スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧




王立オペラバレーの新作BILL2014 4月公開


BENOI賞をいただいたバレリーナのMARIKO KIDAさんの
スウェーデンバレー 。MATS EKの描く木田さんは、黄色いシンプルな
ドレスでジュリエットをエネルギッシュに踊っている。


今回の賞を考えるに、新しい形のバレー、ロミオジュリエットをイタリアの原作でシェイクスピア作品の元、題名は、ジュリエットとロミオの順番だったと描くスウェーデンバレーの
巨匠監督MATS EKへの世界的な評価が背景にあると見る。


スウェーデンで活躍するイエテボリオペラ座の日本人バレリーナ

スウェーデンの王立オペラ座のサイトで紹介されている。
この度2014年にBENOIS賞をいただく。ボーイフレンドも同じく王立オペラ座のバレリーナで
活躍している日本人男性。

Benois de la danse-pristagare 2014
Mariko Kida


Utbildning:
Souda Ballet School (Japan), San Francisco Ballet School (USA 2000-2002)

Andra Kompanier:
Alberta Ballet, Les Grands Ballets Canadiens de Montreal, Göteborg Operans Balett

Roller:
Mats Ek’s ”Sleeping Beauty” (Aurora), ”Appartement” (Door pas de deux), Jean-Christophe Maillot’s “Romeo&Juliet” (Juliet), George Balanchine’s “Rubies” (principal couple), Allegro Brillante (Principal), Jiri Kylian’s “Bella Figura” and “Forgotten Land” (Red couple) , Ohad Naharin’s “Kaamos”, “Arbos”, “Minus One”, “Perpetuum”, Sasha Waltz’s “noBody”
På Kungliga Operans scen har hon medverkat i verk av Marcía Haydée, Johan Inger och Emanuel Gat. Mats Ek kreerade sin Julia på bland andra Mariko och hon dansade urpremiären.

Andra erfarenheter:
Mariko har dansat i verk av: Alexander Ekman och Medhi Walerski, Örjan Andersson, Helena Franzén, Stijn Celis, Fernando Melo och många andra.

Mariko var inbjuden som gäst att dansa för, 50 years of anniversary of Canadian embassy in Cairo, Egypt at Cairo Opera House, (Cairo-Egypt 2004 January). Hon dansade på “Japanese Prince Takamado’s Memorial Lausanne Gala” som vinnare av :Prix de Lausanne (Tokyo- Japan2007 August)

Utmärkelser:
Prix de Lausanne Scholarship 2000 (Lausanne, Switzerland)
Benois de la danse-pristagare 2014 för sin roll som Julia i Mats Eks Julia & Romeo

Annan information:
Mariko var vald till “Outstanding dancers of the year” by Dance Europe (October, 2010) för rollen som Aurora i Mats Ek’s Törnrosa.


"Mats Ek's version of Sleeping Beauty is a modern classic. It is both a fairytale and a timeless story of a young woman. All presented to Tchaikovsky's amazing music.
The GöteborgOpera ."



Hon var utvald till en av “25 to watch 2006” av Dance Magazine (January 2006 USA) för huvudrollen i Jean-Christophe Maillots Romeo och Julia.


MATS EKの監督が作り出した世界のインタビュー



シェークスピアが書いたもともとのストーリーは、1560年代頃の別の詩人が書いた詩にインスピレーションを受けたといわれているが。イタリアの二つのお城でのお話。オリジナルの昔の題は、ジュリエットとロメオだった。シェークスピアの時代から順序がロメオとジュリエットになったのだろうか。


MATS EKの作品。我々がイメージするバークマンのスウェーデン映画の映像に通じるものがある。

by nyfiken | 2014-05-28 21:24

コンピューター







Systems Architecture, Design, Engineering, and Verification
Chair: Dahlia Malkhi
Panel: Fernando J. Corbato, E. Allen Emerson, Joseph Sifakis, Ken Thompson

Abstract

More than any other area in computer science, the interaction and boundary between science and engineering is blurred in the systems area, with cross fertilization from both directions. The systems panel will explore the past, present and future relationship between systems research and engineering practice.
Panel members will review their past award-winning research in perspective, and describe its impact on the computing world.
They will discuss the relationship between systems research and engineering practices: when does systems innovation emanating from industry become an invention and when does academic research stop being science and become engineering? How does practice-driven research impact the real world and how does the real world reflect back on foundations? In what forms does technology create research challenges, and in what manner does applied research give solid base for development?
They will surmise about the future of systems research: What are the fundamental challenges posed by the scale of today's cloud computing systems and mega-size data centers? How to organize software of large-scale distributed executions or mega-ton lines of code? What new opportunities are enabled by novel technologies like flash memory and transactional memory? How to integrate hand-in-hand design of software and architecture?






by nyfiken | 2014-05-27 05:56
日本と北朝鮮の会談がスウェーデンで。スウェーデンの新聞ではどのように報道されているのだろうか。
スウェーデンの大手の新聞から参考までに。
From Dagans Nyheter, this article is written as belows in swedish

”Japan och Nordkorea möts i Sverige

Publicerad 2014-05-24 23:08

En 40 år gammal nordkoreansk spionthriller kan få sin upplösning när Japan och Nordkorea möts i Stockholm. På agendan finns den känsliga frågan om en serie kidnappningar på 1970- och 1980-talet. Varför Stockholm? Det är hemligt.

