スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Magic mashroom &reindeers

スウェーデンやフィンランドの北のサミ族とリインデイア。スウェーデンのスーパーで冷凍の薄切り肉が普通に売っている。焼肉や甘辛煮でいただくとおいしい。人間ならば、食べると危険なマジックマッシュルームを鹿が食べる。


by nyfiken | 2011-02-28 02:19

Human planet

Living together with all animals peacefully is not so easy and simple.


by nyfiken | 2011-02-28 02:01
外からヨーロッパ大陸の男性を見ると今のファッションは、ゲイにみんな見えなくはないというイギリスのテレビの出演者。彼は、ベルトをしていないからヨーロピアン。アングロサクソンイギリスとアメリカ人はこの際同じ感覚と見る。ファッションにルールや傾向があるものであろうか。たしかにだぶだぶパンツを嫌うヨーロッパの細身スタイルのシャツとフィット感のあるGパンやパンツは、スウェーデンでも多い。見分けが難しくなっている男性ファッションのゲイファッション化。ヨーロッパ大陸ファッションかゲイかどうかわからないのですが。というイギリス人の感想を述べたテレビ番組。イギリスから見ると、ヨーロッパファッションは、ゲイっぽいということを暗に言っているのだろうか。日本にいると、アメリカ、イギリス、ヨーロッパ大陸のファッションのニュアンスの違いを知るのはむずかしい。ちなみに最初の典型的ゲイのおにいさんの格好は、ふつうどこでも見かけるスウェーデンの若者男性スタイルと私には見える。

paul smithは、イギリスの男性スタイル。スウェーデン典型的男性のファッションでアメリカの女の子たちがびっくりしてよく指摘するのは、冬の赤ズボン。オレンジとか赤ズボンを好むスウェーデンのおじさんやおにいさんといわれるとそうである。北欧では,らくだのももひきも、男性には赤色が好まれるかもしれない。遠い昔子供のころの赤いももひきちゃんがなつかしい。赤いももひきの上にはかされた白いタイツの経験の熟年女性もいるかもしれない。昔スパッツがなかった時代。タイツかももひきしかなかった。白いタイツの下にぴっちりスパッツではなく、あかももひきをはかされたとき、子供心に、釈然としなくて、中がなんとなくすけてよれよれしたのが気になったもの。2,3歳の子供にも美意識はある。

北欧の冬のファッションリーダーは、黒いスパッツ。スウェーデンおばさんやおねえさんは、3,4枚は黒いスパッツを持っている。北欧男性は、赤パンツで冬ファッションにおしゃれ心という結論に達しそうだ。ヨーロッパ男性は、ゲイに見えてしまうというファッションをイギリス人が分析している。私にはよくわからない。いえることは、ちょんまげ侍の裃、袴からずいぶんと長い時間がたってしまったような気がする。


by nyfiken | 2011-02-27 23:52
These are better than reading many books on madagascar.



Fantastic idea about ecotourism. I totally agree with the point of view.エコツーリズム
、唯一自然を守る方法といえよう。











マダガスカルで岩の中に作られたホテルがあり、岩上から広大な岩山が見えるカフェで
フランス人オーナーの妻マダガスカル人のエキゾチックなアフリカ人とマダガスカル人の混血のような
フランス語が母国語のように話す女性の微笑が印象的だった。運転手ガイドが車で私をおろし、
ひとり1、2時間ほど時間をつぶすことになる。広大な岩山とどこまでも広がる青い空を見ながら、コーヒーを
飲んでいた。ふと目の前のテーブルにカメレオンが。岩の壁に移った時には、岩の色になっていた。生まれて初めて見たカメレオンに感動しながら、地球の不思議を思った。宝石商人の中国系タイ人とおぼしき数人が別のテーブルでタイ語で大声で話していた。客はほかに誰もいず。車で走った後の久しぶりのコーヒーのおいしかったこと。8時間かかる山のトラッキングハイキングへでかけた相棒を迎えに去ったドライバーの戻るのを待ちながら、不思議な時間がすぎた。カップソーサーの横、のっそりとテーブルの上を動くカメレオン。岩のホテルのカフェで太陽が気持ちよく注ぐマダガスカルの偶然自然の中に現れた岩のホテルの見晴らしのいいカフェで、カメレオンとともにすごした時間。南の島や熱帯で一緒に暮らしたゲッコーとも違う。カメレオンは、もっと悠々として威厳があった。自然は偉大だと思う瞬間が人生に何回かあるが、この瞬間もそういった瞬間のひとつだったと記憶している。


