スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Uplifting music in my understanding.
Sport holiday week starts in Sweden, although office workers work as usual.

Happy

Tongan gospel.I met many tongans while my life in a pacific island. THey have black straight hair, slightly lighter skin colour than usual melanesian.They are proud peopels for my eyes like samoan.



アップリフテイング気持ちを上向きにする曲、現代のゴスペルポップス。
とりわけ、南太平洋のストレートなゴスペルソングは心に直球で来る。ソロモン諸島のゴスペルソング

ヴァヌアツの歌姫ヴァネッサクオイ 現地の広大な景色が目のストレッチ運動になる。遠くを見つめることは
心も広くする。ヴァヌアツゴスペル。Vanuatu Vanessa quai




by nyfiken | 2015-02-23 07:58

スウェーデンのニュース

スウェーデンでは今週から、学校がスポーツ休暇となり、北のスキー場などに出かける家族が多い。お金持ちは、スイスのスキー場におでかけする。家族が複雑化しているスウェーデンでは、パパの新しい家族とママの新しい家族のどっちと一緒に行くかどうか、順番になるかどうかと、お金を出す親しだいとなる。テレビではスキーの中継を見ながらスポーツ休暇に行っている雰囲気を味わったりするが、スポーツと縁がない人でも、今週のスーパーの送ってきた雑誌には、ちょっとしたオーブン料理やお休みに作りたいお料理特集が組まれている。寒いのでなんとなくチョコレートが食べたくなる。

あまりにいろいろな忙しさに追われていて、楽しみがないことに気がついた私は、これでは、干し柿のように枯れてしまうと思い、自分に食べ物以外の栄養を与えることにした。まず、何が一番好きなのだろうかと思ったが、時間がなかったのでブログを書くこともままならない日々に、ストレスが溜まっているのもよくないと思い、時間を限定しメンタルストリーミングのために字を書くことにした。そのほうが効率よく仕事がはかどる。また、3カ国の言語の中で生活している日本語、英語、スウェーデン語の中で言語障害にならないように自分を戒めるようにした。というのも長く海外で生活をしている多くの日本人は、ある程度努力をしなければ、母国語である日本語が出てこなくなる。スウェーデン人で日本語を勉強をして、仕事で使っている人の日本語をある会議で聞いたことがあるが、彼の日本語はここに長く暮らしている日本人たちにひけをとらずとも、外国語であるにもかかわらずよどみなく、流暢で美しかったので本当に驚いた。スウェーデン人でも日本語がスマートに話せるようになるのは、不思議だが、言語習得の成功例の影には、おそらく努力とパッションがあったのだと思う。完全にスウェーデン人であり、両親がどちらかが日本人ではない。がおそらく母国語をスウェーデン語としてきちんとできたからこそ、外国語として日本語を勉強し、うまくいく可能性もある。

丁寧語と尊敬語をきちんと使い分け上手に日本語が話せるのには頭が下がるが、日本語能力と言う点では、スウェーデンに長く住む日本人でも、日本から雑誌をとりよせ、時事問題から文学まで日本にいる人より深く掘り下げて読んいるインテリ層がたくさんいるので、その人たちは、実際に尊敬に値する。自身は、その類ではない。すなわち、日本から雑誌を取り寄せ、隅から隅まで読むことは海外が長くなった途中であきらめた。

ニュースをどこのリソースからとるのかが、今の時代は大事だが、スウェーデンの新聞は、歴史ある新聞社が今、購買数が減り、中身をもう少し充実させる等の努力をするべくとニュースで責任者が話していたが、問題はニュースのリソースがインターネットやテレビが携帯で読める時代になり、紙での購読数が減るのも仕方がないと見るが、といっても完全にEに移るのかというとそうでもない、あと20年時間を待つ必要があると思う。すなわち今の10代未満の子供たちが社会の中心や先頭でバリバリに働く時代には、もっとスマートに働くであろうし、また現在ジェネレーションギャップで悩む世代間の仕事の仕方のコンフリクトがもう少し次の世代になると解決させられる。

スウェーデンのニュースで最近気になったのは、テレビ番組で、父親に暴力を振られた母親を見て育った娘が、また自分たちも暴力を振られて、等のインタビューに答えていた。傷を負ったスウェーデンの若い女性がテレビにでて、状況を説明している。女性への家庭内暴力の実態のニュースや、また別れた夫からの脅迫から逃れるために、娘を連れて転々とした女性が、家に娘を3人閉じ込めてひっそりと暮らしていたが、学校にも通わせず、どこにも出さずということで裁判所に訴えられ、警察により、解放され、子供たちは自由に外にでることができた。これも別れた男性からの暴力や脅迫から逃れるためが最初だったが、国民番号が全てつくスウェーデンにしては、非常に珍しいケースと見る。

