スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken

<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

週末 WEEKEND

週末金曜日。町では、推理サスペンス作家ステイグ ラーション映画のプレミアム。人気の映画とういことだが、巷の噂では、本を読んでいくのがもっとわかりやすいとのこと。
(おまけステイグラーションもしくは、英語読みだとラーソンの有名なシリーズについて。英語で欧米で解説されているのは、またネット上にこのような特別なサイトがあり。ネット上で作家のシリーズ本についてのオープンに討論したり書いたりする特別のサイトもできているので紹介したい。世界中にファンが増えているが、スウェーデンでももちろん評判であるが、英訳されているイギリスやヨーロッパ各地、また邦訳もでた日本でもファンが増えている。
f0157298_8562447.jpg


The Millennium-trilogy consist of "The Girl With The Dragon Tattoo", "The Girl Who Played With Fire", and "The Girl Who Kicked the Hornets' Nest" (UK release the 1st of October 2009, US release the 31st of October 2009).

A well prepared debutant
Stieg Larsson began thinking about writing detective novels back in the early 90's, according to co-worker Anna-Lena Lodenius in an interview with the Swedish newspaper Veckans Affärer. He had always been interested in particularly Anglo-Saxon literature and knew the works of Elizabeth George, Minette Walters and Sara Paretsky very well. He knew what ingredients a good detective story should have, and he even reluctantly decided to spice it up with a bit of sex as it would probably please his readers.

A regrettable refusal
As for his work as a journalist, his preparations for the series were thorough. Before he started writing, he had made a detailed synopsis for ten books. He started writing in 1997, and it was not until he had finished the first two books and had the third one under way that he contacted a publisher in the summer of 2003. His first contact was with publisher Piratförlaget, which refused his script twice, perhaps the biggest mistake in Swedish publishing history. Instead, it was the publisher Nordstedts which got the opportunity to sign him in late 2003. With them, Stieg Larsson signed a contract of three books, an exceptional opportunity for an unpublished writer. The publishing rights were also bought by German and Norwegian publisher before it was even published in Sweden. During 2004 Stieg Larsson made minor adjustments to his two finished books and finished the third. When he died in November 2004, it was only a few months before the first book of the Millennium-series was released to the Swedish audience and became an immediate success.

Pippi Longstocking as a source of inspiration
Kenneth Ahlborn, a former colleague of Stieg's at TT, says in an interview with Veckans Affärer that Stieg got the idea for the character Lisbeth Salander after a discussion during a break from work. They were talking about how different characters from children's books would manage and behave if they were alive and grown up. Stieg especially liked the idea about a grown up Pippi Longstocking, a dysfunctional girl, probably with attention deficit disorder who would have had a hard time finding a regular place in the "normal society", and he used part those characteristics when he created lisbeth Salander.




I was looking for a Book on CD to listen to in the car, read the blurb for Girl with the Dragon Tattoo and picked it up. I loved it. I ordered the CD's for Girl who played with Fire from Amazon and am listening to it now. (When I can sit and read I read either books I can't get on CD, such as classic novels, or books too difficult to grasp by listening, such as theology.) I have had trouble leaving the car and going into work, and have been running the car in the driveway at home in order to keep the CD playing. I have a question related specifically to the CD performance. The reader uses a number of different British accents for the different characters. I know that as well as being regional, there are class issues with accents in Great Britain. Is he just distinguishing the characters, or is he doing this to convey something about the characters which is conveyed in the original Swedish?

I hope the third book is available unabridged on CD.

I also would like to see the original Swedish movie of the first book, with subtitles. Is it going to be out in the US in its original form? Is it on DVD? I would really resent a Hollywood version.

What a shame he died. If he smoked as much as his characters do, and lived on frozen pizza and coke as Lisbeth Salander does, it isn't surprising, though.

- Susan F. Peterson, 27 November 2009




I just finished reading the 3rd book,and I have to say that this is probably one of the best series I´ve read. Lisbeth Salander is awesome!!

and is there really an unfinished 4th book?

- Beatriz Barrett - Brazil, 26 November 2009


I have just completed reading The Girl Who Played With Fire. I am going insane waiting for The Girl Who Kicked The Hornet's Nest which is due to be released in the States in May 2010. I do not know how I will last for another six months!!! I picked up these books as we have a summer home in Denmark and I needed something to read on the beach. My sister-in-law recommended them to me (she is a nurse at a prison in Denmark) and said that some of the inmates recommended them, and she had read them herself. I simply could not put them down. I read the first book in two nights. The second book - I read on the plane coming home to Chicago. It is truly a sad fate that Stieg is gone. I would have liked to have seen what else he would have graced us with in a literary sense. He is a fantastic writer and truly knows how to captivate his audience. He is absolutely one of the very best writers by far that we have seen in a long time. Move over Patricia Cornwall, Dan Brown and the like. Stieg Larsson is in a class by himself!!

- Karen Sorensen, 26 November 2009

Thanks Stieg where ever you are!!!!!

- Luisa Melo, 25 November 2009

love this books, are really great and I hope that larsson´s widow can publish the four. Lisbeth is now my new heroe!

- Monica, 24 November 2009


I found the first book this past summer in an English section of a bookstore in Germany. My wife found the second one for me and read it while waiting for me to come back from the states and then both of us waited impatiently for the third book to come out. We found a copy at the book fair in Frankfurt on a day no one could sell books...the nice people who had the book "gave" us a copy for a donation. All three are on my must read list!

- Stan Smith, 23 November 2009

Has anyone been chosen to complete the other books/

- , 21 November 2009

I hope not . I cant imagine they would be the same.

