スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ちょっと顔が日本人的。こんな顔した日本人のおじさんいるよね。

f0157298_7525770.jpg
photo by Nyfiken

秋が知らない間に。と思っていたら雪も降って冬。ハロウィーン。今の時期、ハロウィーンのお菓子は、なんとなくマジパン文化のヨーロッパでは、ハロウィーン色になったスウェーデンのマジパンでコーテイングされたクリームとスポンジのプリンセスタルトがオレンジ色になるくらい。9月末のスイスでは、すでにハロウィーンがマジパンお菓子に登場していた。あんまりにもかわいかったので、ジュネーブの街角のお店でぱちりしたもの。
f0157298_821152.jpg

Photo by Nyfiken
可愛いお顔、でもむしゃむしゃ食べるのがちょっとかわいそう。。左端のパンプキンは、スウェーデンで今さかんに出回っているかぼちゃ。




パンプキンの小さなかざりのかぼちゃから、おおきなおばけかぼちゃまで。アメリカ人みたいにかぼちゃを普段料理にほとんど使わないスウェーデンの人は、パンプキンは、お花屋さんで飾りに売っている小さなものを飾るというインテリア小物としてみている。お花屋で買った小さなかぼちゃを料理してみたけど、おいしいとはいえない。

エビスかぼちゃをほっくりゆでたいのに、売っているのはきっと日本の食材店くらい?日本では、えびすかぼちゃをほっくりとゆでていただくのが、夢。みょうがも。ナスは、秋茄子を。あぶらがのっている秋刀魚など夢の食卓。でも、あぶらののった美味しい北欧のサーモンがいただける。昔神楽坂の小料理屋で、ゆでたての小芋やかぼちゃが美味しかったのに感動したことがあったけれど、きっと素材がよかったのかもと思う。

来週すぎ11月にはいるとぐんと暗くなり、ちょうどスウェーデンではオ墓参りとなる。お墓にキャンドルをともし、ちょっとしたリースを飾る習慣がある。学校もお休みの短い秋休みの週となる。日本は、秋紅葉というのは、なんとなくいい感じがするもの。うっとり秋のヨーロッパと日本にいると想像してしまう。たとえば、いい感じシャンソンを聴きながらちょっと石畳を歩こうかなあ一人旅もいいしと思う。


スウェーデンの今の秋、雰囲気はあるけれど、どんどん暗くなって一雨ごとに寒くなるヨーロッパでは、日本の秋の行楽といった雰囲気より、きたるべく冬を思い、マフラーや毛糸の帽子をかぶって冬前の心の準備期間となる。秋秋刀魚とか秋茄子というのは、スウェーデンでは、説明するのが少々めんどうである。オナスも秋刀魚も知らないスウェーデンのふつうの人に、秋茄子は嫁に食べさせるなといってもぴんとこない。

秋茄子の色は、秋の日本のひとがちょっといいなあと思ういろだけど、スウェーデンの人は、秋の紫は、どこからインスピレーションを得るのだろう。ブルーベリーのブルーでもないし、この時期は、マフラースカーフとこぞって紫色をさし色に使う人が多くなる。スウェーデンの女性ファッション誌では、今の時期、ジャラジャラ感のある大き目のジュエリーのリングなどがのっていた。大き目の紫色のリング。もちろんおでかけファッションで、黒が多いオフィススタイルには、じゃらじゃらとつけないスウェーデンのおねえさんたち。週末の夜、おでかけファッションスタイルは、みんな力がはいっているが、ウィークデイは、みんなコンサバナスタイルをしている。

ファッションは、一貫性があるようでなく、流動的。デザイナーの感性とか流行とは実際いったいどういうところから決められるのかが、不思議。次のシーズンは、これが流行。といっても誰がいったい何十年代とか流行を作り出すのだろう。


お料理の雑誌は、チョコレート特集。パンプキン料理特集がない北欧。パンプキンパイを無性に食べたくなる。スイスまで11月くらいは焼き栗が街角で食べられた。ストックホルムでは、焼き栗が食べられないので、自分で栗を買っていただくしかない。焼きいももなし。

スウェーデンではマロングラッセがあまり一般的ではない。。もちろん北欧は北欧の美味しいものがある。デンマークのデニッシュペストリーよりは、カーネルブラーシナモンロールが一番のお茶菓子パンの代表とみる。慣れるとあのあんこシナモンのとろりとしているのがたまらなくなる。


とぐろを巻いているマロンケーキを食べたい食欲の秋、スウェーデンでは、マロンパフェなんてどこにもない。あんこをのせて、マロンクリームをのせたパフェなど、日本的。小豆は、とろとろにお砂糖抜きは、ベーコンを焼いたつけあわせというのが小豆のイメージのよう。

ブラウニーやマフィンは作っても、マロンケーキやエクレアなどを作るスウェーデン人のお菓子屋さんはない。ドイツやデンマークの影響下で、ジパンをチョコレートでコーテイングしたものや、マシュマロをチョコレートでコーテイングしたもの、ヌガーやはーゼルナッツクリームをチョコレートでコーテイングしたものなどが、お好み。眠たくなる冬は、カカオビーンをチョコレートで包んだチョコが眠気覚ましに隠れた人気という話もあるけれど、暗い北欧は、眠気覚ましのコーヒーがとても大事なもの。

話は戻って、じっとがまんのお犬さま。ご主人を静かにお行儀よく待つスウェーデンの犬は街角で見かける。盲導犬でなく、普通の家で飼われている犬たち。だれが前を通っても興奮せず、じっと表情を変えずにあっちむけほいという感じで静かにまつように訓練されている立派な犬たち。目の奥でなにかいいたそうだが、しつけや教育で犬もここまで立派になる。

冷たい雨の日曜日。ケバブ屋にはいっていったお兄さんが残したものはイケアのバッグとこのちび犬ちゃん。不安そうにいじらしく。ケバブのテークアウトが出来上がるまでじっと我慢の子。家をさがすと1,2枚はでてくるイケアバッグもいろいろに活用されている。洗濯やさんや洗濯ルームへ持っていくもの。用途はたくさん。このブルーがなかなかいい。
f0157298_7573888.jpg

Photo by Nyfiken
by nyfiken | 2010-10-25 07:19

Observing at a CAFE

One day I was sitting in cafe that locates on Rostrangatan in St.Eriksplan.
This famous dessert cafe that might have the best cakes in town Stockholm(maybe). Personally I like
XOKO bullar that is the danish pastry including soft chocolate.

