スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Romanticism and stoicism

When I was much younger , certainly I was more romantic and more stoic for everything.
For example, when I invited guests, i had to decorate my table cloth with full of tropical flowers with white race table cloth. My servant used to decorate beautiful flowers all over the room including  to bath room. Practical swedish life made me simple and more practical. Japanese has こだわりthat is hard to translate into other language. Kodawari
mind make peoples differs from others and go for more details.In Europe,first start from the big shape of tree, branch and details. Any culture may have KODAEWARI of course,the best example swiss army knife. In Sweden they may have it, but more or less, I hear " jobbig" in chinese they may say" 麻煩”

This is the sound for my diner for guests.
Industrial revolution last 30 years is enorm.Since 1985 till now, the computer, mobile phone have changed our life completely.Retro style in life 1950,60th seemed to be the
one that can be seen on cinema screen.
My favorite Jazz CD contained this one. I give you advice for you around 25 years old to 40 or a bit older. You should be romantic and more stoic what you want to do.Then when you get older, busier, you will not be able to do so much as you used to be no matter how you are rich or not , you may have a very good memory of it. This can be the same as One plate culture or quite complicated Japanese different shapes of plates culture for each dishes.

I realize one day why peoples can live postively, of course we should live for tomorrow, maybe, it could be the reason why the memory -positive memory may cause the positive power, even this busy days we merely have time to recall that.

by nyfiken | 2015-04-22 07:30

Vanuatu 

After the cyclone Pam, I was thinking about VANUATU that I used to live and work for many years. Then suddenly I feel myself, I should not leave that part of my second country behind outside of Japan. The value of life in the south pacific that has influenced me for my life, I have tried to adopt European individualizm and self-responsiblity, equality so on. Education given in Japan but the value of life and the way of thinking during our youth certaily influence us most in our life. like bible at church. I probably have tried to adopt myself for many years in this Europe and have fighted against the way of thinking, different values from that in Asia, from that in the south pacific. It is quite hard to describe that feeling. How I can say, I have left the pacific island just like my loved dogs graveyard and memories. I have not taken care of it enough just like my Japan. My loved country Japan and Vanuatu are equally important for me as well as Sweden.

It will take time to come back to the original beauty although it may take a quite sometime to be normal.It should be supported in all different ways.
This youth peoples capture the charm of Vanuatu well.by *Australian youth view
現地からの報告では、サイクローン後は、緑が飛ばされ、まるで竹を途中で切ったように樹が折れているという。屋根を飛ばされている家が多いが、日常生活を始めているが、離島に行くほど、水と食べ物がない。普段食べているやむたろイモやばなな、まにょっくなど土の下からとっても、既に水びたしで腐ってしまい、ココナッツはありとあらゆるものが飛ばされて、島には一個たりともココナッツの実がないと嘆いている。ココナッツの水は、天然の水だから、飲み水がないところでも、島の人は、樹からとって飲む。

オーストラリア人が訪れた時の映像。サイクローン前。

by nyfiken | 2015-04-06 20:33

Vanuatu Cyclone Pam




Let Me introduce my most favorite beautiful island in Vanuatu. I Used to visit this island weekend like today. Sunday or Saturday afternoon, sitting on the beach and taking a bit rest, meeting friends. Now in Stockholm, looking out through the window, spring like lightning, the totally different site.
Island is very beautiful, but the beauty and happiness of nature could be destroyed by the natural desaster, although the best thing for them, they do not have chemical factory , neither fukushima for futher manmade desaster. The damage is hard, although the sun will shine again even it may take a time to bring back more tourists.Think positively what happened terrible, although because of that it can make better planning of port vila city. I think the center of Vila should be concerned again for city planning. The total amount of cars coming into the central city make the city busier, it should be a bit like Noumea like. Again foreign aids should be concerned about new central port vila city planning. last time when I visited, when I sat on the cafe near the market *Pechmigyon@ by french owner, the taste of cake is always good, but while you sat there, outside of mainstreet, busy cars are passing all the time. I recall a good day old cafe in front of post office, that was owned by a Dutch lady. while everyone sat and drank coffee, it used to have more relaxed atomosphere. The time passed , although with proper planning of city plan, the center of POrt vila can be more beautiful.This help should be concerned for tourism.

