スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 03月 ( 286 )   > この月の画像一覧

AMDA Headquarters Calling For Donation-Japan Earthquake

Dear AMDA supporters,

Thank you very much for your concern and assistance regarding our emergency relief for Japan Earthquake.

Our teams in the afflicted Tohoku region are working around the clock to save the lives of those affected by the disaster.

-Due to the transportation difficulties we are not yet ready to accept donations of aid supplies/relief goods. However, we would really appreciate if you could make financial donations to the designated account below:

------------------------------------------
Account Name: AMDA (Association of Medical Doctors of Asia)

Address: 3-31-1 Ifukucho, Kitaku, Okayama City, Okayama 700-0013 Japan

Name of Bank: The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ Ltd

Name of Branch: Okayama Ekimae Branch

SWIFT: BOTKJPJT

Account #: 0040514 (for transfer in U.S Dollars only)

*Any commission charges should be covered by the donor

------------------------------------------

-There is another donation system/program related to our organization run by Japan Center for International Exchange (via PayPal). Kindly see below for details.

http://www.jcie.org/earthquake

It is not quite something that we do directly, however, your donation would surely help all of us humanitarian organizations involved with the Quake relief.

Our teams have been making utmost efforts to help the lives of those suffering at the front.

In order to keep track of donations, please email us with your full name, your address and the amount of your donation:

info@amdainternational.com

We will keep you posted on our website for further development. Your kind cooperation would be very much appreciated.

Faithfully,


AMDA Headquarters

3-31-1 Ifukucho, Kitaku

Okayama City, Okayama

700-0013 Japan

Tel: +81-86-252-6051

Fax: +81-86-252-7717

info@amdainternational.com

http://www.amdainternational.com
by nyfiken | 2011-03-31 08:21
2011-03-19
MERCY Malaysia Offers Donations and Support for Japan Earthquake.



On March 17th, AMDA received a courtesy call by an executive member of Malaysian NGO, MERCY Malaysia, who visited Japan to investigate how they could support the suffers of the Japan Earthquake, and appreciated the donation for AMDA's relief activities. AMDA and MERCY exchanged ideas on further prospects and possible areas of collaboration.

For the meantime, MERCY has agreed to support AMDA especially in the field of psychological treatment to the sufferers of the earthquake and tsunami. MERCY, having established in 1999, has provided a platform for Malaysians to engage in humanitarian aid activities in their country and overseas. MERCY is now calling for donation for Japan and going to launch the Japan Earthquake Relief Fund in the near future.

MERCY Malaysia
by nyfiken | 2011-03-31 08:17
2011-03-26
AMDA receives donation from Kurashiki Pilipino Circle (KPC)



On Mar. 24th, the executive members of Kurashiki Pilipino Circle (KPC) visited AMDA to make a donation for AMDA's relief work toward the Japan Earthquake.

KPC is a group of Filippino people residing in Kurashiki City, Okayama, who are dedicated to promote their culture and friendship through various international exchange activities.

KPC also took part in AMDA's relief work in the Philippines at the occurrence of Typhoon Ketsana in 2009 which devastated the greater Mania region. One of the members acted as a translator to help smoother the logistics and coordination with the local relief teams.
by nyfiken | 2011-03-31 08:13
Emergency Bulletin #10: Japan Earthquake
(2011-03-27)


Iwate Prefecture (Kamaishi City and the town of Ohtsuchicho):

1) Ohtsuchicho

The medical infrastructure in the town of Ohtsuchicho was totally devastated due to the torrential tsunami. The clinics and hospitals in the coastal area were all washed away and their doctors and nurses were displaced as well. Hence, they are engaged in relief activities while they themselves are evacuated at the evacuation shelters.

The medical activities in Ohtsuchicho were headed by the staff of the local Ohtsuchi Hospital which also helped AMDA in procuring medical supplies. However, as the hospital had to undergo the suspension of their services until Apr. 15th (for the first time since the tsunami hit; allowing its employees to take some time off to take care of their personal matters), the evacuation shelters under its direction have been facing difficulties in their daily operations.

