スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

A Happy birthday to mother!

My mother does not read my blog, today is her birthday.
In fact I always remember my birthday parties that my mother did for me when I was a child, but I merely remember what we did for her when I was a girl.
Most of time we dined out, mother, father and my younger sister on this day.



Summer hot day. she hates coldness, even she was born in the north of Japan, she does not like to be in a cold room. So room is always warm when the winter time. I lately find out, peoples who were born in Summer , they have a kind of similality. Maybe after the soon when we were born in the summer(to me summer means June, July, August is the birth month), soon after we did not have to wear thick Jacket, and maybe oftened we had bath often, that is why we love taking shower, water.The memory of summer when we were baby.

My mother is the last daughter of family and her grandmother stays together.So she is the granddaughter loved by grandmother(her father's mother). She was working before marriage. She loves sawing so when I was a girl, she made many of my dresses. SUmmer comes everytime she made at least one or two dresses, same materials with my younger sister, and always showed me the style book for children and asked me how the design should be . Anyway As others, after she married with father and had me soon, stayed at home to look after family. She continued her flower arrangement carriers So all her life, she spent more time for flower arrangement than any other works.when I was 12 years old, she started her tea ceremony practicing at a Japanese architect's wife who had best tea ceremony cups and tools. According to mother , she cared for the cups and tools (odougu) and of course she loved that teacher's beautiful tea room where the students practiced, for that everyweek she spend 2 and half hours to go to her favorite tea ceremony teacher. When I was students, at home, I was asked by her to practice the ceremony. So at least I manage to drink , make a tea in a certain SIMPLE style.

. SUnday morning s mother went to flower arrangement examination regularly. When I was a little girl, I was longing for her coming back home. since at that time, my father did not cook, so kitchen was not warm till my mother came back from the sunday flower arrangement Kenkyu kai. Nearly 60 years, she kept on doing this flower arrangement activity. Then this summer she retired by herself since her condition was not so good and she decided. Instead she now looks after garden at home,COntinuity, sustainability, I respect her way of life. Having two children, learning and teaching flower arrangement, tea ceremony... On the contrary, as her daugther I did not become master of Japanese flower arrangement, neither tea ceremony master. I grew up watching mother arranging Ikebana and making tea at a little Japanese tea room that is the room only for Japanese tea drinking.
I did not learn so called Japanese cultural sophistication. i can say I know but that does not mean I understand and master, Any Japanese cultural way " Do" bushiDO or Sado(tea), Kendo, shodo, need to be practicing whole life with many devotion.

Mother always tells me " Taste and sense are required to do "flower arrangement.". If the person does not have taste, good sense or does not train, or brush up, the original stone can be just rough stone on the street, any kinds of stone can be polished. So my ikebana, tea ceremony stones are still the rough stone on the street, I like the word " Kiwameru" In Japanese. Pursuing?When I was a little younger than now, I wanted to do many of things, but now I can say, one thing that we really like, that we can do " Kiwameru" In that sense, I have not done any of Kiwameru in my life.

MOther told me she still dreams of arranging flowers competation , since she retired from her carrier for this field, she must feel sad, this year she has been sick and did not feel well, the reason why I was in Japan, I had to accompany with her to the hospital. now she seems to be a bit better.

A happy birthday! I am sorry not to be with you on this beautiful sunny summer day. If I were there, definitely I will cook your favorite meal, and your another daughter will make your favorite blue mountain morning coffee.
31st July 2011
by nyfiken | 2011-07-31 18:34

Nyfiken's Summer weekend music




http://youtu.be/YCbd6pxmVHY

When summer comes, naturally I remember days in the tropical countries where I used to live in. This David sanborn saxphone reminds me of the city of Bangkok at night. Jazz bar cafe , near Thai Daimaru department store, there was the one that I used to drink coffee, Antique clock, Japanese were so rare then. long time ago in Thailand, they only drank cafe orientan, with sweet milk, now they drink normal coffee, one generation later, Thai seem to catch up the same as that in Japan and Hong
kong, Taiwan.Shanghai, they catch up other cities only in 15 years and they just want to compete , want to build their own made taller building.