ユダヤ教の教会で起きたコペンハーゲンのニュースは、テロとしてスウェーデンのユダヤ人を脅かし、ユダヤ人のインタビューでは、外にでず静かにいますというニュースが流れていた。また私の住んでいる地区の歴史ある名門学校にはユダヤ人のクラスがあるため、学校の外に特別警護の警察が要請されたというニュースが新聞にでている。

暗いニュースが多いが、中にひとつ明るい研究結果が。イタリアの研究者が、世界のトップベストに入る音楽を研究した結果、人間は明るくなるようなアップなテンポの曲を好むという。そのいい例が世界のトップに躍り出たHAPPYという曲だという。これは英語ではアップリフテイングの曲という。不安定な暗い世の中であるからこそ、人間は反動で気持ちを明るくしたい曲を好むのだというと確かに納得できる。
by nyfiken | 2015-02-22 21:35

Interesting stories


Brené Brown






Nyfiken agrees with Dr Brene about @ the scarcity world where peoples are living now.
Peoples are afraid of being not enough, neither having not enough and feel fear.To have creativity, inovation, we should learn all about failure and mistakes and critisizm. IT is certainly easy for anyone who criitisize others mistakes or failure, but those actors learn more than peoples who are doint nothing but critisizing.More we make mistakes and failure, we learn more and go forward.

フェイスブックでいくらlIKEをもらえるか、それがハッスルのもとになるというポジテイブな話でもあるが、多くの人は、自分が十分でなく、足りないことを不満に思いながら、不安な社会に生きている。防護に回るために、あまり人の目につかなく静かにこもって生きている人たちも多い。非難や批判をうけなくてもいいのは、なにもしないことだ。それは、社会の発展やイノベーション、クリエーションとは相反する世の中となる。さて、禅の教えに、足るを知るというのがあるが、アングロサクソンが発展してきたのは、物質的に豊かな世界を望む資本主義の肯定だった。自分が足りずに落ちこぼれているのではないかという悩みやものが他の人に比べてないことを嘆いたり、非常にコンプレックスを持って生きる人も多い現代社会では、おそらく日本の禅の教えが、サイコセラピーよりひとつの救いになるかもしれないと思う。僧は、人の施しを受けて集めてきたものを使って食べる。ストックホルムの街中に座って物乞いをするEUの貧しい国から流れてきたひとと、道で物乞いをする日本の禅の僧の違いを思う。それには、家族と自分たちが生きるために物乞いをしなければいけない人たちと禅の僧は修業として物乞いをする。物乞いをしている貧しい国の流れてきた人たちに、生きる道や将来の希望を与えるのもグローバルな社会の責任なのかもしれないが、ルーマニアの国で貧しい人に施さずに立派なきらびやかな教会を国家事業くらいに、建てているのを知るにつれ、どうしても矛盾を感じてしまう。

by nyfiken | 2015-02-22 17:15

雑感





A few weeks before I heard one of my cousin passed away suddenly.
The sad feeling always comes a bit later gradually. I have not seen her for such a long time.
数週間前だが、日本のいとこが亡くなったという知らせを聞いた。突然だったが、しばらく時間がたって悲しみが少しずつ押し寄せてきたのは、おそらく子供時代に一緒に遊んだ思い出を思い出したからだ。生まれて初めて着た着物姿の写真は彼女と一緒だった。おばの結婚式で隣同士並んでいる写真がある。外に出て撮っている写真で、太陽がまぶしくて、二人とも着物姿で首を少し曲げて、髪結いのかんざしを揺らし目を少し閉じている。私が紅を口にひいたのは、それが最初だった。美容室で髪を結い、なぜか赤い口紅をさしている。いとこはカーリーの髪にかんざしをさし、手を前に交互に交差させて緊張して合わせている。私に話しかけるときは、子供同士なのに、話かける時は、いつもちょっとやさしい感じで丁寧語を使った。あのね。と話がはじまる。

笑いながら恥ずかしがって話すのは、日本人の特徴だが、彼女も子供のころ、笑いながら照れながら、ははは。あのね。と話が始まった。なにがそんなに面白いのか、わからないくらい、そのころはよく笑っていた。箸が転がっても面白い年頃というのはあるものだが、そういう時代だったような気がする。

