スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

スウェーデンのシンプルな清潔さ。インテリア、ライトの使い方。色使い、シャビイシック。冬の前に季節の移り目にいただくパン。サフランを使ったルセキャット。クリスマスにかけて飲むスパイスのきいた甘いワイン。雪の白にシャビイなグレイ色。スウェーデン人はドイツ人同様きれい好きが多い。日本の女性は美味しいものを作るが、北欧の人のほうが掃除や、洗濯とアイロン能力(下着、台所のふきんまでアイロンをすべてかける)折りたたむ、棚にきれいにたたんだものを重ねて整理する整頓能力は、高いようだ。



スウェーデンのボヘミアンスタイル


スウェーデンのレトロスタイル
セカンドハンドで500円以内で手に入れた椅子を白く塗って。50-60年代のコーヒーカップ
などでレトロスタイルを。


クリスマス前の典型的なスウェーデンのデコレーション
アドヴェンが始まる頃。クリスマスまでカウントダウンをする暦が始まる季節にすでにカーテンの色を赤にしたり、伝統的なグロッグのスパイスワインを仕込んだり、サフランのパンを焼いたりする。

by nyfiken | 2013-11-25 08:51
クロスワードおたくのおばさん。クロスワードを解くために、本ばかり読んでいる。掃除をする時間がないその結果。部屋がとんでもないことに。世界中でコンピューターおたくやクロスワードおたく。掃除ができないひとたちの嘆きが。。。イギリスのテレビ番組で大人気番組。





by nyfiken | 2013-11-25 07:38
お掃除が苦手なカップルが一緒に暮らしたら。。外国人は、みんなきれい好きと思いきや。。。
日本では、テレビタレントで高級品が好きな買い物おたくコメンテイタ―が、かたずけられない病
買い物病で高級がすべて高級品の買い物そして足の踏み場のないマンションが映し出されていたことがあったけれど。これを見て自分のお部屋がずっときれいに思えるかも。どうやってきれいにしていくのか、お助けおばさんを見てみよう。ちなみに、きれいすぎる部屋に住む子供は、型にはまって型破りな想像力が育たないともいうが、汚すぎる家に育ったこどもは?老年になると身の回りの世話も掃除ができなくなるが、はたして若い時からかたずけられない人は?

イギリス編



イギリスからアメリカのロスに飛ぶ掃除おばさん





by nyfiken | 2013-11-25 06:30

Impression

Swedish American smooth Jazz. J.Fritzen is a swedish American.
He has both american and swedish balance.Scandinavian sensitivity with a slightly melancolic European sounds with American smooth Jazz lightness and sophistication.
iTune is avairable
Love birds.



Stockholm Nights by Jonathan fritzen




Jonathan Fritzen feat. Michael Lington - Fading Away


The colored leaves fallen and now it will start snowing soon.
Humanbeing used to sit around the fire and felt warmth. Through the sound, we feel the warmth of nature even in coldness.Music composer is great, his experiences and all his memories from the places where he might have visited reflects in this album.For the cold night, this may work well for your mood.


by nyfiken | 2013-11-24 11:38

Impression




"Smooth Jazz" You feel good when it is dark outside, but inside is warm in winter.
American smooth Jazz.My impression to USA, Nyfiken's american jazz collection.
Not heavy but light in winter, especially november and before Christmas in Sweden.

Wanna Show U Sumthin'おすすめiTunes
 Boney James ”Send One Your Love”




Norman Brown Stay With Me










Metro in Washing.D.C. My impression to the washington metro and airport design, the color of pale green glass with the grey concrete and spot lightning. The art like concrete design is quite pretty, but metro platform is dark. The metro train is not fancy. Everybody says in 1980th, was afraid of using metro.

A bit crazy like black woman sat next to me , she could not stop laughing all the way .I do not know why she kept on laughing.Some part of her brain can be broken .It could be better than crying. While waiting for train, the inside of platform was quite dark. They say this area, district is quite safe. at a restaurant crashed ice in water with straw was served.I thought drinking with straw is mainly for children, but not for adults in other countries. I asked why american drink water with straw? For hygine sake before. that was answer.

Boys Wear Cap, but not hat. 3 of 10 american guys in cafe wear cap and jumper with G.
American football on TV screen at hotel and restaurant, not soccer.They push strongly each other.

