スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2013年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧





傑出華人系列-李嘉誠


今年中国の仙頭を訪れた。李氏が自分の財産から寄付をしてできた広大なキャンパスの仙頭大学や
病院を訪れ、私財を寄付をし、地元の人を助ける氏に感銘した。世界の華人で一番金持ちの氏が寄付した大学や病院は、海外で研鑽を積んだ多くの優秀なスタッフが働いていた。1980年代の中国に寄付して建てられた大学とりわけ、美しいデザインの大学の図書館や研究者がモダンな建築家の設計した会議場や宿舎は、美しい山や池が望めるところにあり、惜しみなく私財が使われていた。このような私財を投じて国のために尽くす中国人の富豪の存在がある。

Here has some important points why Mr.Li is very succesful in business.




by nyfiken | 2013-12-16 21:48

IQ test ?

As an asian, I do not think asians are particularly smart.
DNA plays a big role in intelligence? Some I may agree with that. Alghough how the children raise by parents and surroundings are quite important.

I do not agree with any rasistic approach to define peoples on rase.


what is intelligence? Good for all around.

Question.08.59
What does entomologist study?
Short answer.Entomologist studies insects.

Entomologist is a zoologist who is specialized in entomology and studies insects. Entomology is a branch of zoology that deals with the study of insects.
(according to the best answer in ASK)
by nyfiken | 2013-12-16 19:29

Sample test Pisa. Reading

Can you try "pisa reading test"?
I tried pisa example tests in mathmatic No1 to No6, very fortunately all answers are right !(15 years old level.Although I am so happy to read the result.)You can try on OECD homepage.

1.Read the text and answer the questions which follow.

IN POOR TASTE

from Arnold Jago


Did you know that in 1996 we spent almost the same amount on chocolate as our Government spent on overseas aid to help the poor?

Could there be something wrong with our priorities?

What are you going to do about it?

Yes, you.

Arnold Jago,
Mildura

Source: The Age Tuesday 1 April 1997

Arnold Jago's aim in the letter is to provoke

Guilt

Amusement

Fear

Satisfaction

Sample items Copyright © OECD unless otherwise noted.
Item delivery Copyright © 1999-2007, The Australian Council for Educational Research

2.
f0157298_9494524.jpg




Which library is still open at 6pm on a Friday evening?

Brunswick Library

Campbell Turnbull Library

Coburg Library

Fawkner Library

Glenroy Library

Sample items Copyright © OECD unless otherwise noted.
Item delivery Copyright © 1999-2007, The Australian Council for Educational Research
by nyfiken | 2013-12-16 09:43
アメリカの10代の学力レベルの低下。いままで政治もだれも楽観しすぎて、今ドロップアウトが多いアメリカで
今義務教育、公立学校の改革が一番の問題になりつつある。一部の金持ちが行くアイビーリーグの私立は、まったく別問題である。ポーランドがこんなに教育レベルがあがっているのはどうしてだろう。とポーランドの例をあげている。午後まで勉強して宿題も1時間半あるのに、教育レベルが下がっているのは?


ビルゲーツは、生徒の質を上げる前に、先生の質を上げる。組合がなんといっても、先生の質の
向上以外にリフォームはないと言っている。アメリカの公立学校の先生たちに向かってのスピーチ。




かつてトップだったアメリカが現在は下のほうに。あまりの学力低下に驚いている。アメリカの公立学校の義務教育がここまでだめになったのはどうしてか。教師の給料が低い。教師の質により給与をあげるべきだという意見がある。成績の上位の学生が学校の教師になりたくなるような高給をアメリカの公立学校の教師に与えるべきだという意見がある。ポーランドがどうしてこんなに学力があがったのだろうか。高い学力のある教師を育てるべきであるという意見。





イギリスの最低の結果に終わったウェールズWALES


AUSTRALIA
オーストラリア
17位数学ベトナム、ポーランドや中国や韓国、日本より下にショックを受けている。



ドイツの義務教育15歳の数学達成度は、16位となった。


フランスのテレビで世界のベストとワーストをあげ、今回の結果を受けて、中国とフランスや
他の国と義務教育の状態を話し合う。

The latest international survey shows East Asian students are the best by far in every category. France and the UK are struggling to keep their heads above water. So what makes a good school? How do you prepare students to compete in today's competitive world?
guests on the show: Adrienne COVINGTON, Head of Middle School for the American Section at the Lycée International de St Germain en Laye, Michael DAVIDSON, Head of the division responsible for early childhood education and schools in the Directorate for Education of the OECD, Jiajia WANG, Professor of Chinese Art at Sciences Po Le Havre, Anne Elisabeth MOUTET, Columnist, The Sunday Telegraph, Jeff HUGHES, Secondary School teacher (from London).
http://www.france24.com/en/taxonomy/e...



