スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Swedish society consists of Swedish,old immigrants,new immigrants and their children. Greek, Italian, Yugoslavian, East European, Russian, Asian and African.

The southern Swede nonce was occupied by Danish, they seem to have the same way of thinking as Danish about immigration policy. They are afraid of being invaded. They are afraid of their being mixed. They are afraid of being changed from their simple life. They are afraid of changing their life. Imagine! They have to protect their land for faming, their pigs , their blood, their everything to keep so called culture and tradition. I can see them as the same peoples as the south pacific island village peoples where I used to live. They are very afraid to be invaded by outsider .

So what south pacific peoples did when captain cook visited. They tried to kill them and after many church peoples from Europe wanted to change their religion last century. What happened to them.Some afraid islanders killed European missionaries and ate as grilled pig. I was invited by a small village church in that island, then someone said " Today is the memorial day for our church, since 160years ago,missionary was killed and eaten. So we must pray for them. "I thought that was just a joking, but it seemed to be true.Skane peoples are afraid of being occupied by strange immigrants and foreigners. They are afraid of being changed their simple quiet life. All the villagers are very afraid of everything.Pig party is ironical name in this TV comedy. Their way of showing Stockholm by a pig farmer's eye is very interesting.

by nyfiken | 2010-11-28 23:47
Angrosaxon..I mean English knows how to write English. I always adore their great way of writing and using their mother language.English.They know how to sell products throught their fantastic way of description. not the way how they cook. They can cook but it is best for them talk beautifuly how excellent the food is and how the chef should be and how restaurants should look like 。
this is the best example how to sell THEFOOD. Example is from the book Wagamama cook book.

Let's learn from them how to promote our culture. English translated our food culture into English to let all over the world peoples understand simply due to their translation including to their way of introducing and presenting our food. Thank you ! for british. We copied your HB sauce as bulldog sauce and we love to eat many of European inspired food with that sauce.We inspire and are inspired among food culture. Sushi has been popular , now the noodle. It is the matter of time, Gyoza, Noodle in Japanese style so called, Noodle restaurant will open soon inside of sushi restaurants in Stockholm everywhere since most of owners are chinese, they can cook very good ramen if they become very serious..Let's wait for owners taking their quick action to open Ramen noodle restaurants all over Stockholm with their sushi, asian buffe. Preferably Wanko soba style.I recommend you, owners, The name would be best "INAKA" " WANKO" "SOBA" OR " UDON TANUKI" "KITSUNE" "HAGE TEN" For noodle restaurants !!

I personally am so impressed how this restaurant concept was made by English and their way of writing. One of the best copy writing and the design cookbook and their restaurants are real professional way of advertisement.



f0157298_7393275.jpg



Wagamama cook book ynopsis
Our aim at wagamama for now and in the future is to serve great, fresh and nutritious food in an elegant, yet simple environment; to provide a helpful, friendly service and value for money. Change for us is in the form of continuous improvement.' the wagamama ethos. True to the positive eating, positive living ethos of wagamama's idiosyncratic chain of noodle restaurants, this official collection of recipes shares the secret of the hallmark culinary minimalism that has won it instant cult status worldwide. The distinctive wagamama flavour originates from the traditional 200-year-old ramen (noodle) shops of Japan which guarantee nourishment with ingredients that cleanse and nurture the mind and body. Suitable for meat-eaters, seafood lovers and vegetarians alike, the 120 recipes have been specially created by the people behind wagamama's unique house style and concentrate on cooking fresh, quality ingredients in a way that retains maximum flavour and nutrition. With mouth-watering recipes for appetisers and side dishes, hearty soups and stir-fries and exotic sweet-rice desserts and juices, plus hints and tips on ingredients, equipment, cooking techniques and structuring a meal this unique collection means that the stylish wagamama experience is now yours to take home. Whether you want to impress the health-conscious dinner guest or simply feed family and friends good, wholesome meals, this book allows you to recreate the best of Japanese cooking with a selection of delicious, low-fat, one-pot meals which are easy on your time and budget as well as your waistline.


