている。むかしは、田んぼにかかしが、今はきっと都会の家の前のゴミ捨て場にかかしが必要?こらっ!とどすのきいた声をだしても、カラスはもっと上手だ。昔山登りして、山のてっぺん近くの山小屋で食べようと思って楽しみにしていたチョコレートパン。外のテーブルにおいて、中にコーヒーをとりに、いって戻ったら、ビニール袋は破られて、チョコパンを持って、空高く飛んでいったカラス。地団駄ふんでくやしがる稚児のように、わたしは、山の上で泣いた。苦労して何時間も登った山の上でいただく、チョコパンとコーヒーの感動。お金では買えない。そして、そういう私のようなチョコパンやあんパンやマフィンを頂上の無人山小屋で食べたい輩を待ち伏せている鳥、カラス。サクランボウの実、鳥が飛んできてついばむ。自然の鳥はお店にいって、買い物ができない。


先日、クングスホルメン島を水辺にそって散歩をしていた。
カールべりェ城前の鴨は、夕方トイレとお食事に陸へあがってくる。水辺からあがった鴨たちは、草をたべ、そして用をたす。ベビーカーカップルが、えさをあげはじめた。それまで必死に草をついばんでいた鴨たち。おいしいえさをもらいはじめたかもたちをみて、鴨もよってくる。気がつかない鴨は自分でえさをたべ、もらえることがわかったかもは、えさを食べるより、ベビーカーのおねえさんのほうに、クビをむけ、期待している。


どんどんベビーカーのまわりに鴨たちが。はしっこの鴨は気がつかないから必死に草を自分達で食べている。なんだか、飼い慣らされた犬が、クッキーやケーキの香りがするだけで、キッチンドアに頭突きをしてきたり、えさの時間前に、ステーキでもじゅっとやくものなら、うおーん。とドアの外で、声をあげるのを思い出す。


鴨を助けるためのえさまきは、本当に鴨のために、なるのだろうか。神戸ビーフなら、話は別だ。世界中のひとの舌をとろけさすKOBE BEEFは、その方法をまねて、今や韓国でお酒とビールをまぜてのませ、マッサージをほどこすという。日本のビジネスの方向性としては、質の良いものを職人匠の技とまじめな日本人気質(重箱を突いている間に、大きなものやタイミングをのがすとか、枝をみて木をみるのをわすれるといった弱点はあるにせよ)を一緒に生かした、KOBE BEEF method神戸牛方法は、いろいろな分野において、応用されるべきである。


話はもどるが、散歩の途中みた、ダックは、たいていつがいでなかがいい。たいてい、オスとメスがなかよく、並んで水面を泳いだり陸で草をついばんでいる。ときどき一羽で泳いでいるのをみると、”あら、まいごかしら?”と心配になるくらい。もちろん群れなす鴨たち。

オスがきれいでメスは、平凡な外観は、例のクジャクとおなじ。どうしてあのシュの動物は、オスがあんなに美しいんだろう。光沢のある緑。オレンジの足。完璧な色の組み合わせのおす。めすは、虎の子印みたいないわゆる茶色。平凡で芸術的じゃない。一夫多妻が多い動物で、かもはつがいなのね。感心感心。


夕方になると、陸にあがってきて、草をついばんだり、お手洗いにいったりする。3匹の小さめのかもが、走り回っていた。よくみたら一匹のオスがメスの頭にくちばしをせんたくばさみのようにたてている。メスはいたいから逃げるのだけど、はさまれた頭のまま逃げているので悲惨。あのくちばしがクリップになるとは、その時まで気がつかなかった。オスの頭に別のおすのくちばしが。3匹が早足で草の上を方向めちゃめちゃに走っている。

スウェーデン人のおばさんが、横に立ってみている。気がつくと、数人が。おばさんが、ひとこと"おやおや。コンキュウランスね。鴨の競争。”とつぶやいた。

若い体の血の気の盛んな小さい鴨たち。水辺でゆっくりつがいで泳いでいるかもは、もっと大きい大人鴨だ。ダックの世界も案外厳しい。くちばしが、あんな風に武器になるとは。見物人のはははははという笑い。ダックは、真剣そのもの。いつもつがいのダックをみて、目を細めて、動物でも、つがいで仲良くしているのがいるのは、みていても平和で気分がいいものね。のその裏のドラマをみたよう。追いかけているオス鴨は、人間からみたら、うり二つだ。どうやって、選ぶのだろう。かものメスは、選べないのだろうか。くちばしの強い者が勝つ。それにしても痛そうだ。


ストックホルム夏の予感。北のはずれのヨーロッパにもいろいろな小さなドラマがある。
by nyfiken | 2008-05-09 22:24
According to the Chosunilbo 'Daily News in English About Korea' I happened to find quite interesting article on a new korean documentary and another film which is about North Korean refugees and is set to be released in May..

U.S.President George Bush on Wednesday last week expressed renewed concern about the grave human rights situation in North Korea."We believe it is every person's basic right to live in freedom and dignity."He said on the occasion of North Korea Freedom week, an event organized by several human rights and political organizations according to the news.

Meanwhile"On the Border", Chusun IIbo documentary about the plight of North kroean refugees was screened for the U.S.House Committee on Foreign Affiars in Washington the same day.

A 50-strong audience including committe staffers dealing with human rights were devastated by the miserably reality facing the refugees at the border, where they are often sold into modern-day slavery (including sex slavery)and forced to traffic drugs to escape their improverished nation..

Another korean film"Crossing" about North Korean refugees is set to be released in May.(Crossing is the different from Crossing the line by VeryMuchso production by Daniel Gordon!)Click korean movie , crossing 2008 on Google, then you can watch a part on You tube , even you do not understand Korean, but you will feel how it would be.I personally look forward watching this movie.

"Crossing "is the first korean feature film to deal with the miserable reality faced North Korean defectors, including laborers in a logging camp and teenagers who survive by begging and stealing.This movie foccuses on the refugees' struggle to survive.and a heartbreaking human drama. A man escapes from a mining village in North korea's North Province to find medicine and food for his family.The work is based on the true stories spoken by N.Korean's defectors.