リマ。森が消えていくマダガスカルで一番生きるか死ぬかの瀬戸際にいるのはこのリマのおさるさん。
これはマダガスカルの森で見かけた。森の音がいい。鳥の鳴く音、虫の音。

森が小さくなって、これまでリマは、混血しなかったのが、ブラウンと白いリマは同じ森に住むようになったら
混血することになったが、尻尾がリングテイルリマだけは、自分のテリトリイーにとても敏感で、混血をしない。というのが面白い。



by nyfiken | 2011-02-27 21:23
I traveled different countries as many of you, although the one country, island stroke my heart so strongly, I do not talk about peoples' poverty , neigther development issue, but their richness of the wild nature and the shape of earth. I was driven to the very deep forest just in order to see monkey and the nature. I was in the midst of the deep forest with a guide, just waited for hours to see and hear the natural sound not to disturbe them. In the jungle, tree and leaves prevented from strong sunshine. I was asked by the local boy not to move there, just wait for his finding the place where lemarks played.
inner madagascar island locates much higher than coastal area. i had never seen such a high blue sky on the earth.The smell of the forest, it seemed to pass longer than 30 minutes, he came back and leaded us to the direction. We walked quietly without any words. He stopped and pointed upper tree. That village all trees seemed to smell like perfume. When you smell those odour , definitely you feel so happy and lucky without any reasons. They were there. Madagascar nature is striking. At the same time i felt a bit at home since the french was spoken just like the south pacific.At least I could communicate with them for necessary matters. I had never experienced the beautiful odour coming from the tree. The tree..i mean the peaces of wood selling on the local small market for the small villagers, (in fact I met the chief of the small community who used to work at the Japanese company in the capital, but moved back to the small village to be the village chief.)normally locals use that wood -small pieaces of wood for making fire , BUT i bought them for my own smelling the beautiful odour like perfume. in oldern days nature had so beautiful odour and peoples must have enjoyed the real ones not artificials like nowDayS. Within 50 years this primary forest will dissapear?
With wisdom we must protect them, we can not be egoistic.How? Let's start thinking from our daily life.






Before it is too late!
everybody gives warning their dissapering the original nature, it sounds me as if before 2000 Beijing and Shanghai, instead of their rapid developing, they have deleated all natural shape of town, they have just became like Singapore.The charm of originality will never come back again except for the lucky traveller who visited and saw the heritage from long period of time which already dissapeared.


by nyfiken | 2011-02-27 20:35

アンテイックのお店でみかけて印象に残った赤いビロードの18世紀末のいす。低いいすは、淑女が長いドレスを着て座るのに適していた高さ。100年後、生活は変わり、今のジーンズ姿やパジャマシャツを外に着て歩くファッションを昔の淑女が見たら、下着で歩いていると思うかもしれない。ファッションは、繰り返し。今のストリートモードファッションは、新しくなく、新鮮でもなく見える。新鮮に見えるということで、最近はバレリーナの映画にインスピレーションを得たクラシカルなファッションがスウェーデンで話題なのは、必然とも思える。

オリジナリテイでいえば、スウェーデンのバッグや室内クッションの小物など見ると、なんとなくインドネシアのバテイックそのものだったり、スマトラのトバ湖あたりのイカット織りをそのまま輸入してベッドかばーにしたり、クッションカバーにしているものが多く、なんとなくオリジナリテイーというよりは、外から珍しいものを持ってきてデザインしているような雰囲気がするものも少なくない。オリジナリテイとはなにかとふと考えさせられる今日この頃のデザイン。