This description show us the expectation to Japanese food. They add value to our traditional Japanese restaurant. Modernity, stylish IWITH advertisment, The services For us everything is very usual. Food, coziness, modernity and japanese inspired food . They do very well, then they are inspired by Japanese restaurants, services, so it will go well, I am sure. Wagamama restaurants have the quick services, well trained waiters and waitresses like Hardrock cafe or Macdonald, their way of professional international way of attitude, not really swedish style, will be very appreciated by swedish from all over the sweden, since the restaurant is just 2 minutes from Stockholm central station. Smart.
by nyfiken | 2010-11-28 07:21
現代、コンピューターのネットユーザー、私を含めてブログを書く人、フェイスブックをする人、トウィッターなどプライベートな情報がネット上で公開され、見知らぬ人たちと自分のプライベートを簡単に話したり、書いたりする時代は、個人情報が知らない間に、売り買いされる時代となっている。ネットセキュウリテイは、もはやネットヴァイルスの問題ではなく、ハッカーが得る情報ではなく、むしろ、知らない間に構築され、瓜買いされる個人情報。例えばGOOGLEのGMAILでは、知らない間に、書いているメール文中から言葉が自動的によりわけられ、コマーシャルがどんどんとはいってくる。

ブラウザの影に隠されたものは、便利さとは別に、書き手が何を好み、どういう人間と交流し、どういう好み、消費傾向があるなどが、相手のほうに情報としてわたる。この情報は、書けば書くほどその人間像が構築されていく。GOOGLEは平等ではあるが、中国が国から追い出した理由は、むしろ中国内の情報がメールを通じて、すべて個人情報が記録される特別な機能を憂いたものという理由が大きいのでは思う。ならば、YAHOOやHOTMAILなどは_私の理解するところでは、GMAILは、ヴァイルスに関してもかなりセキュウリテイが高く、安心して使えるが、たとえば、メール内に、入ってきた土地名などに関する宣伝など知らない間に、自分の情報に関連したCMが隣にしっかりと現れている。

かつての広告代理店が、一般のだれにでも向けて広告をだしていたものならば、おそらく今の広告のやりかたは、多様化する個人の興味やニーズに元ついた広告をその人のコンピューター画面を開いた時に、テイジするといったものが多いのではないだろうか。GOOGLEで探索した名前や、お店などは記録され、例えば、私がオレンジちゃんだったらオレンジちゃんの全てのデータ記録に、かわいい犬、あんこ、おしるこの美味しい店、などがピラミッドのように積み重なり、気がつけば、お汁粉屋の宣伝やかわいい犬用のジャケットのお店などがコンピューターをひらき、さあメールを書こうかと思った時に、いやがおうでも目に付くシステムとなるのは、理解ができる。

さて、今世界で一番注目している個人情報ネット上の安全性。フェイスブックやトウィッッターユーザーに本当の名前で登録している若者が将来どういった問題が起こりうるか、少し警告をしている学者のエッセー。を抜粋したい。英語だが、英語が苦手なら、自動翻訳機能を使って読んでみてほしい。なるほど、と思う。アメリカのほうが日本より進んでいるネット上のいろいろな考え方、その中で彼が積極的にでてきたのは、それなりの理由がある。

Architecture of Privacy
By Bruce Schneier
IEEE Security & Privacy
January/February 2009

The Internet isn't really for us. We're here at the beginning, stumbling around, just figuring out what it's good for and how to use it. The Internet is for those born into it, those who have woven it into their lives from the beginning. The Internet is the greatest generation gap since rock and roll, and only our children can hope to understand it.

Larry Lessig famously said that, on the Internet, code is law. Facebook's architecture limits what we can do there, just as gravity limits what we can do on Earth. The 140-character limit on SMSs is as effective as a legal ban on grammar, spelling, and long-winded sentences: KTHXBYE.

As architects of the Internet, we have a special responsibility to our children to build an Internet that future generations will be proud of, one that encompasses basic human rights and values. We do this when we build systems that offer universal access support, open interfaces, and net neutrality, bypass censorship, limit surveillance, fight repression, give people control over their digital presence and digital personas, and foster individual liberty and privacy—especially privacy.

