スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken

<   2009年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧

スイスはヨーロッパの中心。フランスまですぐというより囲まれているからお隣きんじょの感覚よ。行くときはノーチェック、でもスイスに戻ってくるときはパスポートをチェックされ、必ずパスポートは持っていくわ。とはユングフラウのドクター夫人。彼女はTGVで3時間ベルンからパリの中心まで乗り入れている電車で以前住んでいたパリへでかけるという。実は今回驚いたのは、ストックホルムからスイスのジュネーブに到着し、そのままパスポート審査もなく荷物をとってそのチェックもほとんどなくでたこと。EUの垣根のなさ。


旅は、気分をかえるのには即効薬。飛行機に乗る前のチェックインのときのちょっとしたどきどき感や、出発前のバッグひとつをもって空港でまつ少しの時間も悪くはない。

スイスの山。アルプスの高い山と湖。あれほど美しい自然があったらやはりヨーデルや牛さんのベルの音が気持ちよく響く空気の透明感。あのアルプスのハイジは、日本発のアルプスアニメはフランスやヨーロッパでも子供たちに愛されているようだ。スイスの山の道をアルプスのハイジのように歩く世界の旅行者たち。アラビア、オランダ語、ドイツ語、イタリア、フランス語などいろいろな国のテレビで放映されている。







ジュネーブのタルトタタン。アップサイドダウンフランス風アップルケーキ。



旧市街の中の教会ST.PERTER'Sのまわりをぐるりと歩く。小高い丘。ホテルのフロントのスイス人女性が”わたしは、お休みの日にでかけるところは、ジュネーブなら旧市街だわ。”ショッピングのモールやブテイック、スウェーデンのH&Mあるいは、話題のJIMMY CHOのグリーンの素敵な靴がショーウインドウに飾られている。大きなバスや市電どおりから一歩はいり、坂を上る。両側にアンテイックやできたばかりのデザインカード屋さん。インテリアの雑貨や小物。坂を上りきった左の広場。そして教会。教会の裏側にあるとおりには、ギャラリー。また小さな広場。雰囲気のあるカフェ。外にたくさんのカフェのイス。タルトタタンのアップルケーキ。少し時間がかかりますが。とかわいいカフェの女性。

スイスに来たと感じるのはカフェは、席まで注文をとりに、テーブルまでカップチーノやタルトタタンを持ってきてくれる。そう。ここは、セルフサービスのスウェーデンとは違うわ。と感じる瞬間。カップチーノがたっぷりとはいる大き目のカップ。チョコレートカカオパウダーがおいしく感じられる。アップルケーキのたるとタタンの焼き色のよさ、甘さ。おいしい。

カソリックからプロテスタントに代わった宗教革命。カルバンとは確かに以前教科書で習った。カルバンの活躍した教会。カソリック的なものはとりはずされ、プロテスタント的なものに代えられたという。僧の木のイス。壁に宗教革命についての記述。ステンドグラスは、ブルーが美しかった。


catholic 大聖堂でおこなわれた知人の葬儀の様子を日本のインターネットでみたときは、3年前。カソリック教会は中央駅のすぐそば。夜その前を通り、携帯電話写真に写す。。交通の往来の多いところにあるにぎやかな場所にある。

f0157298_9211268.jpg

空港のお花やさんで、手に入れた大きなピンクのバラを、聖堂にささげた。

祈ることの大切さ。案外日常忘れがちである。宗教の種類はなにであっても、祈る行為は、精神的にいいことなのではとふとジュネーブの大聖堂で思った。毎日日常に祈っている人は別。

昔のひとたちが、神仏に手をあわせ、欧米では、150年前のバイブルがぼろぼろになって、読み込まれているのをみるにつれ、ふと思う。人々は自分ひとりでは抱えきれない問題や悩みをかかえル場合は、心の中で祈ったり、心の中での対話や会話によって救われるかもしれない。大聖堂の中で、木のベンチに腰をかけているときに思う。心の静けさと瞑想をもっと日常にとりいれるのも、いい。心の静寂。情報をたくさんいれすぎて、頭でっかちになり、吐き出すことをせずにいると、どんどん入れるキャパシテイー場所がなくなっている。