At Ohtsuchicho High School, due to the lack of coordination, things have been rather confounding as many relief organizations come and go in a short period of time. As of Mar. 24th, teams from AMDA as well as Osaka and Aomori's medical associations have been active (all comprising a number of staff.) It is also reported that having a pharmacist in the team is very important in providing coherent services as most of the medicines are generic ones.

Majority of patients at Ohtsuchi High School are those with chronic diseases. Therefore, they all requested the medicines they regularly take.

One of AMDA doctors accompanied a local volunteer to deliver mobile clinic services to a remote community in mountainous area where assistance hadn't reached. In the community where there were about fifty households (most of them elderly) the patients with chronic diseases had been left untreated. Among the patients were diabetes patients with abnormally high blood sugar level or those with excessive high blood pressure. In response to this, the team delivered mobile clinic services on a regular basis.


Contrary to Kamaishi city, the disaster headquarters in Ohtsuchicho has been very much isolated as lines of communication have not yet recovered. The road access to the headquarters is not easy either where the roads are covered by debris.

AMDA team members assume that it is going to take a lot of time to have the medical infrastructure recovered, thus the assistance from external relief organizations is a must. It is also foreseeable that services such as nursing for the elderly would be resumed in the course of recovery.

2) Kamaishi City

Medical volunteers are regularly allocated at the disaster headquarters in Kamaishi City. People are counting on AMDA as its doctors themselves are always present at the daily meeting. Large amount of medicine donated from all around the country has exceeded the capacity of the initial storage so that the stock management has been handful.


Miyagi Pref. (the town of Minamisanriku-cho):

1) Minamisanriku-cho

AMDA has been visiting several evacuation shelters in Minamisanriku-cho on a regular basis, conducting mobile clinic services and on-site needs assessments.

At one iron factory where about thirty people have been evacuated, AMDA prescribed Tamiflu (oseltamivir) to the evacuees as there were several suspected influenza cases.

According to the surveys conducted in collaboration with other medical teams, following facts were found:

1)There are lots of people who cannot come and collect medicines from the evacuation centers .

2)Depressive symptoms have been increasing among the evacuees.

3)Suspected influenza cases (Tamiflu (oseltamivir) was prescribed for its prevention.)

4)Along with mobile clinic services delivered by doctors, health care workers are also conducting home-visiting on their own. In order to avoid the overlap, the close communication/referral between the two parties is a must.

A pharmacist from AMDA team sorted out the medicines donated from its donor. The stock management of medicines is considered very important when aid supplies are coming in one after the other.


Shizugawa Elementary School:

Here, it is a local doctor who leads the medical relief, and there are about 50 to 80 patients to the temporary clinic daily. The prescription of medicine is for a maximum of seven days per patient; the doctors decided not to prescribe medicines for a long period if a patient can be cured within a few days. There are also several teams of psychiatrists dropping by in the area.

No gas, water or electricity in the shelter except for the nightly operation of a power generator that helps the evacuees to recharge their mobile phones. LED lights have been provided so the place is not totally darkened out. There are futons but no heating available. On Mar. 24th, the evacuees were able to take a shower for the first time after the disaster struck (40 people at a time every 30mins.)


Shizugawa Junior High School:

Likewise, it is another local doctor that is in charge of the medical relief in the shelter. AMDA helped to deliver mobile clinic services to the vicinity and saw many patients with hey fever and high blood pressure. There were several severe cases such as inguinal hernia and hydrocephalia as well.

Stay tuned for more updates.




Emergency Relief for Pakistan Flood, 2010
by nyfiken | 2011-03-31 08:10

AMDA

特定非営利活動法人AMDA設立者の挨拶より。

21世紀は、「多様性の共存」、世界的レベルでものの見方や考え方の異なった人達が如何に共栄共存していけるかということが時代のテーマとして重要になってきます。そのキーワードは「尊敬と信頼」だと確信しています。これまでのNGO活動をとおしての経験から「相互扶助に基づいた現地優先志向のプロジェクトの実施を通して平和への国際的なパートナーシップの確立」が急務であると考えています。 私達の平和への定義は「今日の家族の生活と明日の家族の希望」が実現できる状況です。この平和を妨げる要因として戦争、災害、そして貧困があります。これらの要因を改善および解決する積極的なプロジェクトを共に実施する中でこそ「尊敬と信頼」を共有することが可能となると信じています。 私達はこのようなプロジェクトを実施するために下記の人道援助3原則を共有しています。