色が白く、芸者の本に描かれている日本海側の色白の女性という表現にぴったりの透き通る肌とグレー色の薄い色の目をしている東北美人の母親を持つ娘である。
その後、大人になってほとんど会うことがなく、祖母が亡くなった時に会ったのが最後だった。結婚し、子供も大きくなったことだろう。子供時代に、くすくすと笑って○○ちゃん、おもしろーい。はははは。と無邪気に笑っていたもので、会うたびにちょっと面白いことを言うとおもしろーい。と言う癖があった。楽しい思い出をありがとう。不思議なものだが、子供時代の共有した思い出は、古いアルバムのように人生の中で温かく残っている。Yちゃん、ありがとう。

いとこにささげるヴァヌアツのゴスペルの歌。VANUATU GOSPELSONG 




by nyfiken | 2015-02-22 12:03
f0157298_20122819.jpg
グラフィックでかわいいデザインは、Anneli Bokemyrさんのがお気に入り。と書くとなんだかよく知っているように聞こえはいいが、単純に町の郵便局で手に入れたカードが可愛くて、思わず切手とカードを買ってしまったという代物。最近思うが、スウェーデンのものは、シンプルでおおまかだけどなんとなく全体的に雰囲気があって可愛い。日本は、デテイルを重んじるから最初日本からスウェーデンに来たばかりの人は、至極単純なカード例えばハートだけひとつ真ん中に描かれているカードを見ると、あれ?シンプルでいいけど。でもちょっとさみしいな。と思ってしまう。アネリさんのは、シンプルをもう少しデテイルをさりげなく入れて、かわいい。なんといえばいいのだろうか美味しそうで、雰囲気がある。
f0157298_18512875.jpg

f0157298_18515471.jpg
f0157298_18522243.jpg


興味がある人には、直接サイトで購入可能。緑色のケーキは、スウェーデンのプリンセスタルト。色が可愛い。
www.hoppelina.se

プリンセストルタは、プリンセスケーキだが、うぐいす色のマジパンでケーキが包まれているもの。生クリームで3段の間にラズベリージャムとバニラクリームと生クリームがはいっている。上にシンプルにマジパンでバラの花びらが飾られていて、上品なケーキ。

by nyfiken | 2015-02-20 18:58
日々雑事や忙しいと日常に追われていると気が付いたら3食を食べることとだいたい眠ることはきちんとおこなっていても好きな映画を観る時間や雑誌を読む時間や、じっくり本を読む時間がないことに気が付く。実際に外にでてゆっくりとショッピングをする暇もないし、子供みたいに無邪気におもちゃと遊ぶ時間もない。と嘆く人も多い。バーチャルでフェイスブックにて遠くに住む友人たちの動向をチェックし、今日は何を今食べているのかしら?と写真を見てふーんと思っている人もいるかもしれない。

気分転換は、それぞれがちょっとした楽しみを持っている。おお昔だったら、週刊マンガ男の子なら、ジャンプやサンデーがきらきら見えたかもしれないし、女の子なら少女マンガの続きが楽しみで、次のストーリーが待ち遠しく一週間が待ちきれないという子供ながらの楽しみもあった。

メールの時代は、仕事のスピードを速くし、仕事量を増やしてしまった。ポケットベルでトイレにはいってぴーぴーなっていたら、おやと思った時代ののどかな人たちは、考えられない今のスピード時代。機械やアプリを使いこなし、タイプライターのスピードコンテストでだれもが一本うちでも一等賞がとれるくらいぱちぱちと早く打てるようになった。大昔は南の島でのんきに暮らしていた人がいきなり日本に帰って来た時に、愕然とし、困り果ててコンピューターカレッジとかタイプスクールに通わざる得ないなどしなくても、今のあかちゃん年代は生まれた時からキイーではなく、画面をたたく。

携帯と一緒に遊び、コンピューターをピアニストらんらんが頭を振りながらピアノの名曲を弾くように人々はキイボードをたたいている。ある日何年もピアノを弾いていないということに気が付いた私は、子供のころピアノを弾いていたので、案外タイプを打つのブラインドタッチは早いのだが、ふとコンピューターで指がいつも訓練されているので、ピアノの練習をしなくてももしかしたらピアノが上手になっているのでは、と愚かな思いつきでコンピューターでピアノを弾くというサイトにチャレンジしてみた。鍵盤がでてくるのだが、確かに長い間ピアノをまったくさわらず、コンピューターのキイボードを打ってきたほとんど多くの人がするような日常コンピューターとの普通のお付き合いの私が、案外ピアノの鍵盤のように音がなめらかにでてくるのには笑ってしまった。