This would all be easier if the choices we made were temporary. But if history is any guide, they're not. Architecture, both physical and virtual, stays around far longer than we intend it to. College campuses built in the 1970s to limit student protests are still standing, as are buildings designed to defend against medieval siege engines. ASCII and TCP/IP aren't going anywhere anytime soon; neither are domain names, email addresses, or HTML. It's been many years, and we still haven't managed to get either DNSSEC or IPV6 deployed. A “just for now” decision can easily remain for decades.

Business and political realities make privacy harder. Some business models depend on walled gardens or invasive digital rights management controls. Other business models depend on collecting and selling personal data. Some countries depend on censorship to enforce morality or keep ideas out, while others depend on surveillance to control their citizens.

The natural tendencies of the Internet make privacy harder. Technology is the friend of intrusive tools. Digital sensors become smaller and more plentiful. More data is collected and stored every year. Privacy isn't something that occurs naturally online, it must be deliberately architected.

Companies that retain personal information put their customers at risk. Security breaches, court orders, and disgruntled employees are just a few of the ways to lose control of data. Good architectures that minimize data collection reduce these risks, just like guardrails on highways prevent more serious accidents when drivers lose control of their vehicles.

We need to be more deliberate. A lot of information-age architecture is about data: what is collected, who controls it, and how it is used. Data is the lifeblood of the information age, but much of it is very personal. We need to design systems that limit unnecessary data collection, give individuals control over their data, and limit the ability of those in power to use that data for mass surveillance.

Data is the pollution of the information age. It's a byproduct of every computer-mediated interaction; all processes produce it. It stays around forever, unless it's disposed of. It can be recycled, but it has to be done carefully. And, like physical pollution during the early decades of the industrial age, most people completely ignore the problem.

Just as we look back at the beginning of the previous century and shake our heads at how the titans of the industrial age could ignore the pollution they caused, future generations will look back at us—in the early decades of the information age—and judge our architecture, and what we did to foster freedom, liberty, and democracy. Did we build information technologies that protected people's freedoms even during times when society tried to subvert them? Or did we build technologies that could easily be modified to watch and control? History will record our choices
by nyfiken | 2010-11-26 19:43


Great CM.
わたしは、今回のシリーズ、ランヴァンの口紅がほしい。デザイナーが選んだ色に興味がある。








Today`s fasion news about H&M Lanvin collection, just a few minutes their first selling, already second hand auction started and sold out. That means Some bought them for reselling as auction! The world is full of business peoples.

宣伝の効果あり。ランバンコレクションは、列をいろいろな国で作らせたが、今日のスウェーデンのファッションニュースによると、お店がオープンしてすぐにもうセカンドハンドサイトに。ネットオークションがはじまったという。ランバンは、今世界でもっとも注目されるデザイナーの才能あるコレクション。さて、スウェーデンのファッション関連ニュース、ブテイックオーナーやファッション関連の人向けのサイトでは、売出しがはじまってすぐにセカンドハンドとして商品がオークションで値段をあげて売られたとのこと。これは、人気に便乗してひともうけしようとする人たちが、いち早く並び、サッカーの試合のチケットではないが、すぐにネットで売り出したもの。さすが。ふりふりをおばあさんから孫まで3代に向けてのCMはなかなかだった。

ちなみに、ニュースの抜粋。
Lanvinkollektion blev snabbt second hand
2010-11-24
H&Ms Lanvinkollektion som släpptes igår hamnade på andrahandsmarknaden efter bara några minuter

.
Intresset var som väntat stort för H&Ms Lanvinkollektion. I Hong Kong köade människor hela natten utanför butikerna. Även i Sverige dök spekulanter upp redan under natten för att få en bra plats i kön.
När butikerna väl öppnade slussades kunder in i grupper för att undvika allt för stor trängsel.


Och kort efter att butikerna öppnade fanns plaggen tillgängliga i andra hand på nätet. Auktionssajten Tradera meddelar att man hade de första auktionerna av Lanvinplagg igång redan ett par minuter efter att butikerna hade öppnat.

スウェーデンのネットオークションのトレデラ(スウェーデン語は英語に似ていて、TRADEからTREDERA)はお店がオープンしてすぐに、トレデラのネットへ。そして2,3分のうちにそのランバンコレクションが落とされたというスピード時代を物語る記事。うーん。今の時代は、亀は、生き辛い。

この仕事は、ほとんどボランテイア、今までランヴァンを買うことができない多くの女性に、一流のものをお手ごろな値段で提供したい。とデザイナー。



My favorite collection from Lanvin, that was 2009 spring, the colour was so chic.