Japans utrikesminister Fumio Kishida avslöjade på en presskonferens i Tokyo i måndags att frågan om de åtta kidnappade japanerna kommer att tas upp med nordkoreanerna.

– Självfallet är kidnappningsfrågan ett av nationens största bekymmer.


Bakgrunden är att nordkoreanska agenter kidnappade 13 japanska medborgare på 1970- och 1980-talet. De bortförda användes till att träna agenterna i japanska, och fem har fått återvända till Japan efter att Nordkorea erkänt kidnappningarna. Nordkorea hävdar att de återstående åtta är döda, men har inte kunnat presentera trovärdiga bevis som stöder påståendet.

Svenska UD förklarar att det inte känner till någonting alls om samtalen – förutom att de äger rum måndag–onsdag nästa vecka:

"Sverige har ingen roll i sammanhanget utöver att parterna (Japan och Nordkorea) valt att förlägga mötet till Stockholm", skriver UD:s presschef Anna Buhré Kervefors i ett sms till TT.

Ayako Hashida, pressattaché på Japans ambassad i Stockholm, säger att parterna inte bestämt om mötet ska hållas på Japans eller Nordkoreas ambassad, och hänvisar till ett pressmeddelande där Kishida förklarar att de ska ta upp "viktiga frågor" och hoppas på ett "positivt gensvar" från Nordkorea.

Kan ni svara på varför samtalen hålls i Sverige?

– Det vet vi inte, säger Hashida.

Kan ni återkomma när ni har informationen?

– Nej.

Niklas Svanström, chef på Institutet för säkerhets- och utvecklingspolitik i Stockholm, tror att den huvudsakliga förklaringen till att mötet hålls i Stockholm handlar om Sveriges traditionellt sett goda relationer med både Japan och Nordkorea, samt Sveriges neutralitetstradition. Det är dessutom otänkbart att mötet skulle hållas i något av de två länderna med tanke på den ansträngda relationen dem emellan.

– Det här är någonting de två länderna vill göra på egen hand, man hittar en neutral aktör som accepterar det. Jag tror att många andra länder skulle säga att visst ni får komma, men vi vill sitta med, säger Svanström till TT.”
From Dagans Nyheter newspaper
by nyfiken | 2014-05-26 02:15





戦争をしない中立国スイスが国として本当は買いたかった戦闘機がスウェーデン製のSAABのGRIPENだ。第二次世界大戦を回避した二つの賢い国が今どういう立場でいるのだろうか。スイスは、エコのソーラー電気飛行機を開発している先を考えまた政治的には国民投票の国だ。長い目で見て物を開発しているスウェーデンのサーブの飛行機工場は、大学があるリンショッピングという町にある。スイスの18日の国民投票で結局買わないという結論が出された。スウェーデンのサーブは、ブラジルに高額なGRIPENを売っているし、タイのローヤルタイエアフォースもGRIPENを購入している。

スウェーデンは、世界の最新研究が集まるシステムのノーベル賞を持ち、世界のトップレベルの研究や最新の優れた研究の世界の情報がヨーロッパの北の国に集まる。情報収集という意味では、この国は進んでいる。

スイスは、山国で小さな国だが、世界のお金が集まる金融システムを作り出した。第二次世界大戦には二つの国とも中立を守った。実は二つの国の賢さはここにある。スイスは、中立だが、ヨーロッパの真ん中で自国での自衛をする必要があり、特に領空の不慮の侵害については、パトロールをすべき飛行機警察隊として自衛をしている。24時間飛ぶ飛行機でもメインテナンスの時間が必要であり、またお金もかかる。

中立国のスイスがどうしてこのスウェーデンのSAABの戦闘機を買いたいと思ったのか。

新聞によると、スイスの戦闘機の老朽化で新しい飛行機を買うことを数年来目標としてやってきた。国家のパトロール安全のために、古い飛行機は、メインテナンスに時間がかかること。24時間体制で国の空の安全を守るためには、新しい戦闘機の購入が必要とされると書かれている。

The Schweizer Luftwaffe explained in its Jan 17/07 release external link that without new aircraft, the ability to maintain full sovereignty air patrols would soon decline to just 2 week intervals. At best, 24-hour patrols might be maintained for more than 14 days over an entire year, at the cost of shortening the 24-hour coverage periods to just a few days at a time, and staggering these periods over the course of a year:

“Sans le remplacement des F-5 Tiger, la capacité de maintenir la sauvegarde de la souveraineté sur l’espace aérien, d’assurer le service de police aérienne et de la défense aérienne serait massivement réduite. Avec seulement 33 F/A-18, une presence permanente (24 heures sur 24) de 4 appareils en vol ne pourrait être assurée que pendant deux semaines environ.”