YOung couple came in after the french lady who seemed to have stayed in Sweden for a long time(due to her very much masculine style, short hair, square black eyeglasses, long coat, sport shoes without any accesarry)with her two daughters who were speaking in French and after their drinking coffee with pastry, they bought more for taking away. YOung couple have waited for 10 minutes, kissing each other , they seemed to be immigrants kids from Iran or Iraq?their turn came, asked the seller which chocolate as which tastes, so the shop seller answered 20 different kinds of tastes one by one, then another customer in cue with a little box of chocolatesfrom the shelf costed 70 kr, waited for 10 minutes. During these time one shop seller was there, another seemed to do her job in the kitchen, came into the casher place, just said "Hej!" Then she disappeared into the kitchen area again. After 10minutes struggling(they had been there all together 20 minutes before their deciding one chocolate!!), this young immigrant couples decided One piece of chocolate and said " We eat here but can you make half?" The girl smiled nicely and put a little chocolate onto the white nice celamic plate and gave them. After 10 minutes torelance, the middle age swedish woman finally could buy the little box of chocolate, she tried to give them 50 kr, but was told 70 KR. the price has been just up so now is 70 kr. After 10 minutes torelance, this lady had to buy a little box of chocolate (maybe 3 inside?)

In Sweden, the someone's job..other member should not disturb this, if in Japan , another staff might say, " Our costumer we are sorry for letting you wait for , this is 70 kr." Thank you! Bye. She might help to not let customer wait for such a long long time.

But in Sweden, we have to wait for and we have to let them wait for . Be patient, be calm, my turn comes finally so we have the right to spend enough time for us since we have waited for such a long time and we can let other wait for after us. It takes time to get used to this idea. When I go to Tokyo , I always think the way of doing business and job are very different. SOcial democratic way. Although in Russia, still communist way of business " WE SELL this FOR you IF you want to buy this! " are common.their honne and tatemae, just like 24 hours pizza restaurant at the hotel in ST.petelsburg, I went that place while I stayed at the hotel, I have never seen they opened even once after 6 pm.
Cavia bar turned to be " we have no cavia but peanut and cocacola." " So what are these menu..champaigne and cavia." " Today we do not have."

but in China this attitude seems to have gone since post 80 take over the front service sectors.Sweden...Half commnist way of doing business I mean social democratic way...in cue. Still...System bolaget ..no music , no fancy wine tasting corner, we feel like we are criminal there some of the shops in town.Number you have to pull first wherever you go in Sweden, then this is your right, your turn will come one day with your hope. Do not be so excited..be quiet, like those dogs in front of supermarket in Stockholm. All dogs were patiently waiting for their owners quietly. They are well educated not to be excited. Although sweden is better..than Russia. Emotional russian way is always their anger spreading everywhere.

Swedish do not seem to show their emotion too much that is why southern European or Russian say they look cold. They are not cold, but just how they grow up, they must be calm all the time and not to be excited so much in public. Hiper tentiono asian peoples have lots of energy, but see all those chinese who came to Sweden first time , they spoke like radio speaker, then after 5 years living in Sweden, they speak so small and all fat oil seem to have gone. From the fat squide to dried squid. a bit like. That is why I like to go to HOngkong trading supermarket. That is the still place where I feel asia ..real asia only in this Sweden. All other supermarket has become swedish influenced. No fun.I like swedish, but I want to feel energy and caos from Asia, not like museum like. OR created asia atomophere filtered by European eyes. Glitterling beautiful India is created by Swedish like Indiska, but real india is not like that. Fantasy world is favored by European. Like Geisha in Japan. HOngkong trading supermarket is the only place where i feel at home in Asia. BUt most Swedish who have never been to Asia, they prefer another generation made swedish lized asian market that has no smell just like plastic museum style for me.Real smell from the asia.Agree or not?

For Xoko's sake..I want to say, I like the cafe, the nice music and beautiful bullar. lovely smiling staffs are so cute.Although I know idealistic perfectionist owner might have dilenma, too. One piece of chocolate..peoples came to eat, but without any cafe, but their right to do so. I do not know Common sense in Sweden.How long that couple might have stayed there? I just left after drinking captino and XOKO bullar. Rostrangatan has now many cafe..even they start opening until 9 pm lately.Cafe culture for young peoples seemed to be important especially stockholmare?
by nyfiken | 2010-10-19 19:12

PROVEA!

One day I received a telephone call with very cute young girl's friendly voice.
In Swedish, she said " Please try our nice product . PROVEA.Now is promotion time and you will
get free sample! "
I did not say NO, then the goods were sent , after very smart way , they kept on sending the lingery that I can not wear, then strangely , they sent after many month later, in short word " Reminder" charge more.
The company locates in Switherland Lausanne for tax reason, but this is Swedish company.
They use all words on this invoice paper for prevention from their being purnished. They send the thing, then after 3 or monthes later, when you forget as if you paid or not, they send invoice half year later.Back page says " In case of your not paying , please let us know the bank no, date, etc. if not please pay for this amout of money.Who rememeber all datails?if we did not pay through our internet bank or bank. I personally do not keep all the receits for half years. ANd I merely use internet bank for the safety reasons despites of most of peoples use internet bank lately since the paper reminder consts more.