スウェーデンのファッションニュースによると
Singapore nästa för H&M
2010-11-22
Som första anhalt i en tänkt Sydostasienexpansion har H&M valt att etablera en butik i Singapore.

Butiken kommer att öppna på Orchard Road, vilket är bästa affärsläge enligt H&M.
-Det finns en stor potential i denna folkrika och modemedvetna region och Orchard Road i Singapore är rätt avstamp för detta, säger H&Ms vd Karl-Johan Persson.
Butiken blir 3000 kvadratmeter och väntas ha premiär hösten 2011.


来年11月にシンガポールにオープンさせるH&M,スウェーデン企業の成功は、国内市場だけにとどまらず、海外に市場を求める。ユニクロのカジュアルスタイルは、スウェーデンなどでは、どのように受け入れられるのだろうか。スウェーデンならマキシモDUTTIというブランドがあるが、男女共にデザインが参考になるかもしれない。あのおしゃれな男性服のコーデネイトを参考にして、安く提供できたらいいのでは。。ユニクロはカジュアルラインだが、セーターやカーデインガンのラインが太い人は太くみせ、とカジュアルでぶなんなデザインであるが。カーデイガンの長さや布の薄さや軽さは気安いが、着ておしゃれにみえる女性のセーターなどがほしい。例えば、スウェーデンのブランドMACCIMO DUTTIなどを少し研究してほしい。幅広い年齢にあまり流行に左右されないものというのがコンセプトにあるからだと思うが、もう少し一歩おしゃれに見えるラインを作る必要があるような気もする。
by nyfiken | 2010-11-24 18:09
I like to catch the moment. Especially when I feel , I took out my mobile from bag, and take photos. My camera is moblie phone, although the cost for the mobile was worthy for that due to these photos if I think back for last two years.WHen I bought that moblie, sony ericsson, I thought that was not cheap and rather expensive, The price could be the same as a small computer, or more.Korean swedish seller recommended me to buy that at the shop, his way of promoting is like that." This moblie is made by craftman , you know they use the same material as piano, so black surface has the same charm..Then I bought it.The charm of black piano had been torn out a bit. Still working well. I had different moblie phones, but when I think back, the moblie phone became very personal thing.

Mobile phone in Japan that I have is mostly I was given by shop for promotion , so it looks rather chunky cheap girlish mobile. In Sweden I did not want to buy dark grey sorts of no characteristic , boring type. Although too much glittering moblie can not be used for working at the office. there are so many types of phones, it is almost difficult to decide which one should we choose. Rabit type of peples have already bought new phones, and live in advanced life for communication and obtaining the information from the world, then slow turtles are thinking a bit which one should be chosen while thinking the oldest model and oldest sounds echoing on the subway train...Thanks to DR. Shirakawa who found the special materials that we use computer screen and mobile phone screen like I phone. ...

The invention have changed the world totally. I think what is the big different from the ordinary peoples and the person who got nobel prize. When we failed, most peoples throw away the failed one and hided, then talk as the written answer at the end of the text book. But the person who invent something, always make question, why it become so?Then analize one by one in accurate way. So to produce the real inventionary peoples, the Japanese education need change from remembering the answer to the findings whY it is so?To be a good girl and good boy syndrome sometimes create this remembering answers and pretending to be smart boys and girls.Even it takes time, it could be good to take a time to find the way why we made mistakes.And from the result of mistakes , we could have the best answer for all.

f0157298_18262281.jpg

photo by Nyfiken On the street in Stockholm



f0157298_18344580.jpg

Photo by Nyfiken At a cafe stadsmission Gamlastan, Stockholm
Christmas ginger biscuit etc.Swedish sweets for Christams seasons.
f0157298_18424286.jpg


Photo by Nyfiken A shoe shop Gamla stan in Stockholm
A nice beautiful dog is sleeping on the carpet at the shoe shop.
f0157298_1955017.jpg