ひとりひとり国民投票をするスイスでは、国民が非常に高額な戦闘機の買い入れにノーと投票し、買わないことになったのはスウェーデンでも先日の大きなニュースだった。

スウェーデンは、戦闘機を作り、ビジネスとする。サーブの自家用車部門は、経営が破たんしたが、同じサーブの飛行機部門は、ビジネスを展開している。ボルボの自家用部門は、中国に資本を出してもらいながら、より大きなマーケットで商売をしている。名前や面子より実をとり、VOLVOも生き残り、ヨーロッパでの車販売数の増加により、ビジネスは悪くない。

スウェーデンには、世界の研究が集まってくる情報網があり、学校のPISAテストでふるわなくても、情報戦においては、世界のトップである。リンショッピングは、SAABの戦闘機が国際的にどんどん売れるようになると、街の景気がぐんと良くなることであろう。
SAABーGRIPEN戦闘機


"Saab’s JAS-39E Gripen " original text from Defence industry daily

JAS-39 Gripens AGM-65 RBS-15 Taurus Frontal

The 3rd competitor was a single-engine lightweight multi-role fighter, rather than a medium sized twin-engine jet. Saab was always seen as offering the lowest price aircraft, with interesting options on tap like the lease-to-buy alternatives already in place in Hungary & The Czech Republic, and a strong record of success with industrial offset deals. Data from operating air forces has confirmed that the designers were also successful designing the Gripen for low maintenance and operating costs. Despite its size, the JAS-39 is a solid multi-role performer, with a good array of potential weapons; indeed, it’s pretty close to the current epitome of what a lightweight fighter should be.

For Switzerland, this fighter also offered unique commonality benefits. Gripens are delivered ready to use the LITENING reconnaissance and targeting pods that Switzerland is buying as upgrades for its Hornet fleet, and would use a GE’s F414, a more advanced engine with the same supply & training relationships as the GE F404/RB12s powering Switzerland’s Hornets. The Gripen’s corresponding range handicap, which has often been a limiting factor in fighter competitions against its twin-engined opponent, shouldn’t matter much in Switzerland. Though it did affect the plane’s evaluated air superiority scores for some reason.

”Gripin’ in Switzerland: Referendum Shoots New Fighter Deal Down”original text from
Defence industry daily


”Given the DDPS’ implicit need for numbers, the industrial offsets, and the potential political bonus of a sale from another neutral country, the Gripen always appeared to be very well positioned in this fight. The firm’s Jan 17/08 release was already stressing some of these factors – and the Gripen’s eventual selection in December 2011 validated that confidence.
18:40 UTC by Defense Industry Daily staff

A leaked 2009 report shook that confidence, as it revealed that the Gripen finished below the Rafale and Eurofighter in almost all areas, and was rated as not meeting competition specifications in key areas like air superiority. Swiss authorities countered that the JAS-39E version offered in the 2010 RFP was fully compliant, and subsequent ratings did give it a “good enough” score. It would have been Switzerland’s cheapest and most appropriate choice, but the government lost the May 2014 national referendum.

Referendum result is a predictable failure for the government, killing the purchase.

May 18/14: Referendum loss. Unsurprisingly, a tepid and convictionless defense of the Gripen fighter deal results in a referendum loss, with projections showing about a 53.4% no vote. The only surprise is that the margin was this narrow, indicating a winnable vote. Compare and contrast with the September 2013 referendum, which resulted in the Swiss keeping conscription.

While some governments in Europe will re-run referendums until they get the result they like, the Swiss aren’t like that. The TTE fighter buy, and the unrelated referendum proposal to implement a SFR 22 (about $25)/ hour minimum wage, are both history. Switzerland will need to depend on French and Italian jets for basic airspace protection, and Sweden is very likely to end up buying Brazilian Super Tucano training aircraft instead of Swiss PC-21s. Sources: Swissinfo, “Swiss Reject $3.5 Billion Gripen Purchase in Blow to Saab” | Deutsche Welle, “Swiss referendum turns down minimum wage and new fighter jets” | Reuters, “Swiss voters narrowly block deal to buy Saab fighter jets: projection”.

