スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

midsummer night

f0157298_961221.jpg



MIdsummer relates to the feeling of love in Summer. Probably in oldern time, all villagers get together to celeblate longest daylight, drinking , chatting and dancing with neighbours youth, I can imagine how it was in Sweden. Young shy girls and boys holded hands and hands. Of course nowdays the things have changed except for some shy peoples. 7 different kinds of flowers were used for their magic to obtain their love. Romantic days.


黄昏。北欧の夜の黄昏。夜の青色が少しずつ色を増す空。黄昏色。冬の暗さや寒さを全てCONPENSATEしてくれそうな夏の夜。スウェーデン人がいう。ミッドサマー近くなって、さて、夜遅くまでおきていようか。それとも朝早くおきてきれいな空気の中を歩こうかなど。



ワールドサッカーが興奮度を増している。テレビやコンピューターもしくは、パブに行って試合を見たり応援する人たちが増えてきた。先日の日本とデンマークは、たまたま、ガムラスタンのパブへ。ほとんど行ってみることがないのに、偶然フィッシュアンドチップスが食べたくなった。座ってビールが運ばれ、画面をみたら、日本が。なにか神様の計らいでもあるまいと思いながら、ミッドサマーで田舎に一足早く返っているスウェーデン人が多いためか、一番いい席で見る。翌日の田舎への出発前なんとタイミングがいいこと。大きな画面で見ることができた。パブのチーフはアイルランドのおにいさんだが、奥では、別のオランダの試合が放映されている。おにいさんが、手前は日本とデンマークにしたよ。そっちが窓近くていいでしょ!とウィンクを。われわれのほかに、日本人なし。さて、ゴールに入れて、がんばれ!という日本語での声援が。ニッポンという声も。おかしいのは、だれひとり日本人じゃないのに、どうやら日本を応援している周り。さて、途中聞いてみた。ARRE YOU JAPANESE?混血の場合もあるので、見た目じゃ判断ができない。

いいえチリからです。という男性たち。THANK YOU!という応援団に。いやはや。日本を応援するのは、日本人だけじゃないというのが世界は大きい。デンマークに勝ち、興奮。まわリからおめでとう!みんなこちらに拍手を。HONDAがすごかったね!というスウェーデン人のコメントも翌日サマーハウスで聞いた。。あのシュートは、日本は忍者キックなのだろうかという人も。さあ。少し日焼けした日本人の顔にあの茶色い髪は、エキゾチックで合うと思う。翌日サマーハウスで、友人の子供たちがサッカーを見ている。それぞれ好みがあって、韓国を応援していた。
昨夜は、ガーナが勝つ。今日のアルゼンチンは、太ったマラドーナが監督に。黒髪とパッションのラテンサッカー。アルゼンチンチームに多い長髪の男性選手、なかなか美しい男性もいる。混血が進んで、イギリス人やラテンが混じった国。サッカーはお国ぶりが出る。

Fifaのほームページがあるが、時間が進むごとに文章でサッカーの様子が報じられている。その英語の文章は、ちょっと専門用語で、やはり画面を見たほうが分かる。コンピューターには、最近やたら、コンピューターでテレビ放映のチャンネルが多い。そのうちみんなテレビはコンピューターで観るようになるのだろうか。おそらく下敷きみたいな薄いプラスチックをIPHONEか何かつなぐと少し大きな画面で見られる持ち運び簡単なテレビ下敷きみたいなもの登場するのかもしれない。
THE LOOK OF LOVEの歌。いろいろな人が歌っている。ニナシモン、アンデイウイリアムズ。映画でも。60年代バージョン、70年代、最近の。次のものもなかなか洒落ている。この曲ほどアレンジによって、音楽が変化する。アレンジをする人間にとってはやりがいのある曲といえよう。



IN stockholm, the night darkness last for couples of hours, the darkest time is before 2am , but after soon it gets brighter.The moon is on the sky.
by nyfiken | 2010-06-28 07:49

Happy midsummer!