If Japanese company make 100 floors, they want to make 105 floors. overconfident and rapid development always cause their holes later.Not now.We japan had the same history.IT depends on those who learnt from developing countries. They want to copy everything good and even want to make better ones. They are smart, I mean Chinese.So in Stockholm I ate the Swedish home cooking dishes owned by Chinese in the center of city. So delicious. They own sushi, now they own Swedish food restaurant and Many Swedish go there to eat their mother cooking. In Japanese I just want to say "Appare! Chinese. Your guys are so smart.Yesterday they opened sushi, and thai, now they open Swedish mother cooking restaurant with sport pub with full of Swedish folk."Smiling Chinese guy serve with 100 percent smiling .Our Japanese folk we are too squire in that case. We should be more octopus, or squid that can shape our shape in the water for surviving. Well. BushiDO disturb us in that case.





After many years later, Bangkok keeps still old parts of everything There are still many old buildings, shops, and restaurants remains inBangkok, but in Shanghai, even I can not remember what they used to have in Nanjing road area near Band.




by nyfiken | 2011-07-31 07:42

Summer holiday weekend cinema

Around the world in 80 days.The imagination of french man's novel in 19 century.1956 cinema before computer era. My desire in Sweden, if possible ,I want to watch this movie with Japanese red bean crashed icecream with sweet milk.(rennyugake azuki kakigoori)While I was in Japan, everyday I bought this rennyugake azuki kakigoori, and at home at night I ate then I felt very cool even hot temperature,80日間世界旅行のこの映画を、あずき練乳がけかき氷アイスクリームをいただきながら見るのが、今スウェーデンで考えられる最高のぜいたく。異文化は、びっくりどっきりの連続。この映画の中の外国は、“なんか変だなあ!”の連続。特徴をよくとらえているので、なんだか笑ってしまう。




2.

3.


4.





6

7
Yokohama was the important port in 19 century. Most travellers visited Japan through Yokohama port when ship travelling was main way of travelling the world.
Japan, Yokohama, kamakura


8 Japan, Yokohama




9


continuing.....これを書いたフランス作家の1800年半ばのイマジネーションはすばらしい。自身が海外に行きたくて、船にしのびこんだのを法律家になることを望む弁護士の父親に止められ、決して現実には海外に行きません。と宣言したが、本を書いて世界旅行をするという。笑ってはいけないが、よく見ていて、特徴をとらえているのに、おどろく。
by nyfiken | 2011-07-31 05:42

what's going on in Japan?

I came back to the northern Europe. Japan was hot, 37 centigrades.
Unsafe matter, on the contrary, make Japanese city more relaxed with lots of cool beautiful sea water pictures, blue, light blue sky and sea's advertisement posters seem to create coolness. In shops, they use relaxed music and somehow, tokyo is a bit darker than before due to energy saving. Most women wear umbrella because sun shines so hot and without umbrella, it is too hot to walk after noon. nobody want to sit under the direct strong sunshine.

We know news from NHK, but in fact we need specialist who can explain " what is really going on behind and the real reality." What we know, on the earth, this fukushima incident happening is the first and hopefully last. The things are not so easy, very difficult.
This is from the page that I check time to time.
以下は、抜粋。

2011年7月20日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

番組内容

2011年7月20日【水】
隠された「内部被曝」の真実
 今夜は原爆認定集団訴訟で「内部被曝」の危険性を訴えてきた琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬さんと電話をつなぎ、あまり知られていない内部被曝の真実について迫ります。
 矢ケ崎さんは、広島と長崎の原爆投下による内部被曝に被害を調べ上げ、戦後、国策や科学の名のもとに隠されてきたその悲惨な実態を訴え続けてきました。そして、そのことは、今回の福島の事故にも当てはまる可能性があると警告します。今夜は内部被曝で今後、福島周辺でどんなことが起こるのか、詳しく伺います。
 京大の原子炉実験所の小出先生のコーナーもあります。

録画

20110720 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


内容、書き起こし

(水野:小出さんこんばんわ。)

小出:こんばんわ。

(水野:よろしくお願いします)