ジュネーブタルトタタンとカップチーノ。ストックホルムに戻ってきたあともタルトタタンを食べたくなる。簡単にここのケーキ屋さんでみかけないもの。スウェーデンはヨーロッパであるが、自国のお菓子にこだわる。フランス菓子一辺倒ではないしドイツやオーストリアのウイーンとも違う。スウェーデン風アップルケーキはあるのに。これもやっぱりないものねだり。日本人は食いしん坊だから、最近はフランス風タルトタタンはちゃんとケーキ屋さんに並んでいるのよ。とはスウェーデン人が知る由もない。だれも、こんなこと気にもしない。日本にあるのよといったら、スウェーデン人にまた日本自慢といわれそうだ。はじめてのタルトタタンは、どこだったのだろう。カフェマルゴが渋谷の東急本店近くのシネマBUNKAMURA近くにできたころ。アートの洋書がある書店横に。タルトタタンをいただいておいしい記憶はずいぶん昔のこととなる。さて、ストックホルムのタルトタタンはどこに?
by nyfiken | 2009-04-30 05:14


スイスの牛は、のんびりとアルプスの山で草を食べていた。ミルクもおいしいはず。だからスイスミルクチョコレートというのは、必然的な食べ物。スイスでは、泊まったホテルの枕の上に丸いリンツのチョコレートが置いてあった。ご夫婦そろってとても雰囲気お人柄のいいユングフラウのドクターと奥様と一緒にホテルのレストランで同席食事をし、楽しい時間をすごした。ユングフラウのおいしいチョコレートをお土産にいただく。夜最終の登山列車が11時。GIESSBACHのホテルから車でお帰りになる。そして駅に車をおいて、登山列車で帰宅ということだった。今度はユングフラウに是非行きたいもの。

スイスの注目したいアーテイスト。日本の漫画にも一部インスピレーションを受けている。彼女は、スイスのチョコレートと同様。芸術は攻撃ではなく、セダクション(誘惑的)という。ダニエルボエッテイの言葉。芸術は、スイスチョコレートみたいに誘惑的であるべきとはNyfiken的翻訳言葉。芸術は爆発ということばもあるが、SEDUCTION誘惑に、目からうろこ。
Swiss artist Franziska Furter creates filigree drawings and sculptures that have something both beautiful and unsettling. She borrows images from nature, manga comics, films and found objects, often placed out of their original context. (swissinfo, Raffaella Rossello)





スイスで教育を受けたセルビア人芸術家アーテイスト。今はベルリン在住。注目したい。
Sladjan Nedeljkovic was born in Serbia, but in the 1980s he came to Switzerland with his family, where he completed his studies and became a multimedia artist. Now living in Berlin, where he researches the use of image in media, he has learnt to adapt to different cultures. (swissinfo, Raffaella Rossello)



by nyfiken | 2009-04-28 09:51

Grandhotel Giessbach, Switherland

I stay at Grandhotel Giessbach, Switherland. Grandhotel Giessbach is my favorite hotel since the hotel is just next to the beautiful nature, waterfall, trees, lake and mountain. I fall in love with Switherland. This place is the place where I want to come back again. It is worthy for visiting if you love nature, tranquilty and beauty. Personally I love taking a walk in nature.



I am writing this blog from the hotel room where I stay . Luckily I can use wireless since the room locates just on the top of lobby area.
HEre the nature is just around us and just as we imagine how Switherland postcard should be.
f0157298_6475121.jpg

From the room I can see giessbach waterfall. In my life this is the first hotel that from the room i could see water fall directly. I just sit on the floor and see and hear the sound of waterfall. The history of this hotel is very interesting since this historical hotel was saved by one person who opposed to the rebuidling new huge hotel 1979. Preserving old victorian style hotel was remained and because of that only From April till late autumn peoples can stay there. I recommend anybody who want to visit Switherland. Just go to this hotel during spring time since waterfall has plenty of water. And the room is very important which side. I personally love the side of water fall. The room where I stay now.



Last 13 years I could not come back to Geneva even I have travelled to another countries like China, Madagascar, Tanzania, NOrway, Finalnd, Dennark, France, England, Portugul, Indonesia, Baltic countries,Russia and more..

I have lived in Europe for enough period of time, but strange enough I have been lazy for travelling in Europe comparing to my very young time.I can not think but my being stugnation in the northen part of Europe. There are so many places to go and visit and there are so many places that I have not been and have not known.

