スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken

2009年 08月 30日 ( 2 )

日曜雑感。

日曜日。ピンク色のグラジオラスの花が無造作に大きなガラスの器に7本。ブテイックでぽんといけられているスタイル。朝、ラジオからは、懐メロのスウェーデンの歌が。早起き組みは、どうやら夜遊びをしない世代のひとなのだろうか。昨夜ラップが流れていた同じチャンネルからは、今の90歳くらいのおじさまやおばさまが、うっとりとモーニングコーヒーをいただけるようないい感じの古い音楽。スウェーデンはこういうのがいい。平等。おじいさんたちだって、朝からラジオをきいて、いい雰囲気の音楽をききたい。日本はNHKのど自慢の番組はすごい。おじいさんから若者まで幕の内お弁当みたいに一緒に楽しめる。

朝の紅茶。世界中の人が、朝紅茶か、コーヒーをいただいている。紅茶派。日曜日の朝、静けさ。窓の外をみてみるが、散歩を一人でしている人。犬をつれたひとたち。朝の空気は、気持ちがいい。

耳に心地よい音楽や気持ちのよい言語について考えてみる。イタリア語が気持ちがいいひともいれば、意味がわからなくてもなんとなく聴いているだけでいいのよね。という人もいるかもしれない。個人的に、私自身は、フランス語をきくと精神安定剤になる。イブモンタンまだ若かりしころ。枯葉などが有名だが、私自身はこの歌がとりわけ好き。ロシアで1953年に歌ったものというが、彼の話す声もいい。そして私は心の平安をとりもどす。

日本の日経関連の雑誌に書かれた記事がおもしろかった。”これからは、展開力、推進力。が大事です。”あたりまえのようだが、アイデイアを展開して発展させる。お花さんなら、つぼみから開いて咲くように。この夏のミニミニガーデイニングから学んだことは、土が小さくても、栄養をたっぷりと与えるとちゃんとお花が咲き乱れるということ。人工的な土(栄養)で自然も咲かされるということ。うんちくおねえさんみたいだが、自分自身への提言。栄養がないと、お花は咲かないし、水をあげ忘れるものならば、すぐに反応する。まるでお肌のよう。やっぱり世の中の自然もすべてお手入れが大切ということ。
Yves Montand / Syracuse - Live

by nyfiken | 2009-08-30 17:37

Weekend verchal trips






Kobe beef & Wagyu is already English. I miss Japanese wagyu.

by nyfiken | 2009-08-30 00:43