誰でも他人の役に立ちたい気持ちがある
この気持ちの前には民族、宗教、文化等の壁はない
援助を受ける側にもプライドがある
同時に私達の支援を必要としている究極の人達を下記のように定義しています。

誰からも関心を持たれない人達
誰からも必要とされていない人達
誰からも記憶されていない人達

私達は、プロジェクトを実施するために一番大切なことは支援を必要としている現地の人達のニーズを最優先し、その上で共に協力し合うことだと考えています。従って、国際的な人間のネットワークを支部および姉妹団体として拡充しています。この国際的なパートナーシップのネットワークに基づいて、難民や災害被災者に対する緊急人道援助、貧困対策そして平和構築モデル活動を推進しています。 世界中の人間疎外の状況に生きる人々を対象に、「多様性の共存」という理念のもと、相互扶助精神に基づいて現地優先型のプロジェクトを実施することにより、「平和へのパートナーシップ」の国際的ネットワークを推進し、世界の平和に寄与すること、またその理念の啓蒙普及を目的として、特定非営利活動推進法に基づき特定非営利活動法人AMDAを設立いたします。  そして ”A Global Network of Partnership for peace through Projects with Sogo-Fujo Spirit under Local Initiative” をスローガンに掲げ、「支援対象の地域住民が生来持っている生活文化、能力を尊重し地域住民とのパートナーシップをとりながらの現地主導型プロジェクトによる平和のための世界的なネットワーク」が世界中のいたるところに届くまでAMDAはこれからも活動を広げ、あるいは活動促進をしていきたいと願っています。

設立代表者 菅波 茂




--------------------------------------------------------------------------------



特定非営利活動法人 AMDA 役員名簿
平成20年7月1日現在

役 職 氏 名 所  属
理事長 菅波 茂 (医)アスカ会理事長
副理事長 的野 秀利 公設国際貢献大学校 校営管理者
理事 小嶋 光信 両備ホールディングス株式会社代表取締役社長
理事 日南 香 元岡山県議会議員
理事 菅波 知子 (社福)遊々会理事長
理事 中西 泉 医療法人社団慶泉会理事長 町田慶泉病院院長
理事 鈴木 俊介 アスカワールドコンサルタント(株) 代表取締役
監事 田村 政志 (株)中国銀行常勤監査役
監事 竹元 武士 (社福)新見市社会福祉協議会会長

AMDAグループ代表
略歴

菅波 茂(すがなみ しげる)

国連経済社会理事会総合協議資格認定NGO AMDAグループ 代表
特定非営利活動法人AMDA(アムダ) 理事長 
1946年12月29日生まれ 広島県福山市神辺町出身 岡山市在住
公設国際貢献大学校名誉校長(2001年9月1日設立と同時に校長に就任、07年4月より現職)
表彰〉 
以上2010年10月現在





--------------------------------------------------------------------------------

医師である私の原体験
 私がいちばん初めにアジアに関心を抱いたのは、福山誠之館高校(広島県福山市)の2年生の時です。1963年夏、私は1枚の写真に出会いました。当時の私とちょうど同い年くらいの一人の日本人兵士が、海岸の浅瀬に顔を半分突っ込んで死んでいる写真でした。夏の真昼でセミがうるさいくらいに鳴いていたのをよく覚えています。



初めて目にした時は、金縛りにあったようにしばらく目を離すことができませんでした。兵士の死に顔はそんな死に方にもかかわらず非常に安らかでしたが、自分とそう年の変わらない彼がなぜこのような死を迎えたのか疑問でした。写真は、祖父の蔵書のなかにあった『記録写真 太平洋戦争史』(光文社版)のなかに掲載されていました。ニューギニア戦線の項にありました。太平洋戦線で太平洋南洋諸島と東南アジアに展開した日本軍の総数は約50万人といわれています。安らかな死に顔を見せていた彼の死も、太平洋戦争中の数限りない死の一つにすぎなかったのかもしれませんが、この写真は多感な青春時代にあった私にアジアへのこだわりを抱かせることになりました。

