スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Swedish christmas cooking

This has to be eaten on Christams eve in Sweden just like tomten swedish santa eats in his little room.


by nyfiken | 2009-12-25 01:46




In Japan when Christams comes, peoples tend to eat French or italian that seem to be European, not suhi or unagi. the atomosphere should be somewhere in Abroad, not chopstick like soba or noodle shop. or could be Japanese izakaya, could be but Japanese girls want to be invited by boys to French restaurants , not noodle ramen restaurant on this christams eve if he only loves her..
So Japanese girls want to feel a bit like this.So she can not eat noodle soup alone at ramen restaurant on christmas eve. Someone should invite her to the so called a nice cozy french restaurant. Tonights ..I imagine italian, french restaurants or hotel banquets in Japan are very busy since there are many christams show on this day.while in Europe, peopels stay at home with family watching TV or eating, chatting exchanging christmas gifts.Or giving big bone meat to lover dog.



Christmas eve night I remember Yokohama always. I vividly remember how Christmas even looks like in Yanashita park, sakuragichou area, Motomachi, china town...I am familiar with these area, I can say those are my park, neighbors yard. Yamate area in Yokohama. Once I visited Yamate chatholic church in YOkohamaon Christams eve. Many cars come to Yokohama on eve due to their dating diner somewhere or just to see the illumination in Yokohama area.Atmosphere...Funiki in Japanese. I think atmosphere is always in my memory just as feeling.

I care for atomosphere rather than some definitive matter. Eating with good feeling and nice atmosphere. This is very important in my life.Yokohama christmas night. Where you should go..well where I should recommend you to go ..I normally like to buy christamas strawberry cake at the hotel bakery shop in China town, YOu can go to Yokohama grandhotel shop that has nice collection just like nice toilet room !if you love to cigar, you can enjoy that in the bar *if you are man..There is the restaurant near grandhotel , the nice yokohama matured ladies work in the counter founder was german lady. German restaurant. oR just go to Scandia restaurant on the corner but second floor.Or if you love to eat french you can try to go to Tokyu owned hotel inside of mall next to yokohama landmark tower.

Queen alice or you can try real nice shanghai style restaurant the owner chef Wakiya san who published book internationally that is avairable in a book store in Stockholm. I have been there. Lots of details. In fact Yokohama is very famous for china town. My recommendation is heichinrou Kantonese style with Japanese exellent service. I always love to eat yamcha there. You can order one by one with chilled beer.Nice.Manchinrou restaurant to me is for new rich general peoples I do not feel so cozy there, but well their souvenior tea or other products are well made.I always love to buy chinese sweet cake which is avairable whole year in Yokohama china town. The level is higher there than any china town in europe. I miss Almond cookies, black sesami and natume and maron cream paste moon cake. Many choices.


Handsome swedish stars sing their song on TV commercial. why sweden can create such a beautiful man and woman because of snow..or darkness in winter or bright -summer..._




Christmas eve..My neighbour old man who passed away this summer. I happend to see his old collection of pictures framed while their moving his personal goods after his death.His wife (already in heaven)`s young time`s bikini style in summer, he and his wife were happily on yacht in summerwhen they were very young, his santa crose papa maybe himself and a little cute his boy side by christams tree at their room.his little boy who looked at papa.. his own picture When he was very young and handsome time..I could not help but stirring at these picture collection...They seemed to move all his belongings to somewhere.

After I knew after this they cleaned up and sold the apartment room. Moved all his furnitures, lamps, books, clothes that he used to wear and use. One person`s life could be respected while he was alived, then after his going to heaven, everything will disappear but nice memory. That is reality in history unless we are maozudong or other heroes.

Anyway after I left my apartment and walked outside full of yellow turned leaves, My tears ran not because I knew my neighbor well, but something...the one person disappeared from this world, his lovable things were cleaned up quietly. NEw peopels come.This could be humanbeing life.Driving home. sweet home sweet. For my neighbour could be the home where he has stayed all his life with his family even his family member moved out or had moved to heaven before hands.

The moment that I saw his memorial picture collection that could have hanged on the wall probably all his life..I thought like this. Probably we humanbeing could live on nice memories. Older we get, more we experience goods or bads. Some one said to me -I do not want to be such an old person who complains of life, events and sayI wish I could.....I do not want to be bitter and sour old person. I totally agree. Smiling nicely when we get older specially no matter bitterness or hard win blows.




by nyfiken | 2009-12-25 01:25

Merry Christmas! God Jul!

In Sweden, today is Julafton. Eve. After 2 pm, department store like NK, Åhleans close. I was in town till 2 pm. Stureplan, around 2.30PM many peoples carried christmas presents with ribbon and cards with family seem to visit family house. Maybe father and mother`s house. Christmas in Sweden is for family. Family means grandparents, parents and children till grandchildren.4 generations.

Christams shopping seemed to end, during last weeks, most departments opened till 9 pm in STOCKHOLM,that is unusual. Yesterday 23rd, peoples stay at home at night and prepare for wrapping each presents. As swedish are well organized peoples, they always prepare beforehands. Tonight many santcrose play important roles each family. I saw a man who wear santa`s red nightcap.Well. Nice to see this on train. IN Japan we merely see just serious father wear santa`s cap. Maybe only very young 10 age. I like to see swedish wear red cap so naturally. NO joking but quite seriously and in a very sover way.

In Japan like TOkyo Christams means illumination..brightly decorated trees are seen everywhere and more glittering. Decoration in Sweden is rather chic and simple. At home they decorate so cozy way. Warm. What I like swedish decoration...some family love white color with silver tone. Some loves red. ..

What they eat during christams day.Must have pork roled ham, smoked lax smoked salmon. Jul beer christams black beer, jul bread dark sweet bread. Snaps. strong alchole from skone.christmas ginger cake or buiscuits. Decoration of round orange with indonesian spices. sweet rice poridge with orange milk taste.

