スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken

<   2015年 07月 ( 46 )   > この月の画像一覧

ピケティ来日討論会

ピケティ来日討論会

格差・税制・成長『21世紀の資本』

コンパクトにまとまっている。

by nyfiken | 2015-07-30 21:19
<トマ・ピケティ講義>第6回「これからの資本主義」~再分配システムをどうつくるか~

格差のスパイラルから脱し資本蓄積の動きを制御するための理想的な政策とは?


国家による資産運用があいまいである。アブダビとノルウェーが最大のファンドを持っているという。アメリカ国債を買うのは政治的選択、軍事的支援に対する見返りだけではないが、ノルウェーやサウジが世論を気にしなければいけない。アブダビは、人口が少なく透明性がない。ノルウェーのファンドの国外資産は、ノルウェーのGDPの2倍。国外資産所得が大変大きくなる可能性があり、輸出総額や生産機能より多くなる。国外の資産所得が大きくなるという不平等になる。オフショア資産は重要性を増している。富裕国の純資産の推移など占められている。日本はプラスになっているのは、貿易黒字国で巨額の純資産を国外にため込んできたという。ヨーロッパとアメリカは-。ドイツはプラス。ドイツは国外資産を日本より増やしている。アメリカの-幅が大きい。世界の貿易収支も-となる。国際金融の不整合がある。
by nyfiken | 2015-07-30 21:04
<トマ・ピケティ講義>第5回「世襲型資本主義の復活」~19世紀の格差社会に逆もどり?~
最近、世界的に億万長者が増えている。

by nyfiken | 2015-07-30 20:50
<トマ・ピケティ講義>第4回「強まる資産集中」~所得データが語る格差の実態~


by nyfiken | 2015-07-30 20:47
トマ・ピケティ講義
第3回「不平等と教育格差」~ なぜ所得格差は生まれるのか~


by nyfiken | 2015-07-30 20:44
トマ・ピケティ講義
第2回「所得不平等の構図」~なぜ格差は拡大するのか~パリでの講義

Japanese translation日本語吹き替え


Original English英語オリジナル版


by nyfiken | 2015-07-30 20:40
<トマ・ピケティ講義>第1回「21世紀の資本論」~格差はこうして生まれる~パリでの講義
Japanese translation日本語吹き替え


Original English.オリジナル英語版


by nyfiken | 2015-07-30 20:24

BBC Business Boomers Coffee Shop Hot Shots Documentary

by nyfiken | 2015-07-26 17:06

格差

昨夜、NHKで戦後70年、今日本で貧困が増え、格差が広まっている格差社会をテーマにした番組を観た。


格差は、日本だけでなく世界中で広まっている現象と見る。ピケティ氏に注目しよう。
f0157298_16322810.jpg


Speaker: Professor Sir Tony Atkinson, Oxford and LSE
Date: 30th April 2015
Venue: The London School of Economics and Political Science

Increasing inequality is a salient issue in public discourse, but debate often centres on the causes rather than any possible solutions. Introducing his new book, Inequality: what can be done? Professor Atkinson argues we can do much more about inequality than the skeptics might imagine.



Thomas Piketty, Paul Krugman and Joseph Stiglitz: The Genius of Economics


Filmed at the Emmanuel Centre on 11th May 2015.


Published on 20 May 2015
Filmed at the Emmanuel Centre on 11th May 2015.

Thomas Piketty’s book 'Capital in the 21st Century' was the publishing sensation of 2014. An analysis of the causes and growth of inequality, it has sold nearly half a million copies worldwide. It was described by many reviewers as the economic book not just of the year, but of recent decades.

How is it that a young, largely unknown French economist stirred up such a massive worldwide debate on inequality, a topic that Nobel Prize-winning economists such as Joseph Stiglitz and Paul Krugman have been writing about for most of their careers? The answer lies in Piketty’s main argument, backed up by his extensive research, which states that capital – whether invested in the stock market or property – will always grow faster than income. As a result, he argues, people who are already rich will carry on getting richer, while those who depend on income will never catch up. Piketty’s solution? A global redistribution of wealth that would give poorer earners some capital to invest.

In this rare appearance in London, Piketty will appear centre stage for Intelligence Squared, along with a panel of experts to debate his findings. Do the alleged inaccuracies found in Piketty’s historical data affect the premise of his book? Is he right to predict that inequality will continue to rise during the 21st century? Is the allegedly growing wealth gap a threat to democracy? And what should we make of his proposal for a global tax on wealth?(YOUTUBE Spotlight on Piketty by iqsquared )


持つ者と持たざるもの。すなわち、既に資産家は、投資や土地などの値上がりにより、毎月働いて得るお金よりも多くの利益を得るという理論だが、本がとても厚く、ネットでも手に入るが、丸善などの書店には、洋書コーナーに置いてある。





On May 1, 2015, Robert Solow (Professor of Economics, Emeritus, MIT) and Paul Krugman (Distinguished Professor of Economics, The Graduate Center, beginning Fall 2015) discussed Anthony B. Atkinson’s new book, “Inequality: What Can Be Done?” (Harvard University Press, 2015: https://www.hup.harvard.edu/catalog.p...) at the Russell Sage Foundation in New York City.