I went the most dangerous area that used to be in 1980th, China town in Washington D.C. Now is not so dangerous as before, they say. Burma restaurant. Mama san can be mama san from burma. The restaurant was crowded and reminded me of an old vietnamies restaurant that used to be in the south pacific island . What I ordered was fried squid with black farmented bean sauce with ginger, sounded so nice? and it tasted good as I imagined.

A student from Detroit told me, now the most dangerous area town is her hometown in USA.Detroit, How? I asked her, she just said " Emptiness." Many shops and restaurants are closed down due to the recent economical recession. They used to have great time in past and still keep the beautiful theatre built when the town had a glory time. Motawn record, S. wonder, Diana Ross. She seems to be very proud of her town, even feels so sad about nowdays' high crime rate."My mama's young time seemed to be much better." She said with her eyes' blinking.

Opera singer man was helping restaurant for serving food and ordering and talking with guests.Maybe he could be family member who spoke almost perfect American English.We asked him as if he could sing opera for us, of course he said "Please come to visit our opera theatre."Everybody has talent and owns dream.Maybe he can be Mamasan's son.

I understand anybody who have lived in U.S.A or studied there , naturally they speak american English (speaking very fast.. Some american young girls while they are talking, after some sentences, they tend to laugh like "uhuhuhuhun...huhuhuhu..n.." little bashfully I should not genelize them, but it is just an impression.

Complexed family's Children in U.S.A grow strongly despites of their unhappy family history if they are given enough food and love at least in appropreate way.

One word of impression is " Bigger is good in american way."In that case, all Japanese can be minimalist. Alghough I wonder why Japanese public toilet hight is so low, and immediately recognized, they have copied from American public toilet like Washington D.C.'s airport toilet. Exact same hight.

I never felt that peoples were lazy in U.S.A at least where I visited, everybody seemed to work hard. not so much beggers in main street from other countries(maybe the area where I stayed.)Probaboly if those beggars sleep on the street, they are not safe since many crimes and are afraid of being shot.I stayed at very safe place so called and good hotel there in W.D.C, but after I saw the news last year a black boy was murdered in that metro station that I used and many foreigner tourists who stay at the nice hotel near by, using that metro line to visit "White house" .



In Capitalist countries good service means money, they have good services at restaurants, staffs talk to customers so nicely, floor manager comes for greetingguests "welcome!"with respect manner. Some may say superficial.Although that is different from other world. Before I thought the service in Japan was best, but comparing to US. their service (manualized) can be really good.Smiling, talking nicely always may create money tips, so they really have to work hard. That is very different from past communist countries or even social democtratic countries.

In China, once I have ever been scolded by the owner of the restaurant long time ago,of couser I did not anything but waited for my paying to her, she was angry to her husband, but soon after her target changed to all others like bulldog. she was angry to everybody including to all staffs and even the customers. Very busy restaurant for tourists and her family was kept on frying some kinds of dumpling -non stop. The restaurant located the best place for the tourists, so the owner (she) was busy for receiving money, maybe that made her so mad and angry, or she was just tired.

I felt sorry for that person, she collected money from all customers, but she got angry without any reasons.and did not look so happy either.

NOrmally Peoples are nice and dolfine plays fantastic show and jump to the sky if only dolfin or peoples can be given the small fish /treat after he or she performs. So called immediate treatment for rewards system. In America in capitalistic country that kind of system may work. Indian work at restaurant they say "my food is more than better." their exageration works so well in that country. No one says my food is bad and not worthy for serving you.Like shy asian peoples say sometimes to make themselves downsize for their expressing polilteness.That never works outside of Asian countries.

Anyway let me tell you what I like best from that country for food. No hamberger.
American Pumpkin pie and American apple pie.I love them.






American smooth Jazz pianist (musician)Brian Simpson's best is this. Paradise island.
How musician or artist or person can be inspired by travelling or other part of the world?This is a good sample.


by nyfiken | 2013-11-22 08:28
They talk like birds, more words with light accents. Easy going on superficial ways.
Between the words, laughing in their ways. Hi what's going on?
Immigration, American officer asked me in Japanese. " Migite. 4hon yubi." " Oya-yubii!"
"hidari te 4hon koyubikara hitosasiyubi." Hai iidesu." "tugi oya-yubi-" oO Saan.Daijoubu de-su !sayonara-arigatou!" In the world, I travelled many countries for private and for work, but I have never visited countries that immigration officer spoke me from beginning to the end in our motherlanguage Japanese friendly outside of Japan.