当時の日本の若者のバイブルに『なんでも見てやろう』(小田実著)という本がありました。1969年、全国に学園紛争の嵐が吹き荒れた時、岡山大学医学部4年生だった私はこの本をリュックサックに入れてアジアへの一人旅へ出発しました。マニラとマルセーユを結ぶフランス郵船の最後の航海でした。横浜からバンコクを経由して、シンガポールで下船。航海中には南ベトナム空軍機の出迎えも受けました。ベトナム戦争たけなわの頃でした。シンガポール→マレーシア→タイ→ビルマ(現ミャンマー)→インドと陸路列車を乗り継いで、最初に訪れたのは、インド・アグラにあったアジア救らい協会インドセンター。ここに3ヵ月滞在して、ハンセン病研修を受けました。その後は、パキスタン→アフガニスタン→イラン→クェート→パキスタン→インド→ビルマ(現ミャンマー)→タイ→カンボジア→香港、と旅しました。

私が最初に訪れたアジア救らい協会インドセンターは、那須元インド大使や宮崎松記博士の尽力によって日本の民間で設立されたハンセン病専門のセンターでした。医学生だった私は、ここで初めて国際医療協力の現場を体験しました。センターでの研修を辞した後は、まさに放浪そのものでしたが、放浪を通じてアジアの医療を我が身をもって体験することにもなりました。ビルマの古都マンダレーではピンク色の混濁した筋肉注射を受け、インドのラジギールでは40度の高熱が一週間続きました。アフガニスタンの首都カブールではマトンの肉で胃の調子を崩しました。イランの首都テヘランでは体調がすぐれず1ヵ月滞在しましたが、テヘラン市民病院の診療はすべて無料でした。香港では夜間救急センターで3時間待たされ、台湾ではインターンの医師が注射からすべての処置をこなしてくれました。

医療を施されたことばかりを並べると、身体の調子に悩まされただけの放浪のようですが、そうではありませんでした。放浪によって、私は「パンドラの箱」を開けてしまいました。箱の中には、“多様性のアジア”という魅力的な女神が微笑んでいたのです。8ヵ月に及んだ放浪から帰国した時は、下駄ばきでパキスタン軍から払い下げられたカバンを肩からぶらさげているという一人前の和製ヒッピーになっていました。

『遥なる夢-国際医療貢献と地域おこし-』 より抜粋                     
菅波茂 著 1993年9月発行 発行所:アジア医師連絡協議会
by nyfiken | 2011-03-31 08:01
東日本大震災・緊急支援活動10
震災直後から被災地での診療活動を行っているAMDA緊急医療活動に、海外の医師らからも参加希望の声があがっていた。そこで28日より、各国のチームが被災地でAMDAの医師らとともに、医療活動などを行うこととなった。



【 被災地からの活動報告 岩手県 】
釜石市の大きな避難所では、物資や薬、診療活動などが比較的行きわたり始めており、物資の管理なども課題となっている。一方、上閉伊郡大槌町では、携帯などの通信事情が未だ回復しておらず、孤立した状態の避難所も多い。そのような避難所には電気自動車などでの巡回診療を続けている。また、電気自動車では入ることのできない山奥へも出向き、地元民生員の案内のもとに巡回診療を行った。ほとんどが高齢の老夫婦で、病院に行けず、薬がなくなり、基礎疾患(持病)が悪化していた。ガソリンもなく、バスも来ないため避難所に降りられず、支援を受けられなかった。AMDA医療チームは、このような地域にも定期的な巡回診療を行っている。


【 被災地からの活動報告 宮城県 】
活動場所を志津川小学校に移したAMDA医療チームは2つに分かれて活動を行っている。志津川小学校では、地元医師とともに診療活動を行っている。一方では小さな避難所への巡回診療を行っている。うつなどの精神的症状や、インフルエンザのような症状も見られるが、一番の問題は、基礎疾患(持病)を持つ患者の薬の問題。持っている薬がなくなっても入手するすべがない人が多く、巡回診療などで対応している。南三陸町は未だに電気、ガス、水道などのライフラインが復旧していない。