Photo by Nyfiken cinamon ban swedish favorite cinamon bread, Stockholm
This goes well with coffee.In Japan they have similar, but sorry! bakery should learn from Sweden , because the amount of cinamon are not enough,
f0157298_21421780.jpg

Photo by Nyfiken,
skandinavian style..Winter color, The simplicity is one of characters .Designe ,color and paterns are quite simple.
by nyfiken | 2010-11-23 18:04
無料の招待チケットを頂き、中国西安かラはるばるこのスウェーデンまで運ばれてきたお人形さんたちを見に行ってきた。2000年はるばる長旅ごくろうさん。という感じだった。キリストが生まれる前後の200年。秦の始皇帝。農民が畑でみつけた破片から大騒ぎに。まさか2000年も昔のお墓がでてくるとは。王は偉いのである。生き様は死に様という言葉を思い出した。生きている時が戦いの時だった皇帝を守るべく、兵士たちは、おそらく本物そっくりを作り、守られてあの世に旅だっていったのだろう。私は、以前上海博物館で、中国の皇帝に日本の天皇が最初のリーダーとして認めてくださいという親書を出した手紙を読んだことがある。日本の半分これこれを私は制覇し、ですから和国の長としてお認めくださいといったものだったが、その当時の中国の皇帝の権力の強さがわかる。日本の皇室は、世界で一番古いとはいうものの、もし中国が今でも皇帝がいたら、いわずもがなだったはず。


さて、写真を中国の本場では撮影禁止らしいが、スウェーデンでは他のひともみな写真を撮っていた。自分ひとりじめにするのはもったいないので、公開することにする。携帯電話のカメラにしてはまあまあ良く撮れている。

保存状態のよい兵士たちの像がガラスの中に陳列されている。場所が、第二次世界大戦のときに、迫りくるドイツやロシアなど大陸の戦火のために戦争に参加しないものの、洞窟を掘って、病院となるものや、地下の防空壕が延々と作られた。その一部を実際に使って今回中国展をした。おそらくほとんどの人がしぇップスホルメンのあの博物館の下のほうにあれほどの地下の穴があるとは分からなかったはず。この中国展のために、特別一部を展示場として作り直し、環境を整えたという。

たくさんの人が地下に入るために、きちんと空気を外からひいている。ブリキの大きな筒にたくさんの穴があいているようなものから冷たい外気が入ってくるようなものがその洞窟のような大きなトンネルにそってひかれていた。

博物館の前には行列ができていた。団体として、説明をする係官の声がイヤホンからきちんと聞こえてくる装置を各自持ち、スウェーデン語で説明をしっかり一時間たっぷりと時間をかけ、これ以上ないくらい丁寧に説明をしてくれた。王様のお墓が発見された場所を説明する博物館文化官ペトリさん。

f0157298_5301923.jpg



実物大より大きくできている兵士たちが2000年近い長い時間がたっても残ったのは、驚きである。理由は、土を焼いたものだったから。土器は残るが、例えば、本物の布で着せた服や兵士がのっている馬を木で作った木は、朽ちて跡形もない。金属と土器が残った。が度重なる盗賊、あるいは
外敵などで、埋まっていた場所から多くの貴金属らしい高価なものは盗まれ、また土をかぶり、立っていた兵士像が壊れてなんとも生々しいかんじで崩れている写真も。

f0157298_5195636.jpg




王様のお気に入りの彼女たちも一緒に埋められたというのはよくある話ではあるが、どうだったのだろう。さて中国皇帝の多くの夫人ならびにお気に入りの宮廷の女性達、そこにつかえる宦官たち。奥方や女性にうやうやしく使え、気に入られた宦官たちが、力をつけていくのは、教科書で習ったことがあるような気がするが、この展示にもそういったことが書かれていた。


f0157298_5525657.jpg





奴隷や罪人たちが労働者として働いた後、処刑され、穴にそれぞれ埋められいた。こういったスフィンクスではないが、王は権力者として君臨していた時代、神のような王が亡くなって、その後を継ぐ者たちが、たたりやなにかを恐れて作ったものなのだろうか。それとも、王に対する忠誠心だったのだろうか。あの世でも守る兵士たちというその王の敵とはいったい誰のことだったのだろう。