-original text from Defense Industry Daily
by nyfiken | 2014-05-22 18:40
初夏。北欧は、春の桜の満開時の暖かい季節からいったん肌寒く、風や雨とお天気が今一つだったが、昨日また太陽が照り、初夏を思わせる日となった。爽やかな初夏といっても、太陽が照らすと暖かいが、陰るとまだコートが必要。雨が降らない6月もすぐだが、ヨーロッパではジューンブライドにふさわしい季節となる。NHK今月の歌ではないが、ふと5月の今頃に聴きたくなる歌が、レトロな歌となる。もっとも音楽は、散歩やちょっとしたインスピレーションから、その日にふさわしい音楽をふと聴きたくなるのだ。


昔のことを言うと、小学校の給食の時間に、食事が始まる準備の時間から食事の間中、ムード音楽がスピーカーで流されていた。当時のレストランでは、日本では、低くムード音楽が流れていた時代で、ランチタイムを少しおしゃれにしようとした試みだったのだろうか。先生の趣味かクラスメートの後慶応に行ったTが長だった放送委員の趣味だったのかわからないが、多くは当時の大人たちがよく聴いていた映画音楽のポールモーリアなどがかかっていた。荒野のなんとかカウボーイの映画の主題歌などは、今でも曲の途中の掛け声が耳から聞こえてくる。大人になるまでその歌は、荒野の用心棒だと思っていたが、調べると夕陽のガンマンだった。

題名は勘違いしていても、脳がメロデイをしっかりと記憶している。給食が始まる前のペコペコのおなかに、このぴよんぴよんという音が響いた。途中、男性の掛け声が音楽のメロデイの中で繰り返され、小学校5年くらいの乙女には、聞いているだけでなんとなく気恥ずかしかった。

給食時間に音楽を通じて遠いアメリカの砂漠の荒野のカウボーイ像を想像した。給食当番がひとりひとりのお椀にもりつけて、列に並びながら、うどん玉をいれたお椀の上にに人参や大根などの具がはいっていたけんちんうどん汁をかけている間、夕日のガンマンの音楽は教室に鳴り響いていた。アメリカの映画音楽を製作した人は、まさか当時の日本の小学校の給食の時間に、全校の教室に映画音楽が静かに鳴り響いていたなど当人たちは知る由もないだろう。世の中がのどかな時代でもあったし、携帯電話もコンピューターもなかったが、クラスメートが、電話は、ダイヤルを回すのなく、ピポパとボタンを押すようになるんだってとみんなに自慢そうに話していた。




年をとって少々ぼけても、若いころ好きだった歌は、メロデイや歌は案外しっかりと覚えているという。あなたがまだ子供なら、70年後生きていることを考えれば、今の好きな歌を大切にしてほしい。10代に好きだった歌は永遠の歌となり、老人ホームで歌いたくなる青春の歌となる。当時世の中は、抒情的なセンチメンタリズムがあり、今の時代より、当時の若者や大人たちはもっとナイーブな感じがしたものだ。60年代は、自由を求め、それまで家柄や出身の家の経済状態で勉強ができない人たちも、大学の門が開かれて、進学する人も増え、また女性たちも進学するようになった時代が60年や70年代とみる。

話は戻るが、映画音楽が流れていた小学校時代に、お昼ご飯時に、音楽が教室に流れた。私の通っていた学校は食堂でいただくのではなく、給食当番が給食室から運び、教室のテーブルがそのままテーブルクロスをかけて、食事をすることになっていた。パブロフの犬のように、当時聴かされた映画音楽を聴くと、おなかがすくのではないだろうかしらと聴いて見るが、やはり食欲がでてくるようだ。

全校生徒は映画音楽を聴きながら学校給食当番が準備をしている間に、クラスの机を6人のグループにまとめて、その上にテーブルクロスをかけた。給食当番が食事を給食室に取りに行く間に、サウンドトラックの映画音楽からなぜか全校一斉に”石鹸で手を洗おう”の音楽が流れ、掛け声で全員が手を洗い、おとなしく席についた。ナプキンをかけて、食べ残しは禁じられ、背筋を伸ばして食べなさいと先生に言われた。牛乳が飲めない子は、当時アレルギーにそれほど社会が関心がなかった時代、先生に無理やり飲むようにと指示をされた。

クラスの天然パーマのふみちゃんは、吐き気を押さえながら、泣きながら牛乳を飲んだ。そばで見ていると鼻をつまんだり、いろいろ工夫していたようだった。豚肉の脂身が絶対食べられなかった私は、3枚肉のような肉の破片をスープの中に見つけ、どうやって脂身を食べようと悩んだ。ポールモーリアの素敵なロマンチックな映画音楽のシバの女王やエーゲ海の真珠なども脂身との葛藤していたので、ムード音楽がお皿の中のよけられた脂身の破片の山の映像と連動する。

家では、当時母親は、お肉にうるさく、脂身を食べると体に悪いと信じていた。エンゲル係数が高いが、ロース肉など脂身の少ない部分を子供たちに食べさせた。学校給食は、好き嫌いをいうと先生に怒られる時代で、今のようにアレルギーがあまり認知されていない時代だった。残すことはいけません。先生がずっと食事の間に好き嫌いがある子供たちに、それを直すべくしつけとして厳しくあたった。