In case I write this company name TONO, PROVEA ROUTE DES DRAGONS 9
CH-CHESEAUX/ LAUSANNE
WWW.PROVEA.COM

Swedish company but location is in Switherland. Lausanne, I would like to visit next time there from GENEVA. Lausanne would be the interesting town for person who does not want to pay tax for swedish tax authority. I recommend you, if you want to run away from swedish tax , it would be the best way to move your house and company to Lausannne just like the owner of IKEA. It takes only 20 or 30 minutes by train.

Lingery...I think victory secret is much more sexy this swedish PROVEA. I say not beautiful, but well well well.......How I should describe. I personally like cotton...if it is in Stockholm, I recommend you to buy MACCIMO DUTTI. THeir cotton lingery is very nice. In fact I spent more money for that than normaly clothes before. YOu know there are so many varieties, you can buy even lingery ICA MAXI but that isOBASAN style a bit. I think it would be safer to buy panty at ICA MAXI rather than this PROVEA even design is a bit ganmal tante style so calle obasan style, but nothing wrong with that since we are already real obasan according to those 10 age girls.

For the company sake, about the products either you like or not, nothing wrong with that, but their system ...I hope ombsman for consumer in Sweden should check this company as if there are similar complainment or not.
by nyfiken | 2010-10-17 17:35

ヘッセ詩集

地下室のストレージルームに秋物の洋服が入っている箱を覗きに。ストレージの扉をあけたら、棚の下に日本からいつ買って持ってきたのかわからないヘッセ詩集の本が見えた。帰国した時に、ふと買ったような記憶もある。数年前のこと。手にとってみたら、つい手がすべって本は下へ。あるページが偶然開かれた。ヘルマンヘッセ。高橋健二訳。プロローグ。
この詩集を持つ友に
もう伝説のようになっている少年のころから
私を動かし喜ばしたことのあるものを
考えたことや、夢見たことや
祈りや、求愛や、嘆きなどにちなむ
たまゆらな、色とりどりの落ち穂を、残らず
それが好ましいものか、無益なものかは、
あまりむきになって問わないことにしましょう。
やさしく受け入れてください。この古い歌を。

私達、年をとったものにとっては、
過ぎ去ったものの中にたたずむことは許されており、慰めにもなります。
この数千行の詩句の背後には
ひとつの命が花咲いているのです。かつてはそれは甘美だったのです。

こんなつまらないものにかまけたことを
追求されたとしても、私達は、
今夜飛んだ飛行士よりも
血にまみれた痛ましい大軍よりも
この世界の偉大な支配者よりも
かるがると自分の荷物を背負っているでしょう。
1942年

ヘッセがスマトラで書いた詩。スマトラに住んだ頃を思い出す。ジャングルや熱帯の暑い夜
湿り気、暗い夜の道。マレー人とはインドネシア人のことと思われる。マラユーといっていたのだろう。汽船が停泊する港。もしかしたらあそこのことだろうか。とふとメダンの町を思い出そうとするが、記憶は遠くに。ひたすら暑い熱帯夜、ドリアンや甘い熱帯の果物。ココナツの生ジュースにたっぷりとライムをしぼって飲んだこと。ジャワ人のジャムーという民間薬の飲み物を売りにくる女たち。インドネシアの早朝のモスクから聞こえるあの音。人々が早朝水浴びをする音。遠くを走り去る
車やオートバイの音。市場パサールの音やにおい。植民地スタイルの大きな家に住む外国人や金持ちの中国人の大理石の邸宅など。。貧富の差が大きいのに驚くインドネシアのスマトラ。感性の高いヘッセならではの詩。自分自身を見つめる原始林の静けさの中に眠るヘッセがとまったホテルは、メダンの古くからあるホテル。大きな庭を思い出す。

原始林よ、さらば
スマトラ
私は、岸辺で自分の荷物に腰掛けている
下のほうでは、汽船のそばで
インド人、中国人、マレー人が叫び、
大声で笑い、金ぴかの品物をあきなっている。
私の後ろには、焼けつく生活の
熱っぽい夜夜と日々が横たわっている。
まだ原始林の流れが私の靴底をぬらしている居間
早くも私はあの夜昼を、記憶のそこに宝のように大切にしまっている。

多くの国々や町町がまだ私を待っている。
だが、もう二度と森林の夜や
湧き上がるような荒涼とした原始世界の庭が
その豪華さで私を誘い驚かすことはないだろう。

この果てしない輝く原始林の中で
わたしはかつてなかったほど人間の世界から遠く離れた

おお、わたしは自分の魂の姿を
これほど近くあるがままに見たことはついぞなかった。
abschied vom Urwald
Hermann Hesse(1877-1962)
by nyfiken | 2010-10-15 04:42

売れる本と売れない本

海外に住んで、その経験やブログやお料理などや現地取材を本にして出版したいという人は多い。また実際出版し、それが日本の書店で、私のまるまる旅行記とか現地に住んで思った老人福祉事情などなど。イタリアの家庭料理、スウェーデンなら社会福祉やきっとスウェーデンらしい女の云々などが考えられる。さて、スウェーデンのジャーナリストで、ミレニアム連作を書き、最初に大手に相手にしてもらえず、海外の出版社が目をつけて有名になり、本人亡き後、映画化までされ、各国語に翻訳された。内縁の妻は生前ずっと彼を支えてきた唯一のひとなのに、本人をほとんど育てたことのない親や、あるいは腹違いの弟などがその印税を法律的なもので受け取り、裁判になったことは周知のことである。