90percent of houses in Vanuatu has been destroyed by cyclone PAM and it sounded terrrible and scarly. Then my house that i used to live, that also including to the houses that was destroyed according to the report from Port Vila.That shows how strong cyclone Pam was. During my staying for many years, many times cyclone hit, but the house was not damaged. During Cyclone, worst dream is for everyone that wind may blow the roof that we are in especially at night, no water and no electricity but the terrible sounds of wind and rain shower for many hours. I was told by older, if cyclone hit, we should stay in the smallest room like toilet, so after roof was blown, still the wall around could be remained.



I believe Vanuatu youth can make the country better and more beautiful. It is quite hard for everyone now, although I strongly believe that after cyclone Uma Vanuatu has developed and made fantastic country. So we even live in outside of Vanuatu, although most who have ever visited and lived in Vanuatu we always feel like Vanuatu is our country and with our best belief in that country, we keep on supporting in our way. So keep hope and do believe better life. All over the world, we recognize the beauty of the country and the beauty of peoples. Love from Sweden to Vanuatu.

f0157298_19363398.png


ヴァヌアツを襲ったサイクローンで90パーセントの家が飛ばされ壊れたことは、ニュースにて聞いていたが、
私が住んでいた家も屋根がすっかりと飛ばされたことを知り、その強さを思いどれだけ多くの人が怖い時間を過ごしたかと思うといたたまれない。滞在した間に、サイクローンを何度か経験しているが、どんなに強い風でも屋根は飛ばされそうになっても飛ばされなかった。風向きにもよるのかもしれないが、比較的頑丈に作られた家の屋根が飛ぶくらいなので、相当強かったことは簡単に推測できる。地球で一番人が優しく楽園の島に訪れた天災。緊急の援助はもとより、中期的また長いヴィジョンで救済計画、都市計画がされることを望む。家を飛ばされてものがめちゃめちゃになって人たちの蚊帳も当然飛ばされてしまった。今後デンギ熱やマラリアが流行することが心配される。またココナツの実が飛ばされ、近くに飲み水がない場合も、雨水をためるタンクも飛ばされるとお手上げである。

ヴァヌアツの首都だけでなく、南のタンナ島を直撃し襲った被害は計り知れない。タンナ島の道は、雨が降るとかなり泥沼になり、人口密集しているグリーンヒルあたりに、浄水が届けられたと聞くが、他の島と違うのは、島の上を直接通過したので被害の大きさは尋常ではない。

キャプテンクックも訪れた白檀の島エロマンゴ島、南のアナイチウム島、タフェアグループでシェファー県プロヴィンスと呼ばれる。多くはタンナ島のコーヒー、政府の奨励により作られるバニラ農園などの被害はもとより、自分たちが作っている畑の作物がなくなり飢餓を心配する。島の人たちは、飛ばされた家を修理するにもお金が必要であり、衛生的な水、雨水タンクをとりつける屋根*飛ばされてない。過去最大の被害に、
酋長たちも、頭が痛いであろう。天国に一番近い美しい自然の島に、突然訪れた最大のサイクローン。
外で暮らしている牛たちは、どうしたのか、心配でもある。タフェアグループの若い長たちは希望を捨てずに前向きに歩いて欲しい。

1.安全な水、2.食べ物、栄養ビスケットもいいが、もともと主食にしているタロイモやヤム、バナナなど米、冷凍チキンの緊急援助3.マラリア、デンギなど流行するかもしれない熱帯病を防ぐ蚊帳の配布、4住む家をなんとかする、5、病院と薬6、学校の再開7.治安8.弱者への援助9.政府主導の家の修理ローン低金利 10、長期的ビジョンで町の中心の再開発 11.屋根を飛ばされた人の保険がない人たちへの対策などなど。12.海外からの援助の受け入れ窓口の整理 13.援助物資の倉庫建設14.家の修理や屋根の修理へのマンパワー、公的救済援助

ヴァヌアツの人が今食べたいのは、お魚や肉が入った石焼のラップラップや、できたての湯気がでているトウルーク。アイランドキャベッジをココナッツクリームで煮たものミルケム。バナナやタロイモやヤムのラップラップを夢見ていることでしょう。アイランドブレッド。そしてオレンジの葉のリーフテイー。
大好きなスコッチビスケット。。。。
ヴァヌアツの人の生の声を聞きたい。ビスラマ語。学校の校長先生Joe Simeon is a head Teacher of a Primary School on Buninga Island in the Sherperds group.