小出:こちらこそ。

(水野:そして東京には近藤さんです)
(近藤:こんばんわーよろしくー。どうもー)

小出:はい、よろしくお願いします。

(水野:よろしくお願いします。まずは福島第一原発の収束に向けての作業の工程表が改定されたというところから伺いたいと思います。えー、これ現状はですねステップ1で目指していたのが安定的に冷却をするということでしたよね。)

小出:はい。

(水野:これができたという話のようでございます。そこでリスナーのかたから質問がまいりました。ラジオネーム、変な国だよ日本さんというかたからなんですけれども)

小出:(笑)

(水野:こんなふうにおっしゃっております。政府は原子炉の安定的な冷却を達成したと言ってますけれども、メルトスルーしてしまった核燃料をどうやって安定的に冷却しているのでしょうか。教えてください。小出先生いかがでしょうか)

小出:私もわかりません。

(水野:小出先生もわからない! これあのメルトスルーしてしまった核燃料というのは格納容器の中にもう核燃料はメルトして、スルー、つまり穴から下に落ちてしまったっていう意味ですよね)

小出:そうです。

(水野:つまりもう格納容器の中にないっていう意味ですよね)

小出:はい。ええっと。ない可能性が高いと私は思います。

(水野:と思われるその核燃料を安定的に冷却したことに、達成したということはどういう事でしょうか、教えてください)

小出:はい。ありえないですね。

(水野:そ、そうですよね)
(近藤:先生、安定的っていうのはどういう意味で使っているんですかねえ)

小出:ええっと。もともと工程表が出たときには冷温停止をさせると言ったんですね。で、原子炉圧力容器が健全でその中に炉心という部分が残っていて、そこに水を入れながら100度以下にすると、いうのが冷温停止という概念で、循環式の冷却回路を作ってなんとかそれを達成するというのがロードマップができた時の考え方でした。もちろんそれを私もして欲しいと思いましたけれども、なかなか難しいだろうと思っておりましたが。ええ、5月になって東京電力はもう炉心は全部溶けてしまっていると。圧力容器も穴があいてしまっているというふうに認めたわけですから、もともと冷温停止などということは、もう全くできなくなっている、のです。つまりもうロードマップ自身が始めから意味をなさないという状態になっているわけで、そのことをまず、政府、東京電力が認めて全面的なやり方の変更ということを言わなければいけなかったと思います。

(近藤:このー、今、先生。時々廃炉って今度は聞きますよね。この廃炉になれば、その、収束っちゅうことは言えるわけですか)

小出:えー廃炉というのは、核燃料を原子炉の中から取り出して初めて廃炉というのは出来るというのがこれまでの概念だったのですけれども。もう原子炉の中に炉心がないわけですし。どうすれば溶け落ちてしまった核燃料を取り出せるか、ということすらが全くわかりません。

(近藤:これは先生らの技術的な知識を持っても答えは出せないわけですね)

小出:はい。あのー……、1979年にスリーマイル島というところで炉心が溶けたという事故があったのですが。その時は圧力容器そのものは壊れなかったのです。幸いにして。ですから原子炉の上の方から圧力容器の蓋を開けてみれば、溶けてはいたけれども、炉心はそこにあったのです。

(水野:はい)

小出:ですから、取り出すこともできたんですけれども)

(近藤:1基だけやったんですかね)

小出:1基だけです。

(近藤:ですよね)

小出:でももうすでに、今回の場合は溶けてた炉心が圧力容器から下に落ちてしまってるわけですから、もうそれを見ることも出来ないし取り出すこともできません。

(近藤:溶けるってのは先生、どんな状況になってるんですか。そのち、なんかバターみたいに濡れた状態になってるんですか)

小出:えー……、もともとウランというものは瀬戸物の形で焼き固めてあります。近藤さんちょっと想像してみていただけますか。

(近藤:うん)

小出:自分の家のお茶碗でもお皿でもいいです。瀬戸物がどろどろに溶けるという状態ですね。

(近藤;ああ、そういう感じか……。)

小出:はい。要するに溶岩のようにですね。

(近藤:なるほどああいう感じですね)

小出:はい。高温になって光を発しながら溶け落ちていくというそういう状態です。

(水野:すいません。それだったらですね。いうたらその、炉の下のところを掘ってですよ。で、溶けてるものをスコップで掘り起こすような感じで、出して、で、ま土なども、セメントなども一緒くたにしてプールに入れたらどうですか?)