中国の皇帝が中央アジア、モンゴル、近隣諸国に盛大な力を持っていた時代、中国ははるかに進んでいたわけで、マスプロダクションのひとつひとつの質の高さや精巧な作りに誰もが目を見張る。兵士の頭、上体、下、靴という何種類かを無数に組み合わせている。職人技に感動し、2000年前の暖房も電気もない時代に、人の顔や雰囲気はあんまり変わっていないことにむしろびっくりした。2000年の間に、アジア人の顔はすぐにスウェーデン人の顔に変わることはないのと、当時も兵隊は中国語や地方語を話していたことを思うと面白い。北方の中国兵士や南方の中国人の顔の特徴がそれぞれあって、中国人の好きな議論、北京人、上海人、広東人や東北人は見た目が違うというこだわりを展示からも見てとった。

f0157298_672782.jpg


若い兵士の顔は、現在の中国や日本の街角にいそうな若者の顔だった。頭はおすもうのちょんまげスタイルみたい。別の権力者の墓からでてきたミニチュアの少し色がかすかに残っていた像たちもおもしろかった。女性は後ろに束ねて短くしている。小さなお人形や豚、鶏のミニチュアまで勢力者のお墓にはいっていたという。犬とみられる2匹の像は、まるで今でもそのあたりをのしのし歩いているようなたっぷりと太った犬で、権力者のかわいがっていたお抱え犬だったので当然美味しいものを食べていたのかもしれない。犬が2000年の時をこえて、まるで生きているかのように。

f0157298_452266.jpg



びっくりしたのは、軽量スプーンや、トリの足をしたおそらくランプ台みたいなものなど。ジェイドなどの石でつくったおまじないかなにかにつかったようなもの。

中国政府は、展示を通じて、メードインチャイナの精巧さを知らしめることにもなる。あるひとが、中国もいいビジネスしていますね。過去の遺産の兵隊が海外に出張して、お金を稼いでくるんですもの。大切な遺産を海外に出すのは、いくら保険をかけていても。。。パンダさんと兵馬庸ねえ。と両方の中国への貢献度を思った。帰り、夕方6時前には真っ暗になり、濡れ雪が降っていた。。

兵士たち。がっしりとした手。あつでの綿入れのようなような服。作った人たちのことを思う。やはりご飯を食べて炒め物をしていたのだろうか。作った期間の長いこと、確か40年間という長い間この仕事をしていたというが、一生かけてやるだけの価値がある大作は、現代の人たちの心を打つ。。2000年過ぎてでてきたものが、産業廃棄物や核のごみだったら子孫は、われわれを恨むだろう。2000年たってその人たちの心に響くもの、そういうものは、現代のどういうものなのだろうか。
f0157298_1123041.jpg

f0157298_4593434.jpg

by nyfiken | 2010-11-23 00:10
80年や90年スーパーモデルの歩き方は古いものに。デザイナーがモデルに自然な歩き方を求めるために。
トップモデルが教える歩きかた。寒い冬、下を見てどしどしと歩きがちだが、エレガントに歩く練習もしたい。せめて気分だけでも。



by nyfiken | 2010-11-21 22:44
いつも日本からロシア上空を飛びスウェーデンの横を通り過ぎヨーロッパ大陸へ。そこからまた折り返し
スウェーデンへ戻る。日本から直行便がストックホルムに飛んでいないため。スイスのチューリッヒやコペンハーゲンだったり、ドイツのミュンヘンかフランクフルトやロンドンかオーストリアのウィーンとなる。パリ経由は乗り換えだけだったらスウェーデンまで時間がかかるので、なんとなく聞こえはいいが、パリの空港の乗り換えのポイントは低い。フィンランド経由はフィンエアを使うのはいいが、スターアライアンスをいつも使うメリットとは違うフィンランドエアとなるために、ラウンジを使えない場合は、あまりヘルシンキの空港は、ポイントが高くない。ヘルシンキ空港のラウンジは、フィンランドエアをいつも使うひと以外には使えないために、カフェで退屈な時間をすごすことになってしまう。かといって今回のミュンヘンのように乗り換え時間が短く買い物の時間もなく、広い空港を走るだけの余裕のないものになるのが、辛い。