f0157298_5273813.jpg

スウェーデンの夏至祭。一年で一番お昼が長い日。梅雨のないスウェーデンの初夏。野の花の美しいこと。そして田舎の村の広場では、夏至祭のポールが立てられ周りを踊る。FLENというストックホルムから電車で一時間以上の美しいところ。静かなムラ。möllessa.携帯電話のSONYエリクソンのカメラの性能が思いの他いいので気に入っている。ぱちりと。女の子が頭に花の冠をかぶり、スウェーデンらしい。
夏至の日、前日と当日友人のサマーハウスで過ごす。静かな村には、ストックホルムと違う時間が流れる。道端の夏の野の花の美しいこと。可憐。アザミ。紫と黄色。白。どうやら夏の野原の色は、アザミ色、むらさき、そして黄色は、スウェーデンの夏のお花の色。
Yesterday Midsummer day, I was in Flen, and went to dance around the pole nearest from my friend`s summer house. It was sunny beautiful day. This photo was taken by me. IN fact sonyericson`s mobile phone`s camera is more than enough. Exellent.
f0157298_512430.jpg
I just came back from country side.




Midsummer means lots in Sweden. There are two important events in Sweden. One is midsummer and other is Christmas.
Christmas means more for religion, but midsummer means more for traditiomal family and neighbours gathering. Celebration for the longest daylight and celebrate for highlights, summer sun shines longest in a day. What I did? I went to the countryside in Sweden, visited friends`summer house and spent with their family. Thanks to her and her husband and their lovely children. My friend, she made real beautiful gravalax and her made sauce. Her daughter made lovely homemade strawberry cake! similar to Autralian pavalova with icecream. midsummer afton, one day before, we went the center of village, all the neighbours around 100 peoples were there with their family and danced around midsummer pole.



f0157298_5374995.jpg



One man who supposed to play acordion, became sick, then other replacement had another accident just before, but this is Sweden. One lady she organized , sang songs instead of instrument to satisfy all swedish who expect dancing around the pole. There are many songs, they have to dance.
Of course I followed them and danced as if I stayed in that village all the time.

After we came back home, we started eating midsummer late lunch. One couple who suppose to marry next month, they proposed wine testing, so we did , then tasted swedish snaps-I just had a little glass of snap, instead I had a few glasses of white wine.

SOME went swimming in the lake. I was watching and took pictures, came back to home and restarted drinking and chatting. My friend said "we forgot to bring our CD"Asked children about music. at the end, someone started singing, and some started dancing. That was lovely afternoon. The sky was still light blue till late. When I went to the lake , I picked up beautiful summer wild flowers, then put them into the glass vase. Some say, in oldern time young women picked up 7 different flowers and put them under the pillow for magic as if someone who might love her, or find the boyfriend who loves her. Interesting story. I saw many very young girls who had beautiful flowers on the hair. In fact I was given by one of my friends yesterday as her present. and I took that to the friends`summer house , the daugher loved to have on her hair, I added some other nice flowers from their garden. It was so lovely.

This year, we had lovely sunshine. Thank you for the warm treatment. Summer potates with dills, grava lax, sills, salad, strawberry cake, what`s more we need.
Everbody mentioned how Japanese football game the other night was so good. Midnight came. The quiet night..everbody went to bed after long day at midnight. The outside of window , the sky was not really dark.Though I could sleep like a small baby. The air in the country side is so nice and very quiet.

A
f0157298_6194254.jpg
f0157298_627972.jpg
f0157298_6345443.jpg


真夏の夜ミッドサマーアフトンナイトにスウェーデンの少女たちは、野の花を摘み、枕の下に入れてミッドサマーを迎えて、白馬の王子様を夢みたというおはなし。FLENの田舎の道端から摘んでストックホルムに持ってきたお花を花瓶にさしてみた。野の花は、野に咲くのが一番美しい。でも夏の北欧の野原の色は、アザミ色や、むらさきや黄色と白。お花屋さんで決して手に入らないブーケ。I picked up wild flowers on the country road in Flen. The wild flowers were blooming so sweetly and I could not help but picking up some and brought back to my apartment in Stockholm. I just arranged flowers wildly in my glassvace. This is midsummer flowers that can not be obtained at the flowershop in the big town but your own picking up in the countryside. Summer in Sweden, those violet, yellow, white flowers were seen.

f0157298_711922.jpg

by nyfiken | 2010-06-27 08:48



Francophone music! I love this kind of melody.That is not so familiar in this sweden.