スーパーリッチとは?

ロンドン


ロンドンのケンジントンは高級住宅街だが、そこで何が起きているのだろうか。




ロンドンにいるロシア出身のお金持ちにフォーカスをあてているドキュメンタリー。移民からたたきあげた成功者たち。10代にロシアからロンドンにきて、22歳にお店を初めてワインショップを開き気が付いたら億万長者になった男性の話など。 BBCのドキュメンタリー
BBC Documentary 2015 | Rich People - Russian Billionaires in London England UK HD Documentary


スーパーリッチといえば、億万長者の中には、子供を薬つけのバカ息子にしてしまう例には事欠かない。(武器軍需産業の歴史ある資産家のDU PONTデュポンの息子たちは、薬中毒でやはり殺人事件にからみ、巨大なお金を払って釈放無罪となっているのは、イギリスのテトラパックの息子と同じである。)

普通にアメリカに暮らすアメリカ人が肌で感じていることを、日本に伝えるべく本を出版されている。



日本のシャンプー、洗剤、バンドエイド 赤ちゃんのしゃんぷ―など身近にたくさんある会社ジョンソンジョンソンの社長の息子が自らのファミリーを撮ったドキュメンタリー 1パーセントには注目をしたい。

自らのファミリーを例に出して訴えたことは、社会に大きな衝撃を与え、貧困者が取ったドキュメンタリーではなく、大金持ちのトップの子息が実際のフイルム。多くのアメリカ人が、新たに1パーセントのスーパーリッチと99パーセントの普通の人に気が付いた。勇気ある息子である。ジョンソンジョンソンの社長の息子の実際の声を聞いてみよう。


21世紀は、実は、アメリカだけでなく、イギリスそして日本も中国も、お金持ちは金持ちに、他のワーカーである人たちは、貧乏は貧乏に向う2重構造となってしまった。イギリスのBBCのドキュメンタリーがある。スーパーリッチと私たち。

スーパーリッチとは、1パーセント。昔の貴族は落ちぶれ、新しいスーパーリッチが登場した21世紀。イギリスは、億万長者が一番集まるところであるには、理由がある。スウェーデンでも王家がスーパーリッチの所有する自家用飛行機を王女のハネムーンに貸したなどで問題になったが、一方社会党の女性政治家党首がブランドものもらい物のバックを持っていたことで、普通の人たちに新聞で批判されたが、スーパーリッチを批判する人はいない。スウェーデンのスーパーリッチは、名門ファミリーが1世紀前からいて
独占事業をしている。








日本人には、クローズアップ現代のこの番組がわかり易い。スウェーデンは社会主義で労働者を守るような印象があるが、資産家の相続には相続税が存在しない。

by nyfiken | 2015-07-26 14:45




Lockheed Martiロッキードマーテイン社は、世界一の軍需産業で成功したアメリカの会社。イラク戦争で新しい政府側に武器となるジェットファイターを販売し、巨額の富を得た。シリア戦争でもしかり。また持ち主は政府だが、核爆発の実験や核兵器を作る子会社サンディア社(Sandia Corporation、ロッキード・マーチン社の 100% 出資子会社)を持ち、現社長が、同じく子会社の役員でもある。軍需産業のプライベートの会社が実際をやり、持ち主は、国という研究所の形であるが蓋を開ければ、ロッキードの軍需産業部門の核兵器開発専門会社というのだろうか。運営形態は GOCO (Government - Owned, Contractor - Operated)
また、長い歴史を持つDUPONT社は、軍需にも関わっている。この会社の役員としても名を連ねる。

アメリカの軍需産業の社長には、女性が就任し、212年の歴史を持つDUPONTも女性社長Ellen J. Kullman (born January 22, 1956) を就任させている。これは、ハードな軍需産業のカムフラージュともいえるかもしれないが、世界に影響を与える経済界のトップに選ばれる女性たちは、名前はビジネスエグゼクテイブ。すなわち、女性でアメリカで成功をおさめ、キャリアを通じて高額の年収を持つ富裕層に一躍躍り出、世界に影響を与え、戦争で巨額の富を得た軍需関連産業のトップというのも皮肉である。


f0157298_15473970.jpg


アメリカの軍需産業は、最初NGOを通して世論を味方につけ、イラク戦争は嘘のテレビの証言から始まったことは周知の事実である。2003年のアメリカのイラク進攻の陰の軍産業がこの会社であり、今や世界一の軍産業に躍り出た。以下の記事を読んでみよう。


CEO Marillyn Hewson は、現 CEO。1983年からロッキードに勤めている。

スピーチの中で、世界一の軍需産業の社長は、旨をはり、世界の平和と自由を勝ち取るために武器や軍需産業で貢献しているという。戦国時代は、いまだに続いている。それがグローバル化する。