【 3月27日出発 第十四次派遣者  計9名 】
■江口 貴博(えぐち たかひろ):医師、AMDA兵庫支部、兵庫県在住 <岩手県大槌町>
■鈴記 好博(すずき よしひろ):医師、AMDA兵庫支部、兵庫県在住 <岩手県大槌町>
■藤本 亜紀子(ふじもと あきこ):看護師、AMDA兵庫支部、兵庫県在住 <岩手県大槌町>
■藤川義(ふじかわ ただし):調整員、AMDA兵庫支部、兵庫県在住 <岩手県大槌町>
■安藤 琢弥(あんどう たくや):医師、愛知県在住 <宮城県南三陸町>
■山本 澄江(やまもと すみえ):医師、東京都在住 <宮城県南三陸町>
■甲斐 恵(かい めぐみ):看護師、岡山県在住 <宮城県南三陸町>
■札場千絵(ふだば ちえ):心理士、岡山県在住 <宮城県南三陸町>
■福本 塁(ふくもと るい):調整員、神奈川県在住 <宮城県南三陸町>


【 3月28日到着 第一次AMDA海外医療チーム  計6名】
■CHO, IN-SUNG (チョウ):医師、開業医、韓国 <岩手県大槌町>
■KWON, YONG-JIN(クォン):医師、ソウル医科大学教授、韓国 <岩手県大槌町>
■SHIN, SANG-MOON (シン):医師、メディピスト 事務総長、韓国 <岩手県大槌町>
■LEE, NAN-YONG(リー):通訳、韓国 <岩手県大槌町>
■Mr. Edward Hew Cheong Yew(ヒュー):調整員、MERCYマレーシア職員 <岩手県大槌町>
■Mr.Norazam Abu Samah(アザム):調整員、MERCYマレーシア職員 <岩手県大槌町>


【 3月29日出発 第十五次派遣者  計7名】
■米田 哲(よねだ とおる):医師、東京都在住 <岩手県大槌町>
■坂本 昌彦(さかもと まさひこ):医師、愛知県在住 <岩手県大槌町>
■井出 小弥香(いで さやか):薬剤師、東京都在住 <岩手県大槌町>
■弓狩 やす子(ゆがり やすこ):看護師、岡山県在住 <岩手県大槌町>
■梶 藍子(かじ あいこ):看護師、東京都在住 <岩手県大槌町>
■細本 龍男(ほそもと たつお):看護師:大阪府在住 <岩手県大槌町>
■井関 ふみこ(いぜき ふみこ):調整員、東京都在住 <岩手県大槌町>


3月29日までの派遣者予定数(3月28日現在) 計84人
医師33人 看護師14人 助産師2人 准看護師1人 薬剤師3人 心理士1人 調整員(補佐、通訳含む)30人


【皆様からの募金を受け付けております】
●郵便振替:口座番号01250-2-40709
口座名「特定非営利活動法人アムダ」
*通信欄に「131」もしくは「東日本大震災」とご記入下さい

●楽天銀行:ロック支店 店番202 普通預金7002547
口座名「特定非営利活動法人アムダ」

●クレジットカード募金:
AMDA全日信販カード:http://amda.or.jp/content/content0001.html

●オンライン寄付サイト Give One 東日本大地震に向けての募金
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10182

●銀行振り込み:中国銀行(銀行コード168) 奉還町支店(店番102)
普通口座2070291 口座名「特定非営利活動法人アムダ」


【お問い合わせ】
AMDAボランティアセンター
〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1
TEL086-252-7700 FAX086-252-7717
E-mail: member@amda.or.jp  http://www.amda.or.jp
by nyfiken | 2011-03-31 07:45
東日本大震災・緊急支援活動11
双葉小学校の避難所で活動を行っているAMDA医療チームは、29日に開催された双葉小学校の卒業式に招待され、卒業生らの新しい門出を祝福した。



【 被災地からの活動報告 岩手県 】

 双葉小学校の避難所で活動を行っているAMDA医療チームは、29日に開催された双葉小学校の卒業式に招待され、卒業生らの新しい門出を祝福した。

30日、釜石市の避難所には、岩手県立病院からの医療チームが到着した。これをうけ、同市の避難所で活動を行っていたAMDA医療チームは患者の状況などの申し送りをし、引継ぎを行った。