- lionel, 21 November 2009


We are just learning about the trilogy in Canada. After finishing the second book, I couldn't wait to read the third. My source, Amazon.uk. It arrived by mail in about 10 days. Cost is a little less than I paid at Chapters ( Canadian book store ) for a hard copy of the second book. I hope Stieg's "widow" will continue and write more about Mikael and Lisbeth. Compelling characters, GREAT story.

- Joan, 20 November 2009

I wonder if these books will ever be made into a movie? I usually think they are best left as novels, as often the movies fail to impress by comparison (eg Davinci Code)...however, if it were to be made a movie...Im thinking Hillary Swany would be the ideal Lisbeth....or is that just in my imagination???

- Gordon, 20 November 2009

この手の考えはいつもどこの国でもある。映画がいいのか原作がいいのか。自分自身では、活字とそれを原作で映画にしたものを比較するというのが、あまり意味があると思えない。それぞれにそれぞれの特徴がある。映画は映画でその持ち味を楽しみ活字は活字で想像力をはたらかせ、文脈の裏を読むといった楽しみなどがある。


These stories are insanely great. I am on the third and have listened to them as audio files rather than reading them, but I'm sure they're terrific either way.

Stieg makes the most matter of fact procedural chapters seem riveting and the characters, good and bad, are interesting,which is vital to a story worth spending time with.

- Richard, 18 November 2009
Great! Great books! Thanx Stieg evrywhere you're!

I read on wikipedia of others two books of ten contemplate of Stieg's Project. I hope to read soon others stories about Lisbeth!

- Fabio (Italy), 17 November 2009

Superb books, I couldn't put them down.

Fast paced and exciting: I was thrilled after reading 'The Girl with the Dragan Tattoo' to discover there were two more cracking novels to enjoy. Lisbeth Salander rocks!

- Claire Parsons, Essex UK, 16 November 2009


After a boring meeting in Hyderabad, South India, I was returning to home-town Bangalore. I had already read the review of the Millennium Series in the The Economist of the previous week. Waiting lazily at the airport, I was drawn to the tiny book stall of Landmark in the waiting area... Two of the series books were exhibited. Did not have the courage to buy both as I am not a great fan of thrillers. So bought only the first...

But in three or four days of reading, I have finished one third of the book. It was particularly interesting for me personally because of the experience in working for corporate accountability. The cold northern parts of Sweden becomes a character in the story...

Why did Stieg have to die so young?

- Gopinath Parakuni, 16 November 2009


Pippi Longstocking as an inspiration for L. Salander character? Well, I love both, but I don´t find much in common, apart that they both have extraordinary skills. Adult Pipi, for me, would be a friendly and easy-going person, sure that this world is a safe place. She manages without violence, she has a gardian angel and a strong father, she has friends. L.S. has autistic features and a punk attitude - gets a lots of suffering. Remember, she first time smiled after 300 pages, Pipi is beaming all the time!

- Katarina, 15 November 2009

I've just discovered Stieg's books. I'm working through the first & have the second waiting. I'm enjoying 'Girl with the Dragon Tattoo' very much & deliberately taking it slowly because I know I only have two more to savour. It can't be long before the films or TV series can it?

- bluejazzbuddha, 14 November 2009

Two movies have already been made an they are making the third. they are in swedish but can be seen with subtitles. have heard that hollywood are looking to buy the rights for the script aswell

- Nathalfi, 15 November 2009

Where can I order the DVD's of the movies, with English sub titles? I have finished all three books, and would love to see the films.

- Joan, 24 November 2009


It was great reading. I finished reading the three books in 20 days! I had so much fun and now I am feeling... a bit empty.

- Ruben, 13 November 2009


I discovered this series by accident. I read the second book first, when I finished ran from bookstore to bookstore looking for the first book. I then had to re-read the second book.

When I found out the 3rd book was released, I was at the local bookstore before it opened and bought the hardback right out of the window display. I NEVER buy hardbacks!

It's the most exciting storyline that I have read in a long time. I literately could not put them down. Any slight opportunity to read, even just a couple of pages, I would take. Hornet's Nest devoured an entire weekend. I didn't answer the phone, ordered food in, read in the bath etc, it made me gasp out loud, in the living room, by myself. It's an absolute tragedy that Larsson did not live to reap the success that his genius deserved. If there is a 4th unfinished book, it would be a crime not to publish it!

- Lilladyvinyl, London, 9 November 2009

these books are amazing...it is a loss to literature that he will not write more...

- willow wench, 5 November 2009

i really like the sound of lisbeth's tshirts (consider this a fair warning...)

can we find them anywhere?

- ema, 5 November 2009


Hello. I've had the pleasure to read the the first two installments, and cannot wait to read the third and final book in the trilogy...what a writer Mr Larsson was... a true talent, and Lisbeth is the ultimate heroine, with issues, but you love her all the more! It has made this a very pleasant few months, book-wise, so thank you, Steig. RIP. Richard, from Brighton, UK, Nov '09

- Richard, 1 November 2009

© 2007-2008 Illustrations: Copyright 2008 © Emma Boström, emma@stieglarsson.com. This is a uncommercial and unofficial site. We are not in any way affiliated with Stieg Larsson.
For questions or comments, please contact our editor: editor@stieglarsson.com
This site is developed and hosted by SpaceLoops and powered by SpaceLoops CMS.


