スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

石原慎太郎と田原総一郎のトークより。(東京の窓から)

石原慎太郎。田原総一郎の二人の以前のトークショー。

日本人がどう変わってきたのか。石原慎太郎は、少し→よりではあるが、日本だけでなく、世界の国は自分の国には、→むきである。歴史というのは、だれが書き、だれのために書くかということから本当の歴史など我々は知らないかもしれない。世間で一般で言われていること、常識は、歴史でも科学でも一度疑うことは、とても大事である。歴史には裏と表が必ずある。


昔と違い今は、商社に入社した若い人が海外に行きたくないという話は、聞いたことがある。

日本のある都市で、タクシーに乗った。年は、50代半ばすぎくらい?の運転手さんが丁寧なお話の仕方をする感じのいい運転手さんで海外のことをよく知っていらした。聞いてみると、最近、大手商社を早期退職したという。海外勤務の時期が終わりに近くなり、帰国前に、現地採用(現地の安い給料となる)で残りますか、それとも早期退職として退職金をだしますから、退職しますか。という選択を迫られたという。今、楽しいですよ。いろいろなお客さんに会えますし、いい仲間もいますしね。75歳まで元気ですと働けますしと日本の生活も楽しいと話された。


日本の将来は、明るいと田原総一郎氏がこの映像のときには、おっしゃっていたが、さて。。アジアが世界の中心マーケットとなる。のはあたっている。でも放映から時間がたって、実は、アジアの中心はニッポンでなくて、結局中国の様子である。EUは中国にしかほとんど目が向いていない。田原さんのおっしゃっているのは、ある部分ではあたっているが、ある部分は外れている。レクサスを中国の金持ちが一番欲しいというのを知っているだろうか。Nyfikenは、日本はむしろアジア、中国のお金持ちをターゲットにしたものを作るそして売ることを勧める。日本は、安かろう悪かろうを作るのは、絶対やめたほうがいい。お水のことだが、福島原発の後で、放射能の影響で、残念ながら日本の水道が安心して飲めなくなってしまったのは残念である。
by nyfiken | 2012-07-29 23:49