I saw the woman who sat in the corridor of gamla stan is asking money and today she seems to have more money than any other day.

This year christams eve is not so very cold, no snow falling . English pub was opened afternoon, I saw a baby was crying with their family. Young couples are walking empty road on this Christams eve in the tourists spots. Sorry. all shops have closed today already. Just you can see quiet quiet central town of Stockholm. The most quiet night in a year.Lovely.

God Jul and Merry Christams ! make a wish come true!If you stay in Stockholm and want to listen to the only christams songs jus tune to FM 107.10.or just as most swedish and norwegian watch this DVD or TV programme specially today Eve while waiting for diner.


by nyfiken | 2009-12-25 00:33
ストックホルムのセルゲル広場の建物にストックホルム市のシアターがある。日本人からみると、古い60年や70年といった昔風のちょっと古いお粗末な劇場にみえるが、そのカフェからみえる景色はストックホルムらしい。先日サミュエルベケットの芝居のチケットが手に入った。有名なテレビやサスペンスドラマなどで見かけるスウェーデンの俳優がでることで、当日だったが観にいってみた。。不条理なドラマ。スウェーデン語は、フランス語からどういうふうに訳されて、またスウェーデンらしい表現となるのだろう。という興味はあった。舞台設定や、色、照明は、星空、夕焼けの空など空の描き方がすばらしかった。


どちらかというとお粗末なシアターは、日本ならば、さしずめ田舎の少し時代が遅れたふうのシンプルなもので、公民館といった雰囲気でもないが、不思議にこの国は社会主義だったのだという飾らない昔のスウェーデンが見える。観客も気取らない普段着。年配の人が思った以上に多いのが驚く。
ゴドーを待ちながら。というのが題名だった。なにかゴドーという名前が日本的に聞こえた。役の演じるレベルは、すばらしく、スウェーデンの演劇のレベルの高さを感じた。俳優にはオーラがある。

『ゴドーを待ちながら』(En attendant Godot)とは、劇作家サミュエル・ベケットによる戯曲。副題は「二幕からなる喜悲劇」。1940年代の終わりにベケットの第2言語であるフランス語で書かれた。初出版は1952年で、その翌年パリで初演。

『ゴドーを待ちながら』は2幕劇。木が一本立つ田舎の一本道が舞台である。

第1幕ではウラディミールとエストラゴンという2人の浮浪者が、ゴドーという人物を待ち続けている。2人はゴドーに会ったことはなく、滑稽で実りのない会話を交わし続ける。そこにポッツォと従者・ラッキーがやってくる。ラッキーは首にロープを付けられており、市場に売りに行く途中だとボッツォは言う。ラッキーはボッツォの命ずるまま踊ったりするが、「考えろ!」と命令されて突然、哲学的な演説を始める。ポッツォとラッキーが去った後、使者の少年がやってきて、今日は来ないが明日は来る、というゴドーの伝言を告げる。そして第二幕へ。この作品の背景には、父親の死により、精神が崩れ、ベケットが2年間精神科の精神分析医の治療をうけたことがあるともいわれている。

戦後の空虚感や孤独感といったものが感じられるが、わたしには、特に命じるポッツオと命じられる奴隷のラッキーの関係が興味があった。二人はワンセットで、世の中の縮図のような風にも。ひもをつけられ、言われたままに動く男。踊れといったら踊る。


不条理演劇の代表作として演劇史にその名を残し、多くの劇作家たちに強い影響を与えた。アクション映画やドラマで人気の俳優が演じるのには興味があったが、なにもない原っぱにぽつんと立つ木。なにかを待つ人。第二次世界大戦後の不条理なこの劇は、最初上演されたときは、あまり人気がなかったというが、さて、大入り満員。ノーベル賞もいただいたサミュエルベケット自信はアイルランド人。フランスへ先生として、それから移住。ナチからのがれて田舎をさまよった体験や隠れて屋根裏に住んだといった過去。長い劇で途中休憩があるが、いっせいにカフェになだりこみいっせいに席に戻るという。途中笑うひとたち。

不条理。といってもぴんと来ない人もいるかもしれないが、もしかしたら、今の時代は、第二次世界大戦後のように、人々の心が混沌として、何を信じて、どういうふうに生きたらいいのか見えない人たちも多いのではないだろうか。人を信じることのむずかしさや、あるいは、生きるためにあまりに苦労しすぎて、御利益主義に走りざるおえない。

人生は深くもあるし、浅くもある。わたしが、好きなのは、淡々と生きることだが、それも難しい。批判や非難は受け止めながらも、他人はかえることができない。自分が変わるしかよりよい生き方はないのかもしれない。

サミュエルベケットは、
サミュエル・ベケット(Samuel Beckett, 1906年4月13日 - 1989年12月22日)は、アイルランド出身のフランスの劇作家、小説家、詩人。不条理演劇を代表する作家の一人であり、小説においても20世紀の重要作家の一人とされる。ウジェーヌ・イヨネスコと同様に、20世紀フランスを代表する劇作家としても知られている。1969年にはノーベル文学賞を受賞している。
フランスで同じくアイルランド出身のジェームズジョイスと親しかったというが、ベケットの生きてきた戦争を経た時代が生み出した文学や戯曲とするならば、今の混沌とした時代はなにを表現しどういった文学が生み出されるのだろうか。

高橋源一郎氏の講義を聴講しに一度だけでかけたことがあるが、私自身は、氏の現代の文学論については、同じ視点を持つとは言いがたい。雑誌のほうが面白いから人々は本を読まなくなる。文学はどんどんと売れなくなるとおっしゃっていたのが印象てきであったが、欧米においては、特にスウェーデンにおいては、文学や小説を読む読者の数が増えている。映像と文字の間には、大きな違いがあるが、文字を用いる文学においては、個人の想像力、創造力、前頭葉の部分が使われる。前頭葉の想像性を喚起する文学こそが、今後読まれていくのではと思うのだが。文学解釈論や批評家が食べていけるのはそういった多様性があるから。想像におまかせしますといった読み手に結論やストーリーを解釈させる手法は、ベケットのゴドーを待ちながらそのもの。むしろ今の時代は、重い荷物を両手に抱えて、くびに縄をつけられて、奴隷のように売られるような人間が、一部の資本家の下で働かせられる蟹工船といった昔の時代に戻っているのでは_と時代を投影してみる。

