スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken

<   2008年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧



Kurdish people
Saladin • Ahmad Xani • Jalal Talabani • Feleknas Uca
Total population
19 to 37 million
Regions with significant populations
Southwest Asia
Turkey 11.4 to 14.4 million
Iran 4.8 to 6.6 million
Iraq 4 to 6 million
Syria 0.6 to 2 million

Asia/Caucasus
Afghanistan 200,000
Azerbaijan 150,000
Israel 100,000
Lebanon 80,000
Georgia 20,800
60,000

Kazakhstan 46,000
Armenia 45,000
Turkmenistan 40,000
Europe
Germany 500,000
France 120,000
Sweden 80,000
Netherlands 70,000
Switzerland 60,000
Austria 50,000
United Kingdom 25,000
to 85,000

Denmark 8,000 to 30,000
Greece 20,000 to 25,000
Ukraine 2,088
Russia 19,607
Americas
United States 40,000
Canada 6,000

Languages
Kurdish
In its different forms: Sorani, Kurmanji , and Fayli Southern dialects
Religion
Predominantly Sunni Muslim
also some Shia, Yazidism, Yarsan, Judaism, Christianity
Related ethnic groups
other Iranian peoples
(Talysh · Baluch · Gilak · Bakhtiari · Persians)


The Kurds (Kurdish: کورد / Kurd) are an Iranian-speaking ethnolinguistic group mostly inhabiting a region that includes adjacent parts of Iran, Iraq, Syria, and Turkey and which is known as Kurdistan. Substantial Kurdish communities also exist in the cities of western Turkey, and they can also be found in Lebanon, Armenia, Azerbaijan and, in recent decades, some European countries and the United States (see Kurdish diaspora). They speak Kurdish, an Indo-European language of the Iranian branch. The origins of the group and its relationships with historical entities and names are complex and disputed.

According to a report by the Council of Europe, approximately 1.3 million Kurds live in Western Europe. The earliest immigrants were Kurds from Turkey, who settled in Germany, Austria, the Benelux countries, Great Britain, Switzerland and France during the 1960s. Successive periods of political and social turmoil in the Middle East during 1980s and 1990s brought new waves of Kurdish refugees, mostly from Iran and Iraq under Saddam Hussein, came to Europe.

In recent years, many Kurdish asylum seekers from both Iran and Iraq have settled in the United Kingdom (especially in the town of Dewsbury and in some northern areas of London), which has sometimes caused media controversy over their right to remain.There have been tensions between Kurds and the established Muslim community in Dewsbury, which is home to very traditional mosques such as the Markazi.

There was substantial immigration of Kurds into North America, who are mainly political refugees and immigrants seeking economic opportunity. An estimated 100,000 Kurds are known to live in the United States, with 50,000 in Canada and less than 15,000 in Australia.

In Iran, Kurds express their cultural identity freely, but have no self-government or administration. As in all parts of Iran, membership of a non-governmental political party is punishable by imprisonment or even death. Kurdish human rights activists in Iran have been threatened by Iranian authorities in connection with their work.Following the killing of Kurdish opposition activist Shivan Qaderi and two other Kurdish men by Iranian security forces in Mahabad on July 9, 2005, six weeks of riots and protests erupted in Kurdish towns and villages throughout Eastern Kurdistan.

Scores were killed and injured, and an untold number arrested without charge. The Iranian authorities have also shut down several major Kurdish newspapers and arrested editors and reporters. Among those was Roya Toloui, a Women's rights activist and head of the Rasan ("Rising") newspaper in Sanandaj, who was alleged to be tortured for two months for involvement in the organization of peaceful protests throughout Kurdistan province.

Important factors that we should know "why many kurdish had to move out to Europe?"The answers can be seen from above mentioned sentences from wikipedia as one example from iran's case.

生まれて初めてクルド系スウェーデン人ドクター誕生日に招待された。クルド料理とクルド音楽踊りをみて一緒に踊った。丸くなり手をつなぐ。スウェーデンで教育をうけたクルド系移民のむすこがカロリンスカの医学部に合格し、医者になった。兄弟姉妹も集まり、ペルシア語もできるオランダ語のスウェーデン人翻訳家のおにいさん。ポーランド移民で1才からスウェーデンにいて、ブラジルによくでかけるというポーランド語、ポルトガル語、スウェーデン語、英語ができるスウェーデン人。学生時代の友人。同じくクルド系スウェーデン人で医学部の同級生だったともだち。兄弟のつれあい。白人スウェーデン人とクルド系スウェーデン人。そして東アジア系はそのなかに紅一点。

家族や友人がたくさんきたパーテイ。40人ほど。アパートの中の集会所。つけまつげの先にきらきらがかわいいモダンなおねえさんが、DJ。おじさまたちは、ネクタイにスーツ。クルドスタイルのパーテイは年配者はネクタイ姿が。おねえさんDJが、コンピューターを2台つなぎ、音楽を流している。ビュッフェ、お酒もたくさんいろいろな種類が。料理はサラダ、メインのターキーのオーブン林檎とレーズンなどの詰め物は、医者の本人彼が作ったもの。サラダはガールフレンド。美味しい。

お姉さん達やお兄さんとその連れ合い。なんとも温かいパーテイ。日本の今流行している音楽はなにかないかしら?PERFUMEのチョコレートデイスコ。スペルは?香りのパーヒュームよ。そうして彼女はタイプをした。すぐに日本のサイトの音楽がでてくる。ダウンロードして、音楽が会場に流れる。テクノロジーの進んだ事。世界の音楽が一瞬にして流れる。

クルドおばさんやおじさんがみるなか、チョコレートデイスコの音楽が流れた瞬間、8才の女の子がうれしがって踊った。子供に訴えるパワーのある音楽なのだろう。その子のママが、クルド系のドクターのおねえさん。”昔まだ若い頃ロンドンに住んでいた時、同じ貸し家に日本人の若い女の子がいたのよ。彼女は18才だったわ。胎教のことを教えてくれて。だから、うちのあの子が赤ちゃんの時にお腹によく音楽をきかせたの。だから音楽が大好き。”なるほど、チョコレートデイスコにあわせて、まんなかでくるくると踊っていた。


オランダ語翻訳家のスウェーデン人のおにいさんも、とびこみ。うれしそうに手を振って踊る。クルドのネクタイのおじさまやスウェーデンのおじさまたちも、じっと不思議な遠くの東洋の国ニッポンのポップスに耳を傾けている。いやー。なかなかいいですね。この音楽。とはもうひとりのクルド系ドクター。スウェーデンやヨーロッパではほとんど日本のぽっぷすJPOPは流れない。沖縄しゃみせんや尺八などは民族音楽コーナーにあるのに。







クルドの民族音楽の踊り方を習う。丸く輪になって、ひとりが布を手にひらひらさせる。ほろほろほろーとかけ声。足を交差させてぽんと地面をうつかんじ。まんなかでふとっちょのおじさんが、手をにぎにぎして、少しロシアダンサーのようにしゃがみこんだり、している。いやあ、おもしろい。民族舞踊というと、その会場の隣の同じビルの集会所ではインターナショナルダンスの会が。最初間違ってそちらの会場へいった。知り合いの誕生日なの。うけつけにいたスウェーデン人のおじさんが、あっちのおくで50人くらい踊っているよ。60クローネ。間違ってインターナショナルダンスの会にいって踊りそうになったが、ストックホルムの外からみたら、なんのこともない静かにみえるアパートの中で、ひとつはクルドの踊り。もうひとつの方はインターナショナルダンスの会。と盛り上がっている。

軽やかなステップ。楽しい夜だった。わたしのプレゼントは日本の料理の本の英語版。医者で料理が上手なひとは、おそらく治療や手術もセンスがいいはず。彼のこれからが、楽しみである。ガールフレンドのスウェーデン人のパパも娘と。いそいそとキッチンで手伝うスウェーデン人のガールフレンド。すっかりクルドスタイルに慣れている。

なれそめは?イエテボリの学生寮のキッチンで。彼はよく料理をせっせと作っていたのよ。どうりで料理が上手。夜はにぎやかに、クルドの音楽でたくさんのひとが、踊ったり食べたり飲んだりして、温かく過ぎた。

ありがとう。昨夜の友人の外科医のチゲ鍋も美味しかったし、今日のクルド系スウェーデン人ドクターの丸ごとターキーアップルシナモン詰めオーブン焼きも美味しかった。デザート,昨夜の手作りパンプキンプリン今宵のバクラバとついつい食べ過ぎた。お腹の大きい妊婦は、おにいさんのおよめさん。着物みたいでしょ。といわれたクルドの正装。たしかにそう。スパンコールゴールデンはクルド女性の出身地の正装tという。。


暗い寒い北欧の冬も友人たちの手作りの心温まる夕食は、心を温かくするもの。民族とは。。と一瞬考えさせられる。クルド民族のことを知りたくなった夜。



ITonight I was invited by a kurdish swedish doctor 's birthday in Stockholm.All his family and friends were around 40 of them.His mother, another brother and sisters, his girlfriend and her father and many friends and their partners.

We ate lovely kurdish style diner with swedish touch buffetWho cooked?The person who has become 30 years old today.and his swedish girlfriend.

.First in my life I enjoyed Kurdish dance music and dance.his sister taught me how to dance and how to move my feet.
I like dessert , too.Oven baked turky was lovely with his girl friends' made salads.There are many interesting peoples-international.kuridsh immigrants stay in Sweden .They are from Iran, Iraq, Turkey, sometimes syria, afganistan, etcs.What made me surprised to know In Iran japanese tv drama Oshin was quite popular and made peoples cry.The night passed so fast with nice lively music.Surprisingly the kurdish swedish doctor cooked lovely oven baked turkey.

And yesterday I was invited by a Japanese doctor who cooked lovely beautiful Kimuchi hotpot with lovely homemade pumpkin desert.Kimuchi hotpot was one of the best meal and I loved the taste of soup.Tasty , healthy and make warm from inner body.We just made joking, but quite seriously.Ithis korean influenced Japanese delicious hot pot is so delicious, it would be so wonderful to introduce this to Swedis peoples?I trully think so.I am sure many swedish will be crazy about this oishii taste just like me.

BOth doctors are surprisingly good cooks.Warm hearted friends' treat gives warmth in this cold winter.
by nyfiken | 2008-11-30 11:42

タイの花嫁が電話でタイ料理をもってきてというのを聞き間違えて違う物を持ってきた。豆腐。たいふーど。隣に寝ていたおじさん。あら顔見知り。知っているわ。だって前のだんなよ。えええっ?このスウェーデンでも、タイ人女性にふられて、お金もちょっととられてしょげているおじさん。いやはや、たぬきときつねの話にはことかかない。いじめられてへこんでいる弱いタイ人女性ならもうとっくに明るい太陽のあるタイに帰っている。

タイ人男性はその点、スウェーデン女性とうまくいかなくなったら、こんなところは寒くテいやだ。ととんぼ返りする。どちらかというとタイ人女性のほうが、たくましい。いやたくましくなければ、やっていけない。アジア女性はせっせとがんばって尽くすのと、料理をよくつくって優しいのでひとりものの寂しいお年寄りにとくに、人気がある。

わたしの好きなイギリスジョークコメデイ。お気に入りは、ちょっとえげつないところもあるけれど?リトルブリテイン。とりわけTINTONシリーズが大好き。日本人は東南アジアという.
イギリスやヨーロッパから、東アジアになる。日本は東の一番遠いところ。

毎週スウェーデンテレビ局で放映していた。週末に面白いイギリスコメデイをミスタービーンやリトルブリテインLITTLE BRITAINはわたしの楽しみとするところだった。最近はなぜかイギリスのコメデイはめっきりやらないのは、スウェーデンオリジナルのコメデイを放映するようになったから?

ヨーロッパの現実、移民は、愛やお金のために押し寄せる貧しい東アジア国からの花嫁。ヨーロッパ人のアジアはトルコあたりからいうので、西アジアから東アジアという分け方をする。貧しい東アジアの女性は、ヨーロッパに花嫁として来る人が後を絶たない。タイには専門業者があり、日々直行便でこういう花嫁志願のおねえさんたちは、世界中に飛び立っていく。成功するまで何度も繰り返す人もいるが、英語がその都度上手になっていく。タイ国内ではやたら英語が上手なおねえさんは、いろいろな白人男性との過去があるということ?も。ひと昔は言われたもの。



実はストックホルムに多いタイ料理店の最初は、戦争花嫁ではないが、旅行でタイにいって、スウェーデン人にくっついてきたタイのおねえさんたちが働いた。タイ人女性の数は多い。直行便がバンコクから飛んでくる。スウェーデン人の退職したおじさんより二回りも若い女性が喜んでおじさんの世話をしにくる。料理洗濯。掃除。お手伝い、実家へ仕送りするために、働く。タイにいるときより、お金が入る。両親へ仕送りする偉い女性たち。

ヨーロッパ各国のテレビで放映されたコメデイシリーズ。アジアからおしよせるインターネット花嫁。若くてかわいくてしおらしい。うれのこり男やもめ。5線譜状態でも、ずっと若い可愛い女性が簡単にネットで手に入るという売れコミ。もちろんフォトショップのソフトをつかえば、どんな人でも可愛いモデルに変身。TINTONは、ヨーロッパのイギリスへやってきた花嫁。希望を一杯いだいて。コンファラン(WHITE MAN)は、タイでは、貧しい層や農民の間では白人崇拝主義がアジアではとりわけ高い。コンファランと結婚することは、人生の成功のひとつ。タイの花嫁TINTONは夢をもってタイからイギリスへやってきた。Little britain.Tinton come to Britain from Thailand.