アメリカの公立学校の義務教育のレベルを憂いている。
あまりにもレベルが低いのはどうしてだろう。数学ができない子供たちが多い。16歳以上の労働人口に相当する数の100ミリオンがドロップアウト組で、アメリカ人でも国語の英語が理解できない文盲に近い。また国民の半分が2015年には移民出身となるアメリカでは、特別な学歴を必要としない長時間労働で安い給料の仕事をめぐっての高い競争率となる見通しである。
公立学校の改革がない限り、アメリカの将来は憂うものとなりそうだ。


by nyfiken | 2013-12-16 08:32
中国は、国力は知力、学力と地方の貧しい村や家庭から優秀な子供を全国から集めエリート教育を施すべく教育に力をいれている。中国の金持ちに地元にプライベートな学校を建てる伝統があり、また世界の財閥のトップにある中国人は、地元に大学や病院を自費で供与している注釈1)。個人がビジネスで成功したときに、国に寄付をする伝統が中国にある。本当に生まれつき頭のよい地方や田舎の子供たちを拾い上げ、教育をほどこす中国との差が将来的に違いがでるのではないだろうか。


昔からエリートはエリートと結婚する中国では、親の知力が子供の知力になってきた。貧しい農民の中にも優秀な子供がいる中国では、そういう子供をひろいあげ、将来的なエリートの中に組み込むシステムは、とても賢い。

中国では、一人っ子でわがままと思われているが、エリート校をめざす子供たちのガッツ根性は世界で一番と言えよう。また道徳学習や孔子や孟子や古典儒教もとりいれ、人間人格形成の教育も施されている。日本がアメリカのように公立学校の学力低下、やる気低下、学校汚職などの結果、現在の義務教育のアメリカの学力低下の2の舞にならないよう願うばかりだ。中国では、選ばれて、親元から離れて中学校、高校の寮に住み、厳しい生活をしながら勉強する子供たちがたくさんいる。

子供たちには、成績をつけません。いいのですよ。子供が傷つきますから。そのようなゆとり教育の日本のゆとり教育は、引きこもりや不登校という現象からでてきたことではあるが、それが単に詰め込み教育だけの理由ではないように思えてくる。

我々大人の責任は、大きい。勉強の落ちこぼれを落ちこぼれと思わせないスウェーデンはまた極端である。(PISAテストではいつもあまりふるわない)エリート教育に突入する人たちを養成する上の部分では競争をさせ、他のエリート教育に関係のない学校ではゆとりという2段階の方策がいいのでは?中国では、農民が通う田舎の普通の学校では、勉強時間もかなり少なく、競争もない。しかし将来エリート教育に入って行く子供たちは、朝7時から夜9時すぎまで間の休憩、食事、昼寝をのぞいて、学校の寮生活をしながらひたすら優秀な先生とカリキュラムの元勉強していく。

アメリカでは、スポーツに打ち込みすぎて学校の勉強ができなくなる子供や公立学校のレベルが低くなり、学校全体の汚職問題、教師の質低下や学校内の規律の乱れ、構内暴力問題も指摘され、PISAテストもふるわない。アメリカの義務教育の学校改革が政治的課題にもなっている。日本は、受け入れる大学の量は、世界でもトップのほうだろう。質は大学にもよるかもしれないが、今の時代は昔と違い、大学が増え、選ばなければ、だれもがどこかの大学で勉強ができる時代となった。

Let's have a look how chinese schools are and how chinese study at school in China ?
China want smart children to have opportunities of education no matter how poor their parents and where they come from in country side.Local goverment chose smart kids from every corner of villages and give them education. Wealthy chinese donate money to build private schools to let selected poor but smart kids study and stay at domitory.