小出:ええ……。炉の下を掘るということ自身がものすごい危険だろうと思います。ですからむしろ私がもし、えー……、炉心が地面の中にめり込んでいるんだとすれば、そのめり込んでいる場所で封印するのが一番いいと私は思います。

(水野:めり込んでいる場所に、もう動かさずそのものをセメントなどで封印するということですか?)

小出:はい。そうです。あのチェルノブイリの原子力発電所を封印した時もそうですけれども。溶けた炉心はチェルノブイリの場合も地下に流れ落ちていました。そこを含めて全部を石棺という形で封じ込めるということをやりました。

(近藤:それ40年経って、そのコンクリートもぼろもぼろなんでしょ)

小出:はい。25年経ってボロボロです。

(近藤:ああ、ああ、25年か。)

小出:今またその、作った石棺を、またもうひとつのもっと大きな石管で覆って、放射能が出ないようにしようという工事が始まっています。

(近藤:そうすると今の日本の状態っていうのは世界的に考えても、我々人類初のケースですよね)

小出:そうです。まさに初めて直面している大変な、まあ大惨事です。

(近藤:それをね、ステップ1だの2だの、軽々しく言うなっちゅう気がするんですけれども)

小出:はい。近藤さんのおっしゃるとおりです。私もそう思います。

(水野:でもですね。私なんかはステップ1の目的が達成できたと言われますとね、細かいところがわからないので達成できたという文字だけが文字だけが自分の心に残るんですね。そういうかたは多いのではないかと思うんですよ。)

小出;そうですね。

(水野:達成という文字に、ものすごくこだわっているのではないだろうかと)

小出;はい。

(水野:そこへ安定なんちゅう言葉がつくと、ほんとうに皆、故郷に帰って来れるんだという印象すらありますよね)

小出:そうですよね。でもみなさんもちゃんと考えていただきたいと思うけれども、東京電力と今の日本の政府というのは、今回の事故を起こした最大の責任者だし、最大の犯罪者なんですね。その2人がなんとか事故を小さく見せたいとして、今安定化であるとかロードマップを達成したとか言ってるわけですけれども。私から見ればちゃんちゃらおかしいし、そんなものを信用してはいけないと思います。

(近藤:先生、さはさりとて、見通しなんですがね。どうなんでしょう。その石棺にしろなんにしろ、廃炉ということの実現性っちゅうのはもう日本では無理ですか?)

小出:ええと。できる、できるというかやらなければいけないわけですし、それを米国に頼んだりフランスに頼んだりしたとしてもやるべき事は同じですので。大した力にならないと私は思います。

(水野:この、誰がじゃあその策を考えていくのかっていうことについていいますと、原子炉の解体は原子力委員会のもとで、専門家が具体的な方法を検討すると、いうんですけれども。原子力委員会というのはあの斑目さんの……まだお辞めにならない、あの原子力委員会のもとで、すすめるということに対して、小出先生……)

小出:今のままの原子力村の体制は全く駄目ですから、抜本的に改革しなければいけないと思います。

(水野:まず原子力村を解体することが必要なんですね。)

小出:はい。そうです。

(近藤:先生、その体制とかその村とかっていうレベルじゃなしに技術として不可能じゃないんですか)

小出:はい。要するに人類初まって以来のことに直面しているわけで、本当にどういうやり方がいいのかよくわからないのですね。もちろん米国とかフランスとかイギリスとかロシアでもいいですけども、そういうところの専門家の知識を借りるということも大切なことだと思います。ただ、どこの国もやったことがないことですので、これだという決定的な方策というのは多分出ないと思います。一つ一つやらなければいけないし。今やるべきことは例えば決まっているのですね。

(水野:はい)