オリジナル英語版がないので、ドイツ語版だが、TINTONの旦那さんイギリス人のアパートが知らない間に大変なことに。一番大好きな部分。うーん現実をよく映し出している。イギリス人のこの花嫁移民に対する皮肉笑えるジョークで笑い飛ばすところがおかしい。これは、スウェーデンのテレビで実際放映されたシーン。ある日突然アパートに帰ったら部屋がタイレストランになってしまった。TINTONの弟がウェーターを会計をタイのおかあさんが。僕の家なのに。そうしてアパートからでたイギリス人の夫。ドアには今日はもうおしまい。とほほほほ。いや人生はハッピーじゃなきゃ。さばーい。さばーい。(タイ語ではっぴいーといういみ)



I like this comedy, Tinton.I do not think that English joke is not raciste.Just joke and shows the reality.Hense I have lived in Bangkok, Thailand.So I understand Thai mentality a bit more than others.The first play ."Yes.I know him.I have married him before."This also tells the truth.In germany there are many Thai bride or swedish saying sambo, some are badly treated by men, but in fact just like some other asian women say.They are survival, they have to be since their life in Thai or other poor countries are much tougher than here in Europe.

But it depends on whom they meet and whom they stay with.Some Russian brides have tragic life after moving to Europe even sometimes in Sweden.Because mainly their mistakes are mostly from their selection of men who arevery rich on CV but that man may not be so healthy mentally.On the contrary Thai women mostly after age 30 do not expect too rich men neither young good looking handsome succesful rich.So reasonably OK.

Unfortunately I only found German translated from original English(they mostly translate directry to germany.)When I watch this , I know English knows the fact very well.English husband's original apartment rooms are changed to thai restaurants.That is probably quite popular among Thai bride all over the world.Wife's mother and brother move to England to help business.British man's apartment is not his own anymore.

this is also shown on Swedish TV .Thai village women want to marry to foreigner.

Although some agencies and those women are not trust worthy sometimes.Cheating businesses so on.It has to be very careful for innocent asian girls lovers.there are many warnings.

In poor villages in Thailand, NOrth eastern part Isaan (poorest part of Thailand)those girls without education have only chances to be richer , to marry with richer white men(kon faran)mainly Europe ,Australia and USA.Those who can not write English , only one thai lady who can write English help them at her owned internet cafe in a small village, she is called as a kind of Mama san.She does business , but probably more she wants those poor girls to be richer and happier.They are survival, they do not only depend ono men after their moving, they try to start own business in Europe like "Tin Ton restaurant "at her partner's apartment.Man power-Mai penrai.No problem.Family , mother , sister and cousins will come to help her later.

In fact My analization is that Thai women who move to Europe, whose husbands are not super rich, they are just ordinary men, although back in the village , those family want others to believe her daughter married with super rich white men.They want to show off their daugthers happy lucky story.

This is quite thai mentality.In fact t they work hard as hotel room clearner or hospital cleaner or dishwasher or Gogo bar girls or strip club dancers (many of them in Europe), they send money to home to invest their money to build the house.Why?The house can be sold in the futureif they need money.Like many swedish husbands of thai women, they controle money at home.SO many cases, they are quite afraid of revealing detalins.Like I heard one thai girl said to me her husband open all her letters and statements from bank.So she said to me she can not have money at the bank.


THey never use Bank transmission , they only use western union.I know one thai, who work so hard from 5 am in the morning as a office cleaner , whose husband is retired man in Stockholm, she does cook, clean , wash, cook and pay half of all.(even house,electric.)so he is lucky to have a daughter like servant who even cook for his ex wife's children.This thai woman has good education from very country side, good nature.He is happy and lucky in his case.I still remember what she told me"difficuties in life no matter where we live.Muankan.(same in Thai language)"

Instead of keeping money at the bank , they send money for their security.If those girls' husbands or fiances died, or separate? they are smart.Many thinks they are thoughtful for family.They might say yes my mother is sick or need education fee.they send money monthly in order to support family.

They may say i want my parents live in the beautiful big house.Parents' dream is paid by daughters who marries with kon falan.They do not require partner's money , they just want to have chances to go abroad to work , earn money to send money to family to build their dream house.WHite man superiority in Asian countries existe.WHite men complex so called.especially among non educated poor society.Real rich high class society are a bit more conservative.

Those thai who marries with kon falan will nevver tell villagers their life in Sweden as cleaner.how badly treated by white man husbands.soometiems.They only tell them about sweet stories.My darling kon falan bought me this and that .He built my parents big house.But reality is mostly the husband give her chance to enable work in Europe as cleaner and she saves money to send to home to build the house

European knows already about this, but they want to have younger obedient , soft , workiing hard asian women.NO ending stories.In Sweden Of course there are many asian Thai women to marry with swedish .They work hard , pay for apartment, wash, clean, cook and do massage for their husbands..Feminist country Sweden.but men are changeble no matter how politics go, if he is treated as a king.He wants to be a king.Some wants to be a knights for Queen,but quite few.



This is true and more than true.Tin ton.Thai bride via internet is as famous as Russian internet bride.They come to man without meeting but just meeting on net with their Photoshop changed photo.Internet owner typed CV for them.Then they come to be bride in England.Some are very happy with their men, but some are not .

English joke.Reality is more than joke sometimes.
by nyfiken | 2008-11-29 10:18


Immigration-Realizm and Responsiblity by much younger Mr.bean.Very much English witty joke.In fact this is serious issue in Europe including Sweden.
移民。現実と責任。若い頃のMRBEEN。カレーが大好き。でもカレーのレシピを手に入れちゃった今はインド人はいるのかと皮肉。。移民たちは。。スウェーデン国内での論議もたくさんある。安い労働力。文句をいわずに、きつい仕事を低賃金でおこなうのは、ヨーロッパの国の移民達の本当の姿。しかたがない。厳しいのだ。言葉が完璧にできないと半人前。できてあたりまえ。

移民とは、戦争難民と違う。戦争難民は戦争が集結し紛争が解決した段階で帰国するという大前提条件があって受け入れるもの。ロンドンは、フィッシュ&チップスよりカレーやさんが目につく。植民地と移民の問題は、過去と現在未来とつながっている。

スウェーデンの現実はどうであろうか。戦争難民を積極的にうけいれ、特に南のスウェーデンの都市に多くデンマークから移り住むアラブ系住民。イラク。イラン。増える戦争難民を受け入れるコミューン自治体では、予算や受け入れ態勢が整っていない事に対する不安感も。犯罪の多発。コントロールする側の不安。再教育へのお金をどうやって国民の税金でまかなうのか。デンマークと橋でつながれるマルモをストックホルムのひとたちは、最近ひどい町だという。それは問題がいろいろと起きている内在する問題をどうやってコントロールしていくのだろう。



そして、移民を排斥しようとする極端な政党も旗揚げしている。名前が最もらしいがかなりラデイカルな純血スウェーデン人でこの国を作り上げていこう。もう移民はいらない!とはっきりと嫌悪を表している。Sverige Democraterna民主スウェーデン(極右)の代表がでたテレビ番組。What is  typical swedish ?Blondie, blue eyes?Outlook?増えすぎる移民にこういう政党も出現している。国粋主義者。マイノリテイだが、ある部分では危惧の声が。
スウェーデンのマスメデイアでははっきりとRACISTと位置つけている。インタビューする人が”じゃあ韓国からずいぶんと養子をスウェーデンではもらって育てていますが、その韓国人の顔をしたひとはスウェーデン人といわないのですか?”スウェーデン人の定義に関しての考え方。移民反対の旗を振るスウェーデンの代表選手。

スウェーデンSOCIAL DEMOCRATICの党首モナサリンと外国人移民差別主義者SVERIGEDEMOCRATERNAの代表のデべイト。もちろんモナサリンは移民を擁護。スウェーデン民主党は、移民排斥推進派。最初のミスタービーンのコメデイスピーチにもあったが社会党の考え方は、今なお政権が変ったスウェーデンにおいても、移民や戦争難民受け入れを人権問題擁護と同時にヨーロッパでEUにおいては、積極的におこなっているのはスウェーデン。

by nyfiken | 2008-11-28 09:39
とうとうスウェーデン人テッド君が、インターネット上に、スウェーデン全体どこがおいしいおすしやマップを作った。おすし専門ブログも持つ。簡単にサイトを紹介しよう。いかにおすしが、スウェーデン人の生活にはいりこんでいるか。

あかちゃんと3歳のおにいちゃんとパパとママの4人ごく普通の若い家族。アパートから3分のところあるおすしやでみかけた。おすしを握っているのは中国人。経営者はスウェーデン人のおじさん。

お客のひと家族は、ママがおみそしるをよそう。(スウェーデンスタイルはおすしに具があまりはいっていない乾燥わかめと4きれのねぎ。おみそ汁を保温釜にいれておくのを、お茶同様自由にとる。)ベビー用イスに座っていたかわいいあかちゃんは、両手に箸を一本ずつもっている。3歳の幼稚園のむすこがおすしを。ママとパパもこどもにたべさせるのに一生懸命。スウェーデン人若い家族のだんらんが、おすしとおみそしる。みそソッパとはおみそ汁。スーしーはおすし。


あのころからお箸をもたせられ、使えるようになる新ジェネレーション。サーモンおすしをこどもがたべている。ぱぱが、”おみそしるすーぷをのみなさい。”パパがスプーンであかちゃんにも飲ませている。驚くべく光景。すしレストランに次々と人が。お持ち帰りを待つことだいたい5分から10分。待っている。

満足したような顔ででていく家族。20年前にはヨーロッパでは、まだおすしなど食べなかった。それが今の時代は、だれもがおすしと言う時代になった。まちかどのおすしやはコンビニより確かに多い。ストックホルムの町は、SUSHIの看板とPIZZARIAの看板。JAPANSK SUSHIの看板。提灯。うれしいような、複雑なかわいいすし娘の一人旅。可愛い子には遠くに旅をさせよう。寿司は、ヴァイキング男女の胃袋と脳みそを、たぶらかしてしまった。すし中毒の若者がそうやってどんどんできあがっている。健康ブームはノンオイルで油抜きの食事ということも助けに。

以下簡単にサイトを紹介。スウェーデンの若い人たちが中心になってどこのおすしやさんが美味しいとか批評のサイトを立ち上げたのは。面白い。

Välkommen till Sushikartan!
ようこそスウェーデンのおすしマップへ。
Sushikartan.se är en ny sajt där du kan kommentera och recensera sushi-ställen i hela Sverige. Du kan hjälpa till att göra sajten bättre genom att recensera något sushi-ställe du besökt. Dina recensioner kommer även att synas på Minkarta.se - din alldeles egna, personliga karta.