Production on the movie was kept secret because parts of it were shot on location on an 8000-km route stretching from China to Mongolia,. Fear of threats from the North korea to the safety of interviewees and staff were concerned..Actor Cha In -pyo had to promise to reveal nothing about the film until shooting was done.

It took more than a year to interview peoples and gather information .North Kroean Kim Chul-yong, who was a membeer of North Kroean Arts propaganda squad and defected to south korea , helped out as an assistant director.

The movie cost W 4 billointo produce, which is the average budget for a commercial film in Korea.The producers did everthing they could to minimize the budget.Things turned around when new investment and distribution company Vantage Holdings decided to shoulder almost half of the production costs.They did not ask EU to help them.

The film was directed by Kim Tae-kyun.
These are information on two interesting korean films that I would like to recomend to SVT.

Last time when I went back to Japan and visited my old parents.I reached home late but warm diner was waiting for me on the diner table .They asked me an excuse to watch their favorate korean drama on TV.I was eating real Japanese home cooking diner that I can not eat in abroad since grilled beautiful fat Japanese fish and real miso soup with Japanese mashroom and other vegetable dishes.

I joined watching their favorate korean historical drama Changum and after 15 minutes I ran to the bathroom to get towel to wipe off tears.Tears ran and ran , no stopping.After finishing the drama my parents asked me "By the way how is Sweden?"with full of tears in their eyes, I answered "Ya.I feel at home in Sweden Stockholm is beautiful just like the post card that I sent you last time.and the town is stylish and full of nature.Young girls are so beautiful and boys are so cute as if I feel like going back to junior shool again just to be their classmates"with little joke with tears in my eyes,

We all have tears in eyes because of the korean drama, the story and conversation stroke our heart.That reminded me of concert of Yoyoma in stockholm, i cried and tears ran because I was strongly moved as well as my next person who was crying, too. , In life suddenly we are moved by wonderful things, stories, films, musics and certain persons. .It is so nice for me to go back my parents home and share this feeling together. with tears.It is always nice to be back home and join old parents'rutine life as if I have been there with them all the time.


Korean films attract many Japanese including my old parents.My father is very Japanese and since recent years many wonderful kroean films and dramas were introduced by Satelite TV, they start loving them and strange enough, they bought new digital TV in order to watch Korean movies .My father says "I am very surprised to know that korean films and drams show and teach us more philosophy in life and move our heart .I respect their sincere and cultural sophistication.

It is true and Korean might keep their dignity even the country is very americanized .It is not easy to explain what it is. The best way to make swedish understand the reason why korean films and dramas oftne strike all asian peoples' heart, like us Japanese, is to watch korean film and drama like .Changum Here in Stockholm it is avairable many popular koreanfilms , DVD at JFK shop owned by Japanese that sell Japanese food including Sushi near Soder station.

In Japan recent years especially old Japanese women start loving korean movie, actors that might remind them of their young time's old boyfriends , clean , straight and sweet they say.Korean actors and actress are quite popular in Japan.I ever heard one very old lady around 90 years old who stays alone home , at night when she watch her favorate korean drama, she put on her best clothes to be polite to her favorate actor on TV.Love exists in different shapes and that kind of film make peoples to be waited for.I am sure 90 years old lady must hold towel to wipe her tears.Nose runnning, too.It is very hard not to cry when we watch korean dramas.Any person who has dry eyes, should watch Korean drama and films.Best medicine for that problem.

Just like Madison bridge.Most of swedish audience at cinema seemed to cry
at the end of that film in Stockholm, that was many years ago, and I could not take a breath due to my nose runnning.I looked around me, even swedish (at that time i thought)cried over the movie.I like watching cinema at the theater, since we can share the feeling even though we do not know all the audiences who they are.



It is difficult to say what is difference among korean, chinese and Japanese,Most swedish make jokes with their two fingers so happily..When they talk about Chinese , two fingers pull their both eyes' end up, for korean pull their both eyes' end down, for Japanese , one side is up and another side is down.I have heard this Chinese, korean and Japanese joke more than 8 times from all different swedish .when they start talking this joke, I pretend not to know the joke before, and just listen to their performance so quietly.I know what exactly they want to say to us , the highlight of their performance is Japanese part.One finger push up the end of right eye, one finger push down the end of left eye.

And at the end, we Japanese do not know what we should make comment on this Swedish joke.Should we say "WOW!"or should we say "Yaa,that is true..Japanese consistes of korean and chinse mix, we eat chinese mapodofu and pork sweet and sour cooked by mother since we were children even some kids think those are Japanese food and koeran food kimuchi since we were children , parents gave us with cooked rice ,washed kimuchi for small children.


I know when they talk about this funny joke, they look so happy .I would like to analize this joke.Japanese have different faces and shapes of eyes since we have Korean, Chinese and pacific DNA plus ainu. Original Japanese jomon were conqured by Yayoi peoples that from Korea , they moved to Japan and started living in the southern part of Japan in olden time.Jomon culture was taken by Yayoi culture.Japanese consists of two different group of peoples even we call ourselves Japanese.Jomon peoples that is me, Yayoi peoples look like typical korean.One lid eye.My country is island.If it existe big diffrennce among chinese and korean, we are islander and they are continental peoples.Island people who used to live in closed society, foreigner and all different peopels came from the sea.America came to open our country after 400 years' closed edo shogun time with big black ship with guns, Mongoria wanted to occupy Japan, but God wind blowed and they could not occupy us, but I just wonder why Mongolian just look like us Japanese sometimes we say we look like more Mongolian than chinese..Even if Chingis khan could not make any children with Japanese women...


It is not easy to genelize, Peoples say that korean man could be hot as kimuchi for passion and say open what they think more than Japanese.Japanese do not want to hurt other peoples and it cause confusion with Korean and Chinese.Chinese man might have wider heart and have tolerence.But their being afraid for losing face is stronger than Japanese..They go for more black and whilte just like Chinese language , short and accurate."you want or not-Yao pu yao .