金曜日は、知り合いの医者がカロリンスカで博士を取得。発表もうまくいき、そしてお祝いの晩餐会。40人ほどの出席。彼のカロリンスカの医学部の同級生や、インターン時代の同僚、同僚や研究仲間などがたくさんいた。80歳のお父様の元気で迫力のあること。英語ですべてのスピーチが行われたのは、今までのどのスウェーデン人ドクターの博士号取得パーティでもなかったこと。、彼の亡くなった母親がイギリス人父親がスウェーデン人。バイリンガルの家庭で育った本人はイギリス人的なアングロサクソンの母親に育てられたこともあり、わたしの個人的な言い方だと、さばけてある意味チェアフル。

驚いたのは、隣に座ったお兄様が、次のように話したことだ。”私の母が最初の奥さん。そして今日の主役Jのママは2番目の奥サンでイギリス人。ロンドンで知り合って1969年に、イギリス人の夫と別れて子ずれでスウェーデンにきて、父親と再婚。あそこにすわっているマークそしてもうひとりを連れて、再婚後に3人産まれて今日の主役が僕の腹違いの弟。残念にもJのイギリス人の母親83年になくなって、そしてあの反対側に座っている3番目の妻Bと再婚。Bとの間には子供が4人いるよ。Bもそしてイギリス人の2番目の奥さんもとってもいい人たち。
イギリスから駆けつけてきた父親が違うハーフブラザー弟が、最後まで義理の弟の幸せを喜んでいた。80歳の父親は、法律家でその弟ふたりは医師というが、父親のスピーチに、苦労して育てた3人の男の子を学校にいかせた貧しかった亡き昔の母親を思うと感謝の気持ちがこみあげてきます。と話されていた。子供たちがみなそれぞれが立派になったのは、両親としてはうれしいかぎりです。


欧米の複雑化した家庭家族。異国イギリスから子供をつれて、北欧にきて、再婚しわずか14年で子供がちいさいうちにいなくなった母親。イギリスから母親に連れられて10歳のときにやってきて、それからずっと育ったこども。そのさまざまな生き方。お祝いの席が、家族の絆を結びつけたことにもなる。父親は、息子を通じて苦労というよりもうれしさを共有することを喜びとする。

。スウェーデンの家族。今80歳の父親を持ち、40歳の息子は、医学博士号を取得、来年に二人目の子供が生まれるという。なによりも、腹違いや父違いの子供たちがみんな集まってうれしそうに拍手をしていた。父親の嬉しそうな顔。80歳の男性を父親として尊敬し、そして子供たちがみんな親しむのは、おそらく父親の人徳によるものなのだろうか。

最後みんなで会場を去ったのは深夜近く。ガムラスタンにある王宮横の博物館隣接のレストランバーは雰囲気がよかった。石畳の道に一歩でると水辺の対岸側に国立美術館が見え、左手にグランドホテルがみえた。王宮の前を歩き、橋を渡る。夜、週末の金曜日、王立公園、左手に大きな音楽が流れるカフェオペラの前をとおり、冷たい雨が少し降り始めた真夜中NKデパートの前でタクシーをつかまえ、帰路につく。

週末金曜日。北欧の拡大家族のことを考える。プラスチックパパやボーナスこどもというスウェーデン語。欧米は、個人主義ではあるが、さばけている分あのように義理のこどもや前夫のこどもや新しいママなどがみんな一同に集まって楽しくやることができるのかもしれない。フェアで公平という言葉が頭をよぎる。80年の人生を生きてきたJの父親はその夜一番幸せな男性に見えた。スウェーデンらしい拡大家族。再婚した相手のあたらしい父や新母やハーフブラザーやハーフシスターなどにぎやかな大家族は現代の別な形の家族であある。

テーブルの向いは、同じく2週間前に医学博士をとったスウェーデンの女医、アフリカが大好きだという。8サイト10歳のこどもを連れて今度は仕事じゃなくて家族旅行でアフリカに行きたいけど、あなたの行ったというタンザニアのザンジバールはどう。もうマラリアがなくなるんでしょ。私のこたえ。蚊はたくさん。蚊帳の中でねることです。でもわたしなら、日本の蚊取り線香が一番だと思うわ。とひとこと。蚊取り線香は、ザンジバールのお店どこを探しても見つからないことを思い出した。その隣の若いハンサムなスウェーデン医師。彼は子供が2か月と2歳半で子育て疲れ。妻も忙しい医師。”デイレンマ。ぼくは、へとへとなんだ。家事も子育ても半分半分のたてまえ。ドクターと結婚すると同じく両方とも忙しいけど、家事も子育ても半々が当然。本当に疲れますよ”そこに先輩の彼女は、そうねあと6,7年の辛抱よ。と助言。

ひだりとなりドクターの彼は、外交官の父親についていって、日本生まれ。ニューヨーク育ち。今は北のスウェーデンで医師として勤務。おりがみができます。なにが作れますか。飛行機。母は、日本でいけばなを勉強しましたよ。わたしの住んでいる町には、日本人がやっていますみかどというレストランがあります。前もって予約が必要ですが。むかしニューズウイークにも載ったことがあります。という話。

デザートが、おいしかった。小さなワイングラスに入ってきたシャーベットとムース。冷たいひんやりとしたミントのシャーベット。そしてベリーのアイスクリームムース。いちご、ブラックカラント、ハローンベリー。黒い木イチゴが飾られている。チョコレートをやわらかくしたようなもの。クリームビュレの表面がこんがりとぱりっと。ふんだんに使われている本物のバニラビーンの黒い小さなつぶつぶ。贅沢なデザート。週末、暗い11月末の夜、明るい温かな気分にさせてくれたお祝いパーティ。