I spent 7 years in french colony so called francophone country.Night time with friends, we used to go dancing and of course, there were angrosaxon music and french music on the floor. If I only stayed in Japan , probably I did not have many chances to see their beautiful dancing done by handsome half vietnamies and french men and their partners. I believe that the white European and asian mixture are pretty. Although about men, I often saw such a beautiful man (Father is french and mother is vietnamies).At that time most Japanese young ladies voice towards them are same. So while I lived in the islands when I was younger, My eyes have become so sharpen, but one of my hawaian friend often told me @If you only want to look at just beautiful men but relatively empty head(sorry), you should go to beach in hawaii. Unfortunately during such a days I did not have chances to visit those beaches , instead the beach in the pacific I often saw bold head with fat berry tourists from Australia.

Since I was much much younger, everytime I saw them, naturallly turned my head down, now...different. The time passed. I am not so difficult person as before. Everybody had time when we were the most beautiful time once or twice when we were young or middle age . Probably when you see you look terrible or not shapen, that is not only your faults, maybe your partner or your friends(boy or girl)they do not pay attention to you or being given stresses by partner. I have a bit thicker skin .
南太平洋もそうだが、教会が中心になって、ゴスペルから歌手の発掘、教会のお金でコンサートと地元の音楽シーンをひっぱっていく。特に、フランコフォン、フランスの旧植民地での音楽は注目。アフリカのコンゴは音楽の才能溢れる歌手がでている。南太平洋のフランス植民地の夜にみんなで踊りに行くと、フランコフォン系の音楽が流れるとフランス語を話す住民の若者がフロアに飛び出してくる。

日本ではベトナムというと戦争と言うイメージがあるが、フランスの植民地には、映画ではないが、ベトナムのフランス人の父親とベトナム人の母親という両親を持つお兄さんがいて、それは美しくて、日本の女性はみんな、目が点になるほど、魅力的なベトナム系ハーフフランス人がいた。そのカップルがフランスのリズムに合わせて男女が踊る姿は、スマートで、しゃれていたもの。フランスの植民地に住んでいたひとなら、どういう踊り方をするかは、ぴんとくるかもしれない。。ストックホルムならば、havanahというラテン系の場所でそのような音楽がかかるので、おすすめ。そこでは、mojitoをいただく。余談ではあるが、サントリーのmidoriとmojitoをふたつ一緒にしたイメージのものは、なかなか美味しい。

コンゴはフランスの植民地。歌には、フランスの植民地だったところや、南太平洋でよく聴く懐かしいリズムが詰まっている。教会が先頭になって歌手を生み出すというのは、面白い。









と書いているうちに、ぴったりのフランコフォンの踊る曲が見つかった。リズムと軽さ。
フランス語で軽快。是を聞いていると明るい南太平洋の海が見えてくる。ミッドサマーにサマーハウスで踊ってみて!My favorite!!
気分が明るくなってくる。ダンスフロアで踊るあのハーフベトナムとフランスのお兄さんたちの素敵な踊る姿を想像して。これは、アングロサクソンや日本人が知らないで踊るといつの間にか、手の先がなんとなく盆踊りの手形になっている。フランス人かフランスの植民地出身者の踊るときに、盗み見するか、教えてもらおう。

ところで、先日東京の六本木を歩いていたら、驚いたことに、以前にもまして、スーツ姿をばっしりと決めたアフリカ系の男性が多かった。しっかりと東京の空気になれ。都会に磨かれた男性に変身。日本では身なりというものが、かなり重要な要素であることは、確かなようだ。コンビにまでの普段着と電車でお出かけするスタイルはあるにせよ。


by nyfiken | 2010-06-24 10:01

Nyfikens Stockholm

My love Stockholm, while I walk in town, this melody is on. Whenever I see the beautiful summer lights shining on the water...I love to listen to this song.
Lovely swedish best song.