Munich airport is big.I undersand the great system of hand luggage, although Munich airport immigration officers need to be trained as how to handle all different kinds of strangers from all over the world not to show their rasistic attitudes even they do not like foreigners from Africa, middle east, jewish and asian.


I understand the efficiency of German system, but they should learn more friedly manners even superficially.We understand their effort to satisfy customers, but in fact munich immigration officers should be sent to the course how to treat customers with smiling.

On the contrary in Germany, Munich airport , immigration officer asked me some questions in bad manner,(German immigration officers do not look friendly.If anybody who can not understand English or Germany that would be the worst moment in life since they can threten such a stupid tourist (in their expression)(they like to chat with their next collegue while they are working and let us wait for a while!)Then after, I was stopped again " How much do you have money?"They have to ask that question to foreigner especially some may from Asia who may carry millions from China?Hang on , I am not chinese, but Jap. Probably more chinese visiting Europe, so they may stop asian since those chinese may bring cash instead of sending?I said to them clealy (after immigration) I have no money. "No money? After saying again clearly " No money"3 young german became quiet. Lufthanza air plane maybe safe, but inside tends to be cold like an cool ice box (we have to wear jackets inside of airplane .I like lufthanza for the trust & safety, but why always inside is rather colder like the winter russian train.




by nyfiken | 2013-11-21 11:47
Solomon pop music


Dezine - Valahi Ngaira [Solomon Islands Music 2013]
"Mi tintin lon yu tumas..."I think about you too much.





Reprise de Vanuatu music
Blacksand beach at mele, behind the island is Hideway.
Long sleev dress is original kaneka(kanek) new caledonian style dress, but short sleev colorful print dress are vanuatu island dresses with ribon hanging .She seems to be Kaneka (new caledonian origine who live in Vanuatu.) from her feature with her kanek dress.



Another part of the earth is going to be summer.
November in Sweden is dark and dark. Like all ghost may appear in this darkness. Peoples love to see orange of pumkine since orange color can cheer you up a bit.
Well. Just listen to the songs from those countries full of sunshine to cheer you up.
And many look forward Christmas seasons.

New Zealand
Maori boys.(Kiwi maori)

Deach - Be With You Feat. Pieter T



New Caledonie (Kaneka)
HAILE - Echo Nouveau ( Nouvelle-Calédonie )



Hawaii

Endlessly by Anuhea



N.Z.
Jasmine Lee ft. Pieter T & Jah Maoli on Soul Sessions USA.

by nyfiken | 2013-11-11 07:38



中国のお金持ちの海外移住がとまらない。アメリカ、カナダ、オーストラリアの投資移民。お金を海外の銀行に積んで、移民となる富裕層。中国国内では、中国の中の富が海外に移ってしまうのではという危惧もある。
最近スウェーデンにもお金持ちの子息と思われる富裕層の移民が急に増えた。30代、中国の金持ち層の子息か本人たちが最近急に増えたのは、今までの苦労人の中国人移民のイメージを替えるもの。シドニーの街を歩くとわかるが、東洋人が増えた。オーストラリアのシドニーは、そのうち中国の街となるだろう。ニュージーランドのオークランドの中心街を歩くとは、すでに半分以上が比較的豊かな東洋人だ。
スウェーデンが裕福な中国人を入れることは、賢い。貧乏人の移民だけ入れていると、国民の働いた税金が
貧しい移民のためにばかり投入されているという不満を金持ちの中国人投資家を移民としていれることで、移民に対するイメージもよくなる。最近美味しい中国レストランが増えている。金持ちの中国人が美味しレストランを始めたからだ。スウェーデン人がどういっても、私たちは、美味しい中国の本物をだすのです。すしやタイ料理なんてとんでもない。金持ち中国人オーナーは、迎合しないよ!といっている。本物志向の中国人や中国駐在経験のスウェーデン人には人気がでてきている。

Chinese in R.P china who have money, they are going to immigrate to the world, USA. CANADA, Australia, Singapore, Africa, sweden and more.
Investment immigrants. They pay money to the bank where they suppose to immigrante. New trend for new rich chinese. Here in Sweden, just recently Authority seem to have accepted 2000? new relatively rich chinese immigrants according to coconut radio. Suddenly we see more richer young chinese generations, They are not ordinary immigrants like poor chinese before.