今回主人公を演じたスウェーデンの俳優は、サスペンスや警察のドラマで人気の俳優。目がきらきらと輝いていた。ベテラン役者がそろった舞台であったが、ラッキー役の好演が特に印象的だったことと照明、舞台の色は、すばらしかった。

ベケット論については、いろいろ論じられるが、アメリカでのこの討論は、面白いと思う。長いが時間があるときに覗き見してみると文学の好きな人には、参考になるはず。
I'll Go On: An Afternoon of Samuel Beckett
http://www.youtube.com/watch?v=u5UF2-2kqaw
by nyfiken | 2009-12-23 11:15

December 22

Countdown. Stockholm is ready for Christmas. Snow falls and outside is minus 12.Cold but from today daylight is longer. Christams card or new years cards are seen at shops. Nowdays many might send by email. IN Japan now probably forgetting this years bad things parties might be held. Here in Stockholm jul bord parties among friends and coworkers could have been finished , then peopels are busy for buying thier christams presents for closed friends and families.

Strawberry in winter are very common in Japan. Here in Sweden lately Strawberry from Egypt are seen more than before. To me this shape of strawberry reminds me of strawberry cake in Japan when we must (may) eat this special on Christams Eve. Why? maybe red relates to santa`s red and white cream relates to white snow. Probably after the war, this eating strawberry cake(in Sweden this is eaten mid summer time when strawberry is raped) Each country has own culture.

When december starts , time flies just like an arrow. I even do not remember what I have done. The speed outside and myself are not the same. I am slow. THough I ate so called swedish julbord with many special swedish traditional delicacen. So I did not miss eating this important food. Although this can be said , everybody when december comes, we feel like "oh my god, what I should do , write christams message or new years card or have to pay this money and must finish this work..clean so on." Some peopels might travel to abroad from daily life ..just escape for a week so on.

I understand why peopels love reading books, because while reading, they just forget what is going on the real life. And probably can experience as if someone in the nobel.Just like a cinema.

Situation is the name of magazine in Stockholm. If you walk in the corridor of the cental station or gamla stan you can se a man who is selling this. It is very nice for peopels to buy this magazine from homeless peoples. They work for selling and get money from that . It is always easy to give money free but in fact I think the most important matter in life is the feeling of working and @Somebody needs me @.

Loneliness might come from the feeling that nobody needs me.that kind of feeling. That is why many mother might have depression when their children left home. or after the retirement. Many peoples are shy to contact with others and have some difficulty to give other call. So in that case using new technology...mobile phone , sending message, twitter, facebook, mixi all around things could help peoples.might be. The problem is that if once starting social net work , it does not have enough timefor person who work, to clean room or cook food. or whatever.

In December in my brain this word is echoing@Priority@well...this also depends on peopels. for somepeoples priority is watching football at pub with a glass of beer. Individual interests. Nowdays so many peopels live alone in the world, that is why peoples have more contact through the net. If they have real contact in daily life near by , it is almost impossible to write blog, contact with many friends through face book, write message to Mixi friends or doing twitter so on. Or watch DVD cinema, or read newspaper. WHAT IS PRIORITY-..

From Radio FM Stockholm 101.40, this old music was on. I feel warm strangely. I like her voice.
Since when I listen to her song, I feel becoming kind, more kind just like when I look at other dogs on the street.
This year too I have written blogs ...I did not recorrect each due to shortage of time. Sorry for some who might find lmany misspelling mistakes or others mistakes. My policy of life.. better than nothing. Anyhow I would like to express my gratitude to my close friends ...how much I have been supported by many of my friends this year. It is not easy for me to express my thankfulness. Thank you so much ! Especially some friends who really have supported me truelly and especially when I needed , who have given me hands with full of love. Tack! Tusen tack!!Well I will speed up next year. The times fly I walk slow. Pacific time table is still alive.
Carpenters - Rainy Days and Mondays (Australia 1971)


by nyfiken | 2009-12-22 20:25

キッチンガーデン

スウェーデンに寒波。雪で各地の交通やバス、電車の運行に遅れがでたり、空港で数時間以上も待たされている乗客の疲れた姿がテレビで映し出されていた。クリスマス前、お店も最後のクリスマス商戦に余念がない。身近な家族が集まるクリスマス。欧米では、クリスマスは家族にとってとても大切な行事。

すっかりと白い雪で覆われたストックホルムの町。10数年前に、屋根からツララや雪が落ちてきて人身事故が絶えず、現在は、法律により、もしツララがおちて人を傷つけたりした場合は、その建物のオーナーが賠償金を払う法律ができたために、オーナーは冬の間、人を雇って屋根の雪をおろしたり、ツララを落としたりする。

年末にはいり、師走というとおりに、毎日が早くすぎていく。泣いても笑っても年は明けるとよく言ったもの。日本には忘年会といういい習慣があって、悪いことは水に流して忘れて、来年また新たにやりましょう。といったポジテイブな習慣はとてもいい。

キッチンガーデン。とうとう雪が降る前に外にだしてあったあじさいや他の夏中咲いていた花の鉢植えが枯れたので家に。かわいそうだが、凍って冷凍状態になっていたので、涙ながらに、ビニール袋にいれて、捨てようと思いながら、キッチン下においていた。さていよいよ下のごみ捨て場に捨てようと思い取り出して、もう一度別の袋に入れ替えようとあけてみてびっくり。夏中どんなに栄養をあげても花を一度も咲かせたことがなく、ただ青々とした大きな葉を元気よくつけていたアジサイ。葉が全部枯れて、枝のところどころに若い芽が、そのうえ花のつぼみが。信じられないが、環境をがらりと変わった瞬間、咲かなかった花が咲き、葉が枯れ、若いつぼみがぐんぐんとでてきた。

