スウエーデンの面白いものたち


by nyfiken
カレンダー

<   2013年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

H-1B Genius Visa. In USA many Phd Candidates are foreign born. Like many Phd students . Most of them one day will go back to China or India and better country.
The H-1B is a non-immigrant visa in the United States under the Immigration and Nationality Act, section 101(a)(15)(H). It allows US employers to temporarily employ foreign workers in specialty occupations. If a foreign worker in H-1B status quits or is dismissed from the sponsoring employer, the worker must either apply for and be granted a change of status to another non-immigrant status, find another employer (subject to application for adjustment of status and/or change of visa), or leave the US.
The regulations define a "specialty occupation" as requiring theoretical and practical application of a body of highly specialized knowledge in a field of human endeavor including but not limited to biotechnology, chemistry, architecture, engineering, mathematics, physical sciences, social sciences, medicine and health, education, law, accounting, business specialties, theology, and the arts, and requiring the attainment of a bachelor’s degree or its equivalent as a minimum(with the exception of fashion models, who must be "of distinguished merit and ability").Likewise, the foreign worker must possess at least a bachelor’s degree or its equivalent and state licensure, if required to practice in that field. H-1B work-authorization is strictly limited to employment by the sponsoring employer.




Top H-1B rankings
Companies receiving H-1Bs
Rank Company Headquarters Primary Employment Base Received

2006Approved .2009Approved , 2011 total Approved, 2011 new
1 Infosys Bangalore, Karnataka, India India 4, 908, 440, 4,042, 3,962
2 Wipro Bangalore, Karnataka, India India 4,002 1,964, 2, 817, 2,736
3 Microsoft Redmond, Washington US 3,117 , 1,318 1,586 947
4 Tata Consultancy Services Mumbai, Maharashtra, India India 3,047,zero, 1,758,1,740
5 Mahindra Satyam Hyderabad, Andhra Pradesh, India India 2,880,219
6 Cognizant Teaneck, New Jersey India 2,226,2335,7154,222
7 Patni Computer Systems Mumbai, Maharashtra, India ,India1,391,609
8 IBM (India, Private Ltd.) Armonk, New York US1,1306951, 063853
9 Oracle Corporation Redwood Shores, California US1,022,272
10 Larsen & Toubro InfotechMumbai, Maharashtra, India,India947, 602, 1,608, 1,204
11 Intel CorporationSanta Clara, California US 828, 723
12 Ernst & Young LLPLondon, United Kingdom UK 774, 481
13 UST GlobalAliso Viejo, California India 344
14 DeloitteNew York City, New York US 890, 328
15 QualcommSan Diego, California US 533, 320
16 Accenture IncBahamas, Bahamas India 6371,3701, 347
17 HCL Technologies LtdNoida, Uttar Pradesh, India India 910, 1,370, 1,033
18 Google Mountain View, California US 328, 0, 615, 383


Top 10 universities and schools receiving H-1Bs
SchoolH-1Bs Received 2006
New York City Public Schools642
University of Michigan 437
University of Illinois at Chicago434
University of Pennsylvania 432
Johns Hopkins University School of Medicine432
University of Maryland 404
Columbia University 355
Yale University 316
Harvard University 308
Stanford University 279
Washington University in St. Louis278
University of Pittsburgh 275


USA industry depend much on foreign brains who may have high education with high motivation with H-1B visa. ALthough those indians and chinese will return to their own country with better salary and condition with their own love to motherland. So of course they bring best highest technology that they achieved.SO now in CHina, if you go to the hospital, I saw the very modern hightech system and patients if they only pay for it, they can have any better treatment than that in USA.



NWhen I visited an University town in NY state, the Beijing university graduate student told me, according to her, "I am so surprised to see many chinese students in U.S.A . Like my class, half of classmates are from China and even my prof. is chinese.I do not feel like in U.S.A now."