またカーテインやクッションメーカーも日本のこけしや東洋のモチーフを入れたものが流行。アメリカで上を向いて歩こうという歌が流行った昔それをすき焼きソングとして売りだして大流行したそのニュアンスというと分かりやすいだろうか。アバウトなのが、外国の外国文化の受容ということでスパゲテイ納豆紫蘇やスパげっテイ明太子があっても、本場のイタリア人が怒ったという話はあまり聞いたことがないアバウトなものがデザインの現状と思えばもっと分かりやすい。それはインスピレーションということばで解決するかもしれない。あの偉大なモネなんかも日本の影響を得ているくらいだから、世界はお互い影響をうけながら、自分の家にあったものを少しふりかけをかけてみるというのが今のデザインの現場のような。それにしても、感動する美しい靴が少ない今日この頃、スウェーデンでは雪や氷のために、冬の靴は軍隊のような靴になる。ひらひらやエレガントな靴は、履き替えるホテルやレストランご用達となるわけで、そこが南ヨーロッパや南の日本とは違うところ。エレガントという言葉を忘れそうな、ノルデイックセーターを着て山小屋ですごすようなスキーのような格好で歩かざるおえないマイナス15度からもっと低いスウェーデンやフィンランドでは、独特のファッションが生まれる素地が十分にある。

フリルの着いているかわいらしい金持ち風農家の妻や娘スタイルを楽しみたい人には、NOANOAといブランドがある。これは、北欧の田舎のお金持ちらしいファッショん、カントリースタイルの好きな日本女性なら、値段さえ気にならなければ、人気がでそう。品はよい。ただ独特のスタイルが好きか嫌いの好みの問題。スウェーデンのおねえさんも、実は、ふりふりが嫌いではなさそう。ファッションが上手なのは、むしろ高校生とも見える。余談だが、スウェーデンの小学校高学年から中学生がマスカラをたっぷりとつけたり、ネイルに色をつけているのは、普通にバスで見かける。長いまつげがますます長く。そう女の子は長いまつげが好き。いつも疑問に思うのは、年中進化しているマスカラとあの男の髭剃りの刃だ。いつも新しいようでなんとなく同じモチーフのリポビタンDのテレビコマーシャルを見ている感じで、進化しなきゃいけないマスカラの宣伝や髭剃りの刃の広告に携わる広告マンは、日々どうやったら進化を見せることができるか悩んでいることだろう。ファッションの話が最後に、マスカラや髭剃りの話になってしまった。さて、週末の金曜日。おとなしく静かに眠り休息が一番幸せなこと。
by nyfiken | 2011-02-26 04:54
I am attracted photography in early 1920th. Eugen Atget would be the one who you might be intereted in if you like old European city like Paris. THe pictures were taken to USA by his assistante. Time passed...we can see how the city looked like then.

<>



ストックホルムで始まった本のセール。なぜか写真家の古いヨーロッパの写真集に心惹かれる。
画集より、写真は、その場やその瞬間を捉える。写真家の美意識。1920年頃のパリを描く写真家。
1920年代に、アメリカのニューヨークから多くの若者が絵を学びに、あるいは何かを求めてヨーロッパのパリに来た。その時代から100年近くたつ今のパリ。現代のロンドン、オックスフォード通りやリージェント通りにあるレコード屋さんやボデイショップが悪いというわけではないが。






Eugene Atget was born in Lisbourne, France in 1856. After his parents died in 1861 he went to live with an uncle in Bourdeaux where he received his primary schooling. Eugene Atget worked as a sailor, actor, and painter before turning to photography at the age of 41. He was completely self-taught and made a meager living by selling photographs to architects, painters, stage designers and editors. He would photograph subjects that he thought would be the most useful for his clientele such as parks, streets, architectural details, vendors, farms and monuments. In all, Eugene Atget created about 10,000 photographs of Paris and its surroundings. He received only one commission in his lifetime and that was to document the brothels of Paris. In 1926 Man Ray published a few of Eugene Atget's photographs in his periodical 'La Révolution Surrealiste', but Eugene Atget received no credit. Although today he is thought of as one of the most influential photographers of the 20th century, it was not until after his death in 1927 that his work became appreciated and this was due in large part to the efforts of Berenice Abbott who helped to promote and preserve his work. Today his work can be found in collections such as The Museum of Modern Art in New York and the Bibliotheque Nationale in Paris.
by nyfiken | 2011-02-26 04:34
23日から26日まで限定のスウェーデン語で書かれた本が40パーセント引きの本セールが始まったのは、STUREPLANの本屋さん。英書も安くなってはいるが、大手の本屋さんも、特別セールが始まり、春まだ来ない北の国では、今の季節せっせと本を読む。Nyfikenが心が惹かれたのは、数冊あるけれど、じっくりと吟味して一冊に絞った。75クローネ。一冊1000円少しは悪くはない。
英書が決して安くはないので、この機会にどうしても手に入れて読みたいものは、セールに買うのがお買い得。スウェーデンの漫画も面白い。特に、DAGANS NYHETERに掲載されている漫画はなんとも味がある。さて選んだ一冊は、これ。
The WISDOM OF CROWDS By JAMES SUROWIECKI
書評。A HYMN OF PRAISE TO THE JUDGEMENT OFTHE MANY.BY THE ECONOMIST
FANTASTICALLY STYLISH BY GQなどなど。