”Fighting for peace and freedom.”アメリカはいつだって、平和と自由のために戦ってきた。という。
広島原爆も長崎原爆も間違った日本をたたくためには、仕方がなかったと思うだろうし、安倍首相に戦後70周年のスピーチにきちんと(戦争を起こしたこと―パールハーバーを爆撃したことに対する反省)反省を盛り込むように促したのもそういうことである。戦争の嫌なところは、いつも大義名分があり、正義や平和のために、人を殺すという弱肉強食の考え方だ。

YOUTUBEのこの映像に対するコメントは面白い。アメリカ人であっても国民の巨額の税金を軍需産業に使い武器を購入し、一般市民を巻き込む戦争に費やすことに怒りを覚えている。

NYFIKENが思うに、第3次世界大戦があるとするならば、映画ではないがサイバー戦となるだろう。すなわち、インターネットを通じた情報戦となる。GOOGLEもFACEBOOKも全てその場合には、情報の宝庫となるだろう。地球の電子化オートメーションのものは、車でも飛行機でもお風呂を沸かすことや、勝手に映像や音声をターゲットにした人のテレビやコンピューター、携帯電話からスパイが簡単に見ることができる事が可能な今、平和利用を心から望む。

Let us check this article by Ethan Lazuk, Demand Media.


"Lockheed Martin & the War in Iraq"

by Ethan Lazuk, Demand Media Google


Lockheed Martin won a $3 billion contract to sell 18 F-16 fighter jets to the new Iraqi government.


Lockheed Martin is the world's largest arms manufacturer. Its primary customer is the U.S. Department of Defense. In conjunction with Bush administration officials, Lockheed Martin was influential in gaining public support for the Iraq war through an NGO called the Committee for the Liberation of Iraq. During the war, Lockheed Martin recorded consistent double-digit profits, making $36.3 billion from arm sales alone in 2011.

Pre-War Public Opinion
Lockheed Martin, the world's largest defense contractor and manufacturer of both arms and military aircraft, played a pivotal behind-the-scenes role in developing support for the U.S.-led invasion of Iraq in 2003. In late-2002, public support was declining for the Bush administration's plan to invade Iraq and topple the regime of Saddam Hussein. Administration officials therefore reached out to officials at Lockheed Martin to help reverse this trend. The result was their helping in the formation of the Committee for the Liberation of Iraq, a non-governmental organization whose sole purpose was to build public support for the U.S. invasion of Iraq. Among the committee's members were Lockheed Martin officials and members of Congress, the Bush administration and the military.
Defense Spending and Arms Sales
Arms sales are directly tied to defense spending. The U.S. defense budget in the year 2000 was around $312 billion. By 2011, the final year of the Iraq war (which began in 2003), the budget had risen to $712 billion. For this reason, the Iraq war period was a boon for the private defense industry, accompanied by a 60 percent overall increase in sales for the top 100 arms manufacturers. As the largest of these manufacturers, Lockheed Martin experienced a 47 percent increase in profits during the buildup to the war in 2002, consistent double-digit growth during the Iraq war and $36.3 billion in armament sales alone in 2011. This same year, when U.S. troops were withdrawing from Iraq, Lockheed Martin also led all arms manufacturers in the amount of money it spent lobbying for government contracts with $15 million, a 19 percent increase from 2010.
Arms, Aircraft and Interrogators
In addition to replacing the totalitarian regime of Saddam Hussein with a Western-style democratic government, the U.S. also sought to build up Iraq's military as a counterweight to Iran. This involved the sale of high-grade weapons systems to Iraq, in which Lockheed Martin played a pivotal role. On behalf of Iraq's government, the U.S. Air Force awarded a contract to Lockheed Martin for 18 F-16 fighter jets, reportedly worth up to $3 billion. Outside of arms sales, Lockheed Martin was also responsible for hiring interrogators for the Abu Ghraib prison in Iraq, as well as for the Guantanamo Bay prison in Cuba, where some Iraqi combatants were held.
Air Dominance In the New Iraq
During the first year of the Iraq war, the president of Lockheed Martin, Dain Hancock, reported that the main lesson learned was the importance of air dominance. Between 2001 and 2003, the number of employees in the company's aeronautics sector increased from 5,000 to 28,000. But of the 187 military aircraft that the U.S. purchased from Lockheed Martin for $77.4 billion during the war, none were ever used for combat purposes in Iraq. In post-war Iraq, there are additional concerns, including from Ambassador James Jeffrey, that continuing arms sales to Iraq may backfire in light of growing sectarian tensions, which could push Iraq's Shiite-led government into Iran's sphere of influence. Kenneth Pollack at the Brookings Institute, however, argues that, given the recession in the U.S. economy -- and the fact that Lockheed Martin alone employs 140,000 workers -- Iraq holds the ultimate leverage when it comes to any future arms sales.
by nyfiken | 2015-07-23 16:33