結局、脂身を食べられないクラスの3人と牛乳が飲めない4人が給食時間が過ぎても残り、(食べてしまわないうち、昼休みに遊べない)休み時間に、残された生徒は、脂身の肉と牛乳と葛藤した。長い時間がたち大人の今では、3枚肉のベーコンカリカリに焼くと脂身も食べられるようになった。

クラスの隣の席の男の子も脂身が苦手で、当時のパンの中味をほじくり、中に脂身をつめこみ、おにぎりのようにぎゅっと圧縮して、味合わないように飲みみ込んでいた。先生が全部食べなさい。残さないでという方針に、生徒のほうも工夫をした。私も脂身を小さくして、薬のように少しずつごくりと丸のみをしていた。当時の日本は、給食にはロース肉などあまり使われておらず、脂身の多い部分を使っていたようだった。口の中でぐにゃりとする感触もいやだったし、どうしても受け入れられない脂身肉の破片だった、給食の豚汁などは好きでも、中に浮いていた脂身を考えた時に至極憂鬱だった。今なら、3枚肉の脂身も平気でいただけるし、脂肪のない肉は、チキンの胸肉サラミしかりで、あまり美味しいと思えない。

クラスの脂身を食べられなかった男の子が、じっと下を見て皿の中の脂身を恨めしそうに見ている私にも同情していた。私の皿の横に最初から手をつけずに、よけてあった脂身をいいよ、僕が食べてあげるとパンの中に入れてといい、そっと手つかずのお肉の破片を自分のさらにスプーンで移した。パンの中におにぎりのように脂身を埋めて圧縮したものを口に入れて飲みこんだが、今から思うとその男の子がどうやってその圧縮したパンを飲みこんだのか思い出せない。親切なクラスメートの子はだれだったのか忘れてしまったが、事実は、記憶に映画音楽と一緒に記憶に刻まれている。

今の時代ならば、アレルギーの一言で簡単に許される問題だったが、当時は物を粗末にしたり、食事を残すことを良しとしない時代だったので先生は、物を大切に食べることや扱うことに神経をとがらせていた。子供にもロマンチックな映画音楽だったが、葛藤していて食べていた給食の音楽は、大人の映画を子供ながら想像した。時代は、アメリカスタイルのファーストフードがまだ日本ではなく、給食のおばさんが、手作りのお料理を作った時代だった。クラスメートのOうどん屋さんのお父さんが、学校にうどんを納品し、ビルの屋上にプールがあるクラスメートのYお肉屋さんがお肉を納入していた、学校の給食室で近所のパートのおばさんたちが作った
お昼ご飯は、美味しかった。ただ、途中から白い牛乳に粉末の粉を入れてコーヒー牛乳メニューがあり、そこには細いストローが付いてきた。牛乳を温める生徒は、朝、先生から聞かれて、注文があり、温かい牛乳を所望するとちゃんと温かな牛乳が飲めたことが嬉しい取り計らいだった。


5月新芽がどんどん伸び、木に白い花が咲き、チューリップがストックホルム中央駅前の花壇で色の饗宴(赤黄色ではなく、もう少し抑えたシックな色見)を奏でている。庭が好きな人は、一日中、お休みの日は特に庭にでてお花や野菜のガーデニングに忙しいようだ。ジャムやピクルスを作る人。スペインからのイチゴが市場に入ってくる。私は以前隠れたジャムおたくだったが、それは食べることという意味である。

昔の女性は、せっせと保存のジャムを作った。夏美味しい果物が出ている間に、冬に備える昔の人の知恵には頭が下がる。スウェーデンも、手作りの焼きたてのパンと手作りのジャムは美味しかったはず。イギリスにおいてはレモンカードが、ママの味なのだろうか。ストックホルムのスーパーに並ぶジャムは、東京のスーパーと同じくらいあるのだが、イギリスからもフランスからもジャムの特徴がある。最近では、近所のスーパーでフランスのマーマレードがふた瓶買うと小さなクックブックがついてくるおまけに、つられて思わず買ってしまった。3種類のオレンジのマーマレードでフランス語曰くポンプルムースが入っている。南の島でよくいただいた甘いポンプルムースは、グレープフルーツを甘くして大きくした代物だが、スウェーデンには、ないのが残念である。フランスには、植民地経由でポンプルムースがあるのだろうか。