I do not want to be the person who only knows everything from reading or hearing. Real own experiences can make us feel better sometimes it could be bitter and risky.

Last many years I have forgotten my original sense "Try to see more." Somehow I had been busy for adapting so called swedish way of life that can requre for all immigrants so called invandrare. I have been brain washed by "Invandrare education " More immigrants speaks Swedish and better swedish if they speak, the life in Sweden would be easier. This is quite big dillenma for me. My past path to English, French and even chinese and indonesian language seems to be less priority in Swedish life. No need to speak French, Chinese (only at chinese restaurant when I order mabotaufu and fried banana with icecream ), indonesian with one lady from Bali in the sunday market. Thai at chinese market supermarket at Hotriget. French ..No place to speak my french friend left Sweden to England.

So Svenglish gradually have occupied my life. That is not international. Well.What I can say more. Equality. Man and woman are same , it has to be. Woman should earn money as much as man make. THen love existe in Sweden. IT is not really easy for asian woman but look at many Thai women, THey are most survival asian woman in Sweden. I am turtle. I feel I am tutle in that case I need 1000 years life, other wise I can not achieve what I really want to do .

Anyway I stay at Grandhotel Giessbach , Switherland. Looking at falls from the room and switherland service mind is so exellent. I might fall in love with this beautiful country especially Giessbach.
f0157298_6492344.jpg

Yesterday I was walking near water fall and sometimes I saw a few mountain biker, or walker. Birds were singing and cherry blossome flowers bloom so nicely and petal of flowers were falling down so slowly from the top of the tree( tall tree. Mountain sakura)quiet.sounds of river and water fall. I saw a quite switherland style of house made by wood and all farming tools were decorated just outside of house wall. Then a little cute girl was starring at me. Father and grandfather and probably another young boy were working outside of house. I kept on walking after that house, then saw one oriental asian young lady with her husband and a baby wagon. I did not say any. after 10 minutes walk, I returned the same way.

Then I heard a little girl cried in front of that house, suddenly I heard Japanese "Itai itai no tondeke." So she is Japanese.

Anyway the world is small.

So now I have to check out from the room.
Love from switherland.
f0157298_6465838.jpg
f0157298_6582028.jpg


PS. I came back to Sweden, Still the mountain with lake plus water fall ( a bit like Japan) is like a dream. In Geneva I walked around old town and visited St.Peter Cathedral. I like the slope road from the corner where H&M locates. Especially there are some interesting antique shops.

Grandhotel Giessbach hotel's ball nights seem to be nice and warm. There seems to existe nice cozy comfortable adults' world that I am fond of that kind of relaxed atmosphere.


by nyfiken | 2009-04-23 17:38

スイス Giessebach より

スイスのジュネーブから電車で3時間。BERNの街その山のほうにあるホテルGIESSEBACHグランドホテルに来ている。部屋の前に滝が流れその勢いのよい流れを見ている。湖Lake Brienzのほとり。お部屋はいろいろなタイプがあるが、私の好みは滝が見える方。

色々旅をしてきたが、自然をみているだけで充分と言うホテル。このスイスのオアシスは、新婚旅行、独身旅行。ストレスがたまってどこかへ行きたい人たちすべてにおすすめ。自然がたくさんあって、散歩をする山歩きなど、シンプルな旅の形が好きな人におすすめ。命の洗濯になる場所。スイスが美しい国だというのが本当に実感できる場所。自然を守ろうとしてきた人の努力があってこそ。エコ時代にツーリズムにとって何が大切なのかを教えてくれる場所。素直にスイスを見直した旅。お食事もおいしい。スイスのワインも。素朴な民家も近くにある。なつかしい感じがするのはどうしてだろう。

ホテルの情報はwww.giessbach.ch
Grandhotel Giessbach CH-3855 Brienz
Tel.41(0)339522525
by nyfiken | 2009-04-23 00:24

Bossa Nova cafe

Relax sunday.afternoon Spring has just arrived in Stockholm

Pink sakura flowers start blooming.

Sun shines, brights lights coming through the window. Gardening seasonsWhat will you saw in your garden of life?

