スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

とってもスウェーデンらしい映画
DEN MAN ÄLSKAR
Nyfiken 4 stars
4つ星
普遍的なテーマ愛、男女の関係、完全な愛というものはない。人間と不条理、揺れ動く男女の感情など
大変深いテーマを追っている興味深い映画。音楽もいい。スウェーデンの四季が映し出される。

過去のだめ男性にひきずられる女性。前向きに進むことの大切さと逡巡し、過去のだめ男にひきずられて幸せな安定した生活を捨ててしまった女性の不幸。映画は示唆しているのはスウェーデン女性の弱さ。だめな男にもどってしまい安定した幸せを捨ててしまった女性は愚かかもしれない。



ニンゲンは何人関係なく、実際はドライでもウェットでもなく、複雑で単純ではない。コンピューターでデリートするように簡単にできる人は悩みもないが。だからこそ、ぐじゅぐじゅと悩み苦しむメインキャストの女性が映画のヒロインとなるのだろう。日本と大きく違うことは、サイコセラピストの役割はスウェーデン社会では大きく、夫婦や恋人子供までサイコセラピストに通う人は多いのも映画から見られる。グループサイコセラピーも映画にあるが、家庭内暴力や男性の暴力サンボや恋人による暴力が最近スウェーデンでも問題になっている。アルコール常習者などに多いが、その問題の側面も見られる。

ナイーブなスウェーデン人の側面が見えてくる。だめ男に引かれた女性は、やはりだめ男に戻って一緒になった瞬間に再び転落する。過去の問題がある暴力だめ男は、コンピューターのスウィッチのようにデリートするべきなのだ。人はそう簡単には変わらないということなのだろうか。切ない映画だが、途中の音楽や景色、感情の揺れ動きは見ごたえがある。




















Lena lever ett tryggt och lyckligt liv med sin man Alf. Tillsammans driver de en fiskhandel och ingen som ser Lena kan ana vad hon tidigare har gått igenom för helvete med sin fd man Hannes.
En dag vänds hennes liv upp och ned. Ett slumpmässigt möte med Hannes leder till ett känslomässigt kaos för Lena. Hon tycker sig se att han har förändrats, men ingen annan vill tro på att Hannes är en ny och bättre människa. Samtidigt kan hennes nye man Alf bara se på hur hans älskade Lena dras till Hannes som gjort henne så mycket ont.
"Den man älskar" är en gripande passionshistoria och ett skakande triangeldrama om okontrollerbara känslor och den operfekta kärleken.
by nyfiken | 2011-10-08 10:07
ストックホルムの街がでてくる。光と影、冬。女性が外で半そでを冬に最初に着ているシーンがあるが、部屋の中は暖房がきているため。スウェーデン映画の面白さとは?Enjoy!


by nyfiken | 2011-10-08 09:20
Very swedish.スウェーデン人ってどんなひとたち?スウェーデンらしいさって?スウェーデン語

by nyfiken | 2011-10-08 09:04
デンマーク映画、スウェーデン語吹き替え。10代の子供が置かれている現状、学校、家庭でずたずたになっている子供の心を表わしている。大人にみてほしい作品。学校での暴力シーンがあるので一定の年齢以上。









デンマーク映画の英語吹き替え版 。

by nyfiken | 2011-10-08 08:40
スウェーデンからお届けする子供むけ番組。ALFONS OCH MILLA アルフォンとミラ
北欧のこどもたちが、誰もが知っている。子供になった気持ちでおこさんがいらっしゃる人は一緒に楽しみたい。スウェーデンの子供教育で、女の子の理想的像がこのMILLAに見られる。自立心旺盛なピッピと共通するところがあるが、さてMILLAが大人になったらどんな女性になるのだろうか。

by nyfiken | 2011-10-08 07:12

History of computer era












by nyfiken | 2011-10-07 06:26

Steve Jobs' words







Today was rainy day in Stockholm. Expressen , evening newspaper coverpage news is Steve Jobs death news. First computer for me that I bought in my life was Mac computer, then it was simple and easy to handle. His life ...devastation..hardship..in life we have very hard time that you can not see the future, cold wind blows. Lightness and begin again after failure is very important.HOpe his soul rest in peace.All over the world it rains today and thanks to Steve Job who is creater this modern life. THIS IS REALLY STORY FROM HIS VOICE.
ステーブジョブのスピーチ。今日の特別な日に。彼の言葉は、どんな牧師のことばより本質に迫っている。
最高のスピーチ。今日からの人生のバイブル。







by nyfiken | 2011-10-07 05:12

秋の空

青空。すっかり秋の気配が漂っている。毛糸のポンチョを着て歩く。
いただいた中国菓子を食べながら、お茶を飲む。朝早く出勤するスウェーデンの人たちは、7時から始まる
職場は、4時くらいにはもう帰る。が始まりが遅い人はフレックスタイムで遅くなる。自由業は、ほとんどの時間仕事とプライベートが区別がつかない。疲れた日は、横になって眠るのが一番幸せだと思える。思い通りにいかないこともあるけれど、辛い時のことを思い出すと、普通に元気でいられることがどんなに貴重なことかと思う。スウェーデンの秋は、さんまの焼くにおいはしてこない。なすびも。秋の風物詩が違うのは当然としても、小さな飾り物のカボチャが店頭で目につく。最近スーパーにもパンプキンがおいている。お味噌汁に入れる。カボチャを見ると、内心焦る。今年に入り、日本の地震、津波、原発、家族の健康問題やいろいろなことで、内心が穏やかではない日が続き、あっという間に秋が来てしまった。







by nyfiken | 2011-10-06 08:45

Nyfiken's selection french zouk





Zouk originally comes from french colony teritory.








In The south pacific, where I lived..the country was francophone.that is why everyday french zouk music was on radio. I miss this atmosphere sometimes.
Life is hard sometimes, but we keep on going forward.The foundation and sustanablity with strong will can be needed.If we are like seaweed, we have to have strong root, otherwise strong wave will wash us out. Success in life can be varied by person. Keep your dream, it does not matter how small or big it can be. One day your dream comes true if youkeep on trying and not to hesitate to try . Do not care how others think bad or good about you or talk about you. Basically many are nice kind folk.









J'adore ! I like her voice.So beautiful. From Caribean Creole music.




by nyfiken | 2011-10-04 09:10
THis chinese historical documentary was made by western point of view. European wealth like oxford street, regent streets' historical richness comes from colonization in third country like China, Africa. Japan did not want to be colonized by Britain, European country that is why they closed country but except for Holland. Dutch was smart enough to trade through a small tiny island Dejima, nagasaki Japan. Opium was sold to China to obtain silk, porcelain by Britain. In fact history is very cruel including war.

THe Roots of Madness.China.History in China.The Roots of Madness (1967) Documentary Film

After this film was made only 45 years later, Swedish VOLVO's CEO is Chinese and chinese money supports financial crises USA, and try to help EU finance.

BBC analyse modern CHina very wisely.


by nyfiken | 2011-10-03 08:30