"This is chinese . while Japanese language "Would you like to have this ?-Hoshii desuka "longer.We do not say "You want or not ?"this expression is not polite.Yes or no..When I stay in China and use simple chinese , I have to change my switch this mentality."you want or not, You like or not?instead of "I am afraid of asking you as if you would like to appreciate this or Would you mind saying as if you would like thi smatter if you do not mind."(Japanese. sounds too long sometimes for Chinese , when they read Japanese I am sure they must ignore Hiragaan part desita, desu , masu.)After studying chinese, when I had to read japanese text, I sometimes did as ignoring hiragana part and read only Chinese kanji to enable me to read faster.

Chinese.they try to keep their face.Priority in life.Sometimes that can be their weak point.because they do something just not to lose their face.It could be wrong.Japanese man want to live as samurai and like t to protect woman in their way and kindness should be shown on action not on words.but in fact i can not genelize them.

Since I watched North Korean related documentary film produced by VeryMuchSo production produced by Daniel Gordon with financial support by EU. and was shown on Swedish TV SVT 2 last week, I started questioning .Probably European do not know anything about Yokota Megumi who was abducted by North Korea and not only her but also many from Japan and while their studying and travelling in Europe from late 70th till early 80th.Megumi was abducted when she was only 13 years old just after her practicing playing badmintone at school.Some others disappeared when they went camping.Mystery.This matter has not been solved yet.And in that situation, Why propaganda film by North Korea was shown in Europe Voice of NORth korea and their message through main cast James Dresnok.I can not understand their lack of journalisitc sensitivity and justice.There should have shown another worthy films on North Korea.

if anybody in Sweden do not know Japanese abductee by North Korea, and Yokota Megumi, please click this sight.
You will be able to read in Japanese, English and korean and will know the reality, not joking.THis signt was made by Megumi Yokota's parents living apartment's neighbours.They want to help Mr.and Mrs.Yokota.I especially like mrs.Yokota's comment on her daughter.She heard when 13 years old daughter was abducted suddenly and took her to the north korean spy boat, daughter kept on calling mother "Mother !mum!Help me! Please come to help me! Mum!"in dark room.She was frightened.This problem is that all the information given by North korean goverment is quite untrustable and the famiy was told by them she did suiside at the hospital and her husband who remarried already just like Dresnok, was probably forced by authority not to tell the truth.The graveyard which is not known since her husband does not know.All the details sounds quite strange to everyone.Her daughter could be used by Authority as a weapon.The bone and ash given by N.korea was not hers due to DNA test.Famly has been cheated by them just like Dresnok's attitude on the film.Allogant.

www.asagaonokai.jp


I believe in SVT's tall antenna.turning around 365 degrees, not only for one direction..Wonderful TV programmes as KOBRA or Agenda or Morgon soffan that I love, should continue to please us even foreigner Japanese.Swedish sharp sense of humor and their high quality of journalistic sense and of course freedom of journalism.EU, BBC and SVT, all European need concern more about this matter.All my point of views why I strongly critisized a producer and screenwriter Daniel Gordon , it would be clear.

And If I find more proof , I keep on writing about my critisism on wrong direction especially on Crossing the line film forcussed on ex American soldier in North Korea.As a producer Daniel is smart enough to get money and shut N.korea mouse quiet, but he knows what he should do and not to do and what he should speak out and not.They trust him in condition att he follow all the regulars.He answered in interviews by Korean masmedia.

According to him, the koeran authority believed in him and trust him, so they did not check any film and they did not watch before BBC had shown on TV.The translator and guide from N.korea did not tell him anything and let him do what ever he wanted.
If what he says is true, even he used the words"peoples will never understand why, but they trust me."They knew he did not break the rule, his last two successful film was only done with help of Korean authority.He became famous in Europe just because of this cooperation.

Documentary film means they wanted to tell us truth or written scenario ?Should we audience see this film as an entertainment film or the fact?If this movie based on the fact so called, all the words spoken by a brainwashed examerican soldier James Dresnok whould be believed , how we concern about that?This is exactly same as Malco Polo's first report on Japan, in history there exist this.Peopels tend to believe that or respect a work "Poioneer".

The power of film is strong, that influence all those innocent peopels on this matter.Imagine most European who have never heard this story,, they can belive in what was told by ex american soldier in N.Korea and that surely gave quite wrong impression.James is hero in British low class society?They let him talk about his happy brainwashed days that he had to believe in so , otherwise he would have been mad in that society?

Dresnok's poisonous bitter mouse to Jenkins, his family and Japanese authority with lack of any respectation that would have spoiled all Japanese efforts last 10 years .THat is very sinfull.I personally am very surprised to know even that film is nominated for a prize in England.Peopels are just interested in that hero..But if I am allowed to make any comment on his last "Crossing the line"works.I am very sorry to say that that work ended up as an exellent North Korean propaganda film.Give and take relationship.GOrdon falls in love with North korea and only he is allowed to take a film in that country.Monopoli, why?

.He was right when he started , but now in this movie I feel without his knowing he has become just like ex-american soldier James Dresnok.He also can be tricked just as all European BBC, SVT, since Japan and North Korea is too far from them.Malco Polo is easily believed since he is allowed to enter while others can not.

It is quite interesting to know that there are many famous Daniel Gordons in this world , not only British director and producer of Crossing the line, but also another American screenwriter and journlist.Same name Daniel Gordon .This Jewish journlist American wrote wuite interesting article ".How the Time Distereted Jenin "on Jewish Journal.com.ANyway what he wrote reminds me of a british Daniel Gordon's approach method on the Crossing the line film on NOrth Korea.

"When I write a screenplay, I start out with an agenda.I decide who my hero is first and who is the villain.Then I fasion scene to build my dramatic case and make it believable."


We are looking for the real blue -eye swedish 007 instead of popular lovable English Mr.Bean for saving us Japanese.Especially journalism on abduction matter "Megumi yokota " case.

In that point, since SVT already showed a kind of propagand film by N.korea the other day mistakenly, innocently and accidentaly, next time these two korean films should be shown on TV to be fair to us Japanese, kidnapped and abducted Japanese peoples and their left family who have been suffered since then till now.

Voice of Sweden are always checked by Japanese Mr.Bean especially on far east issue.
by nyfiken | 2008-05-07 21:38
Japanese who were kidnapped by North korea matter is not yet understod by Swedish journalists like TV , newspaper due to their lack of recognition and poor understanding to our biggest concerning about abduction of Japanese by North Korea Goverment.