捨てるのがかわいそうになって、またもう一度鉢にいれて、キッチンの中に。不思議なこともあるもの。小さな窓辺のミニガーデンだが、植物はいろいろなことを教えてくれる。毎日水をあげて、それに反応してくれる鉢植えは、小さな喜びを与えてくれる。また、捨てようと思っていた、外で寒さのために枯れていたラベンダーが、お部屋の中でまだ生き返ってきた。ちょっと盆栽のようでもあるが、かわいそうなのでこのラベンダーも生き残り組。

さて、ストックホルムは今日で、ほぼ夜と昼の長さが同じ。これからどんどんと明るくなっていきます。と新聞の記事に。今年はどうやらホワイトクリスマスになりそうだ。ホテルのクリスマスビュッフェもクリスマスの当日前のお昼までやっているところも多い。さてクリスマス当日にスウェーデンからドイツそして日本へ帰るわたしの心配は、祝日の交通。今から要チェックということ。以前、年末からお正月に旅立ったことがあったが、あの時もオーストラリアのシドニー空港のカフェは普通に大晦日の夜あいていた。そのカフェの最後のお客さまは、わたし。みんながよい年を!といういい何時の雰囲気の大晦日の夜だった。

さて、2010年。2009年にたくさんの人にお世話になった。ことばでは言い表せないくらい、助けていただいた友人。知人。感謝以外の言葉はない。スウェーデンではボルボやサーブなど大企業が苦戦を。下克上の時代なのだろうか。エジプト、ギリシャ。ローマのイタリア。イギリス。アメリカ。富を蓄えてきたはずの中東のオイルが枯渇するのは時間の問題であり、CO2の問題は、そのままエネルギー問題に入れ替われる。中東は、防衛費にそのほとんどを費やして、オイルがなくなった後は、黒いダイヤに変わるものは見つかるのだろうか。とはいってもノルウェーが新しいもっとも豊かな北欧の国になり、干したらをヨーロッパに売っていた貧しい漁村は、いまやスウェーデン人看護婦が出稼ぎに外貨を稼ぎに行く場所になるとも聞く。スウェーデンのジャーナリストGUNNAR LINDSTEDTのOLJAは、今読むべき一冊の本ではないだろうか。
by nyfiken | 2009-12-21 23:10
今年のノーベル賞の新聞記事がおもしろかった。メジャーなまじめな新聞大手のノーベル賞受賞晩餐会記事。TWITTERつぶやきを記事のなかに随所盛り込むという方法。裏側が見える。これこそ、ほんもののジャーナリズムの姿では_。
TWITTERがなにか知らない世代やコンピューターを使わない新聞読者のために、説明も書かれた。SVD新聞のTWITTERはモダンな試みだと感心した。AlexHernadiのTWITTERは、裏のつぶやきがよく書かれている。スウェーデン語ではあるが、タクシーで家路につくところまで。皿が壊れたまで。大臣が奥様とダンスしているようすまでと面白い。今の人間は表のことより、実際の本音を聞きたい人が多い。ありきたりの記事だけ書く新聞は、現代のインターネット世代には、面白みに書ける。事実の背景にある人の声やそれを書いた人の裏の呟きが聞こえてくるのは興味がある。

たとえば、ノーベル賞晩餐会が催された。記事に、呟きひとりごとを織り込んでいく。記者がどういうことを感じたかなど臨場感が伝る。新聞記事中にTWITTERを用いる新しいメデイアの合体。twitter にはFOLLOWINGにFOLLOWERがいる。もう一度以前紹介したtwitterをアニメで復習してみよう。




TWITTER そしてFACEBOOKはいまや世界の半分の人たちのツールとなっている。たとえば、わたしがパーテイで誰かと知り合いになるとする。名前は、電話番号は、というあとに、ああそれじゃFACEBOOKをみてみたらわかるわよね。といわれ、いいえ、FACEBOOKは、使っていないわ。というとびっくりされることも。日本では、個人情報の法律で厳しいが、スウェーデンでは、ゆるやかである。簡単に住所や携帯番号メールまで調べ、インターネットでアパートまで見ることができる。フェイスブックもストーカーに狙われるといったこともあるが、バナナとか桃とか山のさるといったニックネームで使っているひともいたり、本名なり、ビジネスなら宣伝として大いに活用したい人もいて使い方次第とみる。



結婚式にTWITTER をし、FACE BOOKの仲間と一緒にといった新しいスタイルがYOUTUBEで登場。この三つを聞いてもなんなのか意味がわからないひとは、時代を少し遅れて歩いている人。支障はまったくないが、世の中は知らない間にいろいろな現象事象が携帯やコンピューターをとりまく現場で起きている。わたしは、3つのうちのふたつとは関係ない生活をしているが、別に問題はない。次にむしろどういうものがでてくのかが興味がある。



YOUTUBEをスウェーデンの新聞のインターネット版では、使っている。かつてないメデイアとしてのYOUTUBE.音楽からビデオ、家庭ビデオからテレビ番組、映画などジャンルをこえ、コンピューター画面に映し出される。ヴィデオがBHSだのどのシステムといっていた時代から垣根を乗り越えて、でてくるべくして出てきた要求されていたもの。マスメデイアは、雑誌、新聞、インターネット、紙面と画像が合体し同時進行していく時代がもう到来していることを感じさせる。

どうしてこういったTWITTERやFACEBOOKがでてきたのだろう。


群れの形が現社会は変わってきた。現代の社会は孤独ではある。人となかなか合う時間が取れない。がネット上で群れの中にいることの安心感。動物は群れなすもの。川でのんびりと泳いでいるかもたちも、夕方よっこらしょと陸にあがり、草をついばみ、そしてみんなでトイレをする。あまりにみんな同じ行動をしているので、あきれて散歩道みているが、動物の本能なのだろう。時々一羽だけ遅れて行動しているのもいるが、たいてい同じ時間タイに同じことをする。