このサイトsushikartan.seは、皆さん自身がスウェーデン全体のおすしやさんにコメントをよせたり、あるいは寿司の評価ができるサイトです。サイトをもっとよりよいものにするためには、自分たちが食べたおすしやさんの、評価をこのサイトを通して書き、投稿することも大いに助けとなります。評価や批評は、自分自身の個人的地図のサイト。Mincarta.seでもみることができます。

Ted Valentin テッドバレンタイン
Jag heter Ted, och det är jag som har gjort den här sajten. Den är nu öppen för alla att använda, så testa gärna att skriva en recension av något sushi-ställe! Har du frågor eller feedback får du gärna lämna en kommentar på sushi-bloggen.
私の名前はテッド。サイトを作った本人です。食べたお寿司屋さんのお店の味を批評してください。寿司ブログにコメントを書き込むとフィードバッグあるいは質問をうけることになります。
Populära sushi-områden:ご近所人気のおすしやさん。以下スウェーデンの都市の名前。
Stockholm
Umeå
Göteborg
Malmö
Uppsala
Örebro
Linköping
Lund
Coop Forum
Sundbyberg
Gränby centrum, Uppsala
Skanstull, Stockholm
Jönköping
Odenplan, Stockholm
Helsingborg


Topp tio sushi-ställen i Sverige just nu:現在スウェーデンのおすしやさんトップ10
1. Happy KitchenKarlstad 2. Maido
Växjö 3. Akki Sushi
Stockholm 4. Sushibiten
Boden 5. Tabeilu
Göteborg 6. Restaurang &...
Södertälje 7. Zen Sushi & Tea
Lund 8. Sushi House i Pa...
Partille 9. Tsukawa Sushi
Karlshamn 10. Sushibar Takenaka


Senast recenserade sushi-ställen:
一番最新の食べたおすしやさんへのコメントは以下のお寿司屋さんへのコメント。
Yukikos SushiYammy YammySuper-SushiFuji Take AwayRawfish SushiKansai Sushi BarItamaeVeno SushibarSvenska SushiköketSun SushiNågra flitiga sushi-recensenter:
ゆきこのすしは、美味しい美味しい!スーパー寿司富士テークアウェイ、ローフイッシュすし。すしかんさい。すしBartamae veno,スシバースベンスカ。寿司キッチンサンすし。他。


そうしてこのサイトのオーナーは、スウェーデン全体の地図にお寿司屋さんがどこにあるかスウェーデン全体の地図にマーキングしている。すしはローカル色。地元お隣近所のおすし。ちょっとたちよっておすしを持ってテレビを見ながら温かいお部屋で食べる。ピザのテークアウトと同じかんじ。人件費が高い北欧では出前がなぜかない。

さて、寿司の正しい食べ方。という皮肉たっぷりの日本人が作った英語の文字訳が下についているのは、75パーセントは正しく25パーセントが正しくない。ユーモアただこの25パーセントが間違っていることになかなか気がつかない鵜呑みにする外国人も多いことを思うとおかしいのである。日本のジョーク。これは、ちょっと世界でおすしブームになってしまった世界のおすしに、日本人がいたずらして、ちょっくら冗談正しいおすしをお寿司屋さんで食べようといったこと。

間違いをひとつひとつ指摘することはさけたいが、日本人で日本で育ったひとは、すぐになにがおかしいかぴんとくる。間違いの是正は、英語ででも。しかし、なんとなくおかしいのは、”まあまあまあ。。おっとっとっととー”とすっかり忘れている日本語を聞くとき。

世界のひとが寿司を食べている。すしのマナーはあるが、日本のお寿司屋さんで普通に日本人が食べる作法は国によってもはや違いがでる。中国では、お醤油に、わさびをたくさんいれて、どろどろにして、辛いたれにつけて食べる。辛みで泣きそうになりながら食べる。西洋においてはぺぺロットという大根のような強い根をすり、それを魚のソースなどに使うが、わさびよりもっときつい。わさびが、案外受け入れられた理由はよくわかる。

Br.BEENのロンドンの回転おすしやさんでのネクタイがベルトコンベアーのような寿司回転ベルトにはさまってしまったのは、笑えるが、いかとかたこときいて、はきそうになってしまうのは、北ヨーロッパ。イギリスなど。南のヨーロッパは大好きだが、やはり生のタコといって、こわがってだれも手をつけようとしないかも。たこいかは、やっぱり目が怖いのだろうか。生で食べることは頭で考える北のヨーロッパ人は、さきいかでも食べられなくなってしまう。イかチョコを食べさせて、そのあとに正体をあかしたら、げええとなってしまったスウェーデン人。あわび、うにいか、なまこ、ほや、しおからなどを喜んでな生で食べる日本人は、相当なグルメであることは確か。。

How to eat at sushi bar restaurant.This is humour , 75percent is true, other 25percent is joking.Funny but some are true.


from this only 75percent should be believed , but some are just joking.

Matured peoples should not drink cocacola when they eat real good sushi , but sake, tea, beer, wine etcs.SUshi isan art, and how to eat sushi is more art , IKI.This is the word for Japanese who know the manner to eat sushi.粋に。Theshort conversation with master of SUhi on the counter is lovely .I like the atomosphere at clean neat sushi bar in japan.GOod sake with best sushi, or Japanese beer with sushi are nice, too.CHIC way of eating sushi.It is hard to explain about this IKi.Japanese way of Chic is time to time required.We do not like women sit on the chair pointing their toe of boots towards someother person, sometiime we see them on TV in Sweden.We never call those women IkI CHic.

The manner how to eat sushi.Foreigner should not worry too much, but wrong manner should not be taught.Perfect eating way in Japan is not so easy to be imitated.there are many rules.One thing we Japanese love to drink hot tea, hot soup, so we are excused to make noise for Japanese dishes.If tea ceremony, guests have to show their appreciation, they even have to make noise when they drink at the real te a ceremony historically.
by nyfiken | 2008-11-28 08:27
f0157298_1213511.jpg

Copyright © Nobel Media AB and Fredrika Berghult, 2005. Photographer: Fredrika Berghult2005 Nobel Prize Concert
f0157298_12123525.jpg

World famous cellist Yo-Yo Ma playing chello concerto by Dvorák together with the Royal Stockholm Philharmonic Orchestra.
Copyright © Nobel Media AB 2005
Photo: Fredrika Berghult

写真はふたつとも2005年ノーベル賞記念コンサートのヨーヨーマそしてローヤルストックホルムフィルハーモニーオーケストラ。コンダクターは有名なフィンランド人奏者SAKARI ORAMO

Yo-Yo Ma performed at the 2005 Nobel Prize Concert. Together with the Royal Stockholm Philharmonic Orchestra and the Silk Road Ensemble, a concert program was presented comprising works by Sharav, Stravinsky and Dvorák. Conductor was Sakari Oramo.
2005冬、ノーベル賞受賞記念コンサートがストックホルムコンサートホールでおこなわれた。知人がストックホルムを訪れ、市内を一緒に歩いていた時。コンサート案内をみて、帰国しなければならないことを、嘆き悲しんだ。あと数日いられたら、行きたいのに。その一言を聞いて、決めた。チケットはすべて完売と思っていたが、キャンセルをあてにしたら、ちゃんと席が少し残っていた。お値段は、それなりにリーズナブルである。予約をし、真ん中の前の席で、生の音楽演奏を聴く幸運に恵まれた。もし、知人の嘆く姿をみなかったら。もし、その後で、直前に予約ができなかったら。。。

目の前で、YOYOMAのチェロを、聴くことも、受賞者やご家族、王室のプリンセスたちと一緒にすばらしい演奏の空間を共有することはできなかっただろう。
f0157298_1240996.jpg


コンサートホールが一瞬静寂に包まれる。喜びに沸く受賞者達と家族の受賞後の幸せオーラ。ヨーヨーマのオーラ。後ろの中央席からプリンセスや王室の方達のオーラに会場が包まれた。

ヨーヨーマのチェロの音色。途中からやはり感動して、涙がぽろぽろと流れる。まるでロシア人みたいに。(ロシアでは感動してクラシックのコンサート中に泣く人が多いという。)

演奏後に、アンコールに応えた。奥からでてきて、自分のチェロではなく、奏者のひとりのチェロをひょいと借りて演奏。その途中でがくんと楽器がすべったが、何事もなかったように弾きそして、わたしは、また感動して涙がでた。感動して涙がでるくらい、その音色は会場のなかに響いた。スウェーデン人が、大きな声で演奏後叫ぶ。ブロー!ブロー!(GOOD)中国語での好!にぴったりくる。

アンコール演奏が終わった時、左席のスウェーデン人の美しいマダムがひとりすくっと立ち上がった。立ったまま拍手をヨーヨーマに。彼女の目に涙が浮かんでいた。その夜、体が震えるような感動をうけたのは、すばらしい演奏もさることながら、会場を包むノーベル賞受賞者達の幸せなオーラがうずまいていたその雰囲気のせいだったのだろうか。



今年の来月ノーベル賞コンサート。Sir John Eliot Gardiner ドボルザークとモーツアルトなど。

2008 Nobel Prize Concert
This year's concert offers a fantastic collection of performers: Sir John Eliot Gardiner and the Monteverdi Choir, together with Eric Ericson's Chamber Choir and the soloists Miah Persson, soprano, Ann Hallenberg, alto, Helge Rönning, tenor, and Peter Mattei, bass.

The program will include Dvorák's symphony nr 7 and Mozart's mass in C minor.


f0157298_12311694.jpg

Copyright © Nobel Media AB and Fredrika Berghult, 2005. Photographer: Fredrika Berghult
by nyfiken | 2008-11-27 11:27

Relax with "Workshy -Mood"

When I travelled to abroad, I used to listen to this CD sometimes on the airplane.

I love their CD cover picture.Of course music as well.

Green -one couple man and woman are waiting forthe train for their departure.Maybe they are travelling somewhere..The place would be somewhere station in UK.Both of them are not young children but quite matured man and woman.Their attractive cover photo.Then as I thoguht the music was quite comfortable enough to make me relax.

It snows in Stockholm, after 3.30 outside gets so dark, then night starts and lights are seen from windows.

Matureness -It could be so delicious just like raped delicious fruits or beautiful matured red wine or aged smoky whisky.


by nyfiken | 2008-11-27 00:20


フランス作家がノーベル文学賞受賞。フランスも久しぶりにわき上がっている。2006年に出版されたエッセイがオセアニアに目をむけている。明日書店にいって、もう一度バンジージャンプの表紙の本を探してみよう。2000年中国系フランス人GAO XINJINGはフランス人受賞であった。8年ぶりのフランス人文学賞受賞。民族や何人という純血主義が長かった日本や中国本土においては、ヨーロッパの混血の歴史(王室にしても)とは感覚が違う。1985年以来というマスコミもあったが、フランス人であるのは、GAO氏も中国系フランス人として受賞している。正しくは2000年以来8年ぶりのフランス文学への受賞。

移民と混血を繰り返しているヨーロッパにおいては、国粋主義は深い根の所にとどまっている。陸続きの移動はもはや止めることはできない。こうして世界の人々はさらに混血を促進していくのは、地球の歴史。昔は村の中だけで寄り合い所であった男女が結婚していた日本。親戚や血縁の近いところでの結婚もあったヨーロッパや南太平洋。

”外国人はあぶない!stranger.”最近へんな外人が増えましてね。”これは、世界の国のひとがいうことば。スウェーデンでも、デンマークでも。オーストラリアでも。たとえ南のほぼ裸で暮らす島の酋長に話をきいても、”最近不良外国人が島にやってきて、島の善良な娘をたぶらかすのは、ゆゆしき問題である!大きな船がついたとおもったら、上半身裸で、お鼻のうえに、白くペインテイングしている。どいつもこいつも腹がでていて、あの太っている白人たちは、どうしてみっともない腹を突き出してこの島を歩き回っているんだ。”と言っていることと同じ。私が住んでいた島では、旅行者のおじさんやおばさんが太ったお腹をつきだして、歩いていると、陰でそれをみていた現地の女の子などは、ぷっと笑う。

種子島のポルトガル人。鎖国の時に、外国人がきて、お手伝いさんに。といわれたときに、一番みにくいといわれた、嫁にいけない女性をさしだした話には、わたしじしんアル本を読んでお腹を抱えて笑ってしまったことがある。当時は形成手術もなかった。がいじんさんには、みんな同じかおに見えるみたいだからにい。とかなんとかいって、いたのだろうか。当時は、普通の日本の女の子はこわくて、外人の男性が住む館で仕事をするのをいやがる家族や本人が多かった時代。時代は変った。そうして、外人さんに差し出された、女性は、評判の小野小町ではなかったというはなしだが、そのがいじんさんも、あまりにぶさいくだからきにいりません。もっとかわいい女性を。といって戻したという話のおちがある。歴史をよむと裏側がみえて、おかしいはなしがたくさんあっておもしろい。

外の人と内の人に対する垣根は世界中にある。他の国の目や髪の毛の色の違い、習慣が異なる国の人間が異邦人として住む外国では、やはり順応いがいに、適応する道はない。特派員の現地報告をテレビニュースでみるとすぐに、環境への順応の形がわかる。


中国からリポートする特派員がむかし8/2の髪の毛をわけていたり、インドから中継する人がなんとなくインド人にみえる。スウェーデン女性においては、顕著で、ヨーロッパ大陸のブリュッセルやあるいはフランスなどにいるスウェーデン女性は案外すぐに現地化する。髪の毛の形ヘアスタイル、お化粧の仕方まで。グレタガルボが花開くハリウッドの水。スウェーデンにいたころは、どちらかというと少し芋娘的だったイングリッドバークマンにして、外の水でしっかりとみがかれた。

スウェーデンスタイルは、ここで育ったタイ人や中国人の女の子をみるとすぐにわかる。お化粧ほう、面構え、ヘアスタイル、洋服のスタイル。スウェーデンの若い子は高校生などたいていファッションがにている。H&Mでだけではない。もちろんH&Mが多い。SALTなどは若い女の子。スウェーデンスタイルは、特に若い女性に顕著なスタイルがある。高校生スタイルは、アフリカ移民も中東移民もチャイニーズもみんなひとつのパターンにはいっていくのが面白い。