金持ちの海外移民は富が外にでてしまう?
资金外逃富人移民是中国新潮流?

by nyfiken | 2013-11-10 06:56
太陽が照らない晩秋のストックホルムで、おすすめの音楽は、太陽が照る国の音楽。
南太平洋の島ヴァヌアツからヴァネッサの歌。ユナイトパシフィックのアンチバイオレント(暴力はやめよう!)にちなんでヴァネッサが作った曲。女性の立場は、世界のいろいろな国で弱い。不当な暴力に悩む女性たちを救うべく。ダメ男は、自分のだめさ弱さを棚において、身近な人間に八つ当たりする。そういうかわいそうだと思う男性に、私がいなくちゃだめだから。と暴力の餌食になっている女性は、すぐにそういった男性を去ることだ。難しいかもしれないが、その前に自分の健康と精神がおかしくなってしまう。決して男性がいうように、従順にしていれば、いつかなんとかなると思うと、いけない。子供がいて、経済的に困るからの場合も多いが、精神的肉体的な暴力に一生付き合うことは、辛い。女性の暴力に悩むスウェーデン人男性のラジオでの話を聞いたことがあるが、ひどい話だ。精神的に強くなり、面の皮がかなりアツくなるおばさんとなると、言葉の暴力などにもまったく動じない太い神経が構築される。ただし、老年の場合は簡単にはいかない。老年に、アルツハイマーで暴力的になった夫を介護した女性が、夫が亡くなった後に、離婚したという話を聞いたが、それも辛い話である。急速に経済発展をしている国では、価値観の変化、ストレスなどにより、一家の働き手である男性に大きなストレスがかかり、はけ口として家族が犠牲になることも多い。

まだ若い女性たちに告げたい。彼氏が、暴力的で暴言やいじめでひどい人なら、やめて、時間を置き、別ないい男性を世界の果てまで探しに行くことだ。若い美しい時代に、無神経なエゴイストなダメ男にいじめられ涙の海におぼれていることは全く時間の無駄である。ダメ男は、カメレオンだから、別な女性には、全く別な行動をとるだろう。すなわち、暴力などふるわず、ひたすらやさしいメンだけを見せるかもしれない。ダメ女にいじめられて家庭内暴力をふられているスウェーデンの気弱な男性も、去ることだ。ダメ男とは、暴力的な人をこの場合はさす。

日本にいる間に、有名脚本家の姪っ子さんが、アメリカ人のハーフの男性にストーカーされ、殺されてしまったニュースを見た。家のクローゼットに忍び込んでいたというのが怖い。警察に相談に行ったが、その日に彼女は事件にあっている。日本のテレビでは、専門家が、もし相手が死にたいとほのめかして脅してきたら、その段階で、危険を察知して警察に通報すべきといっている。ストーカー被害が増えている今日。スウェーデンのように、個人情報にあまりうるさくない国ならば、ストーカーは、いくらでも待ち伏せできるだろう。ネットで簡単に個人の情報がでてしまう最近プライバシーのなさに、危惧するところでもある。便利さは、怖さで、今の携帯電話の技術であなたがどこにいるかも、相手のストーカーにすべてわかってしまう段階まで来ている。





ヴァネッサは、熱心なキリスト教信者でもある。ヴァヌアツには、歌姫がいるが、各オーラがあり、魅力的だ。
ヴァネッサの歌を聴いていると、南太平洋の島で今年1月に訪れた島タンナ島を思い出した。話にはおちがあるのだが、待合の時間に空港でなにもすることがなく、すぐ近くのホテルのカフェに行くといいよと言われたため、そこに行くと、昔からの知り合い(家に手伝いに来ていた女性の妹)がキッチンでシェフをして、涙の再会となった。いつも思うことなのだが、ヨーロッパに住んでいる外国人は、移民ということで苦労をする。発展途上国や未開の国に住むと、移民といったことでは苦労はしないが、どんどん自分たちの周りで働いてくれる人や家族の生活が自分にかかってくるということになり、MRS.は、お給料を払うひととなり、その土地を離れた後に、その働いてくれた家族の人たちのことが心配になる。