ノーベル賞受賞をした透明なスクリーン樹脂を作ってしまった化学の発達は、薄いアンドロイドや駅のタッチポンや、IPHONEやIPADを生み出し、世界を便利のよい状況に作り上げた。そのかわり、人は絶えず画面にさわり、指をタップさせている。これは人間の姿をどう変えるのだろう。将来人間は亀のようになるのではと思うのだ。人間のスタイルが変わっていくかもしれない。コンピューターにはりついて仕事をし、首が前にかくんと曲がってしまう姿になるかもしれない。あと1000年後に来ると人間のスタイルは変わっていくのではないだろうか。タイプを打つより、音声入力が主流になり、唇の横に小さくでているオペレータのようにマイクを通じて全てがスイッチポンでドキュメントができる時代になるかもしれない。

さて、日本では、画面タッチポンといってもまだまだレトロが残る大阪などの都市の切符売り場は、レトロな色のぼたんをよいしょと押す昔ながらのものだった。大阪に合う言葉は、どうしてもレトロとなる。すなわち東京では早々と消えてしまったレトロな場所が残っている。ドアをあけるとからんからんとなる喫茶店は、85歳のマスターと85歳の妻がウェイトレスで現役でモーニングを出しているようなレトロなレストラン喫茶店が残っている町が大阪といえよう。日本から消しては絶対いけないレトロで素敵だった昔のカフェは、今のチェイン店にはない雰囲気も個性もマスターのこだわりがあった。


たっちぽんで生まれながらぱしぱしと素早くパパやママの携帯でゲームをやってきた今の10歳以下の子供たちが主力の時代になると、世の中は更に変わるはずである。年より達は、太刀打ちができない”ろーとるず(これは今の75あたりから80歳代の日本に住んでいる人のみが知っている昔の日本のスラング。年よりのこと)”扱いとなる。時代が流れる。と気分転換に勝手なことを書いてみる。さて気分転換に文字を書くことがあてはまるかどうか別であるが。いわば言葉のサラダのようなもの。とりとめがないがいろいろな考えが浮かぶということでしめて休憩15分なり。
by nyfiken | 2015-02-19 20:34
スウェーデン映画の魅力は、1940年代にさかのぼる。このころの映画は、ユーモアに富んでいる。
特に戦争がなかった国ならの40年代の時代を映し出す。人々は、今より身なりに気を使い、フォーマルなスタイルをしている。学校を舞台にした映画の中でも、喜劇のスウェーデン人のウイットが感じられる。当時の堅苦しい学校の先生の中で、ナイトクラブでピアノを隠れて弾いていた教師と、堅苦しい校長の妻、ナイトクラブの名前がシャンハーイというのがスウェーデン人が考える上海の印象だったのだろう。アリスバブは、昨年90歳でなくなられたが、スウェーデンのテレビで観た往年の彼女は、笑顔を忘れない人という印象があった。さて、95歳の女性で病院の看護婦さんに薦められて、コンピューターを始めブログを書き始めた女性の話を先日聞いた。人間の可能性を思う。人生を生きるうえで、いろいろな辛いこともあるが、良いことを思い出し、いじめられたとか、辛かったことばかりをくよくよ老後思う人は、辛いであろう。心の持ち方を楽観的にポジテイブにするためには、年をとるにつれてまた、別な強さが必要だ。





by nyfiken | 2015-02-16 07:02
立春が過ぎて初めて春らしい太陽が明るく照らした日曜日。2月4日は2015年の立春。
外は寒く、冬なのに、北欧で感じる春の太陽。昔の人は断食の前にたっぷり食べたというセムラーがおいしい。今の時代は断食をしないのに、クリームたっぷりのアーモンド餡がはいったクリームのパンをいただく。カルダモンの粒粒がパンの中にあり、あんこがおいしく、クリームがあまり甘すぎないのがどうやら人気あるセムラーのよう。バナナ餡をいれたり。だれひとりとして、小豆餡を入れる人は、このスウェーデンには、いない。あんこがあまり好きではないヨーロッパのひとが、いつか健康志向で、あんこをいただく日が来るかもしれない。血液を浄化するあずきを常用する知恵は、まだスウェーデンまでは、届かず。100年たったら、おしるこやぜんざいが広まるかもしれないが、カルチャーの違いなので、豆に砂糖を入れるということはアジア人以外は、しないようだ。
スウェーデンが貧しい国から金持ちの国になった歴史を描くフィルム。温故知新。