余談だが、ロンドンを訪れたスウェーデン人男性のともだちとのおしゃべり。電車のなかでの友達と話していたのをきいた。電車は混んでいなかったが、声が聞こえてきた。”ロンドンはどうだった。うーん。なんだか洋服はかなりみんなカジュアルだよ。パブにいったけど、英国紳士などどこにいるのかなあといった雰囲気。まあいるところにはいるのだろうけど。普通の町をあるくひとは、ストックホルムの町をあるくひとが、遙かにおしゃれかもしれないよ。。。ぼくは、新しいネクタイまで買っていったのに。。女の子はどうだった?あんまりきれいなのはいないね。スウェーデンのほうがレベルが高いかな。”盗み聞き。スウェーデン男性がみるロンドン。

しかしながら、スウェーデンに、案外似通ったヘアスタイルと洋服のスタイルがあるのには、驚く。日本人には、個性といわれて38年たった現在、多様多種のスタイルが存在する。国の雰囲気を知りたい場合はヴォーグの雑誌を読み比べるとなんとなくつたわってくる。デコラテイブでゴージャスガすきなロシア、モダンで案外アバンギャルドなイギリス、イタリアは、昨年からブラックイズビューデイフル路線。フランスは、やはり芸術。ドイツはドイツ、スウェーデン人のファッションは、外は寒くて部屋は暖かい暖房。このスタイルのため、部屋の中でとっくりセーターや厚手のちゃんちゃんこスタイルではない。むしろ北海道の家仕様なために、厚手のコート。パーテイでは冬でも胸もとがみえる夏のぴらぴら風。となる。

環境は知らないうちに影響を良い意味でも、悪い意味でもうけるので、よく考えたら恐ろしい。このわたしですら、南の島に暮らしていたころは、髪の毛が長く色が黒かったために、(知らない間に日に焼ける)うまく飾っていえば、タヒチの娘。見方によっては太平洋の島のキリバスかトンガあるいはミクロネシアのおねえさん。と言う雰囲気になる。道を歩いていたら、大きな観光バスにオーストラリア人が乗っていて、窓から手をふり”ボンジュール!Hello!!”こちらにカメラをむけてパチリとうつす。こちらも現地の女になりきって”ボンジュールHello!”と手をふる。

スウェーデンに住んでいるうちに、知らない間に顔つきや面構えが北欧のフェミニズム党の党首ににてくる。いや、スウェーデン女性が好んでかけるあのめがねをかけ、そして刈り上げたら、もやは。。。心構えは”ふん、なによ!おんなだって!”というかけ声と別れるときに、あっさりとへい!とあっさりとイタリア人みたいに未練がましくなく、乾燥パンのようにクリスピイに行動するのが北欧のクールな態度。あった時は、ハグを。別れ際は、ハグをして、へい!とあっさりと別れる。あのー。しどろもどろ。ねちねち。これは北欧スタイルでは”あの人いなかもんやありませんの。”とか妙な不快感をスウェーデン人にもたらす。こころは、ごめんなさい。あなたのスケジュール一杯の大切な時間をつかわせちゃって。それじゃね。次の約束がはいっているのでしょ!というスタンスで対応するとよい。

たしかに、スウェーデンのひとの手帳は予定でびっちりと埋まっている。なにかしないひとは、ここでは、いない。このサム空のした、お金をもらうおじさんも、一日中デパートの前や、セルゲイ広場の下でずっと体をゆらしてハーモニカを吹いている。社会主義は、怠け者も作ったかもしれないが、労働者よ、みんなで働いて社会を作ろうじゃないか。という意識をスウェーデンにもたらした。わたしが、外国人として社会主義をかんじるのは、長い列にならんで、お酒のレジで待つときや、おぼんをもって、ランチをいただくとき。

中国の10年以上まえの、上海空港の両替のおばさんが、コインをなげつけてきたあの不機嫌でお客様は奴隷的な公務員スタイルのサービスのなさは、変っただろうか。政治の主義はかまわないが、お店のひとが、不機嫌だった一昔前の共産主義の中国は、資本主義のよいところをとりいれて、にこにこすることをまなんだ。しかしながら、中国の大陸では日本人女性のように、中国語をはなすときに、にこにこと話す必要はない。日本に住んだことがあり、日本語を日本で学んだ中国人は、日本語をはなすときに、顔の表情はにこにこと日本人的になる。中国で日本語を学ぶひとは、顔の表情が中国語を話す顔ではなすから、うーん。なにか硬い表情?となる。特に女性のばあい。

日本人は、表情が硬くみられる。今回のノーベル賞受賞者の先生をヨーロッパのマスコミが報道するときに、先生は表情をかえず石のようにまじめな顔で。という表現を使った。まじめな表情を変えない顔に、笑みが浮かんだ。といったふうに。まさか、へらへらとだらしなく始終笑っているわけにいかない。有名になると、表情まで描写されるのには、困ったものである。


文学賞に話はもどる。アルベルトカミユがノーベル賞を受賞した1957年。異邦人。カミュの異邦人から長い時間がたった。今の受賞作家彼じたいが、生き方そのものが、異邦人として旅をしてきた。異邦人の目。今の時代にようやく、この作家が賞をとった現代の時代背景も感じられる。物質主義の崩壊に近い資本主義の凋落。アメリカのお金がお金を生み出す経済モデルの崩壊は、人間をもう少し前の時代にさかのぼって、真摯に過去の文明や過去の過ちにむきあう時代に入ってきたことを示唆するのではないだろうか。


植民地搾取がヨーロッパの富をもたらし、その富の恩恵にあずかってきた西洋欧米社会。貧しい国はおきざりにされ、豊かな国は欲望の渦の中、バブルが崩壊した。現代の金融危機は、人々に不安感をもたらし、閉塞感をもたらしたが、さて、ここでよく考えてみよう。というノーベル賞文学賞の受賞作品にはそういった姿勢が感じられるのである。作家に電話インタビューしたノーベルファウンデーションウェッブサイトの編集長がたずねた。読者にメッセージはありますか。何を訴えたいのでしょう。そのあと、作家はこたえた。わたしには、こういうふうに行間からのメッセージが伝わった。

スローガンとかメッセージということをひとことでというのは。。。作品を読んでなにかくみとってもらうのが一番。考えておきます。

ストックホルムの国立図書館ではノーベル作家受賞者の本は受賞後貸し出され、ウェイテイングリストは来年以降。スウェーデン人の一番楽しみにしているノーベル文学賞への期待度の大きさを感じる。

実は、偶然パリ在住のノーベル文学賞中国人作家と偶然NKデパート地下食器売り場で遭遇したことがある。それは、もしかしたら全く気がつかなかったかもしれないが、一緒にNKに出かけた知人が知り合いで、”OOさんだわ。HELLO!Mr.OO!”と御本人に向かって挨拶をしたから、知ることとなった。年齢を重ねても美しい東洋人男性(文学賞受賞者にこういう表現の仕方はとても失礼かもしれないが。率直に)は、内側からわき出るような素養と教養に溢れ、なんとも言われない雰囲気をかもしだしていた。

パリ生まれの中国系フランス人のパートナーもとてもチャーミングな髪の毛の黒く長いすらりとした背の高い東洋女性だった。パリの水は東洋人をもああいうシックな雰囲気にしてしまうのだろうか。おふたりには、シックということばがとてもお似合いになる。華美ではないが、内側からなにかきらりとひかるもの。

ノーベル賞記念式典にいらした作家のオーラは、そばでも、強く感じられた。フランスの中国人作家は、黒のタートルネックが似合うお洒落な東洋人男性。オーラはオーロラのように、不思議な光がまわりを包む。人間が電気のように発光しているとは思わないが、オーラを放ったり包まれるのを何度かみた経験がある。

特に大事と思うところや、関心したところに、太字に線をひいた。書くことに対する真摯な姿勢。上滑りではない地に足のついた異邦人。植民地のプランテーションへ移住した祖先をもつヨーロッパの植民地に生きている人間。旅人。二つの故郷を持つ。フランスとモーリシャス。書くことが旅。

アメリカインデイアンの生活にふれ、人生観ががらりと変ったという。膨大な著作。いろいろな問題やテーマを書く作家。資本主義が行き過ぎたアメリカの経済破綻など、物質主義に汚染された現代人の社会を、反省している時期にきているのではないかとかんがえさせられる。

ヨーロッパ人で植民地を第二の故郷とし世界中を歩く作家。物質文明に犯されない少し前の文明や植民地からの搾取によって潤い産業革命をしたヨーロッパの富を、返す時期ではないかと論じる。

紙とペン、テーブルがあれば、思想家や哲学者でなくても、実際周りで起こっていることを伝えることができる。難しい言葉で文学を語らずシンプルでありながらも美しいことばで作家。今一番読みたい本はエッセイ。なにしろ自分の足で歩いて実際に見て感じる作家の書く言葉には実体験や事実に基づく重みがある。


French web site show more information on Jean-Marie Gustave Le Clezio.Please check it!More information and more accurate figure of Jean-Marie Gustav.

Jean-Marie Gustave Le Clézio.Originaire d’une famille de Bretagne émigrée à l’île Maurice au XVIIe siècle, Jean-Marie-Gustave Le Clézio est né à Nice, le 13 avril 1940. Il a poursuivi des études au collège littéraire universitaire de Nice et est docteur ès lettres.
Outre de nombreux voyages, Jean-Marie Gustave Le Clézio n’a pas cessé d’écrire depuis l’âge de 7 ou 8 ans : poèmes, contes, récits, nouvelles, dont aucun n’avait été publié avant Le Procès-verbal, son premier roman, paru en septembre 1963 et qui obtint le prix Renaudot. Son œuvre compte aujourd’hui une trentaine de volumes. En 1980, il a reçu le grand prix Paul-Morand, décerné par l’Académie française, pour son roman Désert.

Ce 9 octobre 2008, le prix Nobel de littérature a été décerné à cet "écrivain de la rupture, de l’aventure poétique et de l’extase sensuelle, explorateur d’une humanité au-delà et en-dessous de la civilisation régnante" par The Nobel Fundation (en anglais).
フランスのテレビチャンネル5では作家ドキュメンタリーを。フランス2チャンネルで放映されるので、テレビ番組表をインターネットでチェック。
En savoir plus sur France2.fr. Et retrouvez la présentation du documentaire J-M G Le Clézio, entre les mondes de la collection "Empreintes", sur le site de France 5. "Le Nobel, oui, ça compte, c'est une reconnaissance", a déclaré jeudi soir Jean-Marie Gustave Le Clézio sur France 2




L'Académie suédoise avait décerné quelques heures plus tôt le Nobel de littérature 2008 au romancier français.
(選考理由)
Elle a ainsi fait le choix d'un "écrivain de la rupture, de l'aventure poétique et de l'extase sensuelle, l'explorateur d'une humanité au-delà et en-dessous de la civilisation régnante".Auteur d'une cinquantaine de livres, le romancier a publié en octobre son dernier roman, "Ritournelle de la faim", inspiré de sa mère, dont il fait un émouvant portrait ( voir critique ici).

f0157298_8164035.jpg


Né le 13 avril 1940 à Nice d'une famille bretonne émigrée à l'Ile Maurice au 18e siècle,

f0157298_9524618.jpg

Jean-Marie Gustave Le Clézio est considéré comme l'un des maîtres de la littérature francophone contemporaine. Il est l'auteur de romans comme Désert ou Le Procès-Verbal, qui lui valut le Prix Renaudot en 1963, à 23 ans. Son oeuvre est tournée vers les voyages et les autres cultures, notamment l'Amérique latine, l'Afrique et l'Océanie. Le tout nouveau Nobel de littérature était jeudi soir en direct sur le plateau de La grande librairie de François Busnel sur France 5 (on peut revoir ici l'émission).

Jean-Marie Le Clézio, qui recevra un chèque de 10 millions de couronnes suédoises (1,02 million d'euros) le 10 décembre à Stockholm, s'est dit "très ému et très touché" par la récompense, dans une interview en français à la radio publique suédoise. "C'est un grand honneur pour moi", a ajouté le lauréat du prestigieux prix, précisant qu'il remerciait "avec beaucoup de sincérité l'Académie Nobel".

"Continuer à lire des romans"
Le romancier a aussi déclaré jeudi, lors d'une conférence de presse improvisée à Paris, que le principal message qu'il avait à faire passer, "c'est qu'il faut continuer à lire des romans" et à "se poser des questions".