A Makira Island Chief talks to TBV


http://virtualglobetrotting.com/map/efate/view/google/
by nyfiken | 2015-04-05 20:11

ケニアの憂い 

ファナテイックな集団がテロを起こすことに対し、ボーダーに近いケニアの住民だけが心配しているのではなく、ケニア全体にその憂いは、広がっていたが、大学での事件が起こるまえに、すでにこのような事件が起きている。



If my ovservation at Nairobi airport in Kenya when I visited around a year ago after 2013 fire would be right , I can be the one witness at the airport hall near Java coffee shop during daytime while I was waiting for the connection flight, one man hit his mobile telephone onto the floor so hardly, I was surprised to see the guy without any anger, he just did it quietly, and soon he had left. Of course I was nervous after the shopping center matter as well as fire, I though the phone could be exploded, soon the cleaner came to pick it up, the phone was not yet broken, neitgher was not exploded, although that made me feel so uncomfortable and scared. No one seemed to care that around me.Then a bit later security guy came to get it. No one cared for but me at that moment. I was quite nervous, I dared not to come close to neither cleaner nor other security guy. Everyone looked so very relaxed and many were drinking coffee and looked so happily. I had kept this thinking(wondering) and came back to Europe, then after I knew the incident (Blast ) at Java coffee shop, can you imagine, how I felt .I noticed they needed more hard security.
I just feel the same way as this journalist focused on this security issue.

It has been just lucky not to meet the explosion in case of the guy threw his mobile phone on the floor purposely then he walked out. The local cleaner found the mobile phone a bit later and she touched it.Then other cleaner came to see mobile phone and touched it and saw it. The guard came and was given the phone. Nothing bad happened. It happened just near the JAVA Nairobi coffee shop maybe 150 meter, near the toilet. The guy who had already left from that point. It was around after 1.30- 2 pm if my memory is correct. This journalist, his point of view is absolutely right and I feel just the same way as he reports.


by nyfiken | 2015-04-04 21:07

Kenya incidentケニア

After 2013, I visited Kenya Nairobi and flew out from capital.
In fact after arriving at the airport landing, the airport bus took us to an international arrival terminal, I was on the bus, then bus drove aside burnt building to the small buiding. In fact that time just after the incident, so new international airport has not been built yet.When I arrived at the immigration, the airport looked quite local size airport. Then soon I realized the fact of fire incident. The outside of airport building, an arranged taxi driver was waiting for and before going out from the terminal, I saw ATM machine so I used a bank card to withdraw money. Nirobi is the capital of economy in these area. Taxi driver could speak quite good English and friendly. The dark road looked crowded with many cars at night. I wonder how the driver could see other cars. It was just lucky to enable me to the hotel that located in quiet area where most christian peoples stayed. Peaceful. The hotel reminded me of old style of hotel in Bankok in 1980th. The simple hotel room has little kitchen and toilet, mosquite net and lamp.



2013年のナイロビでのショッピングセンターの事件や、空港が不審火で焼けた直後に、ナイロビを訪れた。
夜の空港バスでターミナルまでの空港内をぐるりとバスが回ったと思ったら、比較的小さな建物の前で止まった。焼けたインターナショナル到着の国際線ターミナルは、閉鎖されて代わりに、小さな入り口から入った。
ナイロビ空港はなにがなんだかよくわからないくらいごった返しているということを聞いていたので、シンプルな空港に驚いたら、焼けてシンプルになったんです。と聞いて納得した。空港内にATMがありそこでお金をおろす。外にでると大勢の人が待っている中にあらかじめアレンジしていたタクシーの運転手が名前を書いている紙を手に持って待っていた。
あまり明るいとはいえない空港の駐車場の中に停められていたタクシーに乗り込むと、蚊がぷーんと飛んでいる。ナイロビの近くには、サファリがあるからその辺から飛んでくるのだろうか。空港からホテルまでの暗く、多くの車が走っている道の印象は、20数年前のタイのバンコクあたりの町を思い出させる。