その小さな島までは、首都の国際線の空港からさらに飛行機に乗ってでかけるのだが、昔なら数人乗りから、以前国際線に使っていた少し大きめの飛行機が国内線に使われていることにびっくりした。その島からまた別な島に出かける時は、パイロットの後ろにふたりずつ全部で6人しか乗れない小さな飛行機に乗った。アフリカの島に活火山があることを知って、以前住んでいた島の活火山を思い出した。噴火口まで行ったことがわたしもあり、マグマを生まれて初めて見た時を思い出した。



PS)Island does not belong to Polinesia, it belongs to Melanesia despites of the person's
description of the island.
さて先日行ったアフリカの島ナイロビから飛行機で3時間は、活火山があり、中学校で習った火成岩をしっかりと見ることができた。マグマが冷えて、急に固まってできた岩がみちにごろごろしていた。斑晶がきらきらしていて、ダイヤモンドのように輝いていた。最後の道がもうこれ以上ないまで1000メートルの上にある部落を訪れたが、世界で有数の活火山まで大人の足でそこから2000メートル以上の高さまで20時間近くかかったという話もきいた。12年に一度大きな噴火があるその場所では、いわゆる火成岩を家のトタン屋根とトタンの外壁のシンプルな小屋の土台に使い、火成岩が敷き詰められていた。マグマがとけだして、外に流れ急に冷えて固まった火成岩は、黒く、間に黄色い使徒リンかダイヤモンドみたいな形が不ぞろいの小さなクリスタル状のきらきらした斑晶が輝いていた。貧しい小屋の下にごろごろした小さな石ころを敷いている。もしかしたら、これがダイヤモンドだったらこの家は、ダイヤモンドハウスになるのだわ。と激しい雨の間その小屋の軒下でじっと待っている間、しゃがんで、きらきら光る石を見ていた。さて、1000メートルの標高にあル部落は、涼しく、霧がでていて、まるで雲の中にいるようだった。そんな涼しいところでもマラリアの蚊がいるなんて、驚いたが、人々は、水を汲みに行ったり、している。雨宿りの間に、
だれかが、いう。窓もないこのトタンの小屋の家の中はどうなっているんだろうね。中から声がぼそぼそときこえてくる。ふいに、扉があいてアフリカの地元のおにいさんが顔をだした。フランスの植民地だったから、外国人とはフランス語で話す。雨が降っているから、どうぞソファにおすわりください。シンプルなとたんの小屋のような家は、中は、べニアの木の壁ですべておおわれていた。ドアの中は、大きなソファが3人かけが4つあり、驚いた。隣の部屋は、大きなテーブルがあり、そこで食事をするのだろう。この家に、10人住んでいます。マラリアの薬を飲んでいますか。と同行した人がきく。はいちゃんと飲んでいます。ふとトタン屋根の隙間が見えた。あそこからいくらでも夜蚊が入ってくるだろう。ケニアのホテルのように、蚊帳がベッドにつるされてているのだろうか。雨はやみ、小ぶりになったのを見計らって、お礼を述べて、火成岩きらきら石の上に建つ家をあとに道をてくてくと戻った。
by nyfiken | 2013-11-10 00:18
ヨーロッパから飛行機は南下し、イタリア半島からそして地中海、サハラ砂漠を超えてアフリカ大陸に向かった。スイスのチューリッヒからケニアのナイロビまで、スイス航空は、おすすめである。スイスのチョコレートが有名になったのも、カカオがとれるアフリカからカカオを輸入して、スイスのミルクと合わせて、美味しいチョコレートを世界中に売ったからだ。ネッスルコーヒーもスイスだが、もともとは、機械を作っていた会社でフリーズドライ、コーヒーをパウダーにしてインスタントコーヒーにする技術がネッスルのもととなった。実はネッスルは、コーヒーだけでなく、チョコレートも世界的に売っている会社というのは、周知のこと。

