スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Let us enjoy 3 languages (Japanese, chinese and korean)
日本語、中国語(中文)そして韓国語。外国人には、3つのアジアの言語がどのように聞こえるのでしょう。

Let it go- frozen. How does it sound like in each asian language?


Japanese version Let it go- Frozen official singer May J.日本語の詩は素晴らしい。


chinese  Frozen

Korean Frozen

by nyfiken | 2015-01-26 06:53

Paus







i like the music that arise the beautiful memory or heart warming memory in life.
if you meet such a music you are just lucky.



300 years ago , if classical musican listen to this music, what he might think about it?



by nyfiken | 2015-01-18 05:47

18世紀の音楽

Giovanni Battista SammartiniとGiuseppe Sammartini

18世紀1730
200年前にコンピューターもラジオもテレビも電気がなかった時代には、それなりに人々は考える時間も
急がずにゆっくりと物を作る時間があった。
200years ago, the world did not have computer, radio, neither TV. Although they had enough time to think, to create without hasten. 

Giovanni Battista Sammartini



18世紀 イタリア生まれの音楽家は、イギリスに渡る。当時のバロック音楽は、とてもモダンだったはずだ。
Nyfiken's favorite.Giuseppe Sammartini Concertos,I Musici Ambrosiani


by nyfiken | 2015-01-17 06:53

ラフカデイオハーン



ラフカデイオハーンは只者ではない。流浪の民ではないが、彼の軌跡を追うと、幼少時代から運命としかいいようがない、家族の背景がある。
小泉八雲でギリシャ人でありながら、日本の怪談を書いたが、
実はアメリカに若い時に住んでいて、彼はニューオーリンズで立派な今でも一番の料理の本を書いている。
ニューオーリンズのフレンチクオーターを歩いていた時、ふと入った料理の本専門のお店で万冊ある中から
この辺の料理のオリジナルのバイブルは、クレオールクッキングを100年も前に書かれた本ですよ。と店主がいう。ラフカデイオハーンという人が書いたのです。私は店主にもう一度名前を聴いた。怪談のハーンと料理の本を書くハーンが同じことに気が付いてびっくりした。アメリカのニューオーリンズに住んでいた頃残した本である。ろくろ首とニューオーリンズのお料理の本は全く違うものだが、二つの共通点を見出す。興味ということばが浮かんでくる。

f0157298_0325182.jpg


by nyfiken | 2015-01-15 08:00

New years' concert.



A happy new year.

今日私の頭の中にこの音楽が流れてきた。ラフマニノフという名前が頭の中に浮かぶ。目を閉じて聞いていると、空を舞う雪の映像が見えてくる。出だしのコンチェルトNO2は一番のお気にいりだが、この作品を以て長い間デプレッションに苦しんでいたラフマニノフは、穴からでるように立ち直ったという。だから、回復の作品といえよう。ロマンチックなエモーショナルなメロデイは、愛する人に捧げられたというよりは、彼を催眠療法で120年も前に治療していた精神科の医師に捧げられたという。回復と未来への希望の感じられる曲である。この曲を書いた時のラフマニノフを思う。

Today suddenly this melody is ehoing in my brain. As you may have experiences, without any reasons, suddenly the music is on in your brain. THen I tried to remember what music is that. Melody comes first, then the name comes after.

Rachmaninoff. My favorite probably many peoples' favorite one. Although his long dark depression was recovered by concert No2 which was produced around 1900. The genious tends to have quite radical hard life. About 120 years ago, he had a kind of treatment not to be depressed. In fact I found out the music was dedicated to the doctor who gave him a treatment. The romantic deep emotional music was produced after the hardship in life as it was.

by nyfiken | 2015-01-14 06:16