キリスト教徒が多く泊まるというホテルは、夜は、頑丈な高い扉が閉まる。中に入ると都会のオアシスのようだった。建築スタイルは、これもやはり80年代にバンコクあたりにあった古いホテルを思い出させる。植民地風だが、華美ではなく、シンプルだが小さなキッチンがついて、蚊帳がさがっている。夜は少し高原のように涼しくなるので厚手の毛布が用意されていた。レストランには、ビュッフェスタイルの食事が用意されていたが一体何を食べたのかあまり記憶にない。もちろんお酒類はおいていないホテルなので、お茶を飲んだ記憶がある。アフリカ人がよく食べるパンがおいていた。
ゆっくりと時間が流れるようなレセプションでは、西洋化したクロークの男性が、流ちょうな英語で、少し待ってください。という。ここでは、せかない感じである。

ナイロビ空港で6時間トランジットで待ったことがある。空港の中の椅子に座り、お店をちらちらのぞき、奥にあるカフェ ナイロビジャワコーヒーショップはいつも混んでいて、中が暑い感じだったし、その人の行列ができるちょっとモダンでにぎわっているカフェからなんのことはない、コーヒーを注文して待合の椅子に座り待つ。
Nairobi Java coffee shop


アフリカのケニアでなければみられないかもしれない、背の高いマサイ族の男性があの民族衣装で普通に歩いている。偉いと思う二つの民族が世界であるとするならば、迎合しないマサイ族とブータン人のあの丹前を短くしたような正式なコスチュームを着て国際会議に普通に出席していた人たちだ。ロシア語から日本語、英語と日本語の二人の通訳を引き連れて堂々と出席するモンゴル人の物おじしない誇り高い気高さなどを見た時も同様に感じたことである。日本人が着物を着て現代国際会議にでるなら、??となるが、明治時代の西洋化は、本当にモダン化が正しかったかどうかは、マサイ族の誇り高き衣装や丹前を半分に切ったような短い着物姿にポシェットを下げて堂々としているブータン人を思うと、一瞬考えるものである。鎖国がとかれて海外に出て行った日本の元侍たちがかみしもちょんまげで欧米人との国際会議に出て行った時に日本人を笑った人などいないはずだ。己の姿を鏡で見て西洋式のスタイルにコンプレックスなど当時持ったものなのだろうか。

後年伊藤博文が渡米した同じ時に2艘の船を日本国が送ったわけだが、勝海舟が乗っていた船に日本から船医として乗り込んだ人の子孫の知り合いから話を聞く機会があった。








すなわち、勝海舟や他の人たちは、テレビや映画で精悍に荒れ狂う海のマストの下で息を荒くアメリカを目指したといったテレビのシーンで育った私には、その軍医の子孫の人から実際の話を聞き、”やっぱり!これが本当の話。”と妙に納得した。というのも実はあまりに太平洋の荒波がすごく、遠洋へ渡る帆船に慣れていない日本からの人たちは、みんな船酔いがひどく、ほとんど部屋から出て来れなかったという。唯一もともと船乗りだったジョン万次郎だけがお役にたったと後に船長が書いている公文書がでてきた。テレビドラマで勝海舟がアメリカを目指せ!とかなんとか豪快にマストから遠くの海を見て息を荒くしたというよりは、部屋の中で半分船酔いでみな死んでいたというのが歴史の事実。オランダに作らせた船でアメリカに行く時に、勝海舟が唯一正しかったのは、誇り高い元侍が、”日本人だけで渡れるのだから、船が日本沖で沈んで救助され其の後日本からアメリカに戻る必要があるアメリカの船員などを乗せようという申し出に、一緒にいかなくたって自分たちだけの力で行ける!”と息巻いた多くを説き伏せ、”いやいや、せっかく船乗りの技術があるアメリカ人の船員、万が一のために乗せましょう”と説き伏せたのは、道中、船酔いに慣れているアメリカの船員が動かしてスムーズにアメリカまで渡れたという。遠い太平洋を渡る船を鎖国のために実際動かした経験がなかった渡米をした最初の日本人乗組員の多くは、勝を含め船酔いがひどく病気になり食べられず、船室に閉じこもっていたという歴史の事実を思うと、案外現実を見据えていた勝海舟は、正しかったのだと、妙に納得する。船医の子孫さまは、家族で受け継がれている話は、勝さんは、苦しまれてお部屋で休まれていたそうです。テレビドラマでは、船酔いがあまりフォーカスされず、鼻息の荒い”日本を発展させるぞ!新世界をめざせ!”と力強い勝海舟を描いていた。感動しながら見ていた父親のそばで子供時代にテレビドラマを見ていたが、大人になると英雄の雄姿の陰の部分や人間らしい部分がわかりむしろほっとするのである。