お祝いのプレゼントは、ガムラスタンでみつけた。北欧アンテイックガラスの器と飾りでかける天使の羽の形をした白い金具。中に大きめな白いキャンドルをいれセットでお祝いに。
Dr&MrS.Jおめでとう。そしてありがとう。
by nyfiken | 2009-11-30 07:05
ステーキというと、肉を焼いた例のステーキ。ステーカレーというと、STEKAREは、スウェーデン語では、肉とかを焼くこと、と思いきや、これは俗語でまったく違う意味となるというのがごく最近わかった。

では、次の3つから選びなさい。PLEASE CHOOSE THE REAL MEANING OF "STEKARE"
1.Steak, grilled meat after marinated with soya and sake one night with Thai chilil sauce.ステーキ、しょうゆとお酒、タイのチリソースにつけて一晩ねかしたもの
2.The person who Grille meat at the terace so often for friends and loves to drink lots of beer.
テラスでお肉をグリルし、お友達をよんだり、ビールをたくさん飲むのが大好きなひと
3、Typical sture plan lover who loves champaigne, wears sunglasses not to show their arrogant surperior eyes 2007,8 were more popular than now.
ストックホルムのおしゃれなところSTUREPLANにたむろして、サングラスをかけ、あまりほかのひとに優越感をみせないためというのが本音というが。2007年8年あたりに現象となったある種のシャンペン大好きおぼちゃまたち。日に焼けている。

The answer is.....
Very popular supermarket in Sweden. ICA. This TV commertial tells everything.Yes. I have seen those boys..well well wel...のりがいいスウェーデンのおにいさんたち。




Stekare in Nyfiken's analysation.
RIch family's son who loves to have similar style...Hair style..the way of speaking..Loves champaigne with oyster..THough 2007-2008 was the real hardest time in Sweden for economy. And why now this time stekare appeare in Sweden.
Probably behind of social democratic way of euqality is just a illusion. the system of Sweden could make the poor becomes poorer for tax system and Rich can become richer? Anyway Stekare means rich overclass family's young son who just copy daddy and mum's rich life style. They perfome like rich adult not because they are rich, just the money given by father or mother.

This reminds me of the news of today from Japan .Prime minister Hatoyama's mother sent him 15million japanese yen every month to his bank account for last 5 years. well well well. Stekare never talks of money and journalism. ..So what they talk about?Champaigne, bubble and oyster. Today's swedish newspaper wrote about the pesimistic news of Saab.

To me Swedish Stekare phenomena sounds interesting. Because they never reflects world economical situation.
ステーカレーおかねもちのおぼっちゃんたちをまねしたコメデイアン。話し方や雰囲気がおもしろい。オールバック、軽いのり。舌ぺろりん。



Stekare's rap from Sweden.Lidingoq is nice for big family but not fora lonely single person who want to be in the central town in 5 minutes. And if the person who can use car to work . NO problem. Others have to wait for a bus and change train at Ropstan.
By the way stekare and snickare are different. Snickare means carpentar. Swedish is difficult.




In fact stekare phenomena shows swedish rich family gives money to young children to spoil them and it sounds very different from what normally swedish school book and policy.HOnne and Tatemae..
by nyfiken | 2009-11-27 08:02

half moon下弦の月




今夜のストックホルム西の空に、大きめな下弦の月。黄金色の月、夜半12時ミッドナイト直前にゆっくりとお月様は対岸クングスホルメン島の新しくたくさんのアパート群が建っているほうの空から沈んだ。天体の不思議にしばらくみとれていた。

下弦の月は、重力の関係で、潮が低いとか、すなわち水は静かということだが、どおりで今日はあまりからだが重くなかったり、あるいはプレッシャーを感じずに、あるいは人との関係が重々しくなく簡単に連絡をとれたり、コミュニケーションがとれたりするという。

下弦の月はハーフムーン。幻想的な月夜。きのうまでの雨もやみ、夜おそく大きく半みか月が見えたストックホルムの夜も静かにふけていく。それにしても人間の気分に影響を与える地球の重力、潮のみちひき。月との関係など、不思議なもの。

Tonight midnight around 12am , yellow big gloden half moon set in the west side of sky. From the window of kitchen, I was watching the movement of moon slowly setting.Moon moves 6 hours later then sun. This half moon in the west shined so brightly and gold yellowish colour was mysterious.

TOday half moon day. In fact the movement of moon relates to our body and soul. BIrth and death of humanbeing. The pressure of the earth..in fact today is the date we humanbeing do not feel so much pressure of the earth due to this moon and sun relationship, no wonder some peoples must feel a bit lighter or emotionally differently. Some tends to relate to others so easily and feel better or feel happier.

Half moon is in fact lovely day. In Stockholm, from 11 pm to 12 am in the morning I was amazed by the beauty of the half moon tonight.

by nyfiken | 2009-11-26 09:06

f0157298_8262689.jpg


アメリカに若くしてわたって、ポールアンカにみそめられた玉のこしスウェーデン女性アナアンかをやっかむスウェーデン人が特に若い女性が多い。テレビをみて怒る移民の女性政治家やテレビの公開討論会で今から50年前の女性みたいとかイや100年前の女性みたいにかしずいて。と非難と羨望のうず。テレビ3は視聴率高騰で売り上げを伸ばし、ああでもないこうでもないがスウェーデンじゅう湧き上がった。今も、スウェーデンのサイトでいろいろな意見が。おもしろいのをみつけた。
f0157298_952068.jpg
f0157298_9522176.jpg
f0157298_9524179.jpg


”アンナアンカさんは、なんていったの。”といったふうの見出しクイズ。正しいのはどっち。ちょっと意地悪なかんじもするが、お金持ちである彼女を羨望とやっかみと、自立している女性が多いスウェーデンでは、見方が厳しい。ちょっとくだらないかんじもするが、こういうのがスウェーデンのサイトのアナアンカはいったかいわないか。と話題になること事態。平和なスウェーデンにもめのうえのたんこぶ状態。