大槌町では引き続き避難所での診療や、巡回診療にあたる。また、30日午後には、移動点滴車が大槌町で設営を開始した。31日から運用を開始する。



 一方、28日から合流しているAMDA海外医療チームは、避難所でのAMDA医療チームの診療活動のサポートを行った。また被災者支援国際会議を行い、大槌高校の高校生に向けて東日本震災国際奨学金の設立が決定した。被災した大槌高校の学生で、将来国際的視野を持った医療人を目指す生徒を対象とした奨学金の予定。また今後は、交換留学交流プログラムなどの開催も予定している。大槌高校の校長も賛同している。



【 被災地からの活動報告 宮城県南三陸町 】

 29日、志津川小学校を拠点として診療活動を行っているAMDA医療チームは、自宅避難中で避難所に来られない方々へ巡回診療を行った。地元保健師らと協力しながら、高齢の方でも安心して診療を受けられるよう、配慮して活動を行っている。また、精神的な疾患、ストレスからくる症状が多くみられることから、精神科の医師と心理カウンセラーがチームを編成し、対応にあたっている。



 一方、イスラエルから派遣されている医療チームから協力の要請があり、情報交換を行っている。



【 3月29日到着 第ニ次AMDA海外医療チーム  計4名】

■Andi Husni Tanra(タンラ)

:医師、AMDAインドネシア支部長、インドネシア <岩手県大槌町>

■Idrus A Paturusi (パツルーシ)

:医師、医師、ハサヌディン大学学長、インドネシア<岩手県大槌町>

■Sultan Hasanuddin(ハサヌディン)

:調整員補佐(医学生)、インドネシア<岩手県大槌町>

■Diandra Sabrina(サブリナ)

:調整員補佐(医学生)、インドネシア <岩手県大槌町>



【 3月30日出発 第十五次派遣者  計7名】

■横山 昌平(よこやま まさひら)

:医師、東京都在住 <宮城県南三陸町>

■森田 佳奈子(もりた かなこ)

:調整員、大阪府在住 <宮城県南三陸町>

■高橋 耶真人(たかはし やまと)

:調整員補佐、神奈川県在住 <宮城県南三陸町>

■米山 あき子(よねやま あきこ)

:調整員、神奈川県在住 <宮城県南三陸町>

■諏訪間 陽子(すわま ようこ)

:調整員補佐、神奈川県在住 <宮城県南三陸町>

■石岡 未和(いしおか みわ)

:看護師、AMDA本部職員、岡山県在住 <岩手県大槌町>

■平田 健二(ひらた けんじ)

:調整員補佐、岡山県在住 <岩手県大槌町>



【 3月31日到着 第ニ次AMDA海外医療チーム  計3名】

■Pairoj Khruekarnchana(クルエガーンチャナー)

:医師、タイ <岩手県大槌町>

■Pawinee Phoyoo(ポユー)

:看護師、タイ <岩手県大槌町>

■Chuleewan Puagthong(プアグドーン)

:看護師、タイ <岩手県大槌町>



3月29日までの派遣者予定数(3月28日現在)

計98人



医師37人 看護師17人 助産師2人 准看護師1人

薬剤師3人 心理士1人 調整員(補佐、通訳含む)37人



【皆様からの募金を受け付けております】



●郵便振替:口座番号01250-2-40709

口座名「特定非営利活動法人アムダ」

*通信欄に「131」もしくは「東日本大震災」とご記入下さい



●楽天銀行:ロック支店 店番202 普通預金7002547

口座名「特定非営利活動法人アムダ」



●クレジットカード募金:

AMDA全日信販カード:http://amda.or.jp/content/content0001.html



●オンライン寄付サイト Give One 東日本大地震に向けての募金

http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10182



●銀行振り込み:中国銀行(銀行コード168) 奉還町支店(店番102)

普通口座2070291 口座名「特定非営利活動法人アムダ」



【お問い合わせ】

AMDAボランティアセンター

〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-1

TEL086-252-7700 FAX086-252-7717

E-mail: member@amda.or.jp  http://www.amda.or.jp
投稿日:2011年03月30日
by nyfiken | 2011-03-31 07:42