Average China will not have this result of course. SHanghai is the special city in China.One child system seemed to work, but in fact I met many who have brothers and sisters from country side in CHina. The rule is rule, but not to all. Always there are exceptions in that country, that is a good thing in China.We can not believe what we are told in good way and bad way.
by nyfiken | 2013-12-11 03:39


We learn from challengers spirit especially those who made our new Japan after shogun era at the very beginning of Meiji era 1868 in the midst of changing our country.


by nyfiken | 2013-12-11 03:35
The top result country Korea. While Japan had relaxed studying method at school, korea chosed the opposite way, let student study more and harder generally.
韓国は階層社会であり、貧富の差が大きい。金持ちと貧乏のテレビドラマでおなじみだ。男は金持ちになるために一流企業に勤めるため勉強する。女性は、見初められるために、顔を変えてまで整形を繰り返す。中国人の知人が言っていた。@韓国の女性はどうしてあんなに顔を変えてお人形さんみたいにしちゃうのかな。最近中国もそうだけど。日本はそうでもないらしいね。韓国人が日本に来てびっくりしたという話もある。
あれ、ふつうの顔の女の子が多いなあ。そう日本の男性は、見た目がいい女の子と遊んでも、見た目より中身がいい女の子と結婚することが多い。以前読んだ韓国と中国と日本の違い関連の本に、韓国人の男性が日本に来てびっくりするのは、地方のおそばややうどんやのおばちゃんがおばあちゃんだったりする。
韓国じゃ若い女の子じゃないとだめなんだけど、日本はすごいなー。そうKIOSKだって日本の企業の売店だって駅の売店だって、古いスラングでいうと(今の80代が知っている昔の日本のスラング)ロートルズががんばっているのだ。そこが日本のいいところ。


by nyfiken | 2013-12-11 03:29
Maths question (top difficulty level)数学の質問*トップレベル

Helen's got a new bike. It has a speedometer which sits on the handlebar, which tells her the distance she travels and her average speed for the trip.

Helen rode her bike from home to the river, which is 4km away. It took her 9 minutes. She rode home using a shorter route of 3km. This only took her 6 minutes.

What was Helen's average speed in km per hour for the trip to the river and back?
by nyfiken | 2013-12-11 00:52

by nyfiken | 2013-12-11 00:30
フランスのテレビより。世界の学力到達度テストで上海がトップをとった。韓国、シンガポールが続く。
さて、フランスのテレビ英語版で放映されたプログラム。いずれもアジアがトップを占めた。アメリカもイギリスも頭が上がらない。中国上海がどうしてそんなに数学ができるのか。と欧米では、驚いている。
上海の学校は、名門高があり、また一人っ子に対する親の期待が他の国より大きい。私の知っている上海の子供が昔九州地方の工業地帯や産業農業の地図を書く宿題をやっていた。そこで聞かれたが答えられず自分でもがっかりしたことがあるが、そこまで日本の地理や産業を勉強させる中学校の社会のレベルにおどろいたことがある。
The latest international survey shows East Asian students are the best by far in every category. France and the UK are struggling to keep their heads above water. So what makes a good school? How do you prepare students to compete in today's competitive world?





he latest international survey shows East Asian students are the best by far in every category. France and the UK are struggling to keep their heads above water. So what makes a good school? How do you prepare students to compete in today's competitive world?
Our guests on the show: Adrienne COVINGTON, Head of Middle School for the American Section at the Lycée International de St Germain en Laye, Michael DAVIDSON, Head of the division responsible for early childhood education and schools in the Directorate for Education of the OECD, Jiajia WANG, Professor of Chinese Art at Sciences Po Le Havre, Anne Elisabeth MOUTET, Columnist, The Sunday Telegraph, Jeff HUGHES, Secondary School teacher (from London).
by nyfiken | 2013-12-11 00:12

When I was a kid(many many years ago(, I listened to the radio in Japan about Singapore. That time, they mentioned about the goverment support to educated womens having babies. I was certainly surprised. Singapore is a kind of idealistic @China@ since then.NOw shanghai want to ahieve what singapore has done for decates. I think they can do it.

I have visited Singapore more than 5 times. Singapore is the united of 3 different folks. Chinese han, malay and indian.Small but smart. Efficient and practical.Let us see how educational system in Sigapore.

by nyfiken | 2013-12-11 00:00
オーストラリアの国会でもPISA学力到達度テストのランキングにショックを受けて、けんけんがくがくの
議論となった。教育費にお金をかけたのに、このざまはなんだ。税金を投入したのに、成果がないと怒っている。


ニュージーランドの国会のけんけんがくがく。PISAテストの結果に。
なにをやっているのだ。9年間の教育の結果を見なさい。
ホープレスな今の状態をどう見るのだ。ニュージーランドの義務教育のスタンダードは
ひどいじゃないか。我々の子供たちは、義務教育において確実に徐々に世界の教育スタンダードからどんどん下の方に後退している。この結果は、いつも誰かのせいで、国の誰も、政治も責任をとらない。