スウェーデンに住んでいて、スウェーデンの暮らしや生活あるいは取材したことを本に出版しようとする人は少なからずいる。日本の出版事情は厳しいので、出版してもおそらく書いたひとひとりひとりに本が一冊だけもらえるかどうかというものですが、というのが前置きで、インタビューさせてくださいといった話がくる。出版事情が厳しいのはわかるが、取材費がただという出版事情がそこまで厳しいのは、どうしてなのだろう。印税がはいってもすずめの涙ともいい、書いてくれる人たちを募る広告代までは手が回らないといった話もきこえてくる。

ただの情報が増え、またプロとアマチュアの垣根が亡くなりつつある現代、質のよいミナに売れる本を出版する出版社の事情もわからないわけではない。マスコミご用達、ご当地ジャーナリストはどこの国にもいらっしゃると思うが、骨折り損的ナ苦しい台所事情といった話も聞こえてくる。さて、出版社は、海外暮らしスウェーデンで考えてみた!とかスウェーデンの老人はこうだ!老人ホームでわたしも考えた日本人シルバー会メンバーとか、ストックホルムで作るスウェーデン料理をスウェーデンの義理の父から教えてもらったお料理本。。スウェーデンの犬のしつけがいい理由、こうしてスウェーデンの犬はしつけされるスウェーデン犬教育事情。などなど。かわいいスウェーデンの子供部屋。いくらでも出版は可能性がありそうだ。

売れる本と売れない本。一万円に満たない記事募集のお金を出せないほどの日本の出版界の厳しい状況という話をふと小耳にはさんで、こういう題名になってしまった。謝礼ができあがった本一冊くらいというのは、せっかく時間をさいて書いた人も。。。でもいいんです。出版するのが夢だったんですから。と目がうるうるして夢をかなえてもらう!ということに出版社もあいまいにしてしまっているという気もしないわけでもないけれど、ヨーク冷静になって考えたら、自分の意見をいうのに、夢の出版という道具を使う時代は、もう終わりに近いのでは、とネット時代にふと思うのだけれど、早々だろうか。
by nyfiken | 2010-10-14 05:53
ノーベル平和賞を授与するノルウェーが石油産油国でお金持ち国であることは周知の事実。ノルウェー、スウェーデンそしてデンマークやフィンランドの4国を比較すると、今もしかしたら、一番民主的に他の国に媚へつらう必要なく、物事を決定できる力がある国かもしれない。

人種差別はいけないと教えられているスウェーデンの教会や学校。アジア人蔑視があるのは、北欧より、むしろロシア国との印象がある。ロシアの田舎農民がたくさん行き来するサントぺてルスブルグ駅で、頭のてっぺんからつま先までじろじろと見る駅員の太ったおばちゃんを思いだす。パスポートを見せろ!と警察が駅にいるとまるで罰せられる雰囲気までする威圧的なロシアの雰囲気はわたしはいやだ。ロシア人でやさしい人も多いが、公や上のひとが威張りくさくするという伝統はいかがなものだろう。いばってなんぼの世界という雰囲気があの国にはある。

共産主義時代のノーサービスは、中国では、全てのセクターがポスト80(80年代以降に生まれた人たちが、空港、レストラン、オフィス、デパートなど人目につくところにいるので、共産主義のノーサービスが身についてしまった人たちは、ことごとく現場から去ってしまった。)空港の両替でおばさんが怒ってコインを投げつける時代は中国1990年台半ばにまだあったが、今はその影もない。しかしながら、ロシアの年配の人たちがスウェーデンの町のあちこちでサービス業に携わっているが、いばっているカフェのおばさんやにこりもしないでしかりつける駄菓子屋の親父はロシア人か園周辺国とみる。やさしそうなカフェのおばさんは、ポーランド人女性が多い。という私の観察は、いかがなものだろう。

人間は平等だからサービスをするなんてだめ。社会主義にもそういった雰囲気がある。じゃあサービス業はなりたたないのだろうか。ダブルスタンダードである。ロシアのキャビアバーで蝶ネクタイをしていたカウンターのおじさんが、いばりながら、ピーナッツとコカコーラをくれた。わたしにとっては、ロシア語がまったくわからないので、英語も通じないところでは、せめてのフランス語ということでなぜかアフリカ人ウェイターが働くフランス料理店に足を運ぶことになった経験がある。あたらしいロシア人の若者と旧世代とはまったく違うことは確かである。余談だが、ロシア語圏のお姉さんたちは、スウェーデンで働いて、物価の安いロシア語が通じるバルトの国のスパに遊びに行く。田舎のほうにあるスパで垢すりやマッサージ、ダイエットコースや美容など格安で受けられるという。あのあたりの国は、経済がよくないから、スウェーデンのクローネを持っていくとリッチな気持ちになるわ。という声も。

お上がコントロールしなければ気がすまない、個人の人間に考えさせることをさせず、従わせるコントロールフリークの国は、K主義と見る。個人個人は田舎のいい人であっても、国のシステムは、国民の性格や行動を変える。スウェーデンにたくさん出稼ぎに来ている東欧やロシア周辺国のロシア語を話す人が多い。バルトを含め
経済がまだよく、働いた分税金を払っても外貨を稼げるスウェーデンは、国でどんなに働いても這い上がることができない階級の人にとっては魅力的だ。中学生になるかならないくらいの子供をつれてシングルマザーでスウェーデンに入り込むロシア人女性は多い。子供は、途中からスウェーデンで育つ。家の掃除などロシア人女性はよく働くので、スウェーデンの金持ち宅などで重宝される。ポーランド人も多いが、ポーランドの人は、私の印象だと、人がいい人が多い。なんとなくやさしい気持ちが伝わってくる細やかさがあるというのだろうか。積極的な女性は、あっという間にスウェーデン語をマスターし、スウェーデン社会にすうっと溶け込む人も多い。