Lire,"c'est un très bon moyen d'interroger le monde actuel, sans avoir des réponses qui soient trop schématiques". "Le romancier n'est pas un philosophe, ce n'est pas un technicien du langage, c'est quelqu'un qui écrit, qui se pose des questions", a-t-il poursuivi.Jean-Marie Gustave Le Clezio a précisé qu'il disposait de la double nationalité française et mauricienne, sa famille étant originaire de cette île de l'océan Indien. "La France est ma patrie d'élection pour la culture, la langue, (...) mais ma petite patrie, c'est l'île Maurice", a-t-il déclaré.
Le Clézio: une critique de l'Occident matérialiste
Jean-Marie Gustave Le Clézio, qui vient de recevoir le Nobel de littérature 2008, est un des maîtres de la littérature francophone contemporaine, auteur d'une oeuvre prolifique perçue comme une critique de la civilisation urbaine agressive et de l'Occident matérialiste.Ce grand voyageur, romancier de la solitude et de l'errance, admirateur de Stevenson et de Conrad, est depuis longtemps en France un auteur-culte, qui peut se targuer de vendre beaucoup de livres en maintenant un haut niveau d'exigence.

Grand blond aux yeux bleus et à l'allure photogénique de cow-boy élégant, J.M.G Le Clézio est un homme lumineux et pudique, moins sauvage qu'on ne le dit parfois, qui parle d'une manière aussi sereine qu'affirmée.

On l'appelle "l'écrivain nomade", "un indien dans la ville" ou "le panthéiste magnifique": surnoms justifiés parce qu'il est un amoureux de la nature, parce qu'il a créé un univers imaginaire où les Mayas dialogueraient avec les Embéras (indiens de Panama) et les nomades du sud marocain avec des Marrons, esclaves échappés des plantations mauriciennes.

Son oeuvre, largement traduite, atteste en effet d'une nostalgie des mondes premiers. Jusqu'aux années 80, il avait une image d'écrivain novateur et révolté, autour des thèmes de la folie et du langage, mais ensuite, il a écrit des livres plus sereins où l'enfance, le souci des minorités, l'attrait du voyage passaient au premier plan, touchant un plus large public.

J.M.G Le Clézio est né le 13 avril 1940 à Nice d'une famille bretonne (son nom signifie "les enclos" en breton) émigrée à l'Ile Maurice au 18e siècle. Son père était un Anglais, médecin de brousse en Afrique (en fait, un homme né à l'Ile Maurice d'origine bretonne) et sa mère une Française.
Après sa licence de lettres, il travaille à l'Université de Bristol et de Londres. Autour des années 70, il voyage au Mexique et au Panama où il vit plusieurs mois auprès des Indiens. "Cette expérience a changé toute ma vie, mes idées sur le monde de l'art, ma façon d'être avec les autres, de marcher, de manger, de dormir, d'aimer et jusqu'à mes rêves", a dit ce révolté calme.

On a parlé à son propos de "métaphysique-fiction": dans ses romans, à l'écriture classique et limpide, parfois faussement simple, il remet en question les fondements de la littérature traditionnelle sans se contenter du superficiel mais avec la volonté de "fouiller au plus tragique, au plus vrai, pour trouver la langage déchirant qui soulève les émotions et transforme peut-être la nuit en ombre". "J'ai le sentiment d'être une petite chose sur cette planète et la littérature me sert à exprimer ça. Si je me hasardais à philosopher, on dirait que je suis un pauvre rousseauiste qui n'a rien compris", a-t-il dit.

J.M.G Le Clézio, qui fait partie du jury français Renaudot depuis 2002, a débuté en fanfares: à 23 ans, il publie "Le procès-verbal" qui lui vaut d'emblée le succès et le prix Renaudot.

Il a poursuivi avec "La fièvre", "Le déluge", "L'extase matérielle", "Terra amata", "Le livre des fuites", "La guerre", "Voyages de l'autre côté", "Désert" (un de ses meileurs livres), "Le chercheur d'or", "Voyage à Rodrigues", "Onitsha", "Etoile errante", "Diego et Frida", "Le poisson d'or", "Révolutions", "Ourania" et son dernier, en 2008, "Ritournelle de la faim".

Il vit depuis longtemps, avec sa femme Jémia et leurs deux filles, à Albuquerque (Nouveau-Mexique, Etats-Unis). On dit qu'il ne lit pas la presse et n'écoute pas la radio. Cela ne le coupe pas de la France: il se rend souvent à Nice et dans sa demeure bretonne de la baie de Douarnenez et considère que "c'est avec la langue, avec les livres, qu'on peut encore parler de la France d'aujourd'hui, la voir exister dans la convergence de courants".

Claude Casteran (AFP)



Anne Brigaudeau
フランステレビTV2そしてTV5ウェッブサイトは要チェック。


フランステレビ局のサイトではノーベル文学者ドキュメンタリーが流される。自由に論じられる国。かしこまっていないのがフランスの良いところ。2000年文学賞受賞GAO氏は中国系フランス人で、はっきりとフランスではフランス文学と位置つけている。国の観念は、ヨーロッパではその国に住んでいるひとは、その国の人。移民として国に根を下ろそうとする人と、お客様気分で旅人に甘んじたい異邦人では帯紐の閉めぐわいが椎名誠先生ではないがちがってくる。文化は捨てられない。しかし何人という枠組みが現代ではもうDNAや肌の色や生まれた土地で論じられなくなってきている。故郷はあったとしても。
by nyfiken | 2008-11-25 08:00



Academy goes to Jean-Marie Gustave Le Clézio because he is an"author of new departures, poetic adventure and sensual ecstasy, explorer of a humanity beyond and below the reigning civilization".


f0157298_6443148.jpg
© J. Sassier/Gallimard

Jean-Marie Gustave Le Clézio

ノーベル賞文学賞2008の受賞理由。
"author of new departures, poetic adventure and sensual ecstasy, explorer of a humanity beyond and below the reigning civilization"
このなかの、Sensual ecstasyに注目したい。文学を表現する賞賛のことばが、まるで香しい香りの香水の如く表現されている。電話でのインタビューで、世界を旅し色々な国に住んでどこが、一番自分のホームタウンだと思いますか。にモーリシャスと答えている。

f0157298_742425.jpg


またヨーロッパの豊かさは植民地搾取の上に成り立つ繁栄と断言する。コロニアルという言葉に私自身もとても敏感に反応する。なぜならフランスのインドシナやアフリカあるいは南太平洋など、私自身もヨーロッパの植民地に暮らした経験がある。ヨーロッパにおいては、移民問題が語られ、植民地においては、コロニアル問題は避けて通れない。

"書くことは、フィロソフィーとか哲学といったものより、私にとっては自己表現、自己認識。旅をしたり、異国にいることを書くことで、認識し認知する"というふうにも聞こえてくる。まったく価値観の違うヨーロッパ社会ではない、世界の反対側の価値観。私自身は人生の半分を植民地や熱帯で暮らした経験より、作家の視点がとても身近に感じられる。


植民地支配や近代化の進んだ欧米人のおごりや繁栄の源が貧困社会の発展途上国の富の搾取である事実を人は、あたまで分かっていてもなかなか認識できない。違った価値観の世界や社会を歩き、旅をし、住むことによって、初めて実際に体感できる作家のことばは、真実みがあり、読者を開眼させる。ノーベルコミッテイが電話インタビューした記事。Interview

太字部分は、私自身がなるほどと強く印象に残った部分である。作家は旅人であり、真摯に世界をみつめ自分を見つめている印象がある。作家は哲学者はないという。思索者でもない。まわりでなにが起きているか。ウイットネスとして。その場にいる人間として周りに知らせるメッセンジャーとして書くことの大切さをいう。真実を伝えること。ものごとや世界がよく見えている作家という印象をインタビューを聞いて思う。

うわすべりの理論作家でも妄想作家でもない。現実に足をつけて、異邦人として異国に住み旅をしながらも、自らの文化や国家や歴史(植民地搾取の歴史など)を見つめ問いかける。30冊の膨大な本の出版は、特別書斎をもたずに、テーブルと紙とペンがあれば、どこでも書くというところから生み出された。
"Literally, writing for me is like travelling. It's getting out of myself and living another life; maybe a better life."
Telephone interview with Jean-Marie Gustave Le Clézio immediately following the announcement of the 2008 Nobel Prize in Literature, 9 October 2008. The interviewer is Adam Smith, Editor-in-Chief of Nobelprize.org.

[Jean-Marie Gustave Le Clézio] Yes, Le Clézio speaking.

[Adam Smith] Oh hello, my name is Adam Smith and I'm calling from the Nobel Foundation web site in Stockholm.

[J-MGLC] Yes.

[AS] And, would you mind if we spoke just for five minutes on the telephone?

[J-MGLC] No, not at all. I am ready for that.

[AS] Thank you so much. You're an inhabitant of many countries but we catch you in France now, is that correct?

[J-MGLC] Yes, yes. I am in France presently. Normally I am going to Canada in a few days, but I'm still in France now.

[AS] And given that you were brought up in many countries and you've lived around the world, is there anywhere that you consider to be home?

[J-MGLC] Yes, in fact, I would say that Mauritius, which is the place of my ancestors, is really the place I consider my small homeland. So, this would be Mauritius definitely.

f0157298_78582.jpg


[AS] And, you were brought up bilingual, but you always write in French. Is there a particular reason?

[J-MGLC] Well, yes. In fact, when I was a child I grew up speaking French, I mean, in a French public school. So my first contact with literature was in French, and that's the reason why I write in French.

[AS] And, you started writing as a young child, and are very prolific. You've written over 30 books alone. Does writing come very easily? Do you enjoy putting pen to paper?

[J-MGLC] Yes, definitely. This is one of my greatest pleasures in life is to sit at a table, wherever it is. I don't have any office, I can write everywhere. So, I put a piece of paper on the table and then I travel. Literally, writing for me is like travelling. It's getting out of myself and living another life; maybe a better life.

[AS] That's nice. People often say that reading is like travelling, but writing, also, that's nice.

[J-MGLC] Yes, both go together for me. I enjoy very much being in a foreign country, in a new country, new place. And I enjoy also beginning a new book. It's like being someone else.
[AS] You write about other places, other cultures, other possibilities a great deal, and in particular you've written a book about the Amerindians. What is particularly appealing about their culture?

[J-MGLC] Well, it's probably because it's a culture so different from the European culture, and on the other hand it didn't have the chance of expressing itself. It's a culture which has been in some ways broken by the modern world, and especially by the conquests from Europe. So I feel there is a strong message here for the Europeans … I am European essentially. So, I feel there is a strong message here for the Europeans to encounter this culture which is so different from the European culture. They have a lot to learn from this culture; the Amerindian cultures.

[AS] You also write about the colonial experience a lot. Do you feel it's important for modern European culture to examine its past in this way?

[J-MGLC] Yes, because I feel, it's my feeling that the, Europe, and I would say also the American society are – it owes a lot to the people that submitted during the colonial times. I mean the wealth of Europe comes from sugar, cotton, from the colonies. And from this wealth they began the industrial world. So they really owe a lot to the colonized people. And they have to pay their debts to them.[AS] The wide range of your writing is unclassifiable, but is there some unifying purpose in why you write?

[J-MGLC] Mainly would be to be true to myself, to express myself in the most accurate way. I feel that the writer is just a kind of witness of what is happening. A writer is not a prophet, is not a philosopher, he's just someone who is witness to what is around him. And so writing is a way to … it's the best way to testify, to be a witness.
[AS] And for those who are unfamiliar with your work, would you suggest any particular starting points?

[J-MGLC] Uh, no. I would not dare to do that. I mean reading is a free practice. You have to, you have to be led by not haphazard, but to be led by your own feelings. I think the readers are free to begin by the books where they want to. They don't have to be led in their, in their reading.

[AS] That's a very appealing answer, thank you. Ah, last question. The Prize will bring some further notoriety. Is there a particular message you think you might use that notoriety to spread?

[J-MGLC] Well, let me think about that! It's a … in a way it's a very intimidating situation, because I'm not familiar … it's not my habit to give messages, and to express thoughts. I would say, rather, I would prefer to be read, and to, that my writings might inspire some people. I, anyway, there is of course the speech I have to deliver to the Nobel Academy, so maybe I will find some, some messages to express at that time.

[AS] So we will wait for December.

[J-MGLC] Yes.

[AS] Okay. Well, we will look forward to seeing you in Stockholm in due course, but thank you very much indeed.

[J-MGLC] Thank you very much indeed.

[AS] And congratulations.

[J-MGLC] Bye bye.

[AS] Bye bye.