"Civic Force "NGO report

2011/03/29
3月28日(月)おにぎり・カップ麺でないもの、ありがたい

28日は、パートナー団体のピースウィンズ・ジャパンが大船渡市内で仮設の手作り風呂づくりを始めました。大船渡市内では、11日の大震災以来、まだお風呂に入ることができていない人が多く残っています。Civic Forceでは、30日に南三陸町で同じような仮設風呂を2ユニット建設する計画です。詳しくは、30日以降にご報告します!
併せて、大船渡市内の蛸の浦地区公民館など避難所に、Civic Forceが配送してきた物資の配布をしました。大船渡市内もやはり、朝夕おにぎり中心の食生活が続いています。28日は、市内の避難所に、合計1,134缶のさんま缶詰を配布しました。避難所の皆さんには、「おにぎり続きで、おかずはありがたい」や「保存がきく食料は、助かる」などの声が聞かれました。さんまは缶詰にしても、たんぱく質、必須アミノ酸が豊富な栄養バランスのいい青魚の筆頭です。皆さんのご支援で、多少でも栄養バランスを改善する食事をお届けできました。
食べ物は、まだまだ量も品数も不足しています。おにぎりとカップ麺はある程度行き届いていますが、被災者のかたからは味噌汁や総合ビタミン剤に対するニーズも聞かれました。
併せて衣類、下着類も配布しました。まだお風呂に入れず、着替えもないので、人気商品でした。意外と男性の下着が不足しがちなことも分かってきました。
大船渡市役所では、現在の支援体制や今後のニーズ等を議論させていただきました
by nyfiken | 2011-03-31 07:32