注釈1)
Shantou university was founded by Li Ka-shing. Vast campus and modern hospital with brilliant international experienced professors, doctors , nurses and staffs. I visited the university, hospital and certainly I was very impressed by the founder Li Ka-shing's deep devotion to own country and peopels, especially his vision to education for chinese.

"my third son" from Li Ka-shing foundation page.


“In Asia, our traditional values encourage and even demand that wealth and means pass through lineage as an imperative duty.

I urge and hope to persuade all of us in Asia that if we are in a position to do so, that we transcend this traditional belief. Our reorientation of perspective today could bring forth great hope and promises for the future.

I set up a foundation that I refer to as my third son. This idea dawns on me like enlightenment, not coming from any books. Since 1980, I have dedicated to this son not only my assets but all my heart, and I believe that my colleagues in the foundation and my family are – and will remain – as committed as I am to serve his causes, reshaping destiny through education and seeking efficient initiatives that can forever help those in need.”

Li Ka-shing – 2006

our three aims

Li Ka-shing believes that the Asian culture of giving should evolve into philanthropy with social impact that can make a difference to broader communities.
by nyfiken | 2013-12-15 10:45










研究に関わった人たちの膨大な研究者の数。日本から日本チームも企業も参加している。20年間という長い期間。






預言者ピーターヒッギス。現代物理学に残された謎が解決された瞬間。世紀の発見といわれるのはなぜか。
私たちの世界。生命の成り立ち。アトム原子は細かくなり、電子、自然界のすべてを素粒子で説明できる。現代物理学の理論が完成する。簡単に見てみよう。



世界の科学者による解析が何年もかけて行われた。日本企業も参加している。

ヒッギス
宇宙
自分たちは、どこからきてどこに行くのだろう。神学的哲学的なものに影響を与えるかもしれないダークマターの研究は、ヒッギス粒子、そして超対称性理論からダークマターとサイエンスに夢が広がっていく。



英語で一番わかりやすく説明している先生の講義



Dr. Ellis, Maxwell Professor of theoretical physics at King's College London and Guest Professor at the European Organisation for Nuclear Research (CERN), joins the BOLDtalks 2013 platform to explain the significance of the particle recently discovered at CERN (thought to be the long-sought Higgs Boson) and what its discovery means for the future of science and understanding the fabric of the Universe. Dr. Ellis is a world expert in the fields of particle physics, astrophysics, cosmology and quantum gravity.

In particle physics, there is a theory called the 'Standard Model' that explains that the universe is completely comprised of matter (fermions) and force (bosons).

However, more than 50 years ago Peter Higgs and five other theoretical physicists proposed that an invisible field lying across the Universe gives particles their mass, allowing them to clump together to form stars and planets.

This theory has been unproved, until July 2012, when scientists from the European Organization for Nuclear Research (CERN) have announced a breakthrough discovery of Higgs Boson, using the Large Hydron Collider (LHC) - the world's largest particle accelerator.

Dr. Ellis, Maxwell Professor of theoretical physics at King's College London and Guest Professor at the European Organisation for Nuclear Research (CERN), presents at BOLDtalks 2013 the significance of the particle recently discovered at CERN (thought to be the long-sought Higgs Boson) and what its discovery means for the future of science and understanding the fabric of the Universe. Dr. Ellis is a world expert in the fields of particle physics, astrophysics, cosmology and quantum gravity.
by nyfiken | 2013-12-13 06:43

The hunt for Higgs


by nyfiken | 2013-12-13 06:35

Before listening to the interview by winners, first of all, we want to understand Phisics
prize theory.







An interview was held with Professor Olga Botner, member of the Nobel Committee for Physics following the announcement. The interviewer is freelance journalist Joanna Rose.

The Nobel Prize in Physics 2013 was awarded jointly to François Englert and Peter W. Higgs "for the theoretical discovery of a mechanism that contributes to our understanding of the origin of mass of subatomic particles, and which recently was confirmed through the discovery of the predicted fundamental particle, by the ATLAS and CMS experiments at CERN's Large Hadron Collider"



Nyfiken thinks Higgs Boson's receiving the prize sounds very exciting.
If you have time, just watchi this.You understand more about Physics in our real life.
Harvard University.Prof.Lisa will explain well.