社会主義が長く、男女平等の国では男性におもてだってこびをうる文化はない。タイやロシア人移民女性をお相手にするのは、年配スウェーデン男性も多い。スウェーデンに移住したいロシア人はあとをたたず、ロシア周辺国の女性たちは、ネットで来るが必ずしもいい男性たちに出会うとは限らない。残念なことに、男女平等という名目で働かされ、お金を巻き上げられている来たばかり移民の女性たちの話もきく。そういうときは、フェミニスト党にがつんとやってほしい。


スウェーデン女性を怒らせる男性は、究極の無責任男なのかもしれない。スウェーデン社会は、男女関係がドライにならざるおえない?かもしくは、女性があるときにサンドペーパーでこすられてしまったために怒りがこみあげてしまうのか。日本女性は、優しいタイプのおとなしい男性を選ぶようだ。

ふと10代の若い女性が歩道にしゃがみこんで、携帯でボーイフレンドにむかって”ばかや○○○と叫んでいた夏を思い出す。ののしっていることばが、街角のスーパーの前で響いていたことを思い出す。スウェーデン女性は、がつんと男性をやるから、あまりこわがって悪いことはしないが、移民の外国女性をたぶらかすわるいスウェーデン男性もいる。そういうのはがつんとやりましょう!とフェミニスト党主がいつも口をすっぱくしていっていること。
two swedish women-Which is which?Ying and YANG.対極的なふたりのスウェーデン女性。Feminism PARTY SHOULD HAVE ANNA ANKA AS PR lady.
f0157298_9112652.jpg



”なんてアナアンカさんは、言ったのでしょう。”クイズから例ふたつほど。

クイズ1、わたしは、アメリカの美人だけど頭が空っぽなBIMBOになっていないわ。と言った。英語ではbimboの意味が美人だけど頭が空っぽと言う意味。

クイズ2、世界中のすべてのダイエットが成功したら、みんな私のように(スタイルよく完璧なボデイ)に見えるわと言った。
by nyfiken | 2009-11-25 08:06

雑感

Atjazz - Rain Angel [Acid Jazz]



最近こぶりのコンピューターACERで時々キッチンの片隅で書く。ちいさいのはいいのだが、ともかくパッドがすべりやすく、小さくて便利でも、せっかく書いたものが、消えてしまうことも。よく売れているというが、もう少し改良の余地があり。

となんと贅沢なことをいっているのだろう。テクノロジイーの恩恵。ストックホルムの台所キッチンから暗い夜の町、対岸のアパートの明かりがすこしずつ消えていくのを横目でみながら、深夜ブロードバンドのワイアレスをつかってキッチンテーブルで書いているこんな世の中の進歩に文句はいえまい。そして今の時間は日本の東京では朝。山手線や東海道線、東横で読んでいる人がいるとは絶対思えないが、それにしても、真夜中のストックホルム、寝静まった夜の中に書いているコンピューターをワイアレスで飛ばして、日本までいやアフリカ、この前行ったジュネーブやスイスの山の中のホテルでも自分のブログが、書けたり読めたときに、びっくりしたもの。

アフリカで、マサイのおにいさんが、携帯電話ではなしながら、あの例の素敵な格好で歩いていったのをみながら、ブログをふつうに書いて送信としているのが、不思議な感じがしたもの。マラリアの蚊にさされないように、夕方、蚊取り線香をもくもくと足元でたきながら、書いたもの。さて、そういうとき、わたしはどこにいるのだろう。という変な感覚に見舞われる。アフリカタンザニアの島のホテルでは、ワイヤレスが使えるのはオープンなロビー周辺。窓がない、オープンソファは、風が海からふいて、いいけれど、マラリア蚊がぶんぶんと飛んでいる。中、多くの外国人がソファにすわりながら、仕事をしたり、メールを送ったり、ブログを書いている。もちろん蚊よけのローションクリーム、くつした、体を覆うなどはしていても。。

マサイの携帯には、驚いたが、スウェーデンでは、電車のなかでは、携帯電話でおしゃべりにたいしてあまりうるさくないので、大きな声で話している人が多い。日本では、ちょっとご高齢の耳のあまり聞こえないひとが、大きな声でお話をされているのを、きいたが、スウェーデンでは、むしろ若いおねえさんやおにいさんが電話で普通におしゃべりしている。

電話会話の最後にPUSSキスとかKRAM(スウェーデン語でふつうに、あいさつするときに、HUGをすること。だきしめること。)というひとが多い。親しい人へ。ヘイドーはまたね。だけど、なんとなくさみしい。VISESヴぃせすまた会いましょう。のほうがすき。スウェーデン人はウェットなところをみせるのは、なんとなく。というので、ドライにヘイドーなのだろうか。日本ジンは、ごきげんよろしゅう、とむかしは馬鹿丁寧で、日本語は、丁寧な文化を反映して、遠回りにいう。

北欧のひとは、心が温かい。といっても悪い人は、どこにもいるもので、今日の新聞には、ストックホルム街中の89歳の一人暮らしのおばあさんが、道であった身なりのいい30代女性に、インフルエンザワクチンの場所をたずねられ、そのまま電話をかりたいとはいった女性と話をしている間に、男性がドアからはいって、盗みをし物色していることに、気がついてさわいだところ、女性に羽交いじめにされ、逃げられたというじけん。お年寄りが狙われるこういう事件がストックホルム市内に最近多い。男女組で女性は身なりのいい女性というのが、お年寄りを安心させる手口というが。。。一人暮らしで、お買い物などに杖をつきながら自立している高齢の多い北欧デおきているチョットガッカリスルニュース。

雑感。実は最初に、ストックホルムの町のとおりのイリュミネーションを書いていたのだが、送る前に消えてしまった。ので、今日は、RELAX.