コントロールフリークという言葉は、私の印象だと仕事においては、ロシア系など共産主義国で育ったひとが多い感じもする。威圧的におどしをかけて、あめ鞭スタイルはスターリンスタイルというのだろうか。うかれているときに、水を頭からばしゃりとかけるという感じ。中国では、中国人専用のお泊りするホテルの部屋に電話があっても数年前までは、上海などでは、交換がどこにかけるか把握し、聞いているというスタイルがあった。

オイル産油国ノルウェーの今回の平和賞は、20人も反アラブ移民党に国会議員を送り込んでしまったスウェーデンや移民締め出しのデンマークとは違った印象を世界に与えた。中国との関係があまりよくなくなってもノルウェーには油があり、オイルを買ってくれなくてもいいですよ。干したらもいらなければ、売らないよ!という態度にでることができる。スウェーデンは、馬車馬のように移民を3Kで働かせて、税金をとり、移民が必要であるのに、複雑な気持ちでいるというのが本音と見るが。

世界からオイルはいつかなくなる。その前に富を享受する国と人たち。ノルウェーの独立を許してしまった1900年最初の頃のスウェーデンの判断は、やむ終えなくても今頃はしまった!という気持ちでいるのかもしれない。貧しい漁師の村から金持ちの国になったノルウェーのクローネはスウェーデンより強い。物価が高いオスロの街中のカフェで、私はパプアニューギニアコーヒーやブルーマウンテンコーヒーをふつうにおいていたのに驚いたもの。スウェーデンは、社会主義、高い税金で従業員がたくさんやとえないので、セルフサービス、コーヒーの豆は、一種類ブレンド、作り方エスプレッソやカプチーノは同じだが、ポルトガルみたいにエスプレッソで豆の種類が10種類おいてあるカフェが普通というのと違う。ポルトガルのエスプレッソがおいしかったのはそのせい。スイスのネッスルは、忙しい時代にそれでもいろいろな豆のコーヒーを気分によって飲みたいと思う人たちのニーズにこたえたネスプレッソを生み出した。そうそう。いろいろな豆のコーヒーを学生時代から自由に飲むのになれたサービス王国JAPANで育ってしまうと、ブレンドだけを飲まされる社会主義平等スタイルに飽き足らない。といってもわざわざコーヒーをいただくのに、STOCKHOLM LUXやオペラシャラーレンレストランやグランドホテルというのも、これだけ一点豪華主義ライフスタイルとして友人たちにあきれられるだろう。ホットドッグを食べて、その10倍近いコーヒーを飲みにわざわざルックスへおでかけするというのは、どうみてもアンバランスだ。日本ならいくらでもありそうなこと。

ここスウェーデンでは、イケア、H&M COOPとICAそして近所のホットドッグ屋のスタンドと明快な構図がある。ちょっと贅沢しようかな、という日は、どこにおでかけしたらいいのだろう。一見よさそうに見えるレストランバーも、飲み物をいただくまで10分、じっと我慢の子で待った後に、座る席がなくて、立ち飲みというケースもある。うやうやしい最高のサービスを受けたのは、2,3度のみ。友人が招待してくれたオペラシャラーレンレストランは、スウェーデンで天に昇るくらいのサービスに飢えていた、ささくれだった私の心をしっかりと潤してくれた。

今回のノーベル賞の平和賞は、中国をぴりぴりと気持ちを逆なでしたものだが、ストックホルムでひそかに民主化の活動を続けている中国人たちは、喜んでいるだろう。彼らは、北京に戻ったら、年老いた親の家を訪れる前に投獄されるのだと思うと、一生親と会えない中国人もかわいそうと見る。中国は大国であり、内政の平安が発展には必要。ロシアや中国の同じところは、お上がコントロールし、普通の人たちは、余計なことを考えることをしないさせない。言われたことをロバのようにやること。非効率だろうが、非生産的だろうが、上の決定に考えないで従うことだったが、さて、今の中国は、ビジネスに関しては、そうではなさそうだ。ロシアについては、定かではない。上下関係がはっきりしていることと、K主義でありながら、持つもの持たぬものの差が大きそうだ。
by nyfiken | 2010-10-10 20:32
Poor country..normally they have corruption, just like any other countries, maybe not in Sweden since Mona Saline was accused due to her presented bland leather bag.Anyway everybody want to obtain power, merchants are always behind.


Oil make the country rich. Oil cause the conflict between the ownership. Colonization..French colony , now china comes for Oil . America, France and China play interesting roles politically due to oil money behind. It sounds like. So now Gabon is the key word in Africa. You will be able to eat the most delicious chinese food in Africa in Gabon?
The most poorest country has become rich country.