スウェーデンでは、ビタミンが豊富な生でいただくとすっぱいハブトロンの実のジャムもリンゴン同様栄養価が高い。私自身は、とろとろしたジャムが好きだが、日本のスーパーの成城石井で売られていたアメリカ製のジャムで数種類の果物を混ぜ芸術品にしたようなとろとろの瓶を揺らすと上から下まで流れるようなすべらかなジャムのビン詰めは、今まで食べた中での最高だった。が残念ながら名前が思い出せない。以前は、凝りに凝ってスパイスを利かせたジャムをせっせと作っていた時代もあるが、最近は、ジャムの前に生で食べてしまう怠惰な自分を反省している。ジャムを作ることは、ビンの煮沸から始まり、旬を閉じ込める昔の人の知恵だが。知り合いのマダムは、自分がサマーハウスの庭で摘んだベリーの自家製ジャムを何本も作り、きれいな布で瓶をカバーする。フルで働いて、子供も2人いる忙しい女性だが、家事もこなして、本当にこういう女性には、頭が下がるのだ。

5月の花、先日街中の市場で見つけたスズランの花。野の花は勿忘草など繊細なきれいな花が多い。
この季節には、少しレトロな曲を聴いてみたい。レトロな雑貨屋は、セーデルマルムにあるが、先日数年ぶりに通りがかったリサのお店を覗いてみた。最初にそのお店に来たのは、今から18年前。一番最初にスウェーデンを訪れた時に、ふと通りかかり入ったお店。リサさんはまだ当時は、40代くらい?昔観た小さな恋のメロデイのマークレスター演じる男の子のママ役(憧れのママ)女優に雰囲気が当時似ていた。ロンドンのノッテイングヒルにあるアンテックジュエリーのお店や、個性的な手作りのお店などがもっとストックホルムにほしい。

レトロなワンピースや古着の有名なお店を、覗いてみたら、東洋系の女性が一人アシスタントで入っていた。鼻歌を歌い、世界中のレトロな洋服を知っているリサに、手伝っている風だ。洋服を選ぶ審美眼は、リサだからであり、長年洋服を見てきて知っている彼女の右に出る人は、あまりいない。もうひとり、レトロな服を知り尽くしている人は、セカンドハンドヴァンテージ洋服のクングスホルメンの59のオーナーだろうか。

横浜の元町の裏側の道にやはり古着の洋服が売っていて、フランスのバンテージショップから仕入れた花柄のブラウスなどがあった。日本のオーナーは、直接パリに買い付けに行くので、センスの多いものを置いているヴァンテージのお店があるが、リサのお店には、他のヴァンテージ古着屋さんにはない掘り出し物やいいものがある。

LisaLarsson secondhand
Address:
Bondegatan 48
11633 Stockholm .
Telephone number: +46(0)8-643 61 53 .
Website URL: www.lisalarssonsecondhand.com/

リサさんやスタイリストのママたちは、きっとおしゃれだったのだろう。リサの店は、パリのお店のように古いフランスの歌が流れていたが、背の高いスウェーデンのおねえさんは、イヤホンで大音響でハードロックを聞きながら洋服を探していた。1970年代に表れたウオークマンをはじめとして、人を好みの音楽をいつでも聞ける状態にしたが、場の雰囲気を共有することをなくしてしまった。

パリの古着の洋服屋さんの雰囲気をかもしだしているシャンソンが流れている古着屋の雰囲気は、ロックが好きなお姉さんは、洋服を見ながらハードロックの音楽で享受する。好みは万別。昔からある日本のことわざで蓼食う虫も好きずき。にがい草の蓼を好む虫もいる。

レトロな音楽を今の季節に聴きたくなるのは太陽の光のせい。

ストックホルムならば
セーデルマルムのレトロなカフェや古着屋さんなど70年代の香りがするお店が、時代がすぎてもまだある。地代が高くなってしまった街中のレトロな本屋やレコード屋さんが消え、いつの間にか今時のカフェや不動産屋になってしまったヴァサスタンの地域と違い、セーデルは、好きなお店を勝手にやっていますというスタイルが存在できる余地がある。

比較的若いカップルが住んでいる地区で20代や30代までシングルや結婚前の若いカップルが描くロマンチックな世界は、生活色にまみれてしまう現実的な地域より少し夢を見られる空間の雰囲気が町に漂っているのは、いい。

レトロな古本屋や昔からの雑貨屋が、ネットの中のお店になるのは便利だが、ちょっとつまらない。いつまでもソーホーのリサさんには、古着屋をやってほしいし、アンテックのお店も無くならないで欲しい。残念なのは、久しぶりに通りがかりのセーデルのSTOCKHOLMSTADSMISSIONのお店に入ったら、レトロな食器や雑貨が売られていず。



>






Dionne Warwick
00:00:00 A House Is Not A Home
00:03:07 People
00:06:33 (They Long To Be) Close To You
00:08:58 The Last One To Be Loved
00:12:21 Land of Make Believe
00:15:25 Reach Out For Me
00:18:17 You'll Never Get To Heaven (If You Break My Heart)
00:21:26 Walk On By
00:24:24 Wishin' and Hopin'
00:27:22 I Smiled Yesterday
00:30:09 Get Rid of Him
00:32:29 Make The Night a Little Longer