ストックホルム市内オデンプランの書店のショーウインドーに受賞後飾られた受賞者のある一冊の本の表紙をみた瞬間。心臓がどきんと。それは、わたしにとって見慣れた一枚の写真。本の表紙の写真は、わたしが以前住んでいた南太平洋の国の写真。ペンテコス島南の部落でおこなわれる成人の儀式。高くツル科の枝で作った塔から飛び降りるジャンプするその写真だった。バンジージャンプ。フランスとイギリスの共同統治領だった英仏植民地太平洋の島。

ニューへブリデスに作家は訪れたのだろうか。バンジージャンプの部落に泊まったことがある私は、酋長が自ら儀式として、本物のカバといわれる根から作ったカバをいただいた。その後の何ともいえない気持ちのよさは、言葉で表すことはできない。旅行者用に粉末を水でといただけや、収入源として作る町のカバとは違う。酋長が一番いい品質のカバの木の根を使って作った最高の一杯であった。味、そして飲んだあとの、気持ちのよさは、きっともう2度と味わえないものであろう。それは、威厳ある酋長が、客との儀式のために特別作らせた一杯は、おそらく一生に一度味わえたらいいほどの、特別の飲み物であったことは確かである。女性がカバを飲むことは伝統的にはタブーであった。現代はその限りではない。

現地語通訳の仕事として首都からチャータープロペラ機で行ったわたしは、テレビ局の男性が、怖がって飲まなかったかわりに、代表としてその杯をいただいた。仕事ができなくなったら、僕たち困るから。のんだことがない人にとっては最ものこと。今でもペンテコス島のバンジージャンプ村の酋長のカバは最高だっただと信じてやまない。アルカロイド系で、歯医者さんで麻酔をかけられたようになるが、一瞬動作がゆったりとなり、人に対して優しくなる。スローダウンする感じ。もちろん薬物ではなく、日本に持ち込みは許されているもの。もしあのときにあの杯をいただかなかったら、わたしはまずい町の旅行者用のカバで満足していたかもしれない。本物は全てのものに存在する。

フランスのノーベル文学賞受賞者の作品の謎。南太平洋と関係はあるのだろうか。どうしてあの写真が使われたのだろう。その作家の足跡を追ってみたい。


by nyfiken | 2008-11-25 06:14



スウェーデンテレビのサイトに、日本のノーベル物理学賞の受賞者への日本でのテレビインタビュー記事が載っていた。つくば市と京都を訪れたSVTスウェーデンテレビの取材班。物理学賞受賞者益川敏英氏小林誠氏へのインタビュー。

11月21日付け。スウェーデン語。スウェーデンの人たちへは、ノーベル賞受賞者の背景、お人柄などこれから授賞式までの間に新聞やテレビなどで順次報道されていく。ことしは冬の到来がはやく、おそらくこのようすだと、ノーベル授賞式のころは雪がたくさんつもっている予感すらする。昨日から雪が降り積もりすっかりと外は雪景色のストックホルム

スウェーデン語ではMaskawaになっている。最初日本語では益川はMasukawaの表記が正しいと思ったが先生自身が英語の論文でMaskawaと使われている。

記事によると、Maskawa先生の日々の暮らし。ひらめきはお風呂から。お人柄。少し内気、自然に親しむ、一方ではお嬢さんとコンピューターゲームも楽しむことも。少々エキセントリックくらいにに時間厳守。決まった時間に行動する日々のルーテイン。8時2分きっかりに家をでられる。京都郊外の小さな町に住む。家を出るときに行ってきまーすと妻にいうのが8時2分前。そして3分きっちり同じ道を歩いて、駅から同じ電車車両の席へ。勤め先の大学へのバスへ乗り換える。その時もお気に入りのバスの席は奥の席と決まっている。そこへ座る。

時間が決まっている先生の毎日のルーテインによると、8時39分ニュースが終わったあとに、お風呂に入る。益川先生のお風呂の時間は毎日必ず8時39分。日々のタイムテーブルが決まっている時間厳守生活。

ールーテイン・習慣付けされた時間の使い方と前もって予定をたてることより、より多くの時間をうみだすことができます。とは先生のお話。

小林氏との共同研究そして内容。それから話は小林先生のほうへ。最初に日本へ到着してスウェーデンテレビのSVT取材は、最初に東京に近い筑波の研究所KEKを訪れる。つくばは、日本の研究都市であり人口が30万人と説明をしたあとに、小林氏の家族の紹介。妻とお嬢さんと愛犬くるる。小林氏の自宅でのインタビュー。”わたしの夫は、ごく普通の素朴なひとです。受賞後もなんらまったく本人は何も変らず前と同じです”小林氏御自身も”まったく今でもびっくりしています。いまだに驚きが続いていますが。。。”


研究の内容受賞した理論と話が続く。インタビューをした取材者は、”日本においてはノーベル賞受賞は大きなニュース。天皇からも直々杯をいただく名誉なこと。日本でのマスメデイアの注目度も大きい。”と説明を続ける。また物理学の研究は、日本で力をいれて研究されている。1949年に湯川秀樹博士が物理学賞を得た話にも言及しているのは興味深い。小林氏の”ノーベル賞は世界的な賞。研究所BELLE抜きにはこの賞は語れません。


”また戦後復興期にまもないころ湯川秀樹の物理学賞受賞は日本人にとって大きな意味があり、戦争で焼け野原になった日本の名古屋で育ったますかわ氏自身も、その大変な時期の湯川氏の受賞が大きな意味を持つことにふれている。1965年の朝永振一郎博士の受賞もインスピレーションを与えられたこと。

”南部先生は、私たちにとって肉であり血であります。南部先生と賞を一緒にいただけることは、大きな喜びでもあります”と益川博士。益川氏も妻も海外渡航経験がない。12月のストックホルムが生まれて初めての海外への旅となる。ふらりはノーベル賞受賞式のためにパスポートを手配することになる。

”海外の英語で書かれた研究論文はたくさん読みますし、読む方は他のだれよりもよくきっちりと読んでいます。しかしながら英語は話せません。外国からのインタビューは日本語でおねがいしています。

外国語が読めても話すのは苦手とすることで、海外の学会を全て断ってこられたという先生のお話。南部先生がアメリカに自分の居場所を作られたのと対称的である。


(余談であるが。ー中国の人民日報のジャーナリストの知り合いから授賞式後に電話が。ノーベル賞受賞に日本人が今回受賞したことで最初におめでとう!という声。中国系アメリカ人受賞に中国も沸いているという。血は地より濃い。と感じる。中国人中国から受賞がでるのはあと20年待たなければならにかもしれないかもね。とは彼女。元気で長生きが大事よ科学者も文学者も。

ノーベル賞受賞発表のジャーナリストインタビューで取材している彼女。昨夜のテレビのニュースにあなたうつっていたわよとを伝えた。”そう。今回はアメリカ人であり中国人でが受賞したから、張り切って前に出てたくさん質問したのよ!日本人は快挙ね。中国はもう少し時間がたったらきっとでてくるわ。がんばってほしいけど!そうしたら張り切って取材して人民日報へ記事を書けるわ。今回私が書いた記事は中国で色々なところで引用されているのよ。中国でのノーベル賞の関心はとっても高いわ。”嬉しそうだった。

2006年あたりから、中国のマスコミによるノーベル賞特別報道は熱を増している。スウェーデンテレビで中国国営放送がノーベル賞受賞式の様子やストックホルムの町の様子を中国女性アナウンサー中継を映していた。それを撮しているスウェーデンテレビのニュース。ノルウェーは平和賞。ノーベルコンサートも歌手ステイビーワンダーなどアメリカのセレブ登場する雰囲気がある。

またスウェーデンテレビ局TV4が式と晩餐会の様子を生中継する。その番組の様子。スウェーデンはTPOを重んじる。もちろんパーテイには、パーテイ用の靴であるが、ドレスに合う美しい靴に、会場で履き替えることとなるのは、雪の多い北欧ではしかたのないこと。


ノーベル賞晩餐の中継がはじまりますよ。という雰囲気がテレビの案内から伝わってくる。スウェーデン国内のひとがその夜楽しみにテレビの前にすわる。心なしかその日は特に、すしやピザのテークアウトが混み合うのは気のせいだろうか。当日はスウェーデン国王から受賞者は、セレモニーで受賞のメダルをいただく。毎年おこなわれるノーベルコンサートに、招待される音楽家は一流のピアノ奏者ランランやチェロ奏者(ヨーヨーマ)楽しみである。


ストックホルム中心地、ヒョートリエットのコンサートヒューセット(コンサートホール)建物で授賞式が。昨年はそのすぐ側を一人で歩いていた。花火がそばで打ち上げられた夕刻のストックホルム市内の様子を思い出す。学校が終わり、その帰り道だった。アパートに戻って、窓をあけると、市庁舎の上がグリーンにきれいにライトアップされているのが見えた。この時期は暗くて寒い12月10日。1950年文学賞の映像が記録で残されているが、建物はその当時から現在も変っていないが、大幅修繕計画があると聞く。

私自身は時々気が向いたときに、クラシックを聴きに行くが、休憩時間にいつもイスにすわれないのを不思議に思っていたが、予約が必要と後で知った。スウェーデンらしい。よくみるとテーブルにすでに予約。飲み物がワインとか白赤別々に置かれている。ともかく準備がいいのがこの国の特徴である。だから余計なことはしないし、できないことはあっさりとしない。ノーベル賞の晩餐会は、準備計画遂行のスウェーデン人気質にぴったりあっている。南の島やいい加減な国ならば、席を間違えたり、デザートの数がたりなかったり、めちゃめちゃになるだろう。






益川博士とご夫人生まれて初めての海外旅行先であるスウェーデンが、御自身のノーベル賞受賞式出席のためという人生の不思議。着物姿で、受賞の喜びのインタビューをうけられたノーベル文学賞川端康成の御自宅での受賞挨拶を思い出した。


湯川博士のお言葉。中性子理論以上に”無駄が人生の豊かさ”理論がわたしには、目からうろこ。無駄だらけの人生と反省をすることの多い。無駄な動き。無駄使い。無駄な時間。見方が違うと人生も違って見える。ー湯川先生ありがとう。



南部、益川、小林理論。まずは益川先生が著者になっている物理関係の本を読んでみるのも悪くはない。アインシュタイン。物理が本当はロマンテテイックで夢のあるものである風に学校で勉強できたら、これ以上のことはないのかも。

f0157298_1110100.jpg

f0157298_1114952.gif
 

お祝い、マスコミの取材攻勢や遠くの親戚。幼稚園以来あったことのないお友達、昔一緒にお酒を飲んで30年連絡がなかった友達。近所の八百屋さんや寿司やさんまで、おめでとうは嬉しい。内心は。はやく嵐が過ぎますように。ノーベル賞は、おめでたいが、身辺がにわかに忙しくあわただしくなり、世の中が変ってしまう人生のお祭りとなる。


ストックホルムでは、着々とノーベル賞授賞式にむけて準備がはじめられている。お針子さんや、ドレスメーカー、お花屋さん、また晩餐会のレストランシェフ。近所のXOKOはノーベル晩餐デイナー(ノーベル賞とおなじもの)をその10日すぎたルチア祭の夜13日に。





”Banbrytande idé kom till under ett bad"
Publicerad 21 november 2008 - 08:00

SVT träffar årets Nobelpristagare för tv-intervjuer. Följ reportrarnas forskarmöten på webben. Följ med när Vetenskapsredaktionens Jens Ergon möter fysikpristagarna Makoto Kobayashi och Toshihide Maskawa.

Bakgrund

Presentation: Jens Ergon
Det skall, enligt Maskawa själv, ha varit under ett av hans dagliga bad som den banbrytande tanken dök upp./../ i början av 1970-talet, var dom flesta övertygade om att det på sin höjd fanns fyra såna här minsta byggstenar i naturen.


Den ene - en blygsam, jordnära man som spelar dataspel med sin dotter. Den andre - excentrisk, självsäker, punktlig, näst intill absurditet. De två japanska fysikerna som 1973 kalkylerade obalansen mellan materia och antimateria och förutsåg att naturens minsta beståndsdelar utgörs av sex kvarkar kunde knappast vara mer olika.

Exakt 8.02öppnar Toshihide Maskawa dörren till sitt hem. Professor Maskawa går alltid hemifrån 8.02. Den lille mannen med stenansiktet säger adjö till sin fru, promenerar den tre minuter långa vägen till stationen i den lilla byn utanför Kyoto, kliver på pendeltåget och ställer sig längst fram i den främsta vagnen.
Professor Maskawa står alltid längst fram i den främsta vagnen, med ansiktet riktat framåt.
"Den ene - en blygsam, jordnära man som spelar dataspel med sin dotter. "

Därmed kan han också kliva av först och få sin favoritplats längst fram i den matarbuss som tar honom till Kyoto Sangyo University. På kvällen, när han kommer hem, tar professor Maskawa ett bad 20.39. Professor Maskawa tar alltid ett bad 20.39, efter nyheterna på TV.

- Genom rutiner och god planering får du mer tid över. Du behöver inte bekymra dig över vad du ska göra härnäst, säger stenansiktet med ett snett leende.