TWITTERやFACEBOOKなど、新しい距離を越えて群れナス集団、興味や好きなこと、アドレナリンの高さ、趣味、好きなことが同じ人たち。ファンクラブなど、あるいは感覚が同じ。なんとなく気が会う集団。気軽に参加して気軽に退会。ボタンスイッチポン。

日本ならMIXIのように、ネット上でお遊びの集団を形成する。オペラガ好きなひと。スウェーデンを愛する人たち。シュークリームやあんこが好きな人たちや、酒同好会、シャンパン、チョコレート、お菓子といったことから、青がすき。星空ガ好き。ワンピース大好きな人。まったり、夜が苦手、あるいは朝が苦手といった行動パターンなどの集団などを思うと、人間は、いろいろな同じことを考えている集団にネットの上で所属することで、なんとなく安心する。近所ご用達のスナックやバー、駅前のいきつけのスタンドバーソウルなどは、ネット上ではない、顔見知り仲間。

いずれにせよ新しいものを使わない手はない。以前知り合いで携帯は絶対持ちたくないといった人がいたが、今でも持っていないかもしれない。家にいなければ、留守電でいいのですよ。とは持論だったが、世代にもよる。専業主婦の奥さんがちゃんと電話に答えてくれる時代は、もう終わった。自宅の電話を持たない若い世代はスウェーデンでも圧倒的に多い。若者は、ほとんどが自分の携帯だけという時代になっている。


さて、携帯は遅れたり、約束した場所の変更など人の生活をもっと柔軟フレキシブルにした。携帯電話などで、人はもっと優しくなったかもしれない。ごめーん遅れて。片方がぷんぷんと怒らなくてもいい。いや時間きっちりに行けば携帯などいらないんです。そうかもしれないが、今の時代は違う。みんな忙しい時代に生きている。時間を有効に使うためには、フレキシブルに、連絡をとりあって、時間調整をすると時間が節約できる。

マイクロソフトのパテントについての新聞記事。スウェーデンの新聞では、EUがマイクロソフトの独占について、あまりポジテイブではないようなニュアンス。世界の技術の発展のために、独占は、小さな会社の優れた技術をつぶす可能性があるといった論調。ビルゲイツも普通の大学生だった。起業家や企業人を育てるには、大手の会社が独占している社会では、優れたおもしろい技術は生まれてこないかもしれない。

世界の歴史をみると、ジンバブエのムガベもロシアのスターリンも一度手に入れた地位やお金を独占しようとすると、ゆがみが生じてくる。次の世代のために、自由競争をさせ、若く優秀なパイオニアがでてくる土壌を作ることが、帝国を守るより、大事な課題。それにしてもどうやってビルゲイツは成功したのだろう。技術、パテント。ビジネスマインド。背後の優秀な法律家集団。

インターネット上でのTWITTERをはじめ、大人たちのおもちゃが登場する。たまごっちがずいぶん昔のことに思われる。携帯やコンピューター抜きには仕事も日常生活も支障をきたす時代はすでに到来し、ほとんどのひとは、犬を飼うようにMY COMPUTERと付き合っている。おしゃべりなひとは、おしゃべりをし、なにか探しものをしている人はいつも探し物をしている。

外は雪。スウェーデンではクリスマス専用ラジオチャンネルが登場。ストックホルムでは、FMチューン107.10にあわせてみよう。一日中クリスマスソングが流れている。楽しそうな音楽が多いので聴いてみよう。一昨日から雪が降り、本格的な冬。寒くなってきた。北の日本と北ヨーロッパでは同じ地球のこと。日本が寒くなったら、こちらも同じく寒くなるのは不思議。
twitter style
今スウェーデンのクリスマス専用ラジオ*テレビ4関連チャンネルで流れているクリスマスソングWHAMの昔のクリスマスソング。外は雪。ゆっくりと白い雪が。日本は夜。ストックホルムはランチタイム。
そして外の白い雪にあわせたように、次の歌がラジオから流れてきた。WHITE CHRISTMAS

by nyfiken | 2009-12-17 20:13
Today`s swedish newspaper writes about school childrens`mobbing problem.
今日の大手新聞DNでスウェーデンの学校内のいじめの増加について大きく報道されていた。
According to an article, the voice of child seems not to be reached to the teacher. Teachers do not want to know or just do not want to concern. Even hurted children can not tell their parents and at school , in classrooms they are treated terribly by classmates or ignored or violents occured daily. Mobbing existes in this peaceful country Sweden.
その中のケースとして、いじめにあっても学校の先生が見てみぬふりしているケースや無視、あるいは生徒が長い間いじめられていても、両親にもいえず悩んでいたなどのケースが実例で報告されている。またラジオのニュースでも同様にとりあげられていた。複雑化した家庭環境や、経済的な問題だけではなく、両親共稼ぎで忙しい家庭が普通のスウェーデン。

長い時間を幼稚園や学校など集団生活には慣れているスウェーデンのこどもたちが、心や体を痛めている現状が浮き彫りにされた。クリスマスのサンタさんやイルミネーションの影に、この平和なスウェーデンでいじめられている子供たちのことを思うと、遠くの貧しい子供たちのことを考える前に、国内の阻害された子供たちを救うことにもう少し世間の関心を払うべきだと思う。いじめられた幼少期を過ごした子供たちが大人になったときに、いったいどういう傷を抱え、どうやって克服していくのか。

社会福祉の国、スウェーデンがどういう取り組みをして、なにが問題なのか興味があるところ。学校の先生によるえこひいきやいじめもあるといわれるスウェーデン。外国の貧しい国の子供たちにお金を贈るスウェーデン人は多いが、国内の子供たちや弱者がいじめられている問題にももっと目を向ける必要があることを喚起させる新聞の記事はいいタイミングで書かれたものとみる。
Why this mobbing case is increasing.