Let me introduce my love swedish childrens book. I love this strawberry ones. The summer in Sweden means strawberry. I was told not to eat other European imported strawberry by some swedish friends, according to them, swedish strawberry in summer is the best real ones. Yes. it is. Now is the season. Strawberry cake is eaten most this time of the year.Blueberry ..Last year when I visited my friends summer house in Sweden about 1 and half hour by train from the central stockholm station, and by car it takes 20 minutes, their summer house surrounded by strawberry and blueberry in bush, I love to pick them up and eat just directly.

So last year first in my life I really experienced real summer house style at midsummer day. Thank you for my friends who invited me and I love my friend home made gravalax with her original sauce. Summer in Sweden, without eating berries, summer never comes!


by nyfiken | 2010-06-24 09:37

Swedish royal wedding history

Wedding of parents of King Charles XVI Gustaf. Cobourg 1932. When ended the ceremony of marriage of the parents of the King Charles XVI Gustaf of Sweden Victoria Melita exit first. When ready to climb in the car that brought her to the palace, exit King Ferdinand of Bulgaria.
The king started screaming that it was unacceptable that VM carried out before him. He prevailed
and leaving injured and confusing VM and Princess Kira. Everybody was surprised.

http://sv.wikipedia.org/wiki/Gustaf_A...





Swedish royal family


by nyfiken | 2010-06-24 09:12





by nyfiken | 2010-06-24 08:31
6月19日の結婚式の前日、前夜祭コンサート


ウェデイングコンサートをテレビの前で見ていた多くのスウェーデン人聴衆を驚かせたチャイニーズバレエ。狭い場所で、中国バレエのレベルの高さを披露した。話題に。


by nyfiken | 2010-06-24 08:26

fantastic swedish king made a speech that I like his witty attitude to queen , in fact he seemed to show his son in law how to show the respectation to his woman. FUture queen.


IF this story was made by Daniel, he seems to have such a wonderful humour. I like his making himself frog as an example. ,











I have been busy for a month, since I started writing blog, this is my first time not to write for a month. I ate, slept, had a good and bad?time as everyothers. I have moved among 6 countries including sweden, finland, thailand, china , korea and Japan and lots to do.You can guess what and how it was , then at the same time I had to complete one important task that I have engaged last for 2 month from the beginning.(Even the most intensively busy time was just a month.) So my special spring in May to this June , I could not do anything but those. IN fact my birthday was 20th. What I did? I spent most of time in front of computer and no wine, no outside treat in such a lovely time. IT does not matter, when you have to do something that you have to do, what you can do? Midsummer will be this coming 25th.

If 30 years before, the princess futuer queen wants to marry to Daniel, ordinary man, she had to abondone her role as a succesor of King due to the royal family law and the situation did not allow so, but now after 7 years patients and even many gossipping TV, news and newspaper wrote about their separation 100 times, their love seemed to be so strong-In my eyes, even CNN reporter said " Daniel falled in love with victoria," I thought different way. I think VIctoria falled in love with Daniel and she needed him rather than he did since from the beginning, he never expected her to be his wife. Because it seemed to be so impossible and he had never had such a ambition, that is why he could marry and she loved him more than anybody.NO expec tation turned to be succesful sometimes.Victoria could overcome from her eating disorder and difficulty was journalists chasing her during her hard time. She had fighted with that moment with help of Daniel who had no idea of marrying to her. No expectation結婚など全く考えていなかったダニエル氏。若い日、夢を抱いてストックホルムへ。最初老人ホームでお手伝い、兵役、それから田舎のスポーツジムでトレイナーとして働いていた。高校を卒業して、大学へは行っていない。将来の女王のご主人として、マナーから政治、基礎的な学問も含めてみっちり講義があったとも言われている。ダニエルさんが、ヴィクトリアに恋をというCNNのレポーターのいうのは、ちょっと疑問が残る。最初からまったくあきらめていたダニエルさんにヴィクトリアさんが恋をしたと私は思う。期待がない分自然体でそれがよかったとも見る。スウェーデンは法律を変えてまで長女が女王になる法律を作った。どこかの国のように、結婚したら、皇室を離れるというのは、前時代的とも。。。


While my busy time, crown princess wedding was over, I was just 2 miuntes walk from the church and in fact once I was nearest part from the church, 50 meter below the slope, It was interesting to see audiences from all over sweden and the world. From one window the nearst place from the church, you could see 5 or 6 persons or more...the road was blocked near the church with police cars and polices. So peoples could not see the couples easily since the road in front of the church is so norrow, the TV showed better.