Japanese Sotte Bosse's CD. Sakura cherry blossoms' blooming season, this Mattari songs are very suitable. Personally I obtained this CD 3 years ago when I was in tokyo at an station boutique.


I like Shimauta from sotte bosse and Kiss as best of all. When spring comes I feel like listening to these mattari songs.



Kiss

And this famous song by famous jazz singer. She has a sort of mood , differs from anyone else. i still can not figure out what it is even if I listened to her songs from CD probably more than 100 times.



A Japanese version of Bossa Nova soft and catchy lovely song.

In fact many years ago when I visited Portugul Lisboa(Lisbon)I bought one brazilian CD. I love all the songs especially one song. Unfortunately I left that CD in the south pacific , then I still can not remember what is the title of the song that I trully felt so good with.

Somehow this make me feel drinking coffee-real good tasty best coffee.


by nyfiken | 2009-04-19 19:43
Welcome to Stockholm & Scandinavia's only Urban radio station!

スウェーデンのラジオFM90.5.土曜の夜10時すぎ。週末の夜らしくハウスミュージック。ロンドンのクラブ音楽最新音楽など。9時過ぎからSTREAM musicなどなど。なかなかいい。驚き。現在はストックホルム時間夜10時35分。ラジオFM90.5を聞いている。
Listen to MRS 24 hour/day streaming RnB Jamz & Soul Classics
For optimal listening pleasure listen with Winamp and mp3Pro

Live mp3Pro stereo
Live mp3 High Quality stereo
Live365

Download Winamp
Download mp3Pro plugin
More information about mp3Pro

"In the 21st century, everybody takes for granted the word "urban" as a kind of
code for "black", not just as in skin color, but as in sensibility."


MRS - music radio service - is Stockholm's and Sweden's only independent, volunteer-based and excellent, urban contemporary radio service.

We are serving the Stockholm community and the suburbs with the best in RnB Jamz, Soul Classics, Old Skool,
Rap, Hip-Hop, Reggae and Soulful House & Garage.
MRS started broadcasting in October 1980.

f0157298_5411884.jpg
f0157298_5312643.gif

Listen to Stomp 24 hour/day on Internet! STOMP - non stop Soulful House and Garage at saturdays 19.00-24.00.
STOMP - mixed by DJ Håkan "Trouble" Andersson.
STOMP - broadcasted at MRS 90.5 FM in Stockholm.
STOMP - broadcasting 24 hour/day worldwide on Internet.
STOMP - Sweden & Europe's only non-stop house music mixshow.
STOMP - only House music, without any interruption or commercial breaks.

DJ Håkan "Trouble" Andersson in the mix!
STOMP STOCKHOLM
たどりつくのは、www.mrs.seからはいっていき、左にたくさんの項目がでてくる。たとえばスウェーデンのFMラジオもしかり。上からみていくと、STOMPがある。ファンキーでソウルフル。のりがいい。気が詰まっているときはストリーム系の音楽をきくといい。ハウスミュージックは、NYFIKENの中では、かなりお好みのジャンル。ストックホルムの夜の雰囲気を日本で感じてみて。パーテイにかけても。インターネット時代の恩恵は、計り知れないが、たとえばアフリカの島や南極でもストックホルムのハウスDJのラジオを聴きながらアブソリュートウオッカで乾杯ができる。南十字星を見ながら、ストックホルムのおにいさまが作り出したサウンドを車の中で同時に聞きながら運転ができる。山の手線でも東横線でもインターネットにアクセスできたら、ストックホルムのインターネットラジオに簡単にアクセスできる時代。なんという時代の到来なのだろう。

This is Nyfiken's favorite station.
スウェーデンからクールなハウスミュージックなど。スウェーデン、ストックホルム発。最新のものがきける。DJのセンスがいい。スウェーデン人のアンテナの高さは職人技。
by nyfiken | 2009-04-19 05:31
スウェーデン在住のみなさまへ。ローカルニュース。