Urgent Debate - OECD PISA Survey 2013




世界がこの学力テストでショックを受けた。上海は2009年からトップ。韓国、シンガポールなどが群を抜いて日本も上位である。
イギリスもアメリカも振るわなかった。日本はトップではなく、中国韓国より下。確かに円周率を3.14を3にした10年以上前に、当時の大人私を含めて、だいじょうぶかなあ。とゆとり教育を心配した。そして今ゆとり教育の結果
日本の学力は、少々低下して国力、知力、生きる力ともつけなければいけない時代に突入したといわれた。ところが、各国でこのテストの結果を受けて政治かも国も動き出しているのに、テストに物申すというのが今日ほやほやのBBCのニュース。

BBCのテキストを外国語で読めるが、外国語で読めます野中に、中国語などはあるのに、日本語版がない。ここからも日本は遅れる。ビルマ語やウルドウ語まであるのに。


英語が読めない人はGOOGLE翻訳に入れて読んでね。
日本は、かなりいい線を行っているのだが、トップが上海、香港、韓国などに続いて。学力は国力となる。フィンランドもトップである。フィンランドがトップなのか。これは、とても興味があるところだ。おもしろいところでは、移民の教育成熟度のところでOECDのHPのJAPANの到達度のページでは、ゼロとなっている。移民という枠組みで別教育をせず、学校では、みんな日本人として同じクラスで勉強させるからだろうか。

www.bbc.co.uk/news/magazine-25299445
(Original resourse from)

How accurate is the Pisa test?
By Ruth Alexander
BBC News

The Pisa league table which ranks test results of students from 65 countries is taken very seriously by policymakers and the media, who celebrate a good performance and bemoan a poor one. But how accurate is it?

Every three years results are published of tests taken by about half a million 15-year-old school children from around the world in maths, reading, science and problem-solving.

The OECD, which runs Pisa, the Programme for International Assessment, publishes a report analysing the performance of the different countries.

This year the five top-performers are all in Asia: Shanghai is at the top of the class (China is not assessed on a country-wide basis), followed by Singapore, Hong Kong; Taiwan, and South Korea.

Other consistently strong performers are Finland and Switzerland.

Countries like the US and the UK are middling - yet again. And Peru languishes at the bottom of the league, with the likes of Indonesia, Brazil and Tunisia not far behind.




Tunisia, by the way, is the only African country that takes part.

But how does the test work?

About 4,000 children in each of the 65 countries are subjected to the test, which lasts for two hours.

But only a small number of pupils in each school answer the same set of questions.

The reason for this is that Pisa wants to measure a comprehensive set of skills and abilities, so it draws up more questions than a single child could answer (about four-and-a-half hours' worth) and distributes them between different exam papers.

Pisa then uses a statistical model, called the Rasch model, to estimate each student's latent ability. They also extrapolate from each student's answers how they would have fared if they had answered all the other questions, had they been given them.

Continue reading the main story

Start Quote

I'm not actually able to find two questions in Pisa's test that function in exactly the same way in different countries”

Svend Kreiner
University of Copenhagen
David Spiegelhalter, professor of the public understanding of risk at Cambridge University, says this practice raises its own questions.

"They are predicted conditional on knowing the difficulties of the questions - as if these are fixed constants," he says.

But he thinks there is actually "considerable uncertainty" about this.

Furthermore, a question that is easy for children brought up in one culture may not be as easy for those brought up in another, Spiegelhalter says. "Assuming the difficulty is the same for all students around the whole world" is a mistake, he argues.

So when you see the league table of countries, the first thing to understand is that each country has been ranked according to an estimate of national performance.

Maths scores
Spiegelhalter is not the only academic to find fault with the Pisa tests.

"I don't think it's reliable at all," says Svend Kreiner, a statistician from the University of Copenhagen in Denmark.

Continue reading the main story
Rank envy

The impact of Pisa as an international phenomenon could be directly linked to its bold willingness to rank countries.

These league tables emerged about the same time as universities first experienced being listed like football clubs. It was an unfamiliar approach, but ranking has spread like ivy over ancient institutions.

Everyone stands back and says it's a terrible over-simplification - and then starts planning ways to get higher.