The Wisdom of Crowds: Why the Many Are Smarter Than the Few and How Collective Wisdom Shapes Business, Economies, Societies and Nations, published in 2004, is a book written by James Surowiecki about the aggregation of information in groups, resulting in decisions that, he argues, are often better than could have been made by any single member of the group. The book presents numerous case studies and anecdotes to illustrate its argument, and touches on several fields, primarily economics and psychology.

The opening anecdote relates Francis Galton's surprise that the crowd at a county fair accurately guessed the weight of an ox when their individual guesses were averaged (the average was closer to the ox's true butchered weight than the estimates of most crowd members, and also closer than any of the separate estimates made by cattle experts
The book relates to diverse collections of independently-deciding individuals, rather than crowd psychology as traditionally understood. Its central thesis, that a diverse collection of independently-deciding individuals is likely to make certain types of decisions and predictions better than individuals or even experts, draws many parallels with statistical sampling, but there is little overt discussion of statistics in the book.

Its title is an allusion to Charles Mackay's Extraordinary Popular Delusions and the Madness of Crowds, published in 1841.


Surowiecki asserts that what happens when the decision making environment is not set up to accept the crowd, is that the benefits of individual judgments and private information are lost and that the crowd can only do as well as its smartest member, rather than perform better (as he shows is otherwise possible). Detailed case histories of such failures include:


Homogeneity Surowiecki stresses the need for diversity within a crowd to ensure enough variance in approach, thought process, and private information.
Centralization The Columbia shuttle disaster, which he blames on a hierarchical NASA management bureaucracy that was totally closed to the wisdom of low-level engineers.
Division :The United States Intelligence Community, the 9/11 Commission Report claims, failed to prevent the 11 September 2001 attacks partly because information held by one subdivision was not accessible by another. Surowiecki's argument is that crowds (of intelligence analysts in this case) work best when they choose for themselves what to work on and what information they need. (He cites the SARS-virus isolation as an example in which the free flow of data enabled laboratories around the world to coordinate research without a central point of control.)
The Office of the Director of National Intelligence and the CIA have created a Wikipedia-style information sharing network called Intellipedia that will help the free flow of information to prevent such failures again.

Imitation :Where choices are visible and made in sequence, an "information cascade"[2] can form in which only the first few decision makers gain anything by contemplating the choices available: once past decisions have become sufficiently informative, it pays for later decision makers to simply copy those around them. This can lead to fragile social outcomes.
Emotionality :Emotional factors, such as a feeling of belonging, can lead to peer pressure, herd instinct, and in extreme cases collective hysteria.








ついでに本屋でかわいいカードを見つけ一枚買う。うさぎさんだが、なんともいえない表情がある。EMMA VIRKE。外は冬。まだ寒い2月。さて、雪の下でじっと冬眠している動物たち。なんという自然の営みなのだろう。寒い日が続くと不思議に冬に慣れてくるが、雪が白いのは、寒い世界を明るくしてくれる。色の世界にとても惹かれる。本屋で立ち読みした、世界の国ごとの建物の色の写真集があって、面白かった。インド、グアテマラ、イギリス、日本、アメリカのブルックリンやイラク、それぞれの国の家のペイントされる色や窓枠の色のトーン。アフリカの土壁の色。もう一冊興味があった本はスウェーデンの田舎の家の人を30年前と今を同じ場所で同じ人を写真にとったもの。いかにもスウェーデンの田舎で、家の中も決してかたずいているというわけではなかったり、ユーモラスで楽しい。若かった青年がおじさんになったり、おじさんがおじいさんになっている。2つの写真が見開きにあって、昔の例えばキッチンにたつ若いときのおにいさんが、同じキッチンにたっているおじさんになったりと。時間がたつのは、早いものだが、30年前の自分の写真を見てみるとあのころはわかかったと思うし、また両親の写真を見てもそう思うものだ。
by nyfiken | 2011-02-25 06:29

