スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アジアのあんこ文化

Sweet red beanあんこ、紅豆餡。東南アジアに住んでいた時、中国しかり、あんこを探して町をうろついた。お汁粉屋はないが、それらしきものがある。バンコクの町のチャイニーズレストランには、ちゃんとアンマン*トウさおパオがあったし、インドネシアの町では、小豆氷にいろいろな色のゼリーとかココナッツがはいっていてもちゃんとあんこもいれてくれた。



クラッシュした氷でおなかを壊す外国人がたくさんいたので、屋台には行かない人が多い中で、あんこを食べたさに、意志の力で現地のひとと同じように食べていた。美味しいので連日かき氷あんこ入り、ゼリー、サツマイモに似ているタペ、タピオカ、あんこ、ココナッツミルク くだもの。美味しい名前は、イスチャンプールメラカチャンなんとかといったデザートだった。トッピングはカキ氷みたいにたくさんあって、屋台などでは、手をさして、これもあれも。という。最近はチョコソースなどあるが、あんこ入りがお気に入り。。

あんこ。台湾の町は、台北も台中も高雄も懐かしい感じがしたが、日本に似ているものもたくさんあった。というより中国人もあんこが大好き。あんこのルーツはどこからなのだろうか。非常好TUUU!



古い記憶のひきだしから。アジアデザート アイスチャンプール、エスチャンプールが正しい発音
の紹介。
インドネシアでデザートストリートフードの代表はこれ。毎日食べていたが、暑い熱帯は
体力が必要。食べても体重に関係しなかったのは若さゆえ、暑すぎて動いてもエネルギーに代わってしまった。
作り方。ESCAMPURエスチャンプール色とりどりのゼリーをいれて、あんこも入れたらパーフェクト。インドネシアのストリートフードデザートの代表。食べたあとは、揚げおかき、塩味を食べたくなったもの。インドネシア語では、あんこをかチャンメラという。ES CAMPUR MEDAN風
インドネシアは、島や部族とおらが村のやり方を大事にする。ジャワ風とかバンドンではこうだとか。NyFIKENのあんこデザートアジア風トップ3のひとつ。暑い熱帯ではこういったカキ氷が本当に食べたくなるもの。ただし、氷なので、衛生的でない場所はおなかを壊すので注意。





インドネシアのデザート。エスチャンプールのスマトラ メダン風。チャンプールということばは、もつたわった長崎チャンポンのチャンポンまぜこぜと同じ意味。


日本はおなじみ、大判焼き。あんこに実はサツマイモの裏ごしを混ぜると美味しいという
のを教えてもらったことがある。焼きたての熱々をいただくと美味しい。

by nyfiken | 2012-02-01 00:25