さてモスクワを通り過ぎるとすぐフィンランドとスウェーデン近くとなり、モスクワがいかに近いかと感じさせる。ロシア人が多く住むスウェーデンでは、バルト3国へおでかけするロシア語圏の人が多い。ナタリイは世界のファッションショーや雑誌を飾るトップモデル。薬やお酒でお金を使い果たすモデルは、急に入ってきたお金を使えずに人生が狂う人が多かったのは昔の話。彼女は、モスクワの中に子供たちの公園を作る計画をたて、その基金を作った。オープニングは必ず自分がテープカットをするというしっかりした女性。賢いのだ。ご主人と子供たちとロシアにも自然に囲まれた家を持つ。なんとなく話し方がアイスランドの有名な歌手に似ている気もするのだが。時代が求めるトップモデルは万年少女の面影も。


by nyfiken | 2010-11-21 22:29
世界のトップモデルの予感。ママがいつも一緒よ。17歳、ナチュラルビューテイを世界は求めている。新しい時代のモデルの姿。手術で作ったサイボーグモデルの時代は終わる。時代が求める新しいフレッシュなモデルはいつの世も生み出されていく。ある日ブタペストの町を歩いていたら、モデルやらないと声をかけられたの。15歳のときよ。WHY NOT?それが今日の彼女が世界に登場することに。20代後半を過ぎると骨格が成長し、顔が変わっていく白人の女性の一番キュートでかわいい時期。香水のCMに登場するのも時間の問題。


by nyfiken | 2010-11-21 21:53

H&MとLANVIN

アメリカを代表するファッションライター、ニューヨークタイムズのスージイメンキス。お得意の前髪スタイルが特徴がランバンのデザイナーをインタビュー。彼女のファッション界に及ぼす影響は大きい。デザイナーが本音を語る術を持つ。今の世界のファッション界では、アメリカンヴォーグの編集長とスージイのコメントがとても大事とみる。





LANVINときくと、わたしには、香水の箱の黒い色にLANVINの文字を思い出す。ずっと昔につけていた香水だ。あの丸いボトルにゴールド。ランバンのバッグを昔持っていたことがあるが、なかなか使いよかった記憶がある。赤オレンジ色とイエロー系で、カジュアルで使いやすかった。ランヴァンは、インタビューで答えている。わたしは、強い女性が好き。行動的で強い女性と断言する。ヨーロッパの男性は、現代の女性像にママ的な優しさと、父親のような強さを女性に求める。頼られるより頼れる女性というのだろうか。

デザイナーのおでぶちゃん(ごめんんさい)めがねおにいさんは3年前のファッションショーから、感性がひときわさえてきた感じだが、去年の彼のこだわりは、シンメトリイーをこわし、リボンつかい。どちらかというとフェミナインな印象があった。ガーリッシュ、フリル、80年代にもどったかのような肩ぱっとや短めの上、などなど。H&Mとのコラボデザインは、そういったランバンらしいラインをだしている。印象だが、3年前にくらべ、ランバンは、もっと女性の強さ、パワーをシンプルなラインをだしている。黒が多い2010年そして2011年はライン、布のライン、シンプルな中の強さ。80年代のボテイコンシャスに大きな肩が2010年代の今の空気に。女性のフェミニンさを強さの中に。ランバンのデザイナーは、カールラガーフェルドの次の世代で最も注目されるデザイナーとなる気配がする。

2011年ファッションショーを見てみると、一歩進んでいる。直線的なラインや、布の持つやわらかさやうすでの布が体のラインをきれいにみせるなど。レザーを使ったアクセサリーやむしろシンプルな感じがするが、どうだろう。色の使い方がなんとも上手。イブサンローランで培った実力。