小出:めり込んでいる炉心を地下水と接触することを絶たないといけないわけですから。ええ……、私が前から聞いていただいているように地下にバリアーを張る、地下ダムという言葉を使われるかたもいますけど、それをやらなければいけないし。で一方で環境の汚染を防ぐために溜まっている汚染水をなんとか漏れないところに移さなければいけないという、そういうとにかくあの緊急にやらなければいけないことを一つ一つ積み上げていくという、その先にしか多分方策はみえてこないと思います。

(水野:今おっしゃいました、地下ダムというその地下水に触れないように汚染水を遮断する壁を作るという話はですね、もうすぐにやる話しなのかと私思ってたんです。小出先生が前からおっしゃってましたよね)

小出:はい。

(水野:ところがこれどうやら工程表の中ではステップ3でやるらしいですね)

小出:そうですね。

(水野:今から検討に着手するんですね)

小出:そうですね

(水野:考えるってことですよね)

小出:そうです。あまりにも遅すぎます。

(近藤:その間、地下に汚染水が流れてるんでしょ)

小出:そうです。

(近藤;そのことをなんにも言わんですね)

小出:そうです。

(近藤:ううーん…‥それはやっぱり言わないわなあ……。)

小出:でも私この番組でもタンカーという案を、本当に初期の頃に出したんですけれども。ええ、それもなんか検討しているという話は何度か聞かさせていただいたけれども。結局それすら動かないのですね。さっきのラジオネームのかた、日本の国が何とかという)

(水野:変な国だよ日本さん)

小出:本当に変な国だと私は思います。

(近藤:そうすると今のステップ1が……終わるっていうことは総理大臣も言ってますけどね)

小出:はい。

(近藤:それは要するに窒素を入れていった、あるいは大気中に放射性物質が出にくくなってる、っていうようなことで言ってるわけですか)

小出:のようですね。あんまり本質的じゃないことだけをなんか手柄話のように取り上げて言ってるように私には聞こえます。

(近藤:……なるほど……(小声))
(水野:まずは冷やしても冷やしてもそこに冷やす対象の核燃料がそこにないかもしれないという、ここの大前提を認めないと工程表全部を変えるということにはならないでしょうね)

小出:そうだと思います。

(水野:はい、ありがとうございました。京都大学原子炉実験所小出裕章先生にうかがいました。
by nyfiken | 2011-07-23 06:31

夏休み雑感。

久しぶりに日本に帰国したが、日々忙しくテレビを観るゆとりが生まれてこない。せめてニュースと思っても時間がちょうどならなかったりする。夏の東京は暑く、36.8度の昨日のように、真昼はアスファルトの上を歩くのがつらい。日傘をさすのは、あまりにも強すぎるぎらぎらした太陽の光をよけ、せめて日陰を作りだすことにより、少しでも暑さを和らげるため。スウェーデンでは、日よけの傘をさすのよ、というと皆に笑われるが、実際は、南の島のおんなたちも、暑すぎる日は、カラフルなパラソルをさして少しでも涼しくしようとする。UV製品がたくさんあるが、それだけ日本の日差しは強い。

太陽に飢えている北欧の人たちは、今焼かないとだめ。といったふうで上半身裸で町中海水浴のような恰好をしてあるく。が、夏は短い。ストックホルムの夏は、日本ならば、東北の夏祭りが終わるころ吹くあの祭りの終わった夜のちょっと涼しげな秋を思わせる風が8月第一週になると夕方になると吹く。そうしてバーゲンたけなわ、秋を思い、夏の太陽をなつかしみ、まっかにゆでたザリガニをスウェーデンやデンマークやノルウェーなどのひとは各地方のウオッカその多くは、いろいろな香草がはいっていて味比べといったふうに小瓶にはいっているのだが、これをグイっと飲み、歌を歌い、幼稚園の子供たちのパーていみたいに、かざりつけて、大人もはしゃぐ。

ザリガニを夏に行事として食べるスウェーデンでは、冷凍したものが手ごろに手に入るが、中国産やトルコ産など毎年どれが値段が手ごろでおいしいかと新聞をにぎわせる。中国の発展で、なんとなく田舎のたんぼのすぐ横に工場があってもおかしくないようなことを思えば、少しくらい高くても、魚屋さんで手に入るスウェーデンのスモーランド地方のものをいただく。