Det skall, enligt Maskawa själv, ha varit under ett av hans dagliga bad som den banbrytande tanken dök upp att naturen kan vara uppbyggd av sex kvarkar. På den tiden, i början av 1970-talet, var dom flesta övertygade om att det på sin höjd fanns fyra såna här minsta byggstenar i naturen.
"Den andre - excentrisk, självsäker, punktlig, näst intill absurditet."

Maskawa och Kobayashi bröt med invanda tankemönster och lyckades visa att en modell med sex kvarkar fungerar bättre - inte minst genom att kunna förklara dom små, små skillnader mellan materia och antimateria som förbryllade dåtidens fysiker. Forskningsartikeln från 1973 har blivit en av partikelfysikens mest citerade genom tiderna. Och dom okända kvarkar som Maskawa och Kobayashi förutsade, ja, dom har en efter en dykt upp i världens partikelacceleratorer.

Professor Maskawa är inte överraskad över att ha fått Nobelpriset. Han hade redan räknat ut att det skulle komma och satt under dagen för tillkännagivandet på sitt kontor och väntade på att telefonen skulle ringa.
"Maskawa och Kobayashi bröt med invanda /.../mönster "

- Jag vet hur Nobelkommittén tänker och jag vet vilka som har belönats före mig. Tiden hade kommit för mig och Kobayashi-San, förklarar den 68-årige Maskawa utan att blinka.


Makoto Kobayashi (foto: SR:s Jon Torkelsson) Makoto Kobayashi, Maskawas forne vapendragare, är mer förvånad.

- Jag är fortfarande chockad över vad som hänt, förklarar den fyra år yngre, mer timide Kobayashi.
Klicka här för stor bild!

Det är Kobayashi vi träffar först, på det japanska partikelfysikcentret KEK i Tsukuba utanför Tokyo. Tsukuba kallas också "vetenskapsstaden". Den anlades på 1980-talet som hemvist för ett av Japans större universitet, landets rymdcenter och en mängd större forskningsinstitut. Numera har Tsukuba närmare 300.000 invånare - däribland Kobayashi, hans fru, dotter och familjens hund Kururu.

- Min man är en alldaglig och jordnära person. Och han har inte förändrats sen priset tillkännagavs, säger Kobayashis fru, när vi möter hela familjen i deras lilla villa i Tsukubas utkant.
"Jag är fortfarande chockad över vad som hänt, förklarar den fyra år yngre, mer timide Kobayashi."

På KEK jublar man alltjämt. Forskningscentrets enorma partikelaccelerator KEKB har i princip byggts och ägnats åt att bekräfta Kobayashis och Maskawas förutsägelser för 35 år sen. Succén kom 2001 när man i det så kallade BELLE-experimentet lyckades mäta skillnaderna i beteende mellan materia och antimateria uppbyggda av en av dom nya kvarkar som Kobayashi och Maskawa förutspådde.

Skillnaderna, det som på fysikens fikonspråk kallas symmetribrott, visade sig exakt motsvara Kobayashis och Maskawas förutsägelser.

- Man kan säga att det vi hittills ägnat oss åt här är att försöka ge Nobelpriset till Kobayashi och Maskawa. 2001 kom det vetenskapliga genombrottet. Och nu har vi lyckats fullt ut! förklarar en nöjd professor Yamauchi, forskningsledare för BELLE-experimentet, när vi vandrar längs partikelacceleratorn i en tre kilometer lång underjordisk tunnel.
"På KEK jublar man alltjämt"

Nu arbetar man med att trimma KEKB-acceleratorn. Det pågår en intensiv jakt världen över för att tränga förbi den framgångsrika standardmodell för materiens uppbyggnad som Kobayashis och Maskawas teorier är en del av. Kobayashis och Maskawas förutsägelser kan bara förklara en del av skillnaderna mellan materia och antimateria.


Makoto Kobayashi (foto: SR:s Jon Torkelsson) När universum en gång bildades måste skillnaderna ha varit betydligt större. Annars skulle i princip all materia i universum förintats lika snabbt som den bildats, i ett förödande möte mellan materia och antimateria.

- En möjlighet är att skillnaderna mellan materia och antimateria är större hos hittills okända, tyngre partiklar än dom vi nu känner till, partiklar som spelade en avgörande roll när universum bildades, säger Kobayashi. Klicka här för stor bild!
"Yukawa och andra samtida, banbrytande japanska fysiker, förebild"

Dom här hittills okända partiklarna skulle också kunna utgöra den mörka, osynliga materia som gäckar astronomerna och anses utgöra merparten av allt som finns i universum. I så fall har vi den mörka materien att tacka för mycket.

Dels för att skillnaderna mellan materia och antimateria var så pass stora att Big Bang inte slutade i ett fiasko. Dels för att den mörka materien genom sin dragningskraft hjälpt till att klumpa ihop den vanliga materien till stjärnor och galaxer - och i förlängningen planeter som jorden med liv.

Nobelpriset är stort i Japan. Den mediala uppmärksamheten har varit enorm. Att årets Nobelpris tilldelats totalt fyra japaner gör inte uppmärksamheten mindre. Sen tillkännagivandet har Maskawa och Kobayashi också tagit emot det så kallade kulturpriset av kejsaren själv. Numera får dom finna sig i att vara kändisar - en situation som ingen av dem känner sig särskilt bekväm i. Själva försöker de tona ner prisets betydelse. Den excentriske Maskawa är tydligast:
"Nobelpriset är stort i Japan. Den mediala uppmärksamheten har varit enorm."

- Nobelpriset är en världslig sak. För mig betyder det vetenskapliga erkännande som kom med BELLE-experimentet betydligt mer.

Årets japanska prisskörd kan sägas vara den slutgiltiga bekräftelsen för en oerhört stark naturvetenskaplig forskartradition - inte minst när det gäller teoretisk fysik - som löpt parallellt med Japans omvälvande 1900-talshistoria. Startskottet kom med den legendariske teoretikern Hideki Yukawa som fick Nobelpriset i fysik 1949.

- Det hände precis efter kriget. Japan var ödelagt och besegrat. Det var svåra tider och Yukawas nobelpris betydde mycket för oss, berättar Maskawa som själv växte upp under enkla förhållanden i ett krigshärjat Nagoya.

Yukawa och andra samtida, banbrytande japanska fysiker, som Sin-Itiro Tomonaga, nobelpristagare 1965, blev inspiratörerna för Maskawa och Kobayashi. Liksom Yoichiru Nambu, årets tredje fysikpristagare. Den 87-årige Nambu, som sedan 1950-talet verkar och bor i Chicago, vördas av Kobayashi och Maskawa som den store läromästaren.
"Nambu är mitt kött och blod. Det är en stor ära att få dela priset "

- Nambu är mitt kött och blod. Det är en stor ära att få dela priset med honom, förklarar Maskawa.

Nästa vecka möter vi den mytomspunne Nambu i Chicago. Åtskilliga fysiklegender, däribland nobelpristagare som Murray Gell-Man och James Cronin, har sagt att priset till Nambu egentligen borde ha kommit för decennier sedan. Andra har sagt att Nambus genialitet överträffar det mesta - han sägs ligga tio år före sina främsta kollegor.

Under tiden lär Maskawa och Kobayashi få stå ut med ytterligare mediebevakning i väntan på resan till Stockholm i december. För Maskawa är det första utlandsresan över huvudtaget. Han har enligt sin fru inte ens något pass. Och han vägrar att tala engelska. Men när han på en svart tavla skriver formlerna som tillkom under det där badet för 35 år sen så klottrar han också ner några engelska kommentarer.

- Jag kan läsa engelska. Jag tror faktiskt att jag läser engelska forskningsartiklar betydligt mer noggrant än många andra. Men jag kan inte tala engelska. Därför ger jag bara intervjuer på japanska. Och visst, det stämmer att jag aldrig har varit utomlands. Men någon gång ska ju vara den första, förklarar den excentriske professorn.

Jens Ergon
reporter Vetenskapsmagasinet
by Nyfiken | 2008-11-24 22:11



今日の気になるヨーロッパのニュース。フランスの街角カフェブラッセリーが大変なことに。スウェーデンのカフェは今日も大繁盛。経済難なんてどこ吹く風のカフェ。すぐに暗くなる冬。北欧の人々は、外に出ているイスに備え付けのひざかけをかけて、炎が見える特別のヒーターが温めるカフェの外で寒くてもコーヒーを飲む。しかしカフェ本場のフランスでは。。International Herald tribune紙のニュース記事のTodays in Europe.の今日のニュースより。現在はヨーロッパ時間は日曜夕方11月23日もう外は真っ暗。時折車のライトが対岸の通りを。雪がふると灯やライトがよく見える。

本題に入る前にフランスのカフェを書いていたひとのブログをちらりと思い出す。フランスの写真を撮っていた日本人写真家がいる.おいしそうなケーキ(の写真が。おそらく2005年から2006年くらいまでパリに滞在したときの記録だと思われる。モンブランなど。お腹がすいて、甘い物が欲しいときは、マゾ的にページをのぞくが酷である。いや手許にケーキがあって、コーヒーをのみながら、やれやれどうかしら。パリは?と言う気分なら余裕をもってみるのならだいじょうぶ。

片手にWEIGHT WATCHのエクレアを持ってぱくりと食べながらなど。甘くてきれいな写真。フランスやパリのカフェが好きな人にはお勧め。私と違いちゃんとジャンル別にカテゴリーに分けられる。カテゴリ設定ができるひとはうらやましい。話があちこちに飛んでしまうのが多いので、分けるのが至難の業となる。



最近の美味しいニュースは友人が美味しい自家製マロンクリームロールケーキを作った。感動的に美味しい!外科医で忙しい中作ったケーキ。。栗を買って栗からマロンペーストまで作る。彼女に脱帽。栗栗と夢をみていた私に、一足早いサンタの贈り物。ありがとう!みんなで分け合って食べるからこそ美味しい手作りのお菓子。もうひとりのお友達もスウェーデンの焼き菓子。そしてもう一人は美しい薔薇の花束。
お友達のお誕生会は、金曜の夜我が家で。冗談で、日本タパスバー居酒屋ストックホルムと。お客様の顔を見ながら料理を作る日本居酒屋やおかみさん気分になっていそいそと。わたしは、日本語の言葉の響きが好き。いそいそと。いそいそとおでかけする。英語にもスウェーデン語にもぴったりと感覚的に外国語にニュアンスを伝えるのはちょっと難しい。


美しい北欧に住んでいて、色々食べているのに、デジカメで写真をこまめにとらない自分をよく反省する。寒いけど、心が温かくなる瞬間。暗いからこそ美しい色。そういったことが私は好き。ナンセンスだけど面白いこと。

スウェーデン。”デザインとオーロラが美しいスウェーデン、ノーベル賞晩餐会。北欧スタイル素朴なインテリア飽きのこない北欧スタイル雑貨小物。”美しい町が整っているスウェーデン。暗いけれど家の中は温かくて明るい。窓辺の赤いランプは怪しげにおしゃれに夜の町を彩る。ノーベル賞受賞式は一年で一番くらい寒い時。あの時期にちょうどおこなわれる行事としては、北欧の夜を明るく照らす。毎年の花火も楽しみである。



さて、今日のヨーロッパのニュースから。フランス街角カフェの本題にはいる。フランスのカフェやブラッセリーが悲鳴をあげている。ちょっと深刻そうな話。フランスイコールカフェ。この二つは結びつく。カフェ文化があぶないという話。



The neighborhood café falls on hard times in France
By Steven Erlanger Published: November 23, 2008
フランスのご近所カフェ凋落の憂い。フランスのブルガンデイー地方の町。カフェ経営者ナタリー35歳の憂い。大きな町の有名店で働いた後、2年前大きな希望をもって自分の故郷の小さな町で始めたバー&カフェ”ルフェステイバル”に何が起きたのだろう。


SAULIEU, France: Nathalie Guérin, 35, opened Le Festi'Val bar and café here two years ago full of high hopes, after working at this little Burgundy town's main competition, the Café du Nord. But beginning this summer, business started to droop, and in October, she said, "it's been in free fall."