We need real beautiful blue -eye 007 to solve this .Japanese goverment want 007 gold finger.Sometimes innocent foreigner just sprash maddy water..Mr.Bean came to save theJapanese nation's problem instead of 007 gold finger.This is my impression to crossing the line documentary film.Mr Bean landed another building where was hospital instead of next building.SVT followed Mr.Bean behind seriously.Blind innocent 007 spies.They do not know where they are, while Japanese know where Mr.Bean 007 brothers are walking . From the next building, We Japanese are shouting to them, "Hei!Here, not there!! "

Without their knowing, tricked BBC, EU, VeryMuchSo Production, Daniel Gordon , Sveriges TV and innocent Swedish audiences became all Mr.Bean 007 movie stars as well as the real star James Dresnok-ex american soldier, hero in North Korea.


Swedish TV 's wrong choice to have shown bad joke -Crossing the line documentary surprised us Japanese.We say "Wait, wait!What a hell it is ! What's going on?" I could not close my mouse after knowing even the fact partly this film was financed by EU.Am I dreaming nightmere?What sorts of justice work in Europe?We should watch this film rather ironically?


I could not help but starting &opening my computer to type It was unbearable to hear what ex- American soldier James Dresnok talked about his joking-like saying that sounded North Korean propaganda film style.Why EU, BBC and even SVT had to support them?They felt sorry for this white guy who remained in North Korea after being brainwashed and even lives happily?Humanbeing is survival, in any situations, peoples try to be happy , please their boss to get more benefits and life insurance.

His role given by goverment to make promotion documentary film using foreign production with EU money and other supporter.All European are interested in looking at inside of Korea and hidden life. I did not see and hear anything real life. from this film.They are there, but what they talked was mostly prepared written scenario.These pictuers were there,and inside of rubicant was wrong.If one picture of two dogs standing side by side, real dog said "I hate you!" but any can change their conversation to "I love you."for publishing.Most who see the picture with" I love you", we tend to belive that two dogs love each other since it is said although dogs' tails &tungs were cut off .

In simple words, I want to express what happened to us in Japan in late 1970th and early 80th.

Ordinary Japanese who walked on the street , suddenly were kidnapped by someone and disappeared.Family was waiting for their coming back home, informed police.No one did see them. when abudction occured.And no newsabout those peoples then.Not only one person but some disappeared especially along Japan sea side where is not far from Russia and Korea..In 1977, 1980, 1983..even .from Copemhagen, Vienna, Barcelona..

Even some Japanese who were in Europe, they disappeared suddenly during their journey and cut their contact with any of families and friends.It was true mystery when I was a child.We had a rumor but no one could believe what rumor said.Maybe they were sent to the North Korea, but how and why?

At last with families and supporters' lots of efforts, We heard some may live in North korea with different korean names, and they can be Japnaese.Our goverment asked our neighbour govement, they denied. They said that they did not kidnappe any from their neighbour respectable Japan.

But at last recent years , they admitted abduction after such a long years .

Sveriges TV, I normally trust their journalistic sincereness , common sense and justice.But not this time on this showing joke film without any proper explanation to the audience.If they show that documentary, they should have explained the fact what happened to Japan and why Japanese victimes are still suffered from North Korea for such a long time.Why SVT just want to show this funny crazy movie to all Sweden?I have not seen any related programme by SVT recent ly, that might cause quite misunderstanding to innocent young Swedish audience if they do not know anything related to this matter.This means quite unfair to Jenkin ,his Japanese family ,Japanese goverment. and us Japanese.

This is not really simple but complex.I hope innocent audiences or students who should not believe in what was told by Dresnok, poor old American guy , brain washed survivor.


"Crossing the line" ex-American soldier 's survival story in North Korea, propaganda film,Is it joke ?An English joke ? I wish I could understand their joke, but not this time.This is very serious sensitive matter .I never like any masmedia to use this bad taste joke.In Sweden none wants to make joke about nazism and Anne Frank.


This is the same level as it is. We understand how European receive this incident as third person's matter in their sleeping time at summer house..I just find out there exists different temperatures between Japanese and European.

Daniel Gordon from England mentioned about Dresnok's special character, Daniel must have been charmed by this old strange guy and in fact he described him as an innocent angrasaxon hero from low society to high officer in North Korea with happy family life after overcoming his difficulty.Sympathy to him?or sorrow to him?

This is the same level as showing the documentary film as this.

For example, one Jewish guy who have survived in NAZI camp as a Nazi soldier not as a Jewish and have killed many sinless Jewish, and he has survived in Poland and says "You know I have been treated so nicely by German Hitler and I have had such a wonderful life, better than any Jewish in the camp in Poland."And if this documentary film is shown in Poland or Jewish society.If the producer says he wants to show the strange man's funny survival story , main cast is jewish but he could live as a nazi soldier.Survival game.How Polish or Jewish can accept this joke . And this kind film shoud be paid by EU and show on BBC 4or Sveriges TV?All Jewish communities all over the world and Polish goverment will express their unpleasant feeling.

No European including Swedish right now recognize our terrible feeling.None of them concerns about seriousl y Japanese who were kidnapped by North Korean from our peaceful country Japan.This incident sounds some news happened far away outside of their real life.For them it is more interesting to see strange march made by North korean army or strange massgame or strange asian peoples.


Any national peoples should not been kidnapped by other country's'goverments.This is not 007 movie.This is our reality.They print foreign money doller, yen, krone and use in abroad, they sell drugs to China since there exist big market of drug users in China.I have some chinese doctors' friends in Shanghai who told me some reality what is going on about chinese drug users' daily tragedy.Chinese mafias are also involved with their drug business not only Shanghai mafia but also Hongkong mafia who easily connect to chinese Jatou mafia inTokyo North Korean drug dealers that supportsNorth Korean economy mainly , they illegally do trade business on the border.The money is made by Drugs, printing foreign money and young girls to China for sex slaves.This is very common story that everyone knows in Japan.

In Japan a chinese who had severe pain was sent to the hospital after entering to Japan and operation was done, doctors found many prastic packages full of heroins from his stomach.The guy is from China, but probably those drugs could have come from their respectable neighbor country.