Prof. Lisa Randall joins The Deep End hosted by Walter Kirn to discuss the issues of approaching physics and science while living in a non-scientific society and the limits of human understanding. She provides insight on the Higgs Boson "God Particle," as well as the use of the Supercollider and the expanding understanding of the universe through modern scientific theory and method.

GUEST BIO:
Lisa Randall is an American theoretical physicist and a leading expert on particle physics and cosmology. She works on several of the competing models of string theory in the quest to explain the fabric of the universe.

ADD'L LINKS:
http://www.physics.harvard.edu/people...
https://twitter.com/lirarandall
https://www.facebook.com/pages/Lisa-R...
https://www.facebook.com/thelip.tv

EPISODE BREAKDOWN:
00:01 Walter Kirn welcomes you to The Deep End.
00:36 Welcoming Lisa Randall.
01:54 What is scientific thinking?
05:56 Understanding theoretical physics and extra dimensions.
10:56 The LHC Supercollider and testing theory.
15:13 Society's approach to the scientific mind.
19:40 Going deeper and further into esoteric science.
24:50 The great journey of science and satisfaction of working out a theory.
30:18 Daily applications and human concerns for scientific exploration.
34:22 Funding and rewarding scientists in society.
37:30 The lag between technology, science and culture.
45:28 How far can the science go?


Speech by Randy W. Schekman at the Nobel Banquet 2013



Interview with Peter W. Higgs at the Nobel Banquet 2013



Interview with Michael Levitt at the Nobel Banquet 2013


by nyfiken | 2013-12-13 05:58
今日の新聞では、コラムにやはり世界で行われたPISAテストのスウェーデンの学力低下中学生15歳の試験の結果があまりに振るわず、このままではいけない。といった政治家や教育者などの声が高まる中、アメリカの1996年にだされた本を引き合いに精神分析家的なアプローチが紹介されていた。家庭にもっと教育に対する熱意の参加を促す等が書かれていたが、教師の質を向上させるべくフィンランド型のスタイルは、あまり論じられてないようだ。

フィンランドの大成功の陰に、生徒の教育の前に、教師の質の向上に万全の策がとられたことを指摘する論調がスウェーデンの新聞にあまりない。どうやら隣国と比べたくないスウェーデン人のプライドがあるのかもしれないが。フィンランドを引き合いに出す代わりに、アメリカに回答を求めたり(アメリカ自身義務教育のレベル低下に悩む。)ドイツにモデルを見出そうとしている。

面白い点は、ドイツの移民の子供たちの成績は、一般のアメリカ人の中学生と同じレベルというから、かなり高い。言葉が不自由な中でドイツ語で読解テストなどを受けなければいけない移民の子供たちの苦労を思う。がスウェーデンでも必死に勉強する移民の子供たちがすばらしい点をとっている上位成績優秀者が、移民のバックグランドを持つ子供も多いことが指摘されている。10日のドイツにモデルを見出そうとしているストックホルムKTHの先生の記事
抜粋より。SVDのOPINIONのページより。12月10日自動翻訳オリジナルスウェーデン語

これによると2000年にはかなり落ち込んだドイツの学生の中学3年生の学習到達度レベルも、あがりつつある。ドイツでは、下のほうの成績の生徒のレベルが国の政策により上がってきていることにより、全体の成績もあがったという。どういう方法論を用いたのだろうか。スウェーデンが習うところはあるのだろうか。とドイツがいまやフィンランドやスイス並みになってきたことへの方法論のモデルを見出そうとするスウェーデンの識者の意見である。スウェーデンでは、宿題をせず、親が教育に感心がなかったり、子供にまかせっきりで、学習意欲がない子供も増えている。また子供の中では、スポーツや他の事に夢中で勉強が後回しになる。家庭での親の勉強をさせようとする熱意や教育が更に求められるというのは、今日の新聞での記事だったが、ドイツに見習って、スウェーデンも学校改革をしなければいけないとする意見は、今日のSVDの新聞のコラム内のアメリカの本に答えを見つけようとする論より実際的だ。

So has Germany lift school performance

The Germans have met their school crisis engineering and quickly focused on solid measurement and measures the experimental research literature has shown works, writes Stefan Fölster, director of the Reform Institute.
December 10, 2013 at 01:26, Updated: December 10, 2013 at 9:39
FOCAL POINT | PISA SURVEY
Stefan Fölster
Students split up already from the fifth grade depending on the intellectual ability and interest.