食べ方は決まっている。芸術のようにさらに盛られたざりがには香草のデルをたっぷりいれてゆであげられる。食べるところがなさそうだが、身はある。日本人はざりがには、男の子が子供時代釣りの感覚で夏の遊びだったが、捕まえてもかわいそうだから戻してあげなさい。という日本の親の教育はスウェーデンでは、無だ。ざりがにはうつかまえていただくもの。みんなでもりあがって歌を歌う。食べて、スナップスをぐいとのみ食べる。、まただれかが、じゃあ歌いましょう。といってざりがにを食べるときの歌がもう伝統的に決まっていて、準備よく印刷してテーブルにくばられる。みんなで歌って一度盛り上がり、そしてまたざりがにを自分のさらに。さてザリガニをいただくとき、他にどんなものがあるのだろう。サラダ、ザリガニといただく、パン。

こういうときに、間違っても日本人がよばれたからといって、刺身やすしや、てんぷらをあげていくと嫌がられる。ザリガニはやっぱりザリガニ料理といったものがあるようだ。デザートはなければいけないので、最後に夏の地元産のストロベリーと生クリームを使った夏のサマータルトが出される。夏はイチゴの季節で、スウェーデンのひとは胸を張って言う。ベルギー産のいちごと比べ物にならないでしょう。スウェーデンの夏のイチゴは甘くておいしいですよね。と自慢となる。日本人はクリスマスにこれとそっくりなケーキをいただくのよ。というと、へえ??といった顔をみなする。冬にいちご??サンタの赤をイチゴにしてクリームを白にみたてたデコレーションケーキが日本のクリスマスの伝統なの。国によってずいぶん違う。

ふとスウェーデンの夏の風物詩を思い出したが、日本には夏おいしいものがたくさんある。なにをいただいても、安くておいしいので、日本は便利な国でもある。普通の中華そば、チャーシューメン、本物の讃岐うどんの汁は薄口お醤油の色。日本の洋食も実にデミグラスソースがおいしい。たかがハンバーグだが、これに命をかけている日本のシェフがたくさんいる。大根おろしでさっぱりと。わたしは、太ってもかつ丼が好きなので、かつ丼の食べ比べをしてしまう。実はかつ丼は本当においしいのとまあまあなのと差がないようであるが、かつ丼が感動で震えるくらいおいしいと感動したいのが本音だ。かつのあげかた、おにくの厚み、卵のとろけかた、玉ねぎのはいりかた、汁の入り具合、ご飯のたきかた、丼の世界は深い。この娘にして、父親は丼がきらいだという。ご飯のうえにごっちゃりのっているのが嫌いで、カレーも別な器にだすのを常にしていた。80近くなってようやく、上にのっていても大丈夫というのだから、親子でも全く違う。

病院を訪れるにつれ、お年寄りのひとがたくさん入院しているのが目につく。車いすで80過ぎの人たちが、かわいらしく押されている。日本を支えてきた昭和を牽引してきた世代。失敗するかどうかはやはりやってみなければわからなかった。挑戦をしてきた日本だが、反省は大いに必要とみる。

日本は、案外勇気のある民族で、けろりとしたところがある。幕の内弁当が好きなよくばりな民族なのでこれひとつ、肉団子だけ20個そしてゆでた小さな芋が10こごろんとお皿にだされたら、おいしくても、うーん。あれも、これもちょっとずつ食べたいなーといった風になってしまう。このことは、ヨーロッパと日本を比べたときに、よく説明がつく。思いっきりがいいのだが、おまけが好きで、お得感というより、おまけに弱い。いいものはどんどん吸収し、自分の持っている文化とまぜあわせながら、もっといいものを改良して作りたいと思うのが日本のいいところでも。