スウェーデンのプリンセスの結婚式。ヴィクトリアプリンセスは、次の女王となる。ガムラスタンの教会からすぐのところにいた私は、教会から聞こえてくる鐘の音。まどから身を半分乗り出してなんとか見ようとしている人たち、途中の道が警察によってブロックされ、実際教会からプレス用に準備された教会前の1分をひと目見ようとして集まった人たちが、旧市街の狭い道をますます狭くしていた。スウェーデンに住んで以来、あれだけの人間が町に溢れたのを見たことがない。ストックホルムの沿道や中心が渋谷のあの交差点になったと想像すると分かりやすい。ふと、もし地球温暖化でスウェーデンの冬がもっと暖かくなり、税金が3パーセントに下がったら、おそらくストックホルム市内は、貧富の差があるにせよ、渋谷のように、人人人と外国人がどんどんと押し寄せるに想像が難くない。百聞は一見にしかず。テレビでコメントしている女性は、上流階級のマナーやエチケットの本を出しているマナー評論家。ノーベル授賞式の日に、彼女はよく受賞者の妻やスウェーデンの政治家もしくや妻たち、スウェーデンの来賓や貴族の女性たちのドレスについてコメントを話すベテラン評論家。


the lady who explained on this TV , she is popular commentator about upperclass maners, so on and oftne she appeared on TV about nobel prize winners+ fasion critics on TV and published her book on the manner in Swedish.

教会の結婚セレモニーの中で流れたこの歌が印象的だった。ママのおさがりの王冠とプリンセスの衣装がとてもシックで私は、どんなきらびやかなダイヤモンドがきらきらしたものよりヴィクトリアに似合っていた。美しくしゃいぷアップされた体は、ダニエル氏とであってからトレイニングで鍛えたからだのライン。スポーテイブなカップルにふさわしいスタイル。カーブのラインを美しく仕上げたシンプルなドレスだけに仕上がりに少しのラインの美しさがものをいう。本物のドレスの贅沢とは、本人らしさが一番よくでて、内面の美しさが外面とちぐはぐにならないもの。

スウェーデンのよさがでているウェデイングドレスとなった。わたしには、ママよりヴィクトリアの将来の女王としての貫禄によりより美しく見える。美人のママが平民からどきどきするプリンセスになった結婚式と、生まれながら将来の女王として育てられた女性の違いが同じドレスでも違う風に見せるよう。おひめさまとしてうまれてもやがて平民として皇室を離脱するという前近代的なことをしている間は、日本の皇室外交も片手落ちであり、税金の無駄使いとも思えるのだが。もともとプリンセスとして育てられた本物のプリンスを結婚してもやはり外国や皇室外交に送らずに、平民にするということ事態ちょっと理解ができない。
ILove VICTORIA+S wedding Dress.THE CURVE OF NECK LINEIS SO PRETTY.もしかしたら、これから、おそらくウェデイングドレスを自分に合わせてオーダーする人が増えるのでは、という予感もしないわけではない。


さて、最語にストックホルム市内のパレード、王宮があるガムラスタン、教会から隣の王宮そこから町へぐるりと回るその珍しい映像がある。おそらくパレードの先頭車につけたカメラと思われるが、町の様子がよくわかる。ヴィクトリアプリンセスとダニエル氏と護衛の人の眼にはこのように町が見えた。


結婚式に参列した王族のプリンセスやクイーンの衣装に、フリル使いが多く見られた。そのなかでシックなヴィクトリアのシンプルなドレスは、際立っていた。
by nyfiken | 2010-06-24 07:02