明日4月18日土曜日。ストックホルム市内。クングスゴーデン(NKデパート前)の桜並木のある公園で日本人会、東アジア博物館、エスノミューゼアム協賛のジョイント桜祭りが開催される。出店もでる。時間は午後一時より。花より団子。日本人団子作りの専門家によるおいしい手作り草団子(おいしい!)販売もされる。

f0157298_21214319.jpg


テントで日本の草もちだんご。どら焼き、日本人ベーカリーのパン。(桜あんぱん)おにぎりなどの販売あり。日本大使ご挨拶。太鼓。弓道。書道パフォーマンス。毎年恒例のスウェーデン音楽家たちによるオペラ蝶々夫人。着物ショー。日本人桜コーラスによる歌。日本の狂言。おりがみ大家による折り紙実演。スパやすらぎの展示。ジャパンデイになりそうだ。
お花見には、普通花見酒。残念ながらお酒の宴会は公園では許されていない。お花見酒をどうしてもいただきたい人は、ミニミニペットボトル紙コップ持参のこと。日本のように大きな日本酒を立てて桜の木下で。というわけにはいかないようだ。

今年は、劇団民芸の女優である小巻さんが、新しいストックホルム日本人会会長として、桜祭りイベントに力をいれている。本人による日本伝統芸能パフォーマンスもある。桜は、少し咲きはじめ。大福は一個10クローネ。どら焼きは15クローネ。限定販売100個まで。売り切れの場合はご了承くださいとのこと。早いもの勝ち。日本人で余力のある人は、お着物でどうぞ。とのこと。ストックホルム日本人会では、夏のストックホルム盆踊り大会も計画中。

桜は咲き始め。ちょっと風が冷たいので、夕方以降の予備一枚しのばせて、おでかけください。春爛漫、ストックホルムにもようやく春の香りが漂いはじめた。開花とともにわれわれ日本人の脳も春を感じる。
13.00 Taiko-kai, japanska trummor 太鼓会
13.20 Programchef Sam Carlquist tal 大会会長ご挨拶

13.25 Tal av Japans ambassadarr, Akira Nakajima日本大使ご挨拶
13.30 Kyogen-komai, Yuu Komaki visar japansk dans狂言
13.35 Ken-do: Swedish National Team of Kendo 剣道
13.50 Kimonouppvisning着物ショー
14.15 Sakurakorren 桜コーラス
14.35 Syo-do, Hiroko Kimura visar kalligrafi 書道パフォーマンス
14.50 Operasjung med Anette Stridh och Ulrika Precht Piano: Ann-Sofi Klingbergオペラ蝶々夫人
15.10 Origami, Norio Torimoto 折り紙パフォーマンス
15.25 Lilla Akademiens musikskola スウェーデン音楽スクール学生による演奏。
15.45 Kyu-do 
f0157298_2113488.jpg

by nyfiken | 2009-04-17 20:49

コーヒーと眠り。

横になるとすぐに寝てしまうほうだが、午後4時過ぎにコーヒーをいっぱいでも飲んだら、寝つきが悪くなる。気のせいかもしれないと思っても、必ず寝返りを打つことになる。

コーヒーは、一日に一杯。食後のコーヒー派、午後の紅茶の時間にコーヒーが無性に飲みたくなる。カフェ文化花盛りのスウェーデン。カフェのコーヒーの味。

ある夜、コーヒーを午後遅くのみ、寝つきが悪くなった。仕方がないので、イヤホンでラジオ音楽を聴くことにした。この曲が夜2時過ぎに流れてきた。英語詩が心にしみる。わたしは、音楽おたくではないし、音楽はよく聴くほうだが、極端なおたくCDコレクターではない。音楽コレクターおたくというなら、青春をささげた古いソウルレコードコレクターの妹。スウェーデン在住の20代前半ポーランド人。誕生日に招かれたとき、アパートの棚上から下まで部屋中がレッドツエッペリンやロックレコードCDなど彼女の同居人ボーイフレンドの往年コレクションに圧倒された。ロシアで発売された最初のレッドツエッペリンのLPはポーランド人自慢の品。

少し年配のロックなんて聴きそうもないおばさんが、”わたしの青春はポーランドワルシャワでレッドツエッペリンだったわ。”人のいい地味な50半ばすぎのおばさんが目を輝かせた。ストックホルム郊外のアパート。太った猫が止まり木の高台の上にくるりと。ポーランド伝統タルトケーキをおいしくいただきながら、日本アニメ大好きな20になったばっかりの彼女の誕生日は不思議な組み合わせで過ぎていった。金色細い鎖が首周り胸元できらきらしているスウェーデン人の彼女の同居人。少し太っちょで人のいいポーランド人の知人。20くらいの写真の美しいこと。なぜかバッグにしのばせていて、みせてくれた。もちろん娘は20くらいでやはり美しい。不思議な静かな午後の知人の誕生日を過ごした。ホームメードポーランドスタイル生クリームフルーツケーキとコーヒー。紅茶。サラダ。チーズ。パン。