Café Del Mar - Lux (Northern Lights)


雑感おまけ
ACERのおかげで、消えた文章は、しかたがないとしても、動きが早かったり、変なところで知らぬ間にクリックしたり、といろいろあったおかげで、偶然。ずっと探していた一番お気に入りの曲を思い出した。実は、ポルトガルのリスボンに数年前訪れたときに、ブラジル生まれの美人ポルトガルドクター人に、リスボンで手に入れたいcdのおすすめは、というと、そうね。ファドは好き好きがあるし、ちょっと悲しいわ。わたしならやっぱりブラジルのさうださうだじかな。そしてcdの表紙が夕焼け、バラードがはいっていて、なんとなくよさそうなので購入。南の島にその後持っていて聞いていたら、友人宅に忘れ、それがどこかに。タイトルもすっかりと忘れてしまっていた。とりわけこの曲を聴きながら、車を運転し、丘をとおって小さな町の夕日や夜景をみながら、曲が流れていてひとりで素敵な気分を味わっていた。acerのコンピューターの操作がはやかったりおそかったりのおかげ。塞翁が馬。ずっとさがしていた探し物が見つかったうれしさ。人生そのものかしら。あせらないこと。さがしものは、かならずみつかります。と占い師風に。究極の楽天主義は生まれつきのDNA,
ONE OF MY BEST FAVORITE SONG That make me feel so happy。
このバージョンがリスボンで手に入れたCDのもの。





不思議に今夜おそく、外の鳥が鳴いている。真夜中にちょっと気分よさそうに。
by nyfiken | 2009-11-24 07:50

20 century boy

When I was a girl, one day I was listening to the radio, I have become to like one song. Then I tried to rememeber the name, of course, I wrote down. T.REX. I am not fanatic heavy metal rock lover. But only this song ...i never forget . There is no reason why. Just I remember this melody and title. Probably the great song it could be.
Those days atomosphere reflects the music. In Japan everything was developing, the country and peoples wanted to soak anything good from overseas. Optimistic time , free movement from scandinavian country. Love,freedom and peace. so on..



The time passed. Now when I listen to this song again, this sounds rather modern arrangement from original T.Rex one.

Although 20 century girl is more powerful than boy.So we expect to have 20 century girls 'new song.
Modern time this could be best of 20 centry boy.By schoolgirls from UK. I like the typical mother figure in England video clip. While parents are watching TV ...

by nyfiken | 2009-11-23 08:59
It is very hard to translate this Japanese tensai/bakabon. Genious but foolish man. This is said in Japan. Tensai to baka wa kamihitoe that means genious and fool are almost same. Well. Most babies are so called Genious by parents, then after growing they have become ordinary person, even later could be a kind of fool. By the way I like to see the tarot picture sometimes. Above all "FOOL"picture looks so funny and varied on cards.


I am so surprised to know tensai bakabon has English version song. Anime and manga on TV was real big treat and joy during childhood. Most children look forward watching manga on TV. That era was TV golden age. While mother was preparing warm meal in the kitchen, we kids were watching manga on TV. What a peaceful day it was !





I like tensai bakabon manga, in this world, many tries so hard to overcome the situation and carry out own dream, But Father tensai bakabon's father tries so hard in his way, even his long and winding road, it does not look so smart, but in fact he is very positive. Surprisingly his wife never critisize her husband. Most wives will never be able to say as she says,

Foolish is baka in Japanese. Bakabon means foolish boy. I feel relaxing to watch this Japanese anime manga.

Suddenly I remember my favorite old song. I like this song..Especially one day when I flied from Tokyo to Sydney, on the airplane I heard this old song by and of course I could listen repeatedly using screen operation. Certainly this song is very a few that could give me good positive energy and sort of happy feeling. What a fool believes...
by nyfiken | 2009-11-20 00:29

Geneva

雨のジュネーブ偶然ホテルのロビーで,知人との待ち合わせで行ったホテルのロビーで、20年ぶりに再会したドラマのようなふるい知人(南の島であって以来、その人は15年ぶりの来ジュネーブ。)また偶然ジュネーブにアフリカから会議で、きていて、翌日日本へ向けて出発するという知りあい。みんなで一緒に雨のジュネーブをさまよう。ホテルのレセプションの女性からすすめられたイタリアレストランカサノバへ向かう途中迷い、雨の中、偶然足をとめ、なんとなくみんなの意見が一致。カサノバのかわりに、アトランタというモロッコ料理店へはいる。

その夜、年配のモロッコ人店主がそつなく働く小さなレストランで、なつかしくも不思議に温かな音楽が流れていた。ある曲が流れて、思わず”あ、このCDわたし、持っているわ。”アフリカの横に浮かぶ島の音楽よ。ポルトガルの憂いのあるバラード。ポルトガル植民だった島なの。でもフランスでも人気があるのよ。というと、20年ぶりにあった知人は、やはりわたしもこの音楽持っています。えーとなんという島だったかな。と知り合い。

その音楽は、実はジュネーブ滞在中に亡くなったわたしの古い友人の訃報を突然東京で聞いた夜、いたたまれなくなってCDを聴いたときに、数枚はいるランダムに音楽がなるステレオから流れてきた最初の曲だった。しばらく、その音楽を聴くと、そのときの悲しい思いが思い出されたので、CDは、ずっと箱のおくのほうで眠っていた。