00:34:56 Unchained Melody (unedited)
00:39:09 Who Can I Turn To (When Nobody Needs Me)
00:42:18 How Many Days of Sadness
00:45:37 Is There Another Way To Love You
00:48:08 Where Can I Go Without You
00:51:16 You Can Have Him
00:54:51 Wives and Lovers
00:57:57 Don't Say I Didn't Tell You So
01:01:04 Only The Strong, Only The Brave
01:03:24 Forever My Love
01:06:12 That's Not The Answer
by nyfiken | 2014-05-21 17:07








The English policy seems to be harder, so they may move to the northern Europe except for Denmark. It is not so easy for old immigrants who start learning new language like swedish.




ストックホルムの町中が、ここ数年来カルカッタの街のように道路にしゃがみ込む乞食が急にスウェーデンのストックホルムに増えた。多くは、ルーマニアからである。国が破綻し、その国に住めなくなった時にどうなるか。希望のない国を捨てて海外にささやかな夢を持ち家族で移動するルーマニア人が後を絶たない。

スウェーデン人で生活破綻者がハーモニカをひいていたり、アルコールで精神がやられてしまった人たちが昔いたが、そういった人は、最近見なくなった。多くは、ヨーロッパの他の国、ルーマニアやジプシーなどの女性や年よりの女が地べたに座って物乞いをしている。EUになり、イギリスやヨーロッパ大陸から北のスウェーデンやノルウェーまで押し寄せる、なんとか海外でやりたい人たちでも、すぐに食べることに困るために、最終的に物乞いしかできない状況になるのは悲惨でもある。差別をすることはいけないが、どうしてローマン人はこのような受難に会うのだろうか。私が昨年行ったナチスのキャンプ場の牢獄キャンプの廊下に貼られた処刑された人の写真には、ユダヤ人だけでなく、ローマン人が当時差別されて多く処刑されたという忌まわしい事実がある。

世界をひとり旅行しているある有閑マダムの女性とたまたま飛行機で乗り合わせた。日本に住んでいる女性は75を過ぎている風だったが、毎月海外に旅行にでるのが、老後の暮らし方という旅行好きの女性だが、話の中で、バラを見にブルガリアに行ったが、思った以上ではなく、ルーマニアはとてもよかったわと美しさを並べた。海外にいる乞食の人たちと国のイメージが一体化しない。また教育レベルは決して低くないというイメージもルーマニアにはある。彼女によると矛盾しているのだが、ルーマニアは都市は美しいし、食べ物もおいしいという。お金を持つひとにとっては居心地のいい国なのだろう。その陰に多くの貧困者が食べられずに、海外にでて物乞いをするという事実が隠れている。

ストックホルムの物乞いの人たちは、駅やスーパーの前にしゃがみ、からの紙コップを揺らしている。楽器をひいてお金をもらっている人はいるが、最近去年と今年にはいって急に物乞いが増えたのはスウェーデンだけでなく、ヨーロッパ全域と見る。

多くの移民は、最初学校に通い、言葉を必死に覚え、最下層の仕事に安いお金で甘んじて働いている。ヨーロッパのどの国でも長い労働時間で安い給料で、働いている人の多くが移民である。労働組合と騒ぐのは、次世代のここで教育を受けた子供たちや長い間に適応した人たちである。

可愛そうとお金のコインをあげるひともたくさんいるが、このことが、逆にレイシストのスベリエデモクラテックなどの外国移民を差別する政党に追い風となることは、一目瞭然だ。多くの移民は、苦労して学校に通い、少ない賃金から半分近くの税金を払っている。集団的に組織化されたローマン人のキャラバンの人たちは、働くことは物乞いと割り切って今日も座る。インドのニューデリーの街中で見た乞食の多さも昔驚いたが、複雑な気持ちだ。移民の問題は、ヨーロッパで大きな問題である。

イギリスの議会でも問題になっているが、国の税金で国に送っても、1週間で戻ってきた話にはいとまがない。日本ならば、警察が道にでて質問をするだろうが、スウェーデンでは、差別はいけないわけなので、悪いことをしない限りは、警察も見て見ぬふりだ。ある日スーパーの両替機の前に夕方過ぎに、若いローマン人ルーマニアかジプシーの顔かたちのいい男が立った。その前におなかがでていた若い妊婦の女。その姉、母親とおそらくその友人の4人の女が、両替機で手に入れた紙幣を男性から分け前として今日の働き分でもらっていた。