ガボンの前大統領(故)。まさか石油でお金持ちになるとは若かりし頃は思わなかっただろう。
フランスのサコジは長いこと知っているよ!ニコラと軽く呼ぶ。アフリカにおける中国についてのコメントも興味深い。植民はもう終わったんだ。アフリカは変わりますよ!なんとなく石油がでる南米の某国の大統領の雰囲気もある。お金があると(国に)人間とは、なんとなく余裕がある雰囲気。



ジュネーブの宝石店で輝く大粒の宝石は、ダイヤをはじめアフリカなど貧しい国から。ベルギーなどヨーロッパの国は、いまだに植民地時代の富を享受している。以前、マダガスカルの大地をミニバスをチャーターして走っていたら、突然貧しい集落の中に現れた町。携帯電話のタワーがたっている。ブルーサファイアが川からでて、数人しか住んでいないところが、2千人の町に。それも数年で。砂糖にむらがるありさんではないけど、地下資源は、神様のプレゼント。中東は、おかげで戦争で大変な思いをした。さて、フランス領ガボンの石油で新興成金が。政治的な権力者や、商才のある人に、富はアフリカ人の間に貧富の差を簡単にもたらした。もちろん、物資はヨーロッパからも果物がアフリカに逆に輸出される。実際日本人があれほど美味しい果物をいろいろなところから輸入してあるいは国で作って食べているとは、普通スウェーデンの人は知らない。ソレと同じように、ガボンの金持ちがヨーロッパから美味しいフランスのぶどうを輸入して食べているなど、スウェーデンの人は、考えもしないだろう。



フランスの植民地はアフリカも南太平洋もこの曲。NYFIKEはこのリズムが大好き。ZOUK。
フランスの植民地曲だが、ニューカレドニア、バヌアツ、タヒチ、アフリカではガボン、マダガスカルなどでは
夜踊りに行くとこのリズムの曲で踊る。ガボン大統領主催のパーテイ。オイルマネーがなんとなく回っている雰囲気がする。アフリカのガボンは、貧富の差が大きそうだ。ジュネーブで、パリコレのようなドレスを着たアフリカ人女性とその夫は、ジュネーブの宝石店の宝石を見ていた。これがいいんじゃない?シルクのスーツのご主人の手にも夫人の指にもきらりとダイヤが光っている。アフリカの要人スタイルと見る。はて?ガボンから?
私のジョギングシューズにスウェーデンの布の手提げバッグにパンツスタイルは、歩くにはラクチンだがシックではない。When you visit Gabon in Africa, you should take the silk dress with you in case of your being invited.But we know the difference of rich and poor could be the same as in Sweden and in Japan. Or maybe more. In Sweden, there are poor who sit and ask money on the street(white) even now. peoples might say they are not swedish, but how we can determine the nationality.I can say they are European.

2009年に父親の故大統領の後、息子が選挙で選ばれた。いずれにせよ、フランス植民地のフランスオイルもガボンで沸いているのは確か。


Politics in Gabon, this is very clear.


by nyfiken | 2010-10-10 06:06
日本とスウェーデンの違うところはたくさんあるが、日本人のコレクテイブ集団生活と個人主義ヨーロッパ的スウェーデンでは、日本の常識が裏目にでることがある。

たとえば、スウェーデンでは、自分の仕事は、それをきちっとすることが求められるが、もし同僚が
あたふたしていても、まず自分のやることをきちんとやるということが前提となる。日本社会では、気配り、
あうんの呼吸で、気がつくことや言われなくても自発的に手伝ったりすることで評価される。スウェーデンでは、
おせっかいは禁物。たとえば、自分のやるべきことがあるのに、お人よしのようにして、相手を手伝ってもあまり感謝されない。コーヒーを入れる人は、コーヒーをいれて、後ろでサラを洗っているひとが、頼まれるまでは、お手伝いしないで、どんなにカウンターに列ができて、人がまたされても、ひとりが必死にコーヒーの注文を受けたりする。途中の横はいりやちょっとした質問も禁物。順番にひとりひとり応対するために、トイレはどこですか程度の質問でも、自分の番がくるまで我慢して待つこと。ちょっと!まるまるは通用しない。日本では、郵便局でも後ろに列ができると、後ろのほうで計算をしているひとが、ちょっと前にでてきて、はい、次のひと!ということがあるけれど、これはなし。

逆に、スウェーデンスタイルに慣れてしまった日本人や帰国子女が日本で感じる逆カルチャーショックもないわけではない。たとえば、スウェーデンでは、予定を決めるときに、まずまるまるの日にちはわたしはできません。男性なら、妻の誕生日です。とか妻の前のだんなさんとの子供が孫をつえて遊びにきますから。などなど。はっきりとわたしは4日がいいです。3日はだめです。という。日本ならば、みんなの出足をみて、なんとかさんがそういうのなら、わたしも都合つけます。と間違っても妻の誕生日とか、子供のボーイフレンドが来るからといったことなど家庭の都合を最初にいうことはないかもしれない。週末は、家族との約束がいろいろはいっているスウェーデンの人たちは、それなりに、みんな忙しい。

スウェーデンに長く住んでいるうちに、言い方が少し紋切り型になるかもしれない。努力してみます。できるかどうかわかりませんが。といってできないより、最初からだめなら、だめ。というほうが、別なひとを捜してみるとかそういうことができるという。また、日本の社会や会社なら、なにかオーダーやセールスをして、だめならだめという返事があるけれど、スウェーデン式に、音沙汰がなかったり、連絡がこないのは、そのオーダーや買う気がないとか、ノーという代名詞となる。無視するわけではないが、電話するといって電話がかかってこない取引先は、ノーにほぼ等しいという。ちょっとこれは、なれるまで、だめならだめ、できませんときちんと返事をする日本社会や会社のやりかたと少々違うスタイルと見る。