話は、アフリカに戻る。



さて6時間ナイロビ空港で待っているときに、空港のお店を冷やかしたり、多くの中国人のアフリカ在住の人たちがリラックスした感じでトランプをしているのや、韓国語でなぜか書いている免税店には、東洋人はひとりもいないのに、ちょっと不思議に思ったり等々。不思議なコスチュームを着ていた団体にもあった。女性がポルトガル人の末裔のようなケープをまいて、にたようなワンピースを着ていた集団だが、いまだにどこの国の人たちなのか知らない。ケニアのショッピングセンターの事件直後だったために、緊張感を持って空港で人を見ながら、本を読みながら乗り継ぎの飛行機を待っていた。その時に、一人のアフリカ人が、携帯電話を床にむけて投げ捨てた。すわ時限爆弾式の携帯電話と頭で決めつけてしまった私は、一瞬体が凍りついた。携帯は壊れなかったが、そのまま床を滑り、壁にぶつかった。ゆっくりと掃除をしていた女性がまず見つけた。それを投げつけた男は、その場を既に立ち去っていた。私は、あらたな武器かもしれないと思い、心中穏やかでなかったが、そのうち警備の人が来て、携帯を持って行った。その間、爆発するのではと気が気でなかった。その場をすぐに離れるべきではないかと思って数分時間がたった。空港のロビーの通路には、多くの往来の人が行きかっていた。

その場所は、ナイロビ空港の出発ロビーにある有名なJAVAコーヒーショップから少し離れた通路トイレの前近くだったのだが、後に旅行客でにぎわっているJAVAコーヒーショップで爆発があったというニュースを聞くにつけ、内心あの携帯電話を地面にたたきつけたの男もなにかをたくらんでいたのではと思うと内心穏やかではない。JAVAコーヒーのコーヒーショップで起きた小爆発だが、最も流行っているコーヒーショップ、(私もそこでコーヒーとお菓子を買ったが)でこのニュースは小さいニュースだが、今回のケニアの大学でテロを起こしたグループで訓練された人たちが空港小爆発がらみの事件で逮捕されているニュースを見つける。


ナイロビ空港から他のアフリカの国や国内線など多くの飛行機がでている。サファリ旅行のおばさんやおじさんが白いシャツにサファリ色のパンツで(その多くは退職者)颯爽と歩いていた。ケニアのナイロビには、スイス航空でヨーロッパから入ったのだが、ナイロビの飛行場は、ローカルの飛行機で別な島に飛ぶ人や国際線の乗り降りでにぎわっている。そこから、搭乗口から行先を確認し列に並びあまり詳しい説明がなく、島に着いた。私の記憶が正しければ、目的地以外に一度降りるということは、案内を聞きのがしたのかもしれないが、聞いていなかった。疑問を持たず、降りて空港のイミグレーションを普通に通りスタンプをパンと押され、荷物を待っていたら、荷物がいつまでたっても来ない。不思議に思いここはこの国?ときいたら、隣の島だという。フランスの植民地の島で降りてしまったことを知り、あわてて係りに説明をした。イミグレーションの男が飛行機と連絡をとり、窓の外の滑走路から今すぐにも飛んでいきそうだった飛行機は、待ってくれることになった。空港バスが再び迎えに来て、飛行機に戻ることができた。いらいらして待っていたひとの視線を少しあびて、何事もなかったかのように座席に座った瞬間にすぐに飛行機は飛び立った。
by nyfiken | 2015-04-04 00:13