フランス菓子やフランスのパンは、スウェーデンよりその普及率が大きい。たとえば今はパリのパン屋にあるものが、東京の街中で普通に売られている。別にバゲットだけの話ではなく、たとえばアップルがはいったパイのしょそんおうぽんむ だったり、ぱんおうしょこら、ぱん お れざん やクロワッサンにアーモンドペーストをいれて焼き上げたもの、これをもう少し改良して、オリジナルのフランスレシピにあんこをまぜたりしたくなるのが、工夫が好きな日本スタイルとみる。


じゃあスウェーデンは。というと伝統回帰でむかしながらのごつい、一日おくと歯がおれてしまいそうなサワーブレッドとか形が悪いものがはやっている。おそるべし日本人のパン職人は世界中を食べ歩き、社長のつるの一声で、デニッシュブレっどに4種類のベリーをいれて美しい芸術のパンを作ってしまう。私がスウェーデンでコーヒーのともに、愛食しているピーカンナッツのデニッシュを蒲田の駅構内のパン屋さんで見つけ、がぶりとかじったときは、スウェーデンで食べている野と同じで涙がほろりとでたもの。がひとつだけ、日本にあまり普及していないスウェーデンのパンがある。それはシナモンがあんこのようになってパンの中にねじりこんであるデニッシュ。パイ地のはさっくりしてシナモンがくるくるのなかにはいっているが、それはむしろアメリカスタイルで、スウェーデンのシナモンあんこのようにねっちりしていない。

また日本人はあのおさとうがパンのうえにちりばめているスタイルは、ダイエットを気にする女性にはいただけない。お砂糖がみえなければ、いいが、おさとうが上にあるのは、10代の体育会系のおねえさんがあげドーナッツにさとうまぶしをがぶりと食べても絶対太らない人は大丈夫だが、中年のおばさんのようにたべたものがすべて二の腕、へそまわりについてしまうのには、隠れ食い以外に人前ではいただけない。

こんかい日本ゆきは、身内のお見舞い、いろいろなことが重なり、メールをみるのも環境が整うまでなかなかできず、国内の移動と暑さでフットワークは必ずしも軽いとはいえなかった。病院の中の景色は、外の灼熱の熱帯とは別で節電といいながら、冷房が心地よく聞いている。患者さんの多くはお年寄りが多く、風がすこしでもくると、涼しいわ。と手をさすっている。看護婦さんは、若い体力気力満々が多く、その中にベテランがいたり、医師がなかなか情がある。

日本の医療現場をちらりとみただけだが、マンパワーはスウェーデンに比べたら多いようでもある。病院も新しくきれいで、東京の街のように、新しくどんどん進化させている日本は、たてのものをあまり横にかえないヨーロッパに比べると、新人代謝がいいように見える。東京は、福島の原発で節電、人々の意識、ライフスタイルを変えたが、ここでいえるのは、自画自賛しすぎることなく、かといって劣等意識を持ちすぎず、自分の意見をはっきりと持つ問題意識が必要だと感じる。啓蒙する雑誌やお金で記事を書かされている文章は、読む人が読むとわかる。

今回の福島の原発など一連のことで、どの作家がどういう風にコメントするのか気になっていたが、目からうろこは池澤夏樹さんだった。スウェーデンでも作品がロンドンで出版されているのに続き、スウェーデン語訳でだされているが、池澤さんが朝日新聞に書かれた文章は、すばらしかった。朝日新聞の社説などは、案外原発推進派と見るが、池澤夏樹さんは、控え目にもきちんと鋭い観点で書かれていた。これを読み、ご本人の軸がわたしは好きになったので作品を読んでみようと思う。まずは、現在書店で並んでいる世界の文学の読み方といったふうの本から。これもフランス文学のデリュラスのラマンのコメントが、鋭い。立ち読みをしただけだが、スウェーデンに持って行って読んでみたい。村上春樹の新しいエッセーは、挿絵もなかなか味があることもそうだが、面白そうだ。

とりとめのないおしゃべりになってしまったが、今日も部屋の温度計は35度をさしている。お水は、It’SDEMOのお店に世界のいろいろなお水がおいてあって、うれしい。たいていどこにでも手に入るヴォルビックを飲んでいる。
by nyfiken | 2011-07-11 13:48