NHK 地震情報より

情報発表日時             発生日時      震央地名 マグニチュード 最大震度
平成23年03月30日06時55分 30日06時51分頃 長野県北部 M3.2 震度3
平成23年03月29日21時29分 29日21時25分頃 茨城県沖 M4.2 震度3
平成23年03月29日20時04分 29日19時54分頃 福島県沖 M6.4 震度4
平成23年03月29日19時59分 29日19時54分頃 福島県沖 M6.4 震度4
平成23年03月29日16時11分 29日16時05分頃 福島県沖 M4.3 震度3
平成23年03月29日08時55分 29日08時51分頃 岩手県沖 M4.3 震度3
平成23年03月28日23時17分 28日23時14分頃 岩手県沖 M4.1 震度3
平成23年03月28日20時12分 28日20時08分頃 茨城県北部 M4.1 震度3
平成23年03月28日14時41分 28日14時38分頃 秋田県内陸南部 M4.1 震度3
平成23年03月28日10時23分 28日10時19分頃 宮城県沖 M4.5 震度3
平成23年03月28日07時29分 28日07時24分頃 宮城県沖 M6.5 震度5弱
平成23年03月28日06時16分 28日06時11分頃 茨城県沖 M4.7 震度3
平成23年03月28日02時14分 28日02時10分頃 栃木県北部 M3.9 震度3
平成23年03月28日01時04分 28日01時00分頃 栃木県北部 M3.4 震度3
平成23年03月27日22時45分 27日22時41分頃 宮城県沖 M5.6 震度3
平成23年03月27日20時12分 27日20時08分頃 福島県沖 M4.5 震度3
平成23年03月27日19時27分 27日19時23分頃 千葉県東方沖 M4.9 -
平成23年03月27日14時12分 27日14時08分頃 岩手県沖 M4.7 震度3
平成23年03月27日12時25分 27日12時20分頃 岩手県沖 M4.9 震度3
平成23年03月27日05時40分 27日05時36分頃 福島県浜通り M4.2 震度4
平成23年03月27日01時11分 27日01時07分頃 茨城県沖 M4.4 震度3
平成23年03月26日23時23分 26日23時19分頃 茨城県北部 M4.1 震度3
平成23年03月26日23時15分 26日23時11分頃 茨城県北部 M4.4 震度4
平成23年03月26日22時37分 26日22時33分頃 福島県浜通り M3.9 震度4
平成23年03月26日19時34分 26日19時30分頃 茨城県沖 M4.3 震度3
平成23年03月26日19時22分 26日19時18分頃 宮城県沖 M5.1 震度4
平成23年03月26日16時57分 26日16時52分頃 茨城県沖 M4.4 震度3
平成23年03月26日16時24分 26日16時19分頃 茨城県沖 M4.6 震度3
平成23年03月26日08時56分 26日08時50分頃 岩手県沖 M4.4 震度3
平成23年03月26日05時55分 26日05時52分頃 茨城県沖 M4.2 震度3
平成23年03月26日04時34分 26日04時30分頃 宮城県沖 M4.2 震度3
平成23年03月26日01時14分 26日01時10分頃 茨城県沖 M4.0 震度3
平成23年03月25日21時57分 25日21時54分頃 長野県南部 M3.3 震度3
平成23年03月25日21時35分 25日21時30分頃 宮城県沖 M4.1 震度3
平成23年03月25日20時41分 25日20時36分頃 宮城県沖 M6.2 震度4
平成23年03月25日17時42分 25日17時37分頃 福島県浜通り M3.6 震度3
平成23年03月25日04時48分 25日04時44分頃 宮城県沖 M4.8 震度3
平成23年03月25日03時24分 25日03時16分頃 茨城県沖 M4.3 震度3
平成23年03月25日03時20分 25日03時16分頃 茨城県沖 M4.3 震度3
平成23年03月25日02時13分 25日02時08分頃 茨城県北部 M4.7 震度3
平成23年03月24日17時28分 24日17時21分頃 岩手県沖 M6.1 震度5弱
平成23年03月24日17時24分 24日17時21分頃 岩手県沖 M6.1 震度5弱
平成23年03月24日14時07分 24日14時03分頃 茨城県北部 M4.5 震度3
平成23年03月24日09時03分 24日08時56分頃 茨城県南部 M4.9 震度5弱
平成23年03月24日09時00分 24日08時56分頃 茨城県南部 M4.9 震度5弱
平成23年03月24日05時46分 24日05時43分頃 茨城県沖 M5.2 震度3
平成23年03月24日05時38分 24日05時33分頃 茨城県沖 M4.7 震度4
平成23年03月24日05時36分 24日05時33分頃 茨城県沖 M4.7 震度4
平成23年03月24日04時51分 24日04時46分頃 茨城県北部 M3.7 震度3
平成23年03月24日02時06分 24日02時02分頃 茨城県北部 M3.9 震度3
平成23年03月23日20時20分 23日20時16分頃 大分県西部 M3.4 震度3
平成23年03月23日19時50分 23日19時43分頃 茨城県沖 M5.1 震度3
平成23年03月23日19時46分 23日19時43分頃 茨城県沖 M5.1 震度3
平成23年03月23日18時58分 23日18時55分頃 福島県浜通り M4.7 震度5強
平成23年03月23日17時30分 23日17時27分頃 新潟県中越地方 M2.5 震度3
平成23年03月23日16時20分 23日16時16分頃 茨城県沖 M4.1 震度3
平成23年03月23日09時12分 23日09時07分頃 岩手県沖 M5.2 震度3
※マグニチュードを求められなかったものについては「---」と記している。


Nyfiken
茨城県沖が多いのがちょっと気になるところ。。
by nyfiken | 2011-03-30 09:37

Tepco CEO's comment on Fukushima

We would like to express our sincere condolence and pray for the loss of people by the Tohoku-Chihou-Taiheiyo-Oki Earthquake occurred on March 11, and would like to extend our deep sorrow to the people and their families suffering damage.

We would also like to make our deep apologies for the concerns and inconveniences caused due to the incident of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station and the leakage of radioactive substances to the people living in the surrounding area of the power station, the people of Fukushima Prefecture, and broader society.
Currently, we are putting all our efforts to cease the situation becoming any worse, with the support from the national government, related ministries and government offices, and by closely cooperating with them.

Further, due to the serious damages caused to our nuclear power stations, thermal power stations and transmission systems, despite our efforts, to maintain stable supply of electricity has become impossible. As a result, we have regrettably decided to carry out planned blackouts, and we deeply apologize for all the inconveniences caused.
We are doing our utmost best to restore our facilities in order to be able to stably supply electricity as soon as possible. We apologize for the disruptions caused, and appreciate your cooperation and understanding in saving power and planned blackouts.

March 2011
The Tokyo Electric Power Company, Incorporated
Masataka Shimizu
President
by nyfiken | 2011-03-30 09:06