物静かで優しいポーランド人友人たちがアジア人たちみたいに、案外気が合うのは、どうしてだろうと不思議に思う。それは、ポーランドの人に多い、相手の気持ちを察したり、親切だったり、心が案外細やかなところがあるせいなのかもしれない。

眠れない夜、コーヒー一杯が何回もの寝返りとなったときに、流れてきた曲にはっと。好きな曲。そのあと、知らない間に眠ってしまう。夜は深い。ラジオステーションから音楽が流れてくる。ストックホルムの夜ラジオで、流れ、聞くたびにじーんと心が憂う。メランコリーではない。心がもまれるような感じなのである。心のマッサージ曲。といったらいいのだろうか。Vanessa Williams save the best for last


本人の成功への道。ほかのひとより、あるいはできるよりもう少しすること。



I loev this movie that V.Williams plays a cool role.

The Devil Wears Prada - Ugly Betty Style



To become the perfect assistant, Andy will need to make herself over in Miranda's image. Soon, much to her boyfriend's (Adrian Grenier) dismay, she can talk the talk, walk the walk (in flawless Manolo's) and never again confuse Dolce with Gabbana. But the more of life she sees through Miranda's eyes, the more she begins to grasp that Miranda's world is a fabulous but lonely one -- and that sometimes great success depends on great sacrifice...but at what cost?
by nyfiken | 2009-04-17 10:39
アフリカかつてのフランス植民地アイヴォリーコーストは音楽的に面白い。特に気になる歌手。
フランスに移民としてわたる多くのフランス植民地のアフリカ人。アフリカから地中海を飛び越えてヨーロッパ大陸へ渡る海は遠い。エジプトのサハラ砂漠の上空を飛びアフリカ大陸から美しい青い海を越え地中海をすぎるとイタリア半島にさしかかる。

現在ではコートジボワール。正式名称は、République de Côte d'Ivoire(レピュブリック・ドゥ・コート・ディヴワール)。通称、Côte d'Ivoire(フランス語の発音は [ko:t-divwa:r]、「象牙の海岸」という意味)。

公式の英語表記は、Republic of Cote d'Ivoire(リパブリック・オブ・コート・ディヴワール)。通称、Cote d'Ivoire、以前は Ivory Coast と呼ばれた。

独立後経済は順調に推移し、「西アフリカの優等生」といわれ、比較的高い経済水準を維持。1人当たり国民総所得も他のアフリカ諸国と比べて高い。主要産業はカカオ(世界一の輸出国)、コーヒー、イモ類、天然ゴムの生産を中心とする農業。他に鉱業(石油、ダイヤモンド)、林業、工業(食品加工、石油製品)も盛ん。カカオ、石油製品、材木の輸出が好調なことにより貿易は毎年約10億ドルの黒字を記録しているが、膨大な対外債務を抱え財政を圧迫。
独立は1960年。近年の政治的混乱クーデターなど。音楽はアメリカやフランスの外来音楽の消化にせっせと努めたために、その国独自の音楽というよりは、カリブ海などアメリカ外国音楽の影響をうけたポップスなどが多い。

クラスメートにコートジボワール出身の女の子がいたが、とてもおしゃれて、いつも決まっていた。ななめにべレボーをかぶったり、ゆれるイヤリングなど。

簡単にパスポートがもらえない人たち。リーガルな方法で出国できるのは、政府関係やお金持ち。またコネがあるひとなど。発展途上国の貧しい普通の人たちは、偽装結婚あるいは親戚のつて、あるいはブラックマネーで国をでる。スウェーデンにもたくさんアフリカ人は移民として入っているがたくましい。フランスの植民地のひとたちは、イリーガル不法にフランスへもぐりこむが、パスポートがないための大変さ。パリの都は物乞いの街となる。異国で誰一人知り合いがなく、暮らすのは大変なこと。Meiway - Je Suis Sans Papier
メイウェイーわたしにはパスポートがない。不法移民に扮して歌っている。フランスの街角。うーん。考えさせられる。


