スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

What we must know about Japan now.

Nyfiken SUPPORTS MR。KIMURA who resigned MInistry of Health and Labour department due to his justice mind to radio active crisis in Japan. I believe in the existence of Japanese scientists who try to not hide the real date from the goverment.

DEMOCRATIC COUNTRY, IT SHOULD BE. THAT HOW WE GREW UP UNDER THIS DEMOCRACY MIND .

NHKの一般のニュースでは、ダウンサイズされたニュースが流れたという批判があったが、実は、深夜放映しているetv 特集やあるいは科学文化部門KABUNは、信頼がおける。
日本は、経済企業家の集団や現地の農水で食べている人たちへの思いやり政治が、国民の健康、すなわち内部被爆の危惧と危険性を高め、また汚染農地の農民が自ら内部被爆にあうという悲劇にあうこととなる。政治家の良心とジャーナリストの良心が国の将来を決定する。長期的ビジョンで、大丈夫なはずの、福島原発事故により放射能汚染国になってしまった過酷な現実を日本国民が受け止めなければいけない。

科学者の良心は、いかなる利益を伴う企業家や国の思惑による政治に翻弄されてはいけない。次世代の子供たちが病気で働けず、また生まれてくる子供たちが次々と何らかの疾患を持って生まれ、育たない。あるいは弱体になるのは、国力の弱体化につながる。セシウム137は、30年の半減期。プルトニウムに関しては、国を滅亡させる危惧すらある。ゴーストタウンが広まって子供が安心して住めない国になったら、一体だれが責任をとるのだろうか。無知ではいけない。子供をもつ親たちは、罪のない子供を守るために、内部被爆を防ぐことに全力を傾けよう。

1.ネットワークで作る放射能汚染地区 


by Nyfiken | 2011-05-21 18:04