Typhoid Mary

フランスの文学者ランボーがジャワ島など旅をした旅人。早世した彼は熱帯で腸チフスにかかったこともある。実はアメリカにひとりで14歳で移民した貧しいアイルランド人女性メアリーの話をランボーから思い出す。

保菌者でありながら、胆嚢にチフス菌を保菌していながらも、自分の免疫が強かったために、症状がでず、裕福な家で料理人として働いていた。チフス菌が胆嚢だけに感染した場合には、特別な症状が現れずに胆嚢内部に定着し、生涯にわたり菌が胆汁に混ざって腸に排出されつづけたためという。メアリーの症例では、最初のチフス菌による感染が弱く、本人の抵抗力が勝ったため症状が現れず、同時に腸チフスに対する抗体などの免疫を獲得したために、症状が現れることがなかった(不顕性感染)。便に混じって排出されつづけたチフス菌は、目に見えないもののメアリーの手指などに付着しており、本人に自覚がなかったために手洗いを油断した際に食事に混じり、周囲の人間に感染したのだと考えられている。

ニューヨークで転々と働いていた彼女の行く先々でどんどんと患者がでた。本人は、認めず裁判沙汰にもなるが、陽性とでる。問題は、また名前を替えて、料理人として努め多くの犠牲者をだしたことである。保菌者であることを隠せたのは、症状がでない状態であることで本人にも自覚がない。

かぜをひいたら、自分の体を休めるためと、他の人に移さないために、家のコンピューターを使っておとなしくしていることが日本での医療費を削減するスタイルと見る。スウェーデンでは、かぜごときで簡単に会社を休む。移動する途中で電車でうつさないことと、同僚にもうつさない。

さて、電車で咳き込むひとが多いこのごろ。誰かが咳をすると、席をたち、あいている別な場所にに移る。移っても咳をしている人がいたりする今日この頃のストックホルムの電車。寒い外。今週は冬のスポーツ休暇で子供たちがいる家庭はスキーやスケートにでかけたりする。




貧しい北アイルランドから14歳でアメリカに移住した若い女性が、新大陸で生きていく。とりたてて
教育や特技があったわけではないが、家政婦として働いているうちに、料理人として腕が認められ、そして
特に裕福な富裕層での家庭の住み込み家政婦料理人との経験が生かされ、重宝されてきた。悲劇であるが、病気を移した罪は大きい。現代の社会では、エイズメリーという現代の都市病としてアメリカに出現している女性がいるという話も聞く。スウェーデンでは、自分がエイズであると知りながら多くの女性と関係した男性がニュースに出るや否や100人以上の女性があわてて病院へ検査に駆け込んだという特異なニュースがみなを驚かせたのは何年かまえ。女性がほとんど10代からピルを飲むスウェーデン社会では、10代を中心に性病の予防に対して抵抗がない。

余談であるが今回のウィキーリークスのオーストラリア人アサンジ氏の身柄はスウェーデン警察がイギリス当局に対して逮捕を要請しているのだが、原因がどこかの当局のおとりかもしれないスウェーデンジャーナリスト美女二人に対して、アサンジ氏が避妊のプロテクションをしなかったとかしたとかがスウェーデンで問題となっているが、問題は彼がTYPHOID アサンジであった場合である。








by nyfiken | 2011-02-22 01:39

Arthur Rimbaud

1800年末のアンテイックの赤いビロードのソファをストックホルムスタードのお店で見かけた。使っていた人がきっと大切にしていたのだろう。ビロードふさ飾りがいつつけられたのかわからないが、大切に使っていた形跡がある。ご本人が老人ホームか病院へ、いなくなった後に家具が家族か誰かによってドネーションされたものと見られる。1800年代に思いをはせる。オスカーワイルドや、フランスの詩人ランボーやヴィクトリア時代。ショパンやベートーベン。長い洋服を着ていた女性達。
フランスのランボーは早々と21歳で詩を作るのをやめたという早世の天才だが、魂の高揚という言葉にふさわしい若さと聡明さとひらめきに満ちた言葉。ヴェルレーヌもランボーの詩も高校生時代にわけもわからず翻訳を読んだが、ランボーが心に響いたのは、若いときに書いた詩だからだろうか。放浪詩人である金子光晴が訳していた。フランスのこの自由な詩を語るこの雰囲気が偉大な詩人や文学を生み出すのだろう。文学から武器商人としてエチオピアへ、病気、最後にまだ30代でなくなった早世の詩人は、いまだに多くの人々の心をつかんでいる。ヨーロッパの19世紀の頃のお皿やカップやいすやテーブルにふれると、ふとその時代の人々のことを思う。