同じメイウェイ。アフリカ人アイボリーコースト。ズーク音楽。なんとも才能あふれるエネルギッシュな人のようだ。Meiway - K K Mou Prudencia (Feat. Koffi Olomidé)



by nyfiken | 2009-04-16 19:58
Rwanda - Somi - Ingele
African music. I remember the movie hotel rwanda and terrible recent tragedy in Rwanda.
国際人権A規約の「中・高等教育の無償化」の条項を留保しているのは、 ルワンダとマダガスカル、日本の3ヶ国のみである。ルワンダの植民地の混沌支配から虐殺と歴史は大国に翻弄させられた。地下鉱物資源をめぐるベルギーなどのヨーロッパの国の支配下に。今のヨーロッパの繁栄はアフリカの植民地支配による富の搾取といったら言い過ぎだろうか。駅の構内でごみを拾う仕事をしているアフリカ人と構内で物乞いをしているスウェーデン人のおにいさんを見比べてみる。歴史。斜陽は、おごる国に必ず訪れる過去の歴史。
それにしてもルワンダのこの歌手のムードのあること。


The bleeze from African continental. Peoples are poorer than that in Europe, but there they have something that we are missing. Fruits and sweet potatoes had a real taste of the earth. Market was real market. Most vegetables and fruits are rotten so easily since they do not put much chemical on it in the local market. Fish from the sea has to be eaten today.
Malian Singer Mah Soumano produced by Paul Chandler


Personally I like Ivory coast music. Very typical francophone music that I was familiar with since I stayed in french colonial country in the pacific. I love it! All the political conflicts does not seem to influence the music. French colonial influence in Africa is strong as it is seen in music world. No matter how colonized peoples have been suffered from poverty and stolen their wealth to make Europe richer than any other world last 200 years on the name of colonization. THIS SINGER MEIWAY IS VERY TALENTED IVORIAN . I am amazed by his special talent. This song's poem in french is quite interesting to listen to carefully. We can feel how Ivorian feel the present situation. This is real VOICE of Africa. The message reach us to Japanese in Sweden to my antenna at my home in the living room where i use computer.
Ivory Coast - Meiway - La Sentence




Big country get all the benefits and small country is still poor. Fair trade existes since there are no fair trade. Industrial revolutionists like Nestle, Hersy and kerogg etcs Machine maker have dominated big food market for keeping Raw material for such a long time. Now it can be just a vitamine piles.

Ivory Coast - Ncm - Zigbo


AFRICAN BEAT -Tanzania - Swahili Bongo Flava - Saida Karoli (Ntua Mayenje)


Tanzania-I visited last year during summer for couples of week. I like their creativity. Nature, man, woman, family , kids, dream and reality. Humanbeing history.changing the world. past and future.
I do not know why but I am inspired by this. This is Opposite from american made promotiono video. very african that is why unique, not copy from others. I mean originality that I trully love in my life.
Nikifikiria - by Zevansi

Mbilia Bel is Congo's DIVA. She loves beauty and luxuary in her way. My classsmate from Congo, she was one of my good friends and also loved the beautiful clothes and hair.
CONGO (FRENCH)Congo - Mbilia Bel - Amour au Secour

Congo - Mbilia Bel - Dilemme



French coloniy, the dress of women are quite fasionable and they always have good french bread.

In France ,French colony in Africa & South pacific, new caledonie, Vanuatu, Tahiti, everybody knows this song for dancing including me. When this music on, Australian&New zealander go back to seatS, instead french and francophone boys and girls come to the floor to danse. Every francophone dances with this song! J'adore ca! Typical french disco music influenced by African french colonial music. Zouk.zouk machine - maldon


This is very popular in africa, south pacific &french colony. zouk from africa. Last two songs are very familiar to me.
KASSAV - OH, MADIANA


LET'S LEARN HOW TO DANSE ZOUK! Zouk is nice to learn and to watch. In Madagascal I was invited by french doctor's party. How nicely malagacy peoples and french danced Zouk !

Above ALL previous french colony Ivory coast music and ivorian dancing is my favorite. unique and artistic. I love something different and unique charm.


by nyfiken | 2009-04-16 14:09