H&Mの宣伝には、かなり力をいれ、本人も完璧をめざしたという。万人に受け入れられるランバンらしいものを提供。スウェーデン人のやり手のH&Mのおばさん企画長は、次々とコラボを打ち出している。ZARAやH&Mに多くの人は向かう。さもなければ、あまり流行に左右されない定番なお店。ユニクロが目指す多くの種類、多くの色、なるべくいい材質、気安さでというライン。MUJIなども定番ラインと見る。流行をお手ごろのお店は、気に入っても、ひとシーズンで3回以上洗濯するとぼろぼろとなるものがある。その中でも、ばりばりの流行をコピーして安く売るMADEINCHINAのものが、インド系のひとが牛耳るストックホルムの洋服屋にはいってくる。一見中東の女性が好むぴらぴらやひらひら、虎の子印などが多く、派手でこんな服どこで着れるのだろう。もしかしたら、あの黒いモスリム服の下に着るから黒いベールで隠さなければ外をあるけないのだろうかと思わせるものがある。がそういうお店の中に、実は、あれ、という掘り出し物があったりするのが、まるでパサール市場探検のように面白い。

スウェーデンの冬のファッションは、ロシアや日本のものとも違う。家の中が暖房で25度を超えるスウェーデン家事情は、外は寒く、家の中は、夏か春のような格好をしている人が多い。だから、冬でもふりるひらひらのパジャマかカジュアルシンプル系の好きな人には、ちょっと小金もちの田舎のお姉さん的エプロン地のような色つきかっぽうぎを後ろを閉じたようなかっぽりスタイルが多い。うまく表現するのがむずかしいが、ほとんどの日本の冬は、家の中がアツすぎることはないので、ユニクロの薄手の首があるものに薄手のカーでイガンをウールなどを羽織るとちょうどいい。スウェーデンでは、アパートのなかでは、特に御呼ばれしたときには、たくさん人がいる場合、毛糸のももひきや厚手のとっくりのセーターとズボンをはいた暁には、あせだくになり、かといって脱ぐこともできないという状態になる。最初、スウェーデン人のパーテイに呼ばれた晩秋から冬の彼らの格好にびっくりしたことがある。冬なのに、厚手のコートを脱いだ瞬間、かわいいおねえさんは、格好のいいジーンズの上に、胸がぺろりんと見えそうな薄手のブラースだけ。自分の厚手のトックリセーターは残念ながら、気温が上がるそういったお部屋では、脱ぐこともできず、汗だくになって、田舎の山かエスキモーのおねえさんのように、軽やかな美しい夏服もどきをまとった若者スウェーデン人女性のなかでひときわめだっていた。”大丈夫、汗がでているわ!”そう、中に着ていたいわゆる日本のばばシャツ系を知らない顔してTシャツよ!といった顔をしてセーターを脱ごうとしたが、同じ会場に日本人がいる場合、ばばシャツ系は見破られてしまう。

およばれの際は、その知り合いのアパートがどれくらい温かいかがキイポイントとなるが、安全のためには、たまねぎのように微調整がきくようなスタイルがいい。あと年齢にもよる。そういいながら、冷えは敵と寒い外を歩くときは、スパッツを下にはき、上にズボンなど寒さには万全の対策をとる。前置きがながいが、結論は、スウェーデンのブテックで冬なのにどうしてフリルひらひらの薄手のものがたくさん売っている理由は、そういった暖房事情にもよる。個人的に、最近ストックホルムでいわゆる中国から流れてくる日本向けの輸出のあまりみたいなものを安く売っているお店は、普段着の穴場
。デザインは決してスウェーデン女性に好まれないだろうが、東洋系移民のひとたちには、人気がありそうだ。

ランバンやH&Mを書くつもりがばばシャツに、やはり冬は活用したい。日本語初級者にはこのばばシャツの意味がわからないかもしれない。日本人に聞いてみよう。冬には、ばばシャツとらくだのももひきというのは、ほとんどの日本人ならわかる言葉。どうしてらくだのももひきなの。という場合は、らくだ色のももひき。キャメルというと高級感がでるのも不思議。日本ではハイテクを使って薄くても温かい素材がたくさんでまわっていた。ユニクロのウールの薄手のセーターはいいのだが、あのうすさは、でぶなラインをみせる。やせているひとならば、セクシーだが、その辺の開発をもう少し工夫してほしい。ランバンH&Mのあのドレスは、したがって冬にお部屋でちゃんとパーテイに着れるのである。ババシャツの上には遠慮されたし。ところでももひきとスパッツの違いは、スパッツは外ではけるが、ももひきは単独ではくことができない。という定義になるのだろうか。ふと子供の頃はいた赤いももひきがなつかしい。

by nyfiken | 2010-11-21 19:50