In a pacific island where I have travelled, peaceful island, chinese husband and wife owns ordinary shop, were killed by locals around dinner time previous year.I have been to that chinese shop since it locates next to the hotel.The way killed was not the way normally local did..One local boy was arrested and adimitted his crime.It sounds so strange since there is no reason for him to kill them.Just small amount of money.Normally those local boys do not kill just because of money.They have full of local fruits .They are not so poor.

Peoples talked the rumor -The boy had received money from somewhere and bought many expensive things..I heard the rumour that behinds of chinese might have some international drug trading group, Largest amount of heroins in pacific was found in mini bus's ceiling and some were found from sandbeach near the shore .No locals have never used and are too poor to buy .So who was involved with what organisation.. Who can believe this kind of strange mystery happened to the beauitul peaceful island?And why and who and how it occured?Not only one couples of chinese were killed but also one another chinese owner of shop was killed only 500 meter distance each other and no one knows ..Some said there are strange chinese couples flied away next day.But no proof.Police did not find anything yet in that peaceful lovely island.

Abduction, drug anything would be possible by some authority and European should be more serious about this far east problem.I am Japanese and we know this matter quite well.Crossing the line focussed on happy american with happy family.I trully want to believe all kidnapped foreigner , movie stars or language teachers or spy trainer are happy there.We must know why he has been survived.

It was just 1970th-80th., Beetles and Abba music were on everywhere , even in Japan.Peoples disappeared suddenly from camping etcs..Maybe it could have happened in Sweden.If Any of Swedish whose family members disappeared suddenly in 1970-80th , they should start concerning just like French .

Japanese goverment and NGO organized one meeting in Japan, then one attendence from French organization has tried to search as if there are some , they found 3 french were kidnapped by North korea according to Le FIGARO.It has been a big news in France just recently.


I can not help thinking this matter and speaking out instead of all those Japanese families who are still believe their children are still surviving in North Korean.Probably I am the only one Japanese who watched Crossing the line film on Swedish TV and was hurt by the film terribly and started suspecting the justice of European masmedia and journalism attitude to far east.Blind.They do not know anything only in brain but not in heart.Today's news is over, what's next?This attitude.They drink wine, and went to toilet , forgot all.

North Korean goverment just used them and it was obvious.We call them the summer insects flying into the fire .Summer insect is an English producer Daniel Gordon.I believe that he wanted to show something deep north korea simply and seems to love their culture, of course simple north korean could be nice and warm.

Ordinary peoples can not do anything just like old Japanese during the last war , all young boys had to go to war under our emperor's order and goverment imperial army and girls and women had to work at the factory to make weapons.instead of studying at school.All gold silver rings and metals were taken by army to make weapons and Japanese airplanes Zero Sen.Foreigner will never understand our complexed feeling to our national flag HiNOMARU, since many young innocent boys fighted for emperor and this flag.Now some young students and even teachers do not sing National song at school ceremony and oppose to our lovable flag since that flag was used by wrong power Japanese imperial army .No Japanese mothers put many little national flags on summer tarte like Swedish.

If the country had a wrong leader, many can be suffered wrongly.it is not really easy to explain our Japanese complexed feeling of nationalism and hateret to our past -wrong decision that leaded all japanese to the wrong war , killed and were killed so many peoples and changed the history even korean peninsula.That is why I can not ignore north korean peoples ' matter since all north and south korean are more or less our lovable brothers .

During the war peoples were hungry and ate more potatoes than ricesince potatoes were easily harvested, that is why over 70 years old Japanese who ate only potatoes during war, they do not like to eat potatoes since they remember that..Then war time nation did not allow them to use one word English .if so police came to catch..

.All English dictionaries were burnt because that was enemy's language and prohibited.After US occupation 1945, suddenly at central Tokyo Ginza area all signes were written in English for American soldiers..Even present Seiko owned WAKO Ginza was named PX .



American king like Dresnok played a great role as a movie star , in fact he is , the stage was in the hidden deep north korea,but just at his prepared apartment , prepared hospital, prepared fishing place with all other well dressed korean public servants' movie stars.Their real life is not so beautiful but poor .They are hungry and young women are sold to Chinese with little money , the reality is much harder and of course no human rights in North Korea and even their new country China for those girls who are sold to chinese men or families illegally.Business slave trading.There are no heaven in both countries for sold north korean girls indeed.US president Bush is very concerning about this matter.I respect him in that sense.

Dresnok with his family played a bowling, but those place is only used for selected high ranking officers .

Among north korean , there exists some upper class who never know other poor koreans' miserable life and their lack of food .They are just blind as some innocent chinese who never know the real domestic news on Tibet.


Why Swedish TV do not show another nice documentaries that was shown in USA just recently, this week on Wednesday .I will introduce lists if none knows about more interesting and important documentaries on the north korean issues. .SVT should show them like South Korean made "Crossing" (not crossing the line)I hope their producer should check my suggested newspaper English versions' information to obtain which documentaries should be shown to Swedish .It is not necessary to wait until BBC introducing to EU countries.


"On the Border"Korea's first global cross-media program refugees produced by the Chosun IIbo in cooperation with leading inernational broadcasters.An eye-opening Chosun lIbo documentary about the plight of North korean refugees was screened for the U.S HOuse Committee on Foreign Affairs at the CannonBuilding in Washington .Republican representativ Ed Royce called rights violations against North Korean refugees in China" indescribable ."


Those recent documentaries films should be shown on SVT as soon as possible in order to tell the real situations and real problem .We need fresh good food after eating wrong one., tasted like Japanese udon with bacon when we are sick -uneatable.

I also was moved by short documenatary photo film made by a chinese photographer Dong Lin and what he spoke to us,sounds true. and indeed stroke my heart straight.He threw the ball straight to us,.He is one of my favorate chinese real photo journalists, since his motivation started from Tinganmen Square in 1989 .His work shows the reality from north korea...No one want s to hear prepared deep korean fake voice.He only use black and white picures and the reason why he does sounds quite true.