フランスのサーリュー。ナタリーゲリンの例。この夏からビジネスが落ち込み、10月にはいって、最低に。

"Now there's no one," she said, standing in a somber room with a few sad holiday decorations, an idle pool table and one young man playing a video game. "People fear the future, and now with the banking crisis, they're even more afraid," she said, her eyes reddening. "They buy a bottle at the supermarket and they drink it at home."
”今じゃだれもお客が来ないわ。”クリスマス前ホリデイ用飾りが悲しげにすらみえる。プールテーブルががらんとした空間におかれ、若い男がヴィデオゲームをしている。”将来を憂いているの。不安。今は銀行金融危機。みんながもっと将来に不安を持つわ。目を赤く充血させながら。”スーパーでワインをボトルごと買って、みんな家で飲むのよ。”

(わざわざバーに来て飲まなくなったわ。

ースウェーデンのバーやレストランで一杯1500円グラスワインを飲む若者の数が減ったという雰囲気はここではあまり感じられない。スウェーデンでは共稼ぎで男女別々会計で共同生活者が多いため。一緒に同居している学生や結婚前の10代20代は、ダブル収入。

日本ではワインやお酒代は税金が安いために、飲料は北欧に比べると安くあがるので外でたくさん飲める。スウェーデンでは25パーセントの税金がお酒にかかるので、外のレストランで日本にいるときのようにはお酒を飲まない。外で気持ちよく酔えるほどお酒をレストランで飲むには、おさいふの中味が問題。寒い時に、アルコール毒中が多かったスウェーデン。お酒にも政府は高い高い税金を課す。

She is trying to sell the café, but has had only one nibble in this lovely town of 3,000 people, much visited by tourists, where a renowned hotel-restaurant, Relais Bernard Loiseau, is just down the street.

さてフランスのカフェバーのオーナーナタリーは今ビジネスとカフェを売ろうとしている。3000人の小さなかわいい町。たったひとつの有名なホテルレストラン”RELAIS BERNARD LOISEAUはちょっと道を下ったところにあり、旅行者がたくさん訪れていた。

Jean-Louis Humbert is the district director of the National Federation of Cafés, Brasseries and Discotheques, and he is blunt about Guérin's chances. "It's finished for her," he said. "No one wants to buy it. The banks don't want to lend her any more money and it will end up in liquidation."
フランス国のカフェ、ブラッセリー、デイスコ組合の地方自治会長であるジャンルイスユーベルとさんが語る。”ゲリンさんの場合はもうだめですね。誰もあの物件バーカフェを今の時期買わないでしょう。銀行はこれ以上お金を融資しないでしょう。それは、銀行がこれ以上お金が漏れるのを終わりにしたいからです。”

The plight of Guérin is being replicated all over France, as traditional cafés and bars are suffering and even closing, hit by changing mores, habits and now a poor economic climate. In 1960, there were 200,000 cafés in France, said Bernard Quartier, national president of the café federation. Now there are fewer than 41,500, with an average of two closing every day.
ゲリンの例はフランス全体に起きている。伝統的な街角のカフェやバーは経営難に陥り。閉店。人々の習慣が変ったこと。今の経済状況などが追い打ちをかける。1960年代フランス全体で200.000カフェがあったのです。とフランスカフェ組合長ベルナード氏が話す。現在はフランス全体で41500店のみ。毎日2軒は閉店している。フランスからカフェ文化が消えてしまったら。日本からお汁粉屋が消えたら、泣いてしまう。おしるこの食べ比べが日本での大きな楽しみなのに。文化の消失は、努力してなくさなければならない。フランスのカフェとたばこ問題が大きく絡んでいると分析する。



フランス映画例えばフランソワサガンや文化人芸術家がたむろしていたカフェ。映像ではたばこをすぱすぱ吸っているフランス人の文化人とよばれるひとたち。フランソワーズサガン。映画は1958年に。悲しみよこんにちわ。当時女性の解放やフェミニズムの運動が世界で盛んになる時代の若い女性作家だった。サガンへのインタビュー。今はもう亡くなられたが、フランスのテレビで本人が。アーカイブのインタビューをみるという番組。サガン特集は11月か10月末にスウェーデンのテレビで息子さんも登場した。サガンの人となりを映し出していた番組は興味深い。



60年代70年代。おしるこや団子とたばこはあわないが、フランスカフェとたばこは一昔は映画に多く登場した。健康問題、他のひとに及ぼす害を考えたら、たばこの煙は実害が多すぎる。

WHOの大きな課題たばこ問題は、たばこを吸うフランス人の健康志向も追い風となってそしてレストランバーカフェの禁煙の法律が制定された。スウェーデンカミたばこSNUS業界も、たばこに代わる新しいたばこと国外市場をねらっている。外国では、舌ガンの可能性といわれることなどの理由で、発売禁止となっているが、その実は誰もわからない。

スウェーデンの100パーセント建物内での禁煙を禁止しているレストランバーカフェあるいは職場は徹底している。吸いたいときはマイナス10度でも外にでて吸っている人たち。習慣になると社会に受け入れられる。フランスは過渡期にあるのだろう。ナタリーさんは、タイミングが悪いのだろうか。世界の経済危機とのダブルパンチ。


The number of bankruptcies filed by café-bars in the first six months of 2008 rose by 56 percent over the same period a year before, according to a study by Euler Hermes SFAC, a large credit insurance company. There are no reliable figures available for the latter part of this year, after an economic slowdown here was accelerated by the general financial crisis, a collapse in consumer confidence and the quick tightening of credit.

フランスでは、2008年前期6ヶ月のカフェバーの倒産件数は一昨年の同じ時期に比べて56パーセント増えている。クレジット保険会社SFACの調査統計によると、ユーラーエルメス氏の調査報告。今年の後半部の信頼できる統計はまだでていない。世界の金融危機の影響をうけ、フランスでも金融危機そして不安がたかまり、経済の後退が消費者の消費意欲や自信を失わせやクレジット現金など財布のひもをしめているという。

But the impression is that business is bad and getting worse, with individuals and companies cutting back on their discretionary spending and their entertainment budgets. And that is only compounding longer-term problems stemming from lifestyle changes and growing health concerns.

ビジネス悪化や後退により、個人や企業の消費用や娯楽などの予算が減っている印象がある。ライフスタイルの変化、健康に対する大きな関心などにより、短期の消費動向というよりは、長期的な傾向とみる。

"The cafe is the people's Parliament," Balzac said, but it is being less frequently visited these days, especially by the young. Not only are the French spending less, and drinking less, which cuts down on the intensity and quality of the debates. But on Jan. 1 of this year, after much huffing and puffing, France extended its smoking ban to bars, cafés and restaurants.

”カフェは人々の国会議事堂”バルザックが言った言葉。今日若い人の間でカフェ離れが少しずつおきている。(スウェーデンではまったく逆。次々とオープンするおすしレストランとカフェ)フランス人がカフェで過ごすことが少なくなったとか、コーヒーを以前みたいに外で飲まなくなったということだけではない。(おそらく安いマクドナルドなどで飲んでいるのでは?)
今年1月一日から、あーでもないこーでもないとけんけんがくがくのバーやカフェレストランの禁煙問題。カフェバー内での禁煙条例が施行された。

The smoking ban alone has cut his coffee and bar business by 20 percent, said Marco Mayeux, 42, the bartender of the café Relais, in the 18th Arrondissement of Paris. "A place like mine doesn't appeal to everyone, it's very working-stiff, there's a coffee-at-the-counter feel that isn't attractive anymore."

カフェやバーの禁煙問題だけでお客の20パーセント減少。マルコモワイヨー42歳。パリ18区のカフェルレのバーテインダー。”このカフェスタイルは全ての人にアピールするわけではないのです。カウンターでコーヒーはもはや魅力的なスタイルというわけではなくなってきた感じもします。”

Before, clients came in, had a coffee, a cigarette and another coffee. But now they go out to smoke and sometimes they don't come back, said numerous café owners. Gérard Renaud, 57, owner of the Restaurant de l'Église in Marsannay-la-Côte, said that business was down at least 30 percent. "Now people don't eat. They come in for a coffee or a little aperitif and that's it. We're used to being busy, but now we feel lazy, and it's depressing."

”以前は、お客さんがきて、一杯のコーヒーを飲んで。たばこを吸う。それからまたもう一杯のコーヒーを注文したものです。今はコーヒーをのんで、支払ってたばこを吸いに外へ。それから戻ってこないのです。”Marusannay-la Coteにあるレストランレグリーズのオーナー57歳ジェラルド ルノーは語る。ビジネスは30パーセントダウンしました。”今人々は、レストランで食べなくなりました。コーヒーを一杯飲むかアペリテイフを飲むだけ。昔は忙しかったのですが、今は暇で倦怠感すらあります。気分がおちこみますよ。”

ー記事をここまで読んで、フランスの歌手でジェーンバーキンと恋愛関係で娘をもうけたセルジュゲインスブールを思い出した。ヘビースモーカー。年齢を重ねるタビに美しくなる女性はカトリーヌドヌーブだが、年齢を重ねるたびに、男性の色気を増してくるフランス男の代表がSERGE GEINSBUR。

ヘビースモーカーの多いフランス。たばこをフランスのカフェやバーレストラン店内からしめだす新しい法律施行はWHOの念願。北欧のようにはやくから法律を施行した国と違って、国民や飲食店の抵抗があったのは、カフェやバーで芸術や文学や文化を飲みながら食べながらあるいは吸いながら論じた人たちの多いフランスの特殊事情があった。



"Sadly, it's the end of a way of life," said Daniel Perrey, 57, owner of the Café du Crucifix in Crimolois. "The culture's changing, and we feel it." People are drinking less, smoking less and spending less, and even those who drink are newly wary of the local police, who now hover near the bar, especially at night, to test the sobriety of drivers in an area where there is nowhere to walk.

Crimoloirsのカフェドクルシフィックのオーナー57歳ダニエルペレーが語る。”悲しいことに、ひとつのライフスタイルの終焉です。カルチャーが変ったのでしょう。それを肌で感じます。人々は以前よりお酒を外で飲まなくなり、たばこも吸わなくなり、お金も使わなくなりました。歩いて行けない交通機関の不便な場所にあるレストランやバーでは、とくに悲惨です。昔は比較的フランスは緩やかだったワインを飲んで運転するといったフランスワイン文化伝統も近頃では、取り締りが厳しくなって飲酒運転もなくなりつつあります。

レストラン近くに地元の警察がはりこんでアルコール飲酒運転のとりしまりを強化します。テストを課し、そうなると、もうレストランでワインを飲みながら食事をするということをしなくなったのです。車がなかったらどうやって、歩いて行くことができない所にわざわざワインなしの食事に行くでしょう。古きよき時代の終焉。フランスや植民地では食事時のワイン飲酒には以前警察も目くじらを立てない伝統は、こういう訳でかわりつつある。日本のようにタクシーを使わないのだろうか。

"Workers don't take taxis," Perrey said, stroking his lavish moustache and laughing. He gleefully showed photos of a small police car wrapped around a tree in his parking lot, saying: "They had to call the firemen to get them out!"

ふつうの労働者階級はタクシーに乗りません。ペレーはいう。口ひげをなでながら。小さな警察車がレストラン駐車場で木の周りにくくりつけられた写真を見せてくれた。”消防署の人たちを呼ばなければならなかったのですよ。

The café, he said, is a kind of public living room, especially in small towns and cities, and it is suffering as habits and laws change. "We need the café to have an equilibrium between the village and the world outside," Perrey said. "Without the café, you lose the conviviality. You lose your mates. Business agreements are made behind the zinc" of the bar.
カフェは、もともと公共のサロンみたいなものです。小さな町においてはね。習慣が新しい法律によって変えられてしまい、本当にいい迷惑です。”カフェは、村と外の世界の間の均衡を保つために、必要なのですが。おともだちをなくしたみたいなかんじです。ビジネス協定書は亜鉛の毒が後ろに隠されていた、その中で執り行われた。全くそんなかんじですよ。”
"We have to be very careful," Perrey continued. "If we standardize everything in France, and we study everything, and forbid everything, we destroy respect for our culture. We need to preserve the café bar. What is a village but a café, a school, a pharmacy, a bakery and a city hall?"

”気をつけなければなりません。”ペレーは続けた。”もし私たちがフランスにある全ての物をスタンダード化して、すべてのやり方を同じようにみなが学び、そのやりかたを許したら、フランス独自のカルチャーを破壊することになるでしょう。フランスにもともとあったフランススタイルのカフェやバー文化を守らなければならないのです。昔ながらのカフェがなくなったフランスの村は、学校や薬局やパン屋や町役所がない村とまったく同じですよ。”

以上インターナショナルヘラルドトリビューン新聞の今日のとっても気になるニュース。フランスカフェの危機を自分なりに言葉を補って訳してみた。危機は伝わってくる。物価高騰。個人カフェ経営者が経営難になって閉店してしまったバブル期以降の日本の都市部の町をみるといい。個人がヒマラヤ喫茶。カフェイタリー。カフェチロリ。カフェドパリといった自分の旅をした町をテーマにした喫茶店が日本全体にあって、日本の若者や村や町のひとは、カフェのオーナーが現地で習ってきた美味しいお菓子や飲み物で温かい時間を過ごした。

個人経営している美味しいレストランやカフェ。個性のある昔からのカフェのオーナーは、ひとつの時代が終わったと感じている。さてどうやってフランスの伝統カフェ文化は、この時代を乗り切っていくのだろう。パリからの最新ニュースから。
by Nyfiken | 2008-11-24 01:10