by nyfiken | 2015-02-14 19:01
スウェーデンには、多くの移民が住んでいるが、シリア、イラクからの戦争難民も多い。反政府側で戦っている戦士として世界中から渡る人たちがいるが、スウェーデン国内から、戦争に参加するためにシリアに渡っている人たちがいるという。親が難民できて、スウェーデンで育った現地語がわからない若者がある日目覚めて現地に行って戦うという例もあるという。各国から戦争に加担しに集まるなどお隣の中国から100人、アメリカやイギリス、またスウェーデンや北欧からもシリアに行く・戦争難民を多く受け入れるスウェーデンにおいても、過激な人たちがいるわけで、リスクがないと言えないという。

2月1日に、アラブ国の大使達が外務大臣に今回の事件に対してお悔やみの訪問をしている。二人の日本人だけの犠牲に終わらないよう、メデイアや取材の人たちの今後の注意が喚起される。

常に正しく情報を得る必要はありそうだ。いすらむ国という国ではないが集団は、反イスラエルであり、反アメリカで親イラン親ロシアであり、プロアメリカの日本に対しては、当然敵対心を持つのであろう。

現在は、国境を隣にするトルコ内、イラクなどシリア周辺国にて、集まっている日本人取材陣が狙われる可能性があるという。外務省のホームページは、海外に住んでいる人や、これから出かける人には特に注意してみる必要があると思われる。海外に住んでいる人は、最寄の大使館に在住届けを出すか、最寄の日本人会に正しい連絡先を登録することが必要と思われる。

実は、昔の話であるが私の知り合いの日本人で、国連に勤めていた人がいるが、某中東の国で実際にライフル銃をつきつけられて、ジープごと誘拐された。どうして彼女が助かったかというと、同じ車に乗っていた現地のスタッフ女性が部族の偉い人トップの娘だった。現地スタッフの女性が、あなた。私を誰だと思っているの。とガムテープをとって大声で叫びののしってから、急に周りの情勢が変わったという。数時間ライフル銃をつきつけられガムテープを巻かれた後に、展開劇があり、その後解放されたという。死を覚悟したという話を日本で聞いた時、まるでドラマのような話だったが、解放された後、震えが止まらなかったという話をしているときに、彼女はぶるっと震えたのを見てトラウマを持って生きている知人を感じた。国連と書かれたジープが、突然銃を持っている集団に止められる話を聞いて、恐ろしい状況を思った。

外国で、紛争地帯や戦争など治安が悪いところを車で走り、何者かに止められ、銃を突きつけられるのは、映画だけの中と思っていたのに、実際仕事先でそんな目に会うと思わなかったわという知人は、九死に一生を得た。これは、本当の話である

簡単に飛行機でトルコに行けるこの時勢は、車で国境地帯に行くのは難しくない。先日イラク人のタクシー運転者が、国ではトップの大学の理系でエンジニアだったが、スウェーデンに来て、名前が悪いのか、エンジニアの仕事が見つからない。イラクでは、高給取りでいい生活をしていたが、戦争が起きて、なにもかもなくなってしまい、こちらでは、なんとかタクシーの運転手で暮らせるが、エンジニアへの希望はない。残念だが、仕方がないという話を思い出した。スウェーデンは戦争がなくて、平和だから文句は言えないのですがねと言ったことが印象に残る。

民主党の岡田さんの言葉で、日本人がイスラムのアラブ人を差別に結びつかなければいいのですがという言葉も実際重い。

外務省情報は、http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C027

特に次の項に気をつけたい。

1.2月1日(日本時間),イスラム過激派組織のISIL(イラク・レバントのイスラム国)を名乗る人物が,シリアで行方不明となっていた湯川遥菜氏に引き続き,後藤健二氏と見られる人物を殺害した映像がインターネット上で配信されました。

2.この事件は各国のメディアでも多く取り上げられており,国際的に非常に注目を集めている事件であることや,最近はISIL又はISILの主張に賛同しているとみられる者によるテロが世界各地で発生していること等を踏まえれば,日本人,日本企業,及び,日本人学校等の我が国の関係機関や組織がテロを含む様々な事件に巻き込まれる危険があります。
詳しくはホームページまで。
by nyfiken | 2015-02-02 07:37