あわてない。火事が起きても、パスタのサラをもって外へでて、火事を見るというのは本当のように、スウェーデンでは、落ち着け!落ち着け!と子供の頃から言われて育つ雰囲気がある。だから、サッカーの試合最後の3分で点をいれて、逆転というケースはスウェーデンの得意とすること。あわててはいけません。落ち着いて。と何度言われたことであろう。ということで、ラテン気質的日本人は、この国に長く住むと、ぎらぎら感は少し薄れて、男性ならば、静かに、落ち着いて、なんとなくものしりおじさん的ふんいきになる。日本の新橋横町で飲んでいるおじさんのぎらぎら感は抜けおちる感じも。静かな森と湖や白樺の木の国では、興奮しすぎる幼稚園から一緒に帰る母親と娘の会話。興奮して話す娘に、スウェーデンの母親は、”もっと静かな声でお話しなさいね!おちついてね!”と語りかけていた。こうしてラテン的なイタリア人の身振り手振りより、静かな森の湖畔の民族は、落ち着いて、コーヒーを静かに飲む。が、3ツ子の魂なんとやらで、ラテン気質の私は、なんど注意されても、やっぱり興奮して、語ってしまう。

tASTY MUSIC IS JUST LIKE A NICE CHOCOLATE MADE WITH LOVE AND GOOD TASTES.aFTER HAVING NICE CHOCOLATE WITH NICE WINE would be thesame feeling as this song。



先日のスイスno1のチョコレートは、philippe pascoet ジュネーブとパリにお店があるが、ジュネーブのイタリアタウンのお店は小さくて見逃すほど。職人がちゃんと作るチョコは、一口ほおばるだけで、体中に幸せな感じが広がる。大手の商売になってしまったチョコと違う。チョコレートの世界は奥が深い。チョコレートとフランスの赤ワインlyracの組み合わせはnyfikenのこの秋一番のお勧め。ライラックワインとチョコmenthe。お勧めは、パスコエットのTHE au jasminジャスミンテイーのチョコ。一粒の小さなチョコが至福感を与える。美しいだけとか箱がいいとかそういうものではなく、あの人目につかないような職人が多くいるジュネーブの小さな町の通りにあんなに美味しいチョコレート屋さんがあるのには、目からうろこ。

スイスに行くことがあれば、首都で、13番のトラムでnationへ行く反対方向に乗って、河を渡り、しばらく行くと、屋根が低い昔風の町並が見えてきたら、そこで降りてみよう。昔は、その地区はパスポートが必要だったと町。スイスの国旗マークのぶた貯金箱にびっくりしたあとに、駅近くからぶらり遠くに行こうと思って電車に乗った。地図やガイドブックを持っていくのを忘れ、ホテルのフロントでも地図がなくて、がっかりしながら、乗った電車(わたしはいったい今どこなのだろう)という反省しかりの途中で偶然であったお店。捜しても見つからないものもあるけど、偶然見つかるものも人生には時々ある。偶然の必然性というのだろうか。

classic, pops, jazz, r&b, music ..i like his light touch, reminds me of billy j, kieth jarrets, modern touch..i like his jazzy piano and rythm.
by nyfiken | 2010-10-09 08:09
KANELBULLAの日ですよ。と今朝近所のパン屋さんにクロワッサンとパンオショコラを買いに行ったら言われた。シナモンバン。スウェーデンの人がコーヒーといただくパン。日本人にとってのアンパンくらいの重要度があるもの。たとえば、マラソンで走って、ゴール先に、待ち構えているものがカーネルブラーのシナモンロールだったら嬉しいな。温かいコーヒーと。というのがスウェーデン人の本音。

スイスのジュネーブのホテルの朝食は、小さめのクロワッサンとパンオショコラ。その辺は、フランスと似ている。チーズにいろいろなジャム、とハム。さて今回、スイスの山小屋風のホテルの朝食で、スウェーデン化していると自分が苦笑した話が。。スウェーデンは、社会主義が長かったこと。平等思想のためと高い税金のため、あまりサービスがよくない近代史がある。日本のようなサービスを受けたければ、グランドホテルに泊まるしかない。

実際的プラクテカル思想。貴族や王様なら、日本のホテルのようなうやうやしいサービスは受けられるけれど、ふつうの労働者は、自分でコーヒーをいれる学校キャンテイーン方式がどこでもふつう。。その辺は、アメリカ型のファーストフード店やコーヒー店もレジで並び、トレイに自分でコーヒーを持ってテーブルにつくというスタイルと同じである。

さて、スウェーデン化した私のした間違いは、プチホテルのキッチンがオープンになっていて、ロビー兼カフェの山小屋風にあるテーブル脇にあったクロワッサンとパンオショコラーをとった後、ふとコーヒーがないことに。人がいなかったので、キッチンにはいり、カフェが作られてあるコーヒーメーカーからそのままコーヒーをカップに注いでいた。すると、ウェーターのおにいいさんが、あわてて、マダムー。テーブルまでコーヒーをお持ちします。そう。スウェーデンでは、ガラスのコーヒーメーカーの例の色気も何もないあのままが作りおきしてあるのをお客さんが、注ぐ。美しいたとえば、アンテイックなコーヒーポットなどのスタイルは、一度もお目にかからない。カウンター横に、山のようにあるカップに自分で注ぎ、牛乳パックをそのままおいてあることすらあるものをいれるだけが多い。さて、スイスでは、小さなステンレスのコーヒーポットとめいめいにミルクポットに温かいミルクガ入れられて小さなトレイにいれて、ウェイターのおにいいさんは、テーブルに運んでくれた。スウェーデンの社会主義的サービスになれてしまった自分が恥ずかしくなった瞬間。最初スウェーデンに来たころ、作りおきしてあるコーヒーがウオーマーにのっていて、そのガラスポットから注ぐコーヒーにがっかりしたこともあったがソレもなれた。日本では、自家焙煎やぽこぽこサイフォンで入れるコーヒーなどを飲んですごした学生時代。今でもいやなのは、紙コップのコーヒーはキャンプや郊外以外は、できるだけ飲みたくない。