Charleville, 15 mai 1871.
J'ai résolu de vous donner une heure de littérature nouvelle;
Voici de la prose sur l'avenir de la poésie
Toute poésie antique aboutit à la poésie grecque; Vie harmonieuse. - De la Grèce au mouvement romantique, - moyen âge, il y a des lettrés, des versificateurs. D'Ennius à Théroldus, de Théroldus à Casimir Delavigne, tout est prose rimée, un jeu, avachissement et gloire d'innombrables générations idiotes: Racine est le pur, le fort, le grand. - On eût soufflé sur ses rimes, brouillé ses hémistiches, que le Divin Sot serait aujoud'hui aussi ignoré que le premier auteur d'Origines. - Après Racine, le jeu moisit. Il a duré mille ans ! Ni plaisanterie, ni paradoxe. La raison m'inspire plus de certitudes sur le sujet que n'aurait jamais eu de colères un jeune France. Du reste, libre aux nouveaux ! d'exécrer les ancêtres: on est chez soi et l'on a le temps.
On n'a jamais bien jugé le romantisme; qui l'aurait jugé ? Les critiques ! ! Les romantiques, qui prouvent si bien que la chanson est si peu souvent l'oeuvre, c'est-à-dire la pensée chantée et comprise du chanteur ?
Car Je est un autre. Si le cuivre s'éveille clairon, il n'y a rien de sa faute. Cela m'est évident: j'assiste à l'éclosion de ma pensée: je la regarde, je l'écoute: je lance un coup d'archet: la symphonie fait son remuement dans les profondeurs, ou vient d'un bond sur la scène. Si les vieux imbéciles n'avaient pas trouvé du Moi que la signification fausse, nous n'aurions pas à balayer ces millions de squelettes qui, depuis un temps infini, ! ont accumulé les produits de leur intelligence borgnesse, en s'en clamant les auteurs ! En Grèce, ai-je dit, vers et Iyres rhythment l'Action. Après, musique et rimes sont jeux, délassements. L'étude de ce passé charme les curieux: plusieurs s'éjouissent à renouveler ces antiquités : - c'est pour eux. L'intelligence universelle a toujours jeté ses idées, naturellement; les hommes ramassaient une partie de ces fruits du cerveau: on agissait par, on en écrivait des livres: telle allait la marche, I'homme ne se travaillant pas, n'étant pas encore éveillé, ou pas encore dans la plénitude du grand songe. Des fonctionnaires, des écrivains: auteur, créateur, poète, cet homme n'a jamais existé !
La première étude de l'homme qui veut être poète est sa propre connaissance, entière; il cherche son âme, il l'inspecte, Il la tente, I'apprend. Dès qu'il la sait, il doit la cultiver; cela semble simple: en tout cerveau s'accomplit un développement naturel; tant d'égoistes se proclament auteurs; il en est bien d'autres qui s'attribuent leur progrès intellectuel ! - Mais il s'agit de faire l'âme monstrueuse: à l'instar des comprachicos, quoi ! Imaginez un homme s'implantant et se cultivant des verrues sur le visage.
Je dis qu'il faut être voyant, se faire voyant.
Le Poète se fait voyant par un long, immense et raisonné dérèglement de tous les sens. Toutes les formes d'amour, de souffrance, de folie; il cherche lui-même, il épuise en lui tous les poisons,
pour n'en garder que les quintessences.
Ineffable torture où il a besoin de toute la foi, de toute la force surhumaine, où il devient entre tous le grand malade, le grand criminel, le grand maudit, - et le suprême Savant ! - Car il arrive à l'inconnu ! Puisqu'il a cultivé son âme, déjà riche, plus qu'aucun ! Il arrive à l'inconnu, et quand, affolé, il finirait par perdre l'intelligence de ses visions, il les a vues ! Qu'il crève dans son bondissement par les choses inouïes et innommables: viendront d'autres horribles travailleurs; ils commenceront par les horizons où l'autre s'est affaissé !

f0157298_7535028.jpg

by nyfiken | 2011-02-22 00:55