At the same rate as Sweden has plummeted in the OECD PISA surveys, Germany has climbed every year, after a very bad note in 2000 when the first measurement was made. Now, Germany is catching up Finland, Switzerland and other countries located near the top, especially in science and mathematics.
Since many Swedish school debaters groping wildly for explanations for Sweden's race, it may be useful to examine further how the German climbing achievements.

Particularly noteworthy is that the weakest student performance has improved most in Germany, while they have deteriorated sharply in Sweden. Although immigrant children has improved a lot, which is interesting since Germany is also a major refugee and immigration recipients. Immigrant children now have the same average performance in mathematics as the average for all children in the United States.



How have they done? After the shock of 2000, Germany direct importance to what research findings say about successful schools. For this reason, it has not bothered much about many of the theses cocksure alleged in Sweden. It has for example not centralized or nationalized school. The Länder are responsible for schools, although considerably larger than the Swedish municipalities. But it was also when Germany had very poor results. However, the Länder Ministers of Education started to cooperate more.

It has not introduced new teacher IDs. It has not brought more resources greater than Sweden. Nor has Germany restricted the freedom of choice that exists between schools. The school system is in some ways more segregated than in Sweden, because the students split up already from the fifth grade depending on the intellectual ability and interest to a nine year old and a twelve year old school. It has not stopped Pisa recovery. Even in Sweden may be noted that the largest profit race has taken place in the 55 communes that have no competition or choice in their primary schools, according to a survey by the Reform Institute.

However, Germany has built out things that work well in Sweden, such as having more children in the preschool. And also some introduced in Sweden in recent years. These include a new curriculum, more national tests and better teacher training.

The likely key reforms are taken directly from the experimental school research. Exactly how did vary somewhat from state to state. But roughly, it has followed the same pattern.

Firstly, it has already been ten years ago introduced the so-called formative assessments where children already in preschool examined fairly closely, and the need for specific support actions mapped. These support measures are then inserted early and for several years, and efforts are made to involve the parents in this work and even educate them too.

Another important reform orientation is a much more systematic school evaluation. National tests were supplemented early with regular spot checks to ensure that you measure in a similar manner in the schools. The schools regularly make a "self-evaluation" that routinely supplemented with an external evaluation. Both of these have focused on how learning goes to rather than purely formal requirements. In Sweden, buying local or individual schools sometimes in such external evaluations. But it is more the exception than the rule.

New public management in the form of relevant outcome measures are therefore considered in Germany to be a very important part of success, also fully in line with the research literature. One reason for the backlash against the new public management in Sweden can be that much of the performance measurement stopped at the paperwork. Schools Inspectorate audits, for example, has become more widespread, but has been criticized for almost exclusively examine the forms and processes.

In addition, also the order of the school prioritized. Discipline problems are fewer. Get truants compared to other countries. A general observation is that, in particular, is better for the German boys than Swedish.

In summary, the Germans turned their school crisis engineering, and quickly focused on solid measurement and measures the experimental research literature has shown works. So, for that matter, other climbers made, such as Canada. To the point where the development has been so much slower in Sweden may possibly be due to pedagogy research here has lived very isolated from international developments and rarely exposed his theses to empirical test. This has led to too many dead-end track.

Stefan Fölster

Head of the Reform Institute and adj. Professor of Economics at the Royal Institute of Technology (KTH)
by nyfiken | 2013-12-12 18:06
ストックホルムの市庁舎で行われた受賞セレモ二イとバンケットが終わりテレビの全国放送で多くの人が観た事であろう。
Nobel Banquet2013



受賞のセレモニイと宴の中継がおわり、キッチンでシェフたちが、無事成功を祝いシャンペンで乾杯しているシーンが流れた。シェフの中に半分以上は若い女性のシェフである。夜ジェームズボンドの007の古い映画The spy who loved meのオープニングがはじまった。テーマ曲である、昔大好きだったなつかしいカーリーサイモンのこの歌が流れてきた。。。1977の作品。受賞者たちが聞いたら1970年代の青春を思い出すような懐かしい曲だ。