Dong Lin who was born in Beijing after photographing the student democratic movement demonstrations in Tinganmen Square in 1989 , moved to USA.
He published his black-and white documentary photo book .One american reality about homelessners in San Francisco and New York in 1996.Dong Lin currently works as a publisher and photographer for Visuals Press where he is concentrating on social issues in BUrma and North korea.


I like what he says.


-The most challenging aspect of my work was to take pictures of anything outside of what the goverment allowed.I had to take picutres as discreetly as possible often without looking through my view finder I was watched all the time.


Write his name Dong Lin on googles and click.See Frontline.by PBS that shows his works and real his own voice .His work is shorter and simpler, but tells us more reality .


Dong Lin has made several trips to North Korea to documente life in the isolated country.he is watched everywhere he goes must travel as a tourist and often shot without looking through the view finder to take photoes.
"North Korea:In Black and White."


The north korean problem is more or less human rights problem just like humanrights in China. Hungry northkorean young girls are sold to china recently according to reports .Only 5000 kr(below 20 years old) to 2500kr(over 24years old)and chinese men use those illegal escaped poor young women as sex slaves or marraige to mental patients due to their family requirements.They believe that their poverty and hunger is due to USA and Japanese sanction."South korea is much poorer than them.Climate change make their products less."is told , in fact their money go to the world NO5N.Korea military.Their life is not much materialistic , with a little money they can live happily if onlly the food is supplied suffiently, but it does not.

When those escapers from north korea to china illegally through broker have to walk 40 meter's border's river at night ,

Borh are naked when they walk to other side of the river because they do not want to show their wet clothes,After receiving money, the man will go back another side north korea and a sold woman is taken by other chinese middle person..And what is waiting for her?She thinks China is paradise, another hell is waiting for her.She has to hide from Chinese authority and lives in the house with no freedom and found out she was sold out.All those dirty men raped her and has to work as prostitutes without any freedom just like being kidnapped and even if luckily she marries with a chinese .His mother paid to the broker for old but baby lilke son who can not do anything by himself.The man who has mental problem , shouting and do violence all day long.These situations are quite hard to be accepted and more I know ,more I feel sad about this terrible situation.

If anybody is interested in north korean related news in English ,you will reach real news that I read often ,written in 3 languages Chinese, Japanese and English.I like their fairness which might help SVT idea about which korean and asian documentary films should be shown now .I want SVT decide their programme not because BBC did .I understand BBC has superiority to the world about journalism as it was, is and will be .Though their fai point of views are not necessary to be true all the time.They add their sentimentalism as English angrosaxon tastes just English Jasmine lemon flavored green tea.We asian hate to drink green tea with lemon ,which spoils real beautiful original flavour.

english.chosun.com


You will find quite interesting documentaries lately on North korea and it will be interesting to have real information.I personally find out USA seems to be more concerning about Korean peninsura matter and more sensitive than European here in Europe even if their political reasons exist.

Sushi is made by korean, chinese , Thai , middle eastern and japanese and it would be much betterif anyone change their hair to black.This explains everything.
by nyfiken | 2008-05-02 23:04
かつての若者は、インドやタイを目指し、カルチャーショックをうけ、貧乏旅行を楽しんだ。バンコクの街に、女や乞食があふれ、歩道橋を渡る間に、やせ細った乞食女と横にプラスチックのコップを差し出した子供たち。水頭症の子供をみせものにして、お金をもらっていた骸骨のようにやせ細ったはだしの女たち。スラムは、国の発展で町からどこかへ、目につかないところへ。売春婦は、今でもかわらず、外国人相手のバーガールは、片言の英語で話しかける。美人が少なくなったという日本人のことば。美人はみんなもうエイズで死んでしまったよ。とタイ人のジョーク。今のバンコクはこぎれいになって、外資系のお店やアメリカでビジネスを学んだ次の世代がどんどんおしゃれな街を作っている。海外の旅行者は、癒されるスパやおいしいレストランへ。

グローバリぜーションにより、タイ料理がどんどん日本にもオープンし、もはや街角でタイと同じ料理が食べられる。タイのマッサージもタイより本格的なものが日本にいてもうけられる。あのタイのパクチーや独特のにおいがしないことを残念に思う人以外は、日本にいて、タイは十分味わえる。タイ人が従業員で日本語も話し、同じ料理がもっと安い値段で食べられるとしたら?ぼられることもない。タイ人が経営するタイ料理をタイのビールシンハビールを飲みながら、仕事帰り一杯友達と盛り上がる。

どうして10万円の航空運賃を載せて、同じ料理を食べにわざわざいかなきゃだめなのかしら。疲れたら、タイ人のお姉さんがやっているマッサージも安くうけられるし、マンゴーだって、ドリアンだって、買ってきて、部屋でテレビを見ながら、ゆったりと食べられる。日本で何でも手に入ってしまうのだ。熟れたマンゴーを食べに、10万円は高すぎる。昔はすまして千疋屋のフルーツパーラーのフルーツバスケットにあったマンゴー。今は、もっと手軽に手に入る。飛行機代があったら、その分もっと美味しいものが日本で食べられる。世界の料理は、日本の街角にあふれている、そう現地の人もそこにいるから、本物だし。と言う声。ストックホルムとて、同じだ。わたしのアパートから半径1キロで10軒。アジアの料理が食べられる。タイ料理。中国料理。日本料理。東南アジア。SUSHIバーレストランが4けん。作る人は、すしと日本食を除いて、すべてその国の人。スウェーデンにしてこのありさま。24時間営業セブンイレブンですしもフォカッチャもやきそばも売っている。

上海の小籠包だって、有名店支店が東京森ビルにオープン。同じものが、手頃な値段で食べられる。日本人は食いしん坊だから、旅の目的は、美味しいお料理、そしてちょっとお買い物ショッピング。これは、既に海外のものが簡単に手に入るようになった日本で、だまされずに手頃なお値段、現地からいい物が選ばれて、国内に入ってくる。日本デザイン現地生産のおしゃれなものが手頃な価格で手に入る。現地には売っていない。グローバリゼーションが進んだ近年の傾向。

