スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

がれき問題







秋田の産業廃棄物焼却による9人搬送の理由は、新聞によるとまったく放射能によるものと触れられていない。が誰もがなにかおかしいと思う。美しい秋田にそんなものを持ってくることをだれがよしとするのだろう。

武田先生もおっしゃっている。


アメリカの専門家の意見を聞こう。

除染しても、高い放射能のがれきを焼却するというこは、日本全体に福島の上空で起きているようなことを同じ状態を作っている。すなわち、高い濃度の放射能汚染されたものを一般の焼却炉で焼くことはアメリカや欧米では許されていないのに、また日本は、国内の基準で許している。

避難させなければいけない子供たちを遠くに避難させず、放射能まみれのがれきを広域で焼却することや汚染された灰を西日本に埋めたりする。

政府と原発推進派は絶対大丈夫といい、大学の学者や専門家は危ないと言っている。政府はまったく何も聞こうとしないのは問題だとイギリスの専門家が言っている。将来の福島付近の訴訟をさけるために、国中にばらまくということ。






そこに問題の核心がありそうだ。将来の我々の子孫のために、国のどの場所が危なくて、危険なものが埋められているか、しっかりと場所を知らせ、人は入れないようにするべきなのに、日本中あちこちに適当に危険なものを散らばせるた責任は重い。

メインのニュースの伝え方によると、国民が心配しなくてもいいようになるべく問題を起こさないように目隠し状態になっている。海外にいて心配になるのは、普段日本の中で暮らしていないために、この問題はどうだろう。と自分でニュースをさがしたり、調べたりすることであまり洗脳されることがない。NHKは、がれき問題より、雨や台風のニュースにやっきとなる。多くの国民はがれきより台風のほうが大変だといった錯覚?に陥る。大丈夫だよ。だってテレビで扱っていないし。というのがマスコミの怖いところ。政府が大丈夫といって安心させているだけで、本当はまったくそうではないということが多い。

5月から6月にかけて日本に一時帰国した際にニューヨークからの大学の教授に会い、食事を皆でした。その彼がIPADでチェックをしている。すなわち、今歩いている場所や都市の放射能の値がすでにサイトで代替確認できるというものだ。そして日本の国内のニュースとアメリカの学者の温度差をいい、非常に心配と怒りをもって話していた。そのために、影響を受け、スウェーデンに帰国してからもずっと原発問題を書いていた。

何が悪いとかどこの国が、アメリカが作ったとかそういう問題ではない。だめならさっさとやめなければいけないものを現政府は、自分の政治生命を守るために、あるいは権力争いのために、国民の生活というより、自らの利益を追求し、パワーシフトの中で争っている。

。日本の子供や将来のことを考えたならば、どうして専門家に耳をかさないだろうか。がれきを焼き、放射能を拡散し、横浜の本牧の海や大阪の海に放射能をだし続けるものを埋め、あるいは九州まで北から南まで日本中汚染させたら、将来いったいどうやって1000年以上時間がたった時に、無知な人たちは、穴を掘ったりあるいは、そこでどんどん病気がでる。水俣病やイタイイタイ病を全国に広めるなんていうことをしたならば、すべての政治家は即刻首になるだろう。

どうして良心がある政治家は政治生命をかけ、命をかけて
国民を守ろうとしないのだろう。民主党も自民党もだめならば、日本は一体どうしたらいいのだろうか。美しい山も田も畑も、海も10万年を持っても消えない放射能で汚染された日本にさせてしまった愚かな人間は、次の孫子の世代まで監獄に入ったとしても許されるものではない。

日本が永遠の国になるためには、国を汚してはいけない。おいしいノリもわかめも、昆布も、鰹節も食べられなくなる。日本の伝統食が、滅びてしまったらどうするのだろう。海藻は汚染されると誰も食べなくなる。現に私はのりを食べたくない。こぶも鰹節も静岡の新茶も飲みたくない。セシウムが検出されているからだ。本来食品に交じっては決していけないものを政府は基準値を勝手に作って、基準以下だから安心といっているが、安心という値などひとつもない。

がれきの拡散問題は、海外の学者は反対している。私ももちろん反対だ。心情的な問題ではない。日本国全体に汚染を広め、食糧供給などができなくなる。人間の命が短くなったら、医療費が浮くし、福祉問題も解決と統計学的に、数字で物を見ているかもしれない。がそうなると日本人みんなが玉砕となる。だれも知恵のあるものが、この国を変えることはできないのだろうか。残念ながら天皇陛下とて何も言えない。本当に困ったものだ。国を良い方向へ良心をもって導く賢いリーダーが日本には今本当に必要だ。ガンジーのように。




アスベスト、重金属、ブラスチックの有害物質。焼却に伴い放射能だけでなく、化学物質もでる。津波に汚染されたのは、家だけではない。重油石油ががれきに付着したもの、石油製品。沿岸部の工場などからでる有害物質などその焼却による有害物質公害は、放射能だけではなく、日本中を汚染する。




そうはいっても、どこで処理をしたらいいのだろうか。。
とても難しい問題。そう。困った問題なのだ。地方だけに押し付けて、あるいは東北の人だけが汚染してしまうのも問題だ。。。
by nyfiken | 2012-07-14 08:41