それぞれの人がそれぞれの役割を終えて帰途に着く。12月の今頃は、暗いが外はノーベル賞受賞で町がなんとなく華やかになる。そしてクリスマスを待つばかりの飾りつけの終わったストックホルムの町も美しい。
ライブを見たい人は、SVT.SE
のページから。リムジンでグランドホテルに戻る受賞者たちとその家族たち。
今夜はグランドホテルもにぎわっていることであろう。



翌日の新聞には、ノーベル賞の受賞パーテイに参加された女性のファッションのことが書かれている。ドレスの写真の評がでているが、
今年は、マドレーヌ王女もヴィクトリア王女もそしてラインフェルト首相の姿が見えない。マンデラ元首相のお葬式に参列するために欠席だった。少し地味なファッションスタイルだったが、新聞に、レオパード柄に、片方の腕全部ににTATTOOを入れた女性の写真は、今の時代を反映している。それにしても今回の医学生理学賞の決して若くはないおじいさんの年齢の受賞者Thomas C.sudhofの黒髪のお嬢さんサーシャが小さくて、みんながあれ。と思ったが、パパに抱きつく娘の姿が新聞に掲載されていた。ノーベル受賞者は、長い間の選考を経て選ばれるため、どうしても高齢者となるが、その家族のウラでの模様は、昔の利根川博士の家のごたごたなど、英雄にはどうしても女性がお近つきになる。よくあることであるが受賞の陰で糟糠の妻が苦労を見ず亡くなったり、離婚が成立して、新しい妻を表舞台にといった風な人間ドラマもありそうだ。

受賞者は、この賞をきっかけに公人となり、ありとあらゆるところから講演の依頼やスピーチ、執筆と嵐を潜り抜けるような日々が始まることであろう。生きている間に認めら評価される人たちには、画家のゴッホは、うらやましいと思うだろう。ノーベル賞受賞者候補は、健康でなんとしても生きていなければ、だめなんですよ。死んじゃったら、もういただけませんから、健康が大事なのです。受賞候補に何年も挙がっている人の家族は、健康管理に日々精進していることであろう。今回のカナダの文学賞については、スウェーデンの地元の新聞でいろいろなコメントや評が載せられていた。カナダ文学を代表する文学者と言うよりは、マイノリテイの文学と位置つけがある。

村上春樹がノーベル賞をなかなかとれないのは、皮肉的に売れすぎているからだ。というスウェーデンの地元の声もある。スウェーデンは、弱きものに抵抗するヒューマ二タリアンが好きだが、政治的になってしまうとどうだろうか。在日作家の柳美里さんがスウェーデンに来て講演をしているが、ノーベル賞を狙ってという人もいる。しかしながら、残念だが、あまりにも日本の抗日的ともとられる文章のないように、日本人として複雑な思いをする人がいる。

日本語にたけていらっしゃる駐日スウェーデン大使が訳している。ご本人がスウェーデンに随分と売り込んでいらっしゃるという声も聞こえてくる。実際日本には、日本がどれだけ韓国に悪さをしたかという韓国人的な視点で書かれた本を一方的に売り込んで欲しくないという声もある。女性で弱いマイノリテイの代表と言う意味では、面白いのだが、政治的な思惑と利害の思惑の中で作家は選ばれるべきではない。

ところで今回のノーベル賞受賞式が行われた街に中国人のプロテスターが裸で登場した。2010年平和賞をもらった中国人のLIU XIABOがいまだに留置所にはいっていることへの抗議である。中国の北京の空港をデザインした有名な建築家もいまだに自宅にて軟禁されている。自由があるようで、自由がない。オリンピックや北京空港を作ったときは、もてはやしていたが、用事が済み、そして政治的な発言をした際には、そういう処置が待っている。国のために尽くしても、国の方針について何かを言うと罰せられるのは、昔から共産主義の国の特徴だが、その国で生きていくためには、信条は別にしても、ルールに従わなければ、左遷される中国では、インテリは民主主義も全て知っていて、知らないふりをしている。すべて食べて生きるため。裸で抗議した中国人が、本国に戻り罰せられないことを願う。
by nyfiken | 2013-12-11 07:25