昔は、海外の免税でバッグを買い、時計を買った日本人達。今は、免税よりネットデイスカウントショップや未使用セカンドハンドショップの普及。ネットで簡単に、お店に行かなくても手に入る。しかも海外から取り寄せることも可能だ。お買い物目的のために、海外にわざわざお出かけする時代ではなくなった。東京の街は、帰国するたびに思うが、アンテナを世界にはりめぐらす日本人の優れたネットワークと努力により、ヨーロッパより、欧米のものがあふれている。まだデスプレイなどの点や照明など、ガラス製品など、北欧ガラスに関しては、デパートの照明の工夫が必要。

ロンドンの街の中心に立ってみる。グローバリゼーション。世界の有名店のチェーン店。オックスフォードストリートやリージェントストリートに立っても、おなじみのBODYSHOPや知っているブテイックやお店。ロンドンに東京の街にあるおなじみのお店が、たくさんある。ZARA。
あれ、なんだか東京とお店が変らないなあ。という声。

世界の大都市が、近年進んだアメリカ型国際チェーン店ビジネスで溢れる街。おもしろみがない。過去20年の間、日本の地方都市の国鉄駅にビルが建って、どこも似たような駅ビルになって没個性に。マスターが、ひとりずつの顔をみてカップを選んでいれててくれた、クラシカルな喫茶店はつぶれてしまった。ドトールは、美味しくて安い。たばこの煙さえ気にならなければ。サーモンクリームチーズベーグルも今日のスペシャルコーヒーもいける。

世界中の現象。今のストックホルムの新しい政権で、産業振興、景気のために、壊せよ建てよ!のラインフェルト首相の国営建築企業。お金は今ないけど、建てましょう!売ったりオフィスを貸したら、大丈夫。

東京は、戦争で焼け野原になった。ストックホルムは、他のヨーロッパの国が焼けこげているあいだ、サーブなど武器は上手に売りながらも、中立の立場を保った。中立国としてめざしていたが、その方針は撤回している。戦争を回避した。都市は古い姿を保っているはずなのに、ありがたみがわからない若い人を中心に、安っぽいプレハブ的なビルを建てつつある。1960年代矢70年代の間違いをもう一回スウェーデンは繰り返すのかなあ。とわたし。生めよ増やせよじゃないけれど、建てよ、壊せよ。パリの美意識の高い16,17区の住民達のアドバイザーをストックホルムのひとたちは、絶対必要。美しい街は、保つ努力が必要。ガムラスタンがどうして古くても素敵なのか美しいのか価値があるのか考えて欲しい。日本の田舎の町が、千葉の田舎の町を真似て、20年前に安っぽいビルを建てたあの感覚。そういうのを発展というのかしら。ストックホルムの若者はわからないかしら。ストックホルムを東京やニューヨークにする必要なんてないのに。

最近建てられた会社のビルが連立する、クングスホルメンの工場地帯にある製薬会社街、街路樹が一本もない殺伐としたところを歩くと、これがストックホルムなのかしらと思う色気のなさ。こういうところには旅行者は訪れない。おそらくあと30年もしたら、古びてみえるような、建物の作り方。日本人の立場からいうと、古いものを一度壊してしまったら、もう二度とできない。地震のない国。今まで通りメインテナンスをして街の風格を保とう。決して、日本の駅ビルみたいな没個性な街にしないで。



海外旅行に今の若い20代前半の若者や日本人が何を求めるのか。おきまりの観光ルートを足早に歩く疲れる旅行に大金を払う時代ではない。仕事で普段戦闘状態にある20代。わざわざ疲れに旅行することは、避けたい。航空運賃は、今後石油やガソリンの枯渇でオイルピークの2013から2015からどんなに企業が操作をしても、上昇していく。飛行機にのって、旅行するひとが、今から50年前と同じくお金持ちか、企業人に限られてくることも考えられる。次世代の決定的なオイルがみつかっていない。食料オイルの菜種油から飛行機を飛ばすオイルができたら別なはなしだが、いい材料はない。また現在コーンオイルも小麦も菜種オイルも値段が上がるのは、オイルをエネルギー源として利用する需要の高まり。それによって、コーンや大豆畑が広がるための、温暖化という新たな問題も危惧される。

今までのいけいけグローバリゼーション。フランスで朝焼いたパンが東京で食べられるといったバブル経済的な動きは是正されて、当然。限られたエネルギーを大切に使うために、近場の野菜や産物を食べた古代の人の生活を見習おうとする動きは、評価されるべきである。かつて、ヤオハンの社長が、掲げた流通革命は、石油問題を除けば、世界が市場、世界が産物生産所というグローバル経済をおしすすめる牽引車的なアイデアであったが、今は、逆に地球のために、人間がどういう知恵をだしあって、限られたエネルギーや資源を枯渇させないかという考え方が尊重されるべきである。

旅行会社にとっては、燃料費をださなければ、ならなくなった航空運賃の高騰は、問題である。団体旅行で格安チケットで海外を旅行していた若者が、いちはやく飛行機代をさしひいたホテルやサービス、ツワーの中味の低下を感じているのだろうか。

贅沢な休みをゆっくりと過ごす旅が、今後若者に指示される。会社で疲れ切って、海外旅行でお金を払ったうえ、疲れ切ってという時代ではない。またわざわざ6時間も飛行機にのって、日本で受けられる癒しのスパの贅沢感を他の国のサービスがおとる国でうけたくないはずである。
同じお金をだすなら、ゆっくりとスパのある美味しいフレンチレストランやお寿司が食べられる温泉にゆっくりといったほうが、と思うのは当然である。

前回日本からウイーン経由でストックホルムに帰ってきた時に、飛行機の中は、60から70代の退職者女性であふれていた。若者が少ない。ストックホルムも熟年カップル旅行者を多くみかける。結婚する前に、自由に海外へ旅行していた若者たち。わざわざ疲れるために、海外へ行く必要もないかも。すぐ仕事もあるし。それより、お金をためて、大きな素敵なソファと居心地のいい部屋をつくりたいわ。旅行はさんざんしたし。そういう声も聞こえてくる。

若者は、個人で旅行や仲間と自由に旅行する人も多いだろう。従来の団体で、みんなで旅行、観光地巡りで写真をとる旅行は、すでに時代遅れになっているのかもしれない。

日本の休暇システムは、海外へ行ってとんぼ返りそして翌日会社という、今の若者のスタイルにそぐわない。時代が変ってきているのを旅行業界がそのシグナルを察知するべきだろう。