我々が頭で思うアフリカの音楽は、民俗音楽などとは違う今のアフリカのポップスが最近注目されている。、アメリカともアジアともヨーロッパとも違うおおらかさ。ガーナやケニアなど英語圏の音楽は、イギリスにでかけたアフリカ人が、またアフリカに戻り独自の音楽を作り出したり、またフランス植民地だった国はフランコフォン独特のズークなどのメロディとリズムが特徴だ。フランスの植民地は、世界中、南太平洋もアフリカの国も音の雰囲気が似ている。スイスのツーリッヒの空港でナイロビ行きの飛行機を待っていた搭乗口近くの席に、びしっと決まったおしゃれなアフリカ人男性が座っていた。一寸の隙もないおしゃれな、知的でダンデイな装い靴から洒落ていた、センスがよいのに、驚いた。これと同じオシャレなアフリカ人を見たことがあるのは、タンザニアの首都だった。現代のおしゃレとは違うが、ナイロビ空港の搭乗口付近で見かけた2人のマサイ族のお兄さんが歩いていた。赤いチェックの布を巻いて耳飾りを(四角い小さな鏡のようなものが4段くらい下がっている)ゆらゆらと揺らして歩いていた。アフリカ旅行にでかける年配の白人のおばさんやおじさんが、(その多くが)白いTシャツにカーキ色やベージュのコットンパンツという退屈なスタイルに比べなんとおしゃれなことだろう。世界のファッションは、民族衣装を離れて、均一化してしまったが、工場労働者のように、白いTシャツにG
パンかカーキ色ベージュ色のパンツがぶなんなラインとなって定着してしまった。そういう私も薄い白いコットンブラウスと黒のスラックスだった。、世界で一番貧しい場所にでかけていったが、統計的には、一番貧しい村の女性たちが巻いていた布のカラフルなこと、少し擦り切れているバッグもデザインがおしゃれで(セカンドハンドでアフリカにはいったものかもしれない)同じくバッグからだして大きなお財布は、ピンクだった。ケニアから多くのマラソン選手がでるのは、わかるような気がする。長い距離を歩き、姿勢がいい。頭に大きなバケツに水がはいっているのをのせ、大きなかごにいろいろなものを入れて、道を歩いている。お腹が引っ込むのは当然だといえよう。都市部においては、その限りでもないが、金持ちのアフリカ人や政治家は太っている人が多い。添加物がない獲れたての魚や野菜や果物を食べる。さて、一番貧しいという国の病院にでかけ、暑い太陽が照る外で、蚊がいたので靴下とスラックスの間の隙間にスプレーをしたところ、アフリカ人おじさんが、わっはっはと笑いながら、私の真似をした。病院の前では、地元の人たちが、ちんちょんちゃん、にーはおと挨拶をする。いうのは、中国人がアフリカにたくさん来ているからだ。アフリカのケニアのタクシードライバーが、中国は、道を作り、建物を作るプロジェクトに、たくさんの人が工事に来る。一つの道や建物を作るのに、労働者の多くは、中国人だ。彼らのほうが、仕事が早くて、うまいからだろう。とはタクシーの運転手のことば。言葉はほとんど中国人労働者は、できない人が多い。そういった短期の労働者が、ひょんなことでアフリカ人の女の子と仲良くなって、帰った後に子供ができているという。もちろん、お父さんを探す旅などには、でない。その前に誰かがわからないというケースもあるからだ。HIVだけが、心配ではあるが、それは中国に帰った人たちの自己責任でもある。が多くは、中国人たちは同じ宿舎に泊まり、車で現場から家に。そこでみんなでチャイニーズ料理を作って食べる。食品の多くは、油から醤油まで中国から運びいれる。

目が細い中国人みたい顔をしたケニア人の子供が最近生まれている。という町の噂。それだけ多くの労働者が、建設プロジェクト等で送りこまれている。ケニアのナイロビの空港で見かけた中国人の家族は、アフリカで商売をしている人たちだろうか。華僑はすでにアフリカの大地で、しっかりと地元に根を下ろして商売を民間ベースでやっているようだ。ナイロビからケニアエアラインが香港近くの経済地区の中心グアンジョへ直行便が就航する。アフリカと中国の関係は、我々が思う以上に、密なるものとなっているようだ。ケニア航空の機内誌に、アフリカの現代アーテイストの作品が紹介されていたが、その中で”WHY CHINESE LOVE AFRICA?"というテーマの作品が印象に残った。










Ghana's nana yaw's this melody might give us a kind of healing strangely.
Probably some pops are influenced by Gospel songs to make audience feel better.The melody has a kind of healing power ?