Carmen Souza-Cabo Verde-Lisbon


思い出してみると、2005年ころにストックホルム市内のデパート1階にあったCD売り場で求めたもの。世界の音楽コーナーというのがあって、そこからみつけだした一枚。TETE ALHINHO のVOZというCDは、ポルトガル語で歌われていて、CAPE VERDEの島アフリカ横に位置するポルトガルの旧植民地。ポルトガルのFADといえばそういう分類をする人もいるし、アフリカ音楽の中に入れる人もいるが、哀愁と独特のラテン的メロデイは、ポルトガル音楽のファドとアフリカの島の融合。

ジュネーブのモロッコレストランでかかっていたこの音楽。不思議な気持ちでその曲をききながら、その夜島の名前を思い出せなかった。モロッコ料理に舌つつみをうちながら、夜がふけていった。食事もデザートオレンジのモロッコデザートをいただいていたときに、今度は、スペインギターの弾き語りが店内に。20年ぶりの再会した知人は、こういうギターの音楽はマニラでもよく弾き語りがあって、べさめムチョなど弾き語るのですよね。といった瞬間に、べさめむちょが、ギターで奏でられ小さなレストランに響き渡った。みんなで偶然に顔をあわせた。



白人のスイス人中年女性と少し年下の体格がいい魅力的な黒人男性が酔っ払って目もうつろに、ふたりでいちゃついていた。ジュネーブの雨の夜。モロッコ料理にモロッコワインそしてベサメムチョのギター音楽で異国情緒が高まりつつ、楽しい夜となった。

昔ジュネーブに来た時は、やはり南の島でいろいろと家族ぐるみで親しかった、また留守中の犬のえさの世話をしていただいたネパール人の知人に偶然会い、一緒に食事をすることになった。そのときは、インドレストランでインド料理をいただいた。翌日は、ジュネーブ勤務だった今は亡き友人に、思いがけず招かれ、夜、韓国料理店でごちそうになった。韓国料理には、コチュジャンがなければいけません。ということばを今でもよく覚えている。スイスでは、偶然という言葉が思い浮かぶ。あそこには不思議な偶然のいたずらをする神様がいるのだろうか。

予定していたことは、スイスにでかけるということだけだった。ホテルの中庭の古い館の壁のしみや窓、窓の外の赤い花のよせ植えにとても感動したもの。部屋にはロートレックのような官能的な油絵がかかってあった。古い扉をあけるエレベーターや映画にでてきそうな古めかしいインテリアのホテルは駅すぐにあって、今回も偶然前を通りかかり、なつかしくなって、ホテルの古めかしいレストランへはいり、夜赤ワインジュネーブ産のGAMAYをいっぱいだけいただく。昔みた同じ女性の上半身が裸の絵がかかっていて、あまりいやらしくなく、10何年も変わらずにあるレストランのいすやテーブルが、スイスらしかった。

スイス料理というと、日本人男性は、うーん。チーズフォンぢゅにビーフのタルタル。ドイツ系の料理はそれほどおいしいと思いませんなあ。と人気が今ひとつ。わたしは、スーパーマーケットでおいしそうな食材にうつつを抜かし、またチーズの種類に感動していたもの。


なんとも不思議なジュネーブの夜。ポルトガル植民地音楽そしてスペイン風ギター音楽が雨音とともに、異国の夜が静かにすぎていった。もしかしたら、人生は、実は偶然の積み重なりでできているのかもしれない。シェイクスピアの劇をふと思う。

ストックホルムにもどり、ふと島の名前を思い出した。CAPE VERDEもしくはcabo verdeという。ポルトガルの植民地やブラジルなどムードのある音楽が多い。わびさびがたっぷりときいて、深い。感情の揺れ動き方。ラテンの人たちは、感情のだしかたがストレートであるのは、北欧のひとが、どちらかというとプロテスタント的におしころして回りを気にするスウェーデン社会の田舎のひとたちとは一味違うような気もする。モロッコレストランのおじさんのメニューには二種類の赤いワインリストしかなかった。アルゼンチンの赤ワイン。そしてモロッコ。アルゼンチンとモロッコワイン。

レストランをでて知人たちと別れた。雨は、不思議と冷たくなく、ジュネーブの町をぬらしていた。わたしには、亡くなった友人の涙にも思えた。レストランをでて、坂を歩くとすぐ目の前に、偶然友人が昇天していった教会が現れた。教会をぐるりと横切り、ジュネーブセントラルステーションの前を通り過ぎ、とおりを隔てたトラム電車乗り場へ。セヴぇッテ駅で降り、しばとらく歩いて、ホテルへ。途中のマクドナルドは、ぼんやりした蛍光灯の光があまり健康的でなさそうな太った若者たちが、とてもおいしそうにハンバーグを食べている姿を映し出していた。

ホテルにもどり、部屋のテレビをつけると、バビロンの映画がフランスの海外テレビで上映中。映画で日本語を聞きながら、不思議な感覚に襲われた。同時に世界でまったく違う場所で起こっている事を思う。違いを乗り越えてといわれるが、違うことを認め合うほうがむずかしい。でもとてもたいせつなこと。
by nyfiken | 2009-11-17 07:44

Geneve 晩秋のジュネーブ

大きなマロニエの枯れ葉がゆっくりと地面に落ちる晩秋のジュネーブ。中央駅前の小さな木の小屋のスタンドで、あつあつの焼き栗が売っている。袋に100グラム。イタリアの焼き栗と書いている袋につめてくれた。皮にきれめがはいっていて、簡単にするりとむける。街角の焼き栗は、日本のサツマイモくらいおいしい。がまんできずに、焼き栗をいただく。上海の晩秋や初秋に道で売っているあの中が黄色いほっくりとしたサツマイモの焼き芋と同じくらいの感動。