顔かたちが整っているどちらかというと美男子のルーマニア系の浅黒い男は、お金をそこで分けて、その日の仕事は終わったという顔をしてスーパーを出て行った。テレビにはルーマニアの大使女性が、私にはどうすることもできないといった調子で答えていたし、国で名指すのは失礼といった。多くはルーマニアやブルガリアの貧しい田舎からでてきた人たちやキャラバンで移動するジプシーなのだろうか。中には学校へ行き、立派に働いている人たちもたくさんいるわけだから、何々人はということは、至極失礼なのではあるが、自分の国を持たず、キャラバンで動く人たちの物乞いを見るにつれ、ヨーロッパの憂いを感じる。貧しいヨーロッパの国は、大国の共産主義に翻弄された国だが、エリートや一握りの金持ちが優雅な暮らしをしている国では、普通の人には、おそらくチャンスなど一つも残っていないのだろう。

差別はいけないが、ますます増える物乞いに、スウェーデンの人種差別者が不快な気持ちを益々募らせることも危惧される。アジア人の物乞いは一人もいない。みんな歯を食いしばって働いているアジア人が来ているようだ。ローマン人の物乞いのおばさんたちの一日の労働も決して楽そうではない。自国にいて次世代に夢をもてない人たちが、渡るイギリスやスウェーデンでの物乞いの日々も楽ではない。

イギリスでは、移民にテストを課し、言語テストに合格しない場合や、あるいは仕事をある決められた期間に見つけられなければ、サポートをしないなど、厳しくなっている。スウェーデンは、原則的に、勉強をする気の人たちには、無料で語学学校に行ける。私の行った学校でもローマン人の男がいたが、彼はほとんどの時間を語学自習室の無料コンピューターに向かい、勉強をするふりをして海外インターネットの通信にあてていた。移民のサバイバル術は、半端ではない。



The truth about immigration in the UK2014.
BBC political editor Nick Robinson examines the public's anxieties about immigration and reveals the facts of an issue that has transformed British politics. With Britain braced for a new wave of migrants from eastern Europe, a subject once regarded as toxic is now at the forefront of political discussion. The programme dissects the decisions which led to the biggest surge of immigration in modern history and asks whether politicians can control immigration as much as they claim, looking at the potential consequences of their pledges.

ロシアでは、極端な政策をとっている。イリーガルな移民、許可のない外国人に対して、罪とする。
低い賃金で悪い条件などで建築現場などでは、隠れて労働許可のない移民が働いていることも
報告されている。


Russia's immigration laws just got tougher with harsher penalties for not only illegal workers themselves, but also those businesses who choose to hire them. Millions of people come to Russia without permission a situation which the authorities are struggling to get under control. RT's Egor Piskunov reports.
by nyfiken | 2014-05-16 22:04

Highlights of Japan

Japan is welcoming you.










They seem to have captured the highlights in Japan.

by nyfiken | 2014-05-06 09:07

Nyfiken's cherryblossom music

Very light white pink cherryblossom flowers are still blooming outside of Stockholm.
Walking under flowers, the pedals of flowers are flying gently and slowly inthe air.
Flowers smell like sweet perfum.It is not easy to describe this sweet odour, it is definitely not like lilly, rose neither jasmines.I would like to drive Sakura flowers' hills road with full of cherryblossom odour in the air. And possiblly this music can be on.
ストックホルムのあちらこちらで遅咲きの桜山桜に似た白い色の桜が咲いている、郊外に咲く白い桜の花は、
満開から葉桜に。桜の香りは芳香である。花びらが風に舞ったためか、屋外市場で買ったいちごにうすピンクの桜の花びらが入っていたのは、面白い。
Jazz, R&B,Vocal.New style of mixed version of music.Rythm&Sound.Talented.
Robert Glasper Experiment - Black Radio
Sophisticated sound. Jazz vocal with acidjazz twist.








by nyfiken | 2014-05-05 07:07
We grew up with manga in Japan. Today I was at the east asian museum in Stockholm.
Hello Kitty is girls' idol, I saw one little swedish girl sitting just in front of hello Kitty room.Pink carpet and cute lovely kitty bed. I certainly understand this Japan thema manga character exhibition will be a big hit all over the world.Let me introduce from 1950th to 1970th today.
ストックホルムでは、東アジア博物館で今日本のアニメマンガのキャラクター展が大人気だ。
週末に子供連れの親子ががたくさん訪れている。実物のせんとくんも。大仏さんの頭に鹿の角。冗談のようなものを税金で真面目に作るのが日本のよいところ?それがはるばるストックホルムの博物館までやってきた。大人気のキテイちゃんルームは、ピンクのきれいな色のじゅうたんがかわいい。


1950th-1960th.

Tetsuwan atom(astro boy)鉄腕アトム


osomatsukun1966おそ松くん


Tetsujin 28go鉄人28号


忍者ハットリくんHattori-kun

Ultramanウルトラマン


Hello Kittyハローキテイ(1970’S-)



Galaxy Express999銀河鉄道999

Masked Rider仮面ライダー


モンチッチMONCHHICHI


マジンガーZ,Maginger Z


by nyfiken | 2014-05-04 07:19