I think everyschool must have the special teacher for this problem. With councelling specialist, doctor and even working together with university reserchers they should take actions immediately. School is the same as mini society. If this kind of mobbing existe in schools, that must existe mobbing in society.

in Japanese mobbing is IJIME.When I talked about this, some swedish joked" the worst mobbing could beoccured in Russian army. It is always said among army domitory often this mobbing case is occured no matter which countly it could be.

Basically humanbeing, animals want to be treated nicely and warmly as if when they were babies. mistreatment should not be handed . Anyone who is treated terribly by anybody should search help. There must have help always. IF not just run away from such a terrified situation. But the place to run away should be considered well.Sometime sweet stories contained poison.

This is the example article of Swedish article from hospital guide.Vårdguiden


Mobbningいじめ
Mobbning är vanligare än man tror. En tredjedel av alla skolbarn har blivit utsatta för någon form av mobbning under sin skoltid.
いじめは、思われる以上に普通化しています。学校のこどもたちの3ぶんのいちは、学校でいじめにあったという結果がでています。

Hos många sitter ärren efter mobbning kvar länge, ibland hela livet. Därför är det viktigt att vara uppmärksam på mobbning och göra någonting åt det.
その多くの子供たちは、いじめによる傷が長くのこり、人によっては一生傷が癒えない場合もあります。ですから、いじめを発見すること、それに対して対応することが大事です。

Vad är mobbning?いじめとはなにか。
Mobbning är när någon systematiskt trakasserar en annan person fysiskt eller psykiskt. Mobbning betyder att man utesluts ur kamratkretsen, blir illa behandlad och förtrycks. Mobbning är ingen engångsföreteelse utan en systematisk kränkning av en person. Mobbning kan vara allt ifrån att bli kallad nedsättande saker till att bli utsatt för våld. Det har även blivit vanligare att mobbning sker via e-post eller sms. Mobbning kan också vara att inte bli utsatt för någonting alls utan att istället bli utfryst helt och hållet.

Upptäcka att någon blir mobbadいじめられている子供を発見しよう。
Många barn och ungdomar som blir mobbade gör sitt bästa för att dölja det. Att vara mobbad ses ofta som att vara en förlorare och det vill ingen vara. Den mobbade skäms och vill inte att någon ska veta vad som händer. Kanske har de som mobbar utsatt den mobbade för hot om han eller hon berättar. Ibland hoppas den mobbade också att allt ska gå över men det brukar det inte göra, det som försvinner är den mobbades självförtroende.

Tecken på mobbningいじめの徴候・こういう徴候があったら子供はいじめられている。
•Barnet blir tystare. こどもガおとなしくなる。
•Barnet berättar inte vad som händer i skolan. 学校で起きた出来事を言わない。
•Kompisar följer inte med hem. ともだちが学校帰りついてこなくなる。
•Barnet slutar umgås med barndomskompisar. こどもがおさななじみなどともだちと会うのをやめる。
•Barnet vill inte träffa kompisar på fritiden utan vill hellre vara hemma. 友達と会わずに、家にばかりいる。
•Barnet får en helt ny umgängeskrets. Ofta i en annan ort än skolan eller den plats barnet blir mobbat på. こどもが新しい場所に。学校では場所やいじめられた場所を避ける。
•Återkommande huvudvärk och annan värk. 頭痛やどこかが痛くなる。
•Vredesutbrott.ヒステリー •Sämre aptit. 食欲が落ちる。
•Mardrömmar. 怖い夢
•Blåmärken och andra skador. 青あざや傷
•Saker som mobiltelefon, klocka eller gymnastikkläder försvinner. 携帯電話、時計や学校の制服などがなくなる
•Sämre studieresultat.学校の成績の低下
Ta reda på om mobbning förekommer
Som förälder är det viktigt att få inblick i barnets vardag. 起こりうるいじめに対して準備をしましょう。たとえば両親がこどもの日常を観察することは大切なことです。

Gå på föräldramöten och informationsträffar i skolan. Försök ta en dag ledigt ibland och följ med ditt barn till förskolan eller skolan. Titta gärna i skolans handlingsplan mot mobbning. Läs den ur ett barns synvinkel. Besök gärna skolsköterskan eller någon annan ur mobbninggruppen.
学校のPTA会合や連絡会などに顔をだすこと。時間のある日に時々子供と一緒に小学校や学校、幼稚園などに行きましょう。学校のいじめ対策計画に目を通してみましょう。
Det är också viktigt att du prata med ditt barn. Om du frågar hur skoldagen har varit och barnet bara svarar "bra" bör du inte nöja dig med det. Fråga om det hände någonting som var speciellt kul eller speciellt tråkigt. Ta dig tid att lyssna på ditt barn.

Om ditt barn blir mobbat
Om ditt barn berättar att det blir mobbat ska du inte överreagera. Visa att du tror på barnet och att det inte är barnets fel att det blir mobbat. Om du vet eller tror att någonting inte står rätt till med ditt barn bör du kontakta skolan.

När du fått reda på att ditt barn är mobbat bör du först prata med ditt barn och berätta vad du kommer att göra. Antagligen kommer barnet säga att det inte vill att du ska prata med någon. Ge inget tystnadslöfte till ditt barn, berätta att skolan måste ta sitt ansvar och sätta stopp för mobbningen.

Försök inte lösa problemet själv. Prata med rektorn och gå igenom tillsammans hur ni ska göra för att stoppa mobbningen. Det är viktigt att skolan får vara med och lösa problemet redan från början.

Prata även med föräldrarna till de barn som mobbar. De kanske inte vet vad deras barn håller på med. Var beredd på att de kommer med andra versioner av vad som hände. Ingen vill tro att ens barn är en mobbare.

Dokumentera händelser anknutna till mobbningen, till exempel skador. Du kan skriva dagbok och visa foton som bevis.