Shinde

I visited Africa recently. Arriving at Nairobi at night from Switherland, Zurich by Swiss air. Since august this year, Nairobi arriving terminal was not the same as original one that burnt out due to the strange fire occured in this summer. Shopping mall was attacked at the same summer time that was really scary. Still their advertisement was on the airplane magazine as if nothing happened.Nairobi Arrival terminal buidling was burnt, so they just use small part for that looks simple and passangers can easily go out without much fuss . Peoples who welcome their guests including drivers just wait for guests outside of building. Even without old arrival terminal, through simple buiding ,the procedure seemed to be rather simple and good.I mean the airport arrival part became so simple like a small airport Since only passangers are inside and all who wait for , they have to wait outside of building..

After arriving, we got off the airplane and once went out from airplane, I stood up on African continent and smelled the air. Near the airport there has wild safari park, by that time all animals might be sleeping peacefully , that I thought.We got on an airport terminal bus , when the bus drove us to the airport building, Once the bus moved, I certainly understood that they use temporary part of building Anyway I could pass immigration
without any troublesome, then came out to find the taxi driver arranged beforehand who supposed to show my family name written on paper. Airport ATM worked well, got some local money. At the airport parking, a bit dark and many cars were waiting for. The taxi driver who speaks good English sounds very friendly and seems to be a bit educated. On the way to the central Nairobi city at night from the airport, I have seen many cars and busses at night.

Taxi driver while driving the way to the hotel in Nairobi, he said " Peace is the most important for development country. In africa, if no peace, no development. "

I was a bit surprised to hear this from Kenyan taxi driver.

After arriving at a hotel, ate simple buffet diner and bought a bottled water and took it to the hotel room. Mosquite net were hanged from the ceiling at this simple hotel room.Nairobi locates 1800meter, so I felt cool at night. Old but clean and neat simple hotel in Nairobi with a little kitchen. The high gate was closed after the entrance.

My feeling is that hotel reminds me of 1980th'hotel in Bangkok , Thailand.Even I am asian, although from Tokyo to Bankok , I must admit I certainly had a kind of cultural shock in Thailand at the frst my visit.Above all their a bit strange language made my head spinning. Bangkok city transformed succefully a tourist port from the poor and dirty caos city.
Anyway Next early morning I had to leave that hotel, and the taxi driver drove us to the airport again. Still outside was dark and inside of taxi car had many mosquitoes, so I had to splash my anti mosquito lotion that I bought at Arland airport's drug store in Stockholm, onto my skin. Hope those mosquitoes are not those who transmit malaria or even Dengue fever that I had twice in my life.(both time I had terrible fever and very sick in bed alone for longer than a week in indonesia and in the pacific island.If you do not know check Dengue fever.)

Kenyan airplane to other island was full of passangers.


Raquel - Lovi Dovi


kenyan pop Sauti Sol still the one.
Swahili song.For Japanese, Swahili language sounds very comfortable since
the pronounciation would be easy for us to speak Swahilli rather than nordic language like swedish.


KAAKIE TOO MUCH

Nitarejea by Diamond

ケニアポップスのSAUTI SOLのレンジローヴァー
アフリカのポップスの明るい未来を示唆する作品。
Sauti Sol -range rover
This song is not just a materialistic enthusiusm from African folk. In shallow understanding we can see in that way. But futher more, their consists of different rythm and essense of music from american louisiana jazz beat, a bit K-pop ,soul and hip pop with their African beat. I can see very very bright future of African pops since their rythm and beat are beyond of our imagination.

Kenyan musician is very talented. This album is more interesting than
a bit tired calculated k-pop?trend now.I mean thepossiblity of African pops' future can be seen from this. Modern influenced and their unique african pop music. This can be the one that I feel their real best African pop from Kenya.(recorded in Netherland.)


African pop sound will ge the next "IN" in the music world. I am sure.


by nyfiken | 2013-11-08 09:33