スウェーデンのビジネスがいいというのは、サービスを期待しないスウェーデン国民全員が同じお金をだしても、学校のキャンテイーンのセルフサービスでコーヒーを飲んだり、食べたりする社会主義スタイルが今でも続いているから?グランドホテル並みのサービスを期待する日本では、労働マンパワーが必要となり、企業もたくさんの人を雇うしかない。たとえば、スウェーデンのカフェにはひとりのおねえさんがいて、全部することもあり、列ができてそれでもみんな辛抱強く待っている。大きなスーパーの果物は腐っていることもあるけど、それは買う人の責任。等々。人手をかけないことになれた国民とモノポリビジネスのために、競争がないスウェーデン社会。

サービスの分が税金にまわって、国にお金がはいる。あとは、あまり手の込んだお料理を作れない時代になった忙しい働く妻に、スウェーデンスタイルに、簡単な一品料理で文句をいわずに、すごす夫たち。料理をあまり作ってくれなかったママに育てられたスウェーデンの男たちが、働く妻をおもんばかって自分たちも台所を手伝い、家事をするといったもの。妻も働くから、家では、男性も手伝うのは当たり前という人が多いが、日本女性でスウェーデンの夫を日本男性扱いをすると、それに慣れ、男性がなにもしないというケースもあるが、その場合はご主人の収入にもよる。

知らない間に、スウェーデンスタイルに影響を受けていることがわかった今回の旅先でのこと。でもやっぱりあの四角いめがねをかけて、髪の毛を刈り上げ、黒いジャケットに青いジーンズ、片手にリュックサックおばさんには、ならないように、気をつけよう。スイスやフランスの女性は、スウェーデンの労働階級のおばさんより、普段の格好は、フェミニンである。

スウェーデンでは、同じ職場で浮いた格好をするとおばさん同士のチェックがはいる。これはきっと日本のパート先で、ジャラジャラしすぎるとなに、あのおばさん!といわれることに似ているが、高校生のころのきらきらしたスウェーデンのかわいこちゃんも、おばさんになると、四角いめがねをかけ、お化粧をあまりせず、黒ジャンパー青ジーンズ黒いリュックサックスタイルは、スウェーデンに一番溶け込むぶなんなスタイルかもしれない。という私も、ブルーと黒の組み合わせは、嫌いではない。ここの女性の勝負ところは、黒い上の短めのジャンパーの下。長い足にスタイルのいいジーンズならば、格好はいい。しかしながら、なかなかそうはいかない。おなかを隠すために、長めのふんわりしたもの。ジーンズはきついので、ゴムのはいったのびのびズボン。

スウェーデンについてすぐ気がついたのは、スウェーデン人は、上に黒、下に青いブルージーンズという組み合わせが、男女年齢かまわず好き。町にでてみよう。5人に3人は、上が黒のジャンパー。下がブルージーンズというのが多い。日本の旅行者?日本人は、海外にお出かけするときは、いつもよりちょっと派手のものを持って行ったりする。そういう私も、ハイヒールをはいて歩いていたのが、最近ではジョギングシューズ。歩きやすいのと運動のため。といいいながら、実りの秋。食欲の秋は美味しいものが多い。ぴっちりブルージーンズに黒いジャンパーで颯爽と歩く四角い淵めがね、刈り上げキャリア金髪スウェーデンおねーさんは、颯爽と電車のホームを歩いて通り過ぎた。スタイルのよさ、男なんてなによ!かつかつとブーツの音がホームに響く。モダンなスウェーデンの女性は、男っぽい。
by nyfiken | 2010-10-04 17:29



Late September I visited Geneva for a few days and stayed at the small hotel near the Geneva central station. This time I flied from Stockholm to Geneva by Swiss air. Autumn in Switherland. What I love there? I love visiting supermarket in Manor, then found real grapes from France. My favorite grape name is Humberg. So sweet. Then found KAKI from Italy. In the southern Europe, they love to eat raped kaki. I carried 4 kaki very carefully with grapes, but when I reached the hotel room, raped italian big kaki were all broken, although I ate all like drinking juice. So sweet and vitamine A. I always miss real grape in Sweden. Since most imported grapes from the south africa or chili look great, but taste is not so sweet as Japanese or french ones. Love to walk and take a trum in town.




I like old italian district that has many interesting handmade shops and old style of houses. Take No 13 trum from the station to the opposite side of NATION. Then on the way you can see the suddenly town looks like small nice cozy town.Carouge in Geneva is my recommendation. I recommend you to visite a few shops there. Boutoue Japonaise. 36, rue Ancienne Carouge.GEneva boutiquejaponaise@gmail.com, ZABO -handmade chapeaux. 31 rue saint Joseph.Carouge Geneva.www.zabo.ch And my most favorite shop in Geneva is the best chocolate shop. This I do not want to let other peoples know about this. But HInt, you can check on the net easily.Very small shop, but probably best in Switherland. The taste of chocolate, if you have toothache, immediately your toothache will disappear!More imformation will be on another day.



山と湖が見えるジュネーブは、ある場所は、庶民的、ある場所は高級な時計や宝石屋さんが並ぶ。今回はジョギングシューズをはいて町を歩く。教会の中に座って静かにステンドグラスを見上げ
太陽の光がグラス越しに中を照らすのを見る。私のひそかな楽しみは、モロッコ料理をいただくこと。中国の火鍋とヨーロッパの中ではレベルの高い韓国料理(オリエンタルマンダリンホテルのむかい)でのおいしい石焼ビビンバと豆腐チゲ。とどうしてもアジア料理に足が向いてしまうのはおなかに正直に。スイスのお料理をいただくべきなのに。。



by nyfiken | 2010-10-03 04:04