むしろ、個人研修旅行。というテーマ学習型旅行が今後若者に流行するはずだ。たとえば、学校日本で普段習っている語学コースの現地で卒業旅行。あるいは、写真を勉強しているコースの海外写真学校での実習コース通訳付き。また職場での仕事にプラスになる学習旅行の場合、会社で休みを延長して認めるといった動きもポジテイブである。

イタリアのトスカーナへエコロジカルなサラミやイタリアのドルチェを食べに、ゆったり行ける層を考えてみたい。退職者の夫婦か、自営の社長夫婦なら、旅費プラス素敵なホテルでゆっくりと一流のサービス。VIP待遇で喜んでいただけるだろう。しかしながら、格安で窓から外の景色もみえない安ホテルで、日本よりおいしくないパスタを高いお金で食べなければいけない若者。東京のイタリアンのほうがよっぽどおいしいじゃん。という口コミはあっという間に、広がる。

安くて、上質の旅の提案。もうインドでだまされたり、お金をだして身ぐるみ剥がされるのが武勇談になる時代ではない。キイワードは、贅沢にゆっくり若い女性ならセレブ感が感じられる気持ちのいい旅。こういったものを演出していかないと、いくら宣伝費にお金をかけてもあまり有効ではない。

わたしが、旅行会社の社長なら、お隣の中国の贅沢セレブ旅行を格安で提供するスウェーデンの旅行モデルを参考にする。もちろん、サービス、内容とも日本でトップにはいり、値段がすこーしだけ上だけどでもあまり違わない場合。3時間とちょっとでいける上海は魅力的だ。おしゃれでクール。中国の歴史も文学もわからない人でも、少し中国文化に触れる。おいしいフレンチも中国のタッチでいただける。それが、日本より安くて品がよければ、週末旅行でも行くであろう。仕事が疲れていても、ゆったりとできる旅なら、行くはず。キイワード。美しく、美味しく。ゆったりと。高級感が感じられる。贅沢な空間と旅。旅は夢を具現化する。普段現実生活でぼろぼろになっている労働者は自分にご褒美をあげたい。ご褒美になる旅を、単に寺社巡り四国お遍路旅的に外国の寺巡りをさせ、トイレのとびらがないトイレに案内したら、学生なら喜んでも、ご褒美組はどうしてこんな。とがっくり。本物のバラの花の香りで満たされるお部屋。シャンペンが運ばれて、品のよい真っ白な厚手のバスローブ。夢の旅も演出と努力が必要。

イタリアのマダムフィガロFIGARO雑誌,I love 上海の描く上海をみてほしい。ノルウェー人が開いているお店やバンド地区にある、30年40年の東洋のパリ時代の古い建物。その中にどんどんできているおしゃれなバーも参考にされたい。マスコミと旅行業界は、常に一緒に仲良く旅行を夢のあるものに演出していくのは、今までのやり方だが、内実がきちんと伴うサービス、質の向上は、計られたい。上海オークラ花園飯店にお泊まりして、美容と体のマッサージもうけ、美味しいお料理もいただき、お寺もみて、おいしい緑茶をいただき、お琴をきいて、中国のアンテイックの家具のすてきな洋館で、いただくアフタヌーンテイ。上海の上流階級の女性達が、お買い物をするブテイック。決してぼらない、おしゃれな香港人マダム御用達のチャイナドレスの仕立て屋。(わたしも仕立てていただいたが、とっても素敵。旅行客はだれも知らない中国人香港人御用達のお店)文学者の博物館で魯迅の書斎をもみて、といった知的、美容、健康、美味しい、癒されるパックが、手頃なお値段プラスアルファだったら。量より、質が人を呼ぶ時代。いい物には、若い人は集まってくる。トイレのとびらがない、水が流れない観光地も、冒険君にはいいが、自分にご褒美組はがっかり。

私自身、おいしい龍井茶をいただきに、週末仕事がおわって、飛行機に飛び乗って上海にでかけたこともある。同僚女性の間で、上海旅行ーおいしいお茶を飲みに。ゆっくりと。が殺人的に忙しい職場で、ささやかれた。帰ってくる同僚が、疲れがとれたような顔をしている。ああおいしかった。お茶もいいし。マッサージもよかったしー。至福の時は、上海にあり。口コミはすごい。同じ職場の同僚女性が、次々とおでかけ。
徹夜して仕事をし、早朝に出かけた人もいる。もちろん癒しの旅。きちんと受け皿を作ったら、旅人は満足するはず。さあ。みなさーん。声を張り上げる旅行会社は、品がない。静かに、楚々とゆっくりと静かに旅をしたい人もたくさんいるのだ。お寺ばっかり、名所ばっかりみて、バスでぐったりと疲れて全員口をあけていびき旅行は、今の若者には受けない。

航空運賃。そして休みがとれない。日本国内で簡単に手に入れられる、海外で買うより安い外国製品。ネットの普及。時代の変化は、旅行業界があぐらを書いている間に進んでしまった。

SAS航空会社の代表取締役が、飛行機のオイル値上がりに伴う、航空運賃への反映などで、コスト削減のため、人員減らしを昨日発表した。テレビのニュースに社長の顔が。どの部署から、早期退職者を募るのか首切りが始まるのかは、まだ明らかにされていない。会社の決定にSAS組み合いユニオンの長は、だんことして闘う姿勢を示している。SASは、ヨーロッパの都市間では、水もでない。ロンドンへストックホルムから飛んだ時、知らないで、差し出されたペットボトルのお水を。お金をしっかりととられた。昨年9月12日。ロンドンヒースロー空港で6時間列に並び、パスポート審査を数百人のインド人、マレー人中国人の行列内で、過労と飢餓の極限ようやく通った。図らずも、その水が命の水となった。スカンジナビア航空SASの動向が気になる。

エコロジカルな生き方は、エネルギーを使わないこと。本格的にエコライフにはいったのかもしれない。いや、きっと単に会社で疲れている若い人たちは、ゆっくりと休みの日は、ごろごろとして眠っていたいのかも。
by nyfiken | 2008-05-01 01:22