Ge ditt barn stöd
Lär ditt barn att säga ifrån. Att möta blicken hos den som mobbar och säga högt och tydligt att man inte vill vara med längre är svårt men kan ge bra resultat.

Om ditt barn blir mobbat är det viktigt att du visar att du finns där och att du stöttar det. Hitta fritidsaktiviteter där barnet kan lära känna nya kompisar, kanske i en grannkommun. Ta dig tid att skjutsa barnet dit. Det kan även vara bra att låta barnet prata med en psykolog. Många som blir mobbade får en extremt dålig självbild som kan leda till problem genom hela livet. Om du behöver hjälp och råd om psykiskt stöd kan du kontakta BUP. Många skolor har också en egen kurator eller psykolog.

Om mitt barn mobbar ett annat barn
•Ta anklagelserna på allvar. De flesta vill inte tro att det egna barnet är en mobbare.
•Överreagera inte. Undvik att skälla ut ditt barn. Försök istället prata med ditt barn och få barnet att sätta sig in i den mobbades situation.
•Kom överens om hur ni ska skapa en förändring. Ha regelbundna samtal där ni går igenom hur det går.
•Uppmuntra positiva förändringar.
•Håll kontakt med skolan och den mobbades föräldrar för att se att ditt barn verkligen har slutat mobba.
•Låt ditt barn fundera på hur det kan gottgöra den mobbade. Den som mobbat ska be om ursäkt.
•Det är viktigt att det inte bara sker av tvång utan att barnet förstår vad det har gjort för fel och varför det bör ändra på sig.
•Försök ta reda på varför ditt barn mobbar andra. Har det behov av uppmärksamhet, eller är det rädd för att bli utsatt själv? Vad kan du göra för att förstärka barnets förmåga till omtanke?
•Kanske behöver ditt barn hjälp av en psykolog. Om du behöver råd, kontakta BUP.
Ingrip
Även om ditt eget barn inte blir mobbat eller mobbar så har du ett ansvar som vuxen att ingripa. Försök ta reda på vilka som är föräldrar och prata med dem eller berätta för en lärare vad som händer. Följ gärna upp händelseförloppet för att se att läraren och föräldrarna tar sitt ansvar. Den som står bredvid och ser på bidrar lika mycket till mobbningen.

Om du har försökt prata med skolan och föräldrar till de som mobbar utan resultat bör du fundera på att polisanmäla. Skolan har ett ansvar att stoppa mobbning och det är viktigt att personalen där tar det ansvaret. Mobbning är fel och ska inte tolereras. Ju fler som vågar säga ifrån desto enklare blir det att stoppa mobbningen. Om ditt barn mår väldigt dåligt kan det vara ett alternativ att byta skola när polisanmälan är gjord. Även om det kan kännas fel att det är den mobbade som tvingas flytta på sig är det barnets välmående som måste stå i centrum.

Fråga om råd
Du kan dygnet runt prata med en sjuksköterska med erfarenhet av barn och få råd, ring Vårdguiden på telefon 08-320 100 och välj alternativ 2. De som svarar kan även tala om vem som är din husläkare.

Du kan också dygnet runt fråga en sjuksköterska med erfarenhet av barn via internet genom att logga in på Mina vårdkontakter och få ett personligt svar inom två timmar. Här får alla som frågar svar.

För råd på arabiska ring 08-528 528 38.

För råd på bosniska, kroatiska eller serbiska ring 08-528 528 96.

Sök vård
Om du har problem med ditt barn som du inte vet hur du ska hantera finns hjälp att få. Prata med andra föräldrar, barnets lärare eller skolsköterska. Du kan också kontakta BUP, eller din husläkarmottagning.

Skolsköterskan eller skolläkaren hittar du på ditt barns skola. Adress och telefonnummer till en vårdmottagning hittar du genom att klicka på Mottagningar uppe till höger. Nu finns även möjlighet att kontakta vissa mottagningar och beställa en tid via internet. Klicka på Mina vårdkontakter.

Artikeln uppdaterad: 2008-11-26
Ansvarig redaktör: Pelle Östberg, Vårdguiden
Författare: Ida Strasser, skribent
Granskare: Tarja Bergerheim, Skolsköterska/distriktssköterska, Farsta Gymnasium
by nyfiken | 2009-12-16 20:30

On st.lucia night in stockholm

On sunday in stockholm, no snow, dark winter but beautiful.
I happned to find this beautiful music from the other corner of the world in this northen Europe.



Today all over sweden everybody eats special bread.

Christmas is prepared in different way in Sweden step by step. I like their way of decorating with small flower pots with little details. Scandinavian way of decoration. It has to have candle lights even that of electric candle lights near the window.This season..I love to listen to the beautiful voice.



Today in Sweden, every corner of town we could hear this song. In fact I was at the platform of Skanstull subway station , while I was waiting for a train, a man was singing St. Lucia with his guitar, that was so lovely.Everybody felt something on that moment. I did not leave the place, just wanted to listen to the song. It was best St.Lucia song.How warm he sang! Thank you.



Saint Lucy's Day or the Feast of St. Lucy (Santa Lucia, Saint Lucia or sometimes Lucia for short) is the Church feast day dedicated to St. Lucy and is observed on December 13. It retains traditional forms of celebration mainly in Scandinavia, parts of the United States and southern Europe. It is celebrated in Sweden, Denmark, Latvia, Estonia, Norway, Finland, Malta, Italy, Bosnia, Iceland, and Croatia. In the United States, people in areas of Minnesota, and other states with Scandinavian roots, continue to celebrate the holiday, often centered around church events. Before the reform of the Gregorian calendar in the 16th century, St. Lucy's Day fell close to the winter solstice in the Northern Hemisphere. In traditional celebrations, Saint Lucy comes as a young woman with lights and sweets. It is one of the few saint days observed in Scandinavia. In some forms, a procession is headed by one girl wearing a crown of candles (or lights), while others in the procession hold only a single candle.
f0157298_18285429.jpg



スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、12月13日に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加する。少女は聖ルチアに扮してロウソクの冠を被り、ロウソクを手に持ち、行進する。ロウソクは、生命を奪うことを拒む、火の象徴である。少女たちはナポリ民謡『サンタルチア』のメロディーを歌いながら部屋へ入ってくる。スカンディナヴィアでの詩はルチアが闇の中から光と共に現れたという脚色がなされている。

スカンディナヴィア諸国がかつてカトリックを信仰していた頃、ルチア祭の夜は他のキリスト教の聖人たちと同様に祝われていた。しかし、伝統は1530年代の宗教改革で途絶えた。ユリウス暦によると、ルチア祭の夜は一年で最も夜が長い。雪が降る前の11月と12月の夜は非常に暗く長いことから、闇から光が現れたという考えが特に北国で伝統的に指示されてきた理由だろう。

スウェーデン
f0157298_1881219.jpg


ルチアの歌を歌う子供たち。スウェーデンスウェーデンでのルチア祭は、再生の意味を帯びる。ドイツで女児をもつプロテスタントの一家が子供に『子供のキリスト』の扮装をさせクリスマス・プレゼントを手渡した、という行事が持ち込まれたためである。白いドレスを子供に着せる“Kindchen Jesus”または“Kinken Jes”(幼いキリスト)という行事は、1700年代の上流階級から始まった。クリスマス・イヴに、子供の頭にロウソクのリースを飾り、飴やケーキを手渡すのである。


古いスウェーデンの伝統行事である『星の子供たち』(アドベントとクリスマスの間行われる別の行事で、白い服を着て天使の扮装をし、クリスマス・キャロルを歌う)がルチア祭に取り込まれたのだという節もある。白いドレスを着た女性が頭にロウソクを飾り、ルチアの日の朝に現れるという、1700年代後半のヴェーネルン湖周辺の地方からゆっくりと国中に広がり、1800年代には全国で見られるようになった。




家庭でのルチア祭の行列を、カール・ラーションが描いている。一家の年長の娘がロウソクのリースを被り、白いドレスを着てルチアの歌を歌いながら、コーヒーと「ルチアの小型ロールパン」を両親へ運ぶ。同じ扮装をした他の娘たちが手にロウソクを持ってそれを手伝うが、年長の娘と違ってリースを身につけない。

f0157298_18354861.jpg


公的な行進は、1927年のストックホルムで始まった。地元新聞が、『ルチア』役を新聞で公募したのである。地方紙を通じて国中に広まった。現在、多くの都市で毎年ルチアを選出する。学校でルチア役を選び、助手の娘たちを生徒の中から選んだりする。スウェーデン代表のルチアは、国営放送で地方大会優勝者の中から選ばれた。ろうそくの冠は、今は、電気だが、むかしは、ろうそくをたてて静かに歩いたという。時によっては、ろうそくが倒れ、髪の毛を焼くといった事故もたびたびあったという。

地方選出のルチアは、地元ショッピング・モールや老人世帯、教会を訪問し、歌を歌いながらジンジャービスケットを手渡す。最近、ブロンドの白人でなければルチアになれないのかという議論が巻き起こった。2000年に初めて非白人の少女がスウェーデン代表のルチアとなった。移民の子供たちがスウェーデン人として生まれ当然スウェーデンの子供たちと一緒に幼稚園、学校と同じく学ぶ。アフリカやアジア系といえども、ここで生まれ教育をうけた子供たちは、肌の色、親の国籍にかかわらず、スウェーデン人となる。当然ブロンド青い目ではないルチア少女たちができあがる。

ルチアのロールパン。サフランを使うので黄色くなる。伝統的なロールパンの一種、Lussekatt (ルチアのロールパン)はサフラン入りで、12月13日に食べられている。
f0157298_18174771.jpg


f0157298_18171577.jpg


デンマーク

デンマークの学校でのルチア行列デンマークでは、聖ルチアの日(デンマーク語:Luciadag)が1944年12月13日に初めて祝われた。スウェーデンの伝統をまねて導入されたものである。『闇の中から光が現れる』という意味合いは、第二次世界大戦中ドイツに国土を占領されていたデンマーク国民の抗議を潜在的に意味していたが、それまでこの行事は行われていなかったのである。

スウェーデンからもたらされた行事は、デンマークではキリスト教において中心に据えられる行事へ変質した。毎年クリスマス行事と連結して、ほとんどの教会で地方行事の一環として行われる。学校や幼稚園での聖ルチア祭は、クリスマス休暇前の最後の日に行われている。しかし、社会全体で行うというインパクトはない。

広く認知されなかったことで、特別の歴史的な伝統と祝祭がつながった。夜になる前に、ロウソクが点されて全ての電灯が消される。12月13日に最も近い日曜日には、デンマーク国民は伝統的に教会へ行くのである。

デンマークで歌われる『サンタルチア』は、明らかにキリスト教と密接な内容である。
by nyfiken | 2009-12-14 06:23
スウェーデンの今日のラジオから。デンマークやノルウェーオスロを経由して、アフリカのナイジェリアからの売春婦がスウェーデンに上陸。もちろん違法である。スウェーデンのマスコミはヒューマンライト人権問題に。

貧しい国からヨーロッパへ。生活の術がない。イエテボリの寒い通りにたちんぼうをする売春婦が警察に捕まったが、釈放。そのことについて、ジャーナリズムでは、同情論が高まっている。売春は悪いが、寒い雨の中を何時間も待つ移民。非常に難しい問題である。

この問題のとりあげかた。スウェーデンの人権問題に対する態度が、一般論のただ、売春はいけない。ということより、むしろ、そういう貧しいアフリカ人女性、不法移民。弱者に対する同情的な論点がスウェーデンラジオの観点。解決方法はあるのだろうか。ヨーロッパに夢を抱いてやってきたアフリカの女性たち。借金をして、ヨーロッパへ。そして返済のために、売春。

難しい問題である。
by nyfiken | 2009-12-13 21:18