花梨の香りが街中の朝市でみかけ、おもわずなつかしくて一個買った。カリンは、ジャムにしてもおいしい。お菓子が、フランスとイタリアとスイスのお菓子の融合がおいしい。マロンのケーキがあるのがうれしい。日本がモンブランの発祥といっていたけれど、ジュネーヴにもモンブランらしきものはケーキ屋さんでみかける。

第三日めは、駅前のカソリック教会へ。ほとんど人がいない昼。黒人の女性ひとりが、いっしょうけんめいお祈りをしていた。ステンドグラスの色が華やかで恍惚とするような心が躍るような色。ふつうのステンドグラスが地味に思えるくらいの華やかさ。僧の濃いフォーシャピンクも心が躍るが、ジュネーブのノートルダム教会のステンドグラスの美しさは、周りの古い厳かな建物のなかで、とりわけ目が天井へいく。はりつけになったキリストが前に、そしてそのうしろにマリアがいる。横からも後ろからも入ることができる構造は、教会が外に開かれたものといった印象がある。それは、北欧のカソリックが迫害されて、そしてストックホルム市内の地味でめだたない建物の中に要塞の中にひっそりとある教会とはまったく異なる。


ジュネーブは、不思議な町である。国際機関があったり、アラブの大金持ちを相手にする銀行や、とてつもないダイヤモンドや高価な時計が並び、リムジンなどのレンタカーと反面、アフリカ移民が多い印象を受ける。貧しい市民のための安売りのお店や手ごろな値段のファーストフードなども増えたような気がする。不思議に、お年寄りの人が安心してワインをいただけるシックな昔風のバーやレストランがあって、若者におされていない古きよきものがあるのがいい。旅人は、つまみ食いをする。旅は日常ではないために、目が鋭くはなっている。そのときの偶然の雰囲気が強く印象となって残る。

古い町の石畳には、長い歴史が刻まれている。カルバンの生家。古い場所には古い歴史がある。



チーズフォンデュは、ホテルエーデルワイスがお値段がお手ごろとホテルのレセプション女性に聞く。これは、今からずいぶん前に欧米人の中でブームだったお客料理の定番。お肉のフォンデュもフランス人やベルギー人やドイツ人とイギリス人のカップルなどに招かれたときにいただいたことがある。

中央駅付近にもモロッコやエジプト料理屋があり、おいしそうだったので試すことに。アラブ人が多い印象のスイスでは、モロッコワインとモロッコ料理、エジプト料理屋では、本当のイスラムはらる料理をいただく。エジプト人のおにいさんが、クッキー4個をサービスしてくれたのには、驚き。本当のミントの葉がたっぷりはいったミントのお茶もおいしかった。エジプトのデザートをいただいたときに、クレオパトラは太っていたのでは、という思いがよぎる。エジプトのアリさんのママというデザートが感動もの。おいしいものは、世界にある。太ったエジプト人らしきおじさんがおいしそうにいただいていたもの。また食べたいジュネーブのおいしいもの。場所は、ジュネーブセントラル駅近く。後を引くおいしいさ。ノーベル晩餐のデザートにだしてもきっと喜ばれるお味。

モロッコ料理。といえば、タジン。ジュネーブ駅近くのシンプルなモロッコレストラン。そこでいただいた、タジン。ぼうしのようなふたがついているもので蒸し焼き。チキンとじゃがいも。豆。タジン。どうしてそれがそんなにおいしいのか。その秘密は、プリザーブしたレモンを使うことにある。というのお料理本で、頭ではわかっていたこと。いただいて、おいしさが実感。また食べたいとうならせる料理のひとつ。シンプルにチキンとオリーブだけとかチキンとポテトだけというのがあるけど、Nyfikenのセレクションは、レモンプリザーブとチキンとポテトのタジン。洗練されておいしいモロッコ料理。赤いモロッコワインもいける。ジュネーブはどうもアラブのスパイスの香りがする。オイル商人。いや、景気のいい油田国ノルウェー料理もきっとそのうちジュネーブにお目見え。スーパーでは、たくさんスウェーデンやノルウェーサーモンやキャビアが並んでいた。お菓子がおいしいスイスは、ダイエット女性には、ちょっとつらいところ。
Geneve inspired me Moroccan cuisine rather than cheese fondue or swedish cooking. The cetral town, if you walk, from somewhere you may smell spices from those areas.

by nyfiken | 2009-11-15 10:49
北スウェーデンラップランドのアイスホテル。氷のお部屋。ハスキー犬のそり。オーロラをみに、行きたいもの。北へ行けない人は、ストックホルム中央駅すぐそばのホテルのアイスバーへ。氷のグラスに色とりどりのabsolute vodkaが美しい。でも、vodkaにあまり強くない日本人は気をつけてね!
f0157298_459316.gif
f0157298_4592869.gif
f0157298_4595026.gif
f0157298_50874.gif
f0157298_504047.gif



震えながら結婚や友情やビじネスの誓いをするのも悪くない。妙に興奮させるあのアイスバーの日常からの小脱出。暖かなスポーツパブやアイリッシュパブで大画面をみながら、えーいとビールをがぶ飲みするスウェーデン男性たちは、それが日常だから、あまり行かないが、海外の人たちには大人気。

f0157298_4232568.jpg
f0157298_423529.jpg
f0157298_424797.jpg
f0157298_4242585.jpg
f0157298_4244054.jpg
f0157298_4245925.jpg
f0157298_4252338.jpg
f0157298_4381218.jpg
f0157298_4383897.jpg
f0157298_439236.jpg

by nyfiken | 2009-11-15 04:25