Pisa tests: What do we know now?
He has been looking at the reading test, in particular, and he too casts doubt on the idea that a question in Danish for a Danish child is always as hard as a question in Chinese for a Chinese child. Language differences and cultural differences, he says, can both influence the difficulty level.

"I'm not actually able to find two questions in Pisa's test that function in exactly the same way in different countries," Kreiner says.

When Svend Kreiner first made these criticisms in 2011, the OECD's deputy director for education, Andreas Schleicher, defended the Pisa tests to the BBC.

He argued that although it is possible to find a task in which Denmark does significantly better than England and another task that Denmark does worse than England the tests were still a valid way to compare performance.

"The model is always an approximation of reality," he said.

Continue reading the main story
More or Less: Behind the stats

Listen to More or Less on BBC Radio 4 and the World Service, or download the free podcast

Download the More or Less podcast
More stories from More or Less
"The question is does the model fit the reality such that there is no distortion of the results."

He does say that people shouldn't pay too much attention to the precise country rankings, because of the margin of error in the calculations. He would not attach too much importance to whether a country was ranked 27th or 28th, he says.

But for David Spiegelhalter this does not go far enough.

"Pisa does present the uncertainty in the scores and ranks - for example the UK rank in the 65 countries is said to be between 23 and 31," he writes in a recent blog post.

"But I believe that the imputation of plausible values, based on an over-simplistic model and assuming the 'difficulties' are fixed, known quantities, will underestimate, to an unknown extent, the appropriate uncertainty in the scores and rankings."

Continue reading the main story
The answer is...

28km per hour
Almost a third of 15-year-olds in Shanghai did well on questions of this difficulty level, followed by 20% in Singapore
The average - found in countries such as France, Austria and the UK - was 3%
It's unwise for countries to base education policy on their Pisa results, he says, as Germany, Norway and Denmark did after doing badly in 2001. This is to underestimate the "random error associated with the Pisa rankings", in his view.

And when changes in education policy are followed by a higher Pisa ranking, he cautions against inferring a causal connection.

"While, with hindsight, any pundit can construct a reason why a football team lost a match, it's not so easy to say what will make them win the next one," he writes in the blog post.

Another fundamental question is how to weigh educational attainment against well-being.

South Korea might have come near the top of the educational rankings, but they come bottom in the rankings of happiness at school, Spiegelhalter notes - and Finland is only just above Korea.

By contrast, he points out that the UK fares "rather well" on these three questions:

"I am happy at school"
"I am satisfied with my school"
"I enjoy getting good grades"

Spiegelhalter does think there is merit to examining children around the world.

Broad lessons can be learned, he says, it's just that at present too much attention is often paid to the precise numbers.

Additional reporting by Charlotte McDonald and Hannah Barnes

Follow @BBCNewsMagazine on Twitter and on Facebook
by nyfiken | 2013-12-10 23:30
Bill Gates start giving money to fix america+s education.

by nyfiken | 2013-12-10 23:00
あることろで、インド人が最近インドに留学してくる母親と子供だけの英語を勉強する海外留学の韓国人の生徒が多いのですよ。という。お父さんだけは、国で働いて、奥さんと一緒に子供の語学留学にだすという。英語を学ばせることに躍起となる韓国社会。格差社会が広がってしまった韓国は、グローバル社会のいい点も悪い点も両方同時進行で経験している。グローバル化にいち早く漕ぎ出した隣国韓国は、国内市場が小さいことから20年以上まえからグローバルビジネス展開*今ユニクロが言っていること。をしてきたのだが、その魁は、サムソナイトのかばんだろう。

世界中どこの大きな空港では、サムソナイトの出店がある。最近は、サムソナイトのかばんを売っている中にサムソンの電気末端機も売られている。宣伝は、20年前にすでに各空港の例えば、荷物を載せる手押し車の後ろに全てサムソナイトのロゴがペインとされていた。サムソンの創始者は、日本の早稲田大学に留学し、温泉めぐりばかりして、あまり勉強しなかったといわれているが、最初は、韓国に帰って、中国向けのりんご輸出などから始めた。

その後紆余曲折を経て、現代の2代目王国となっている。韓国は、中小があまりぱっとしないが、大手企業現代、サムソンとエリートのエリートが受験戦争でしのぎをけずり一流企業に就職する。一昔前の日本のようだ。入社後の泊りがけの合宿がサムソンの会社人を作るといわれているのが、何をするのだろうか。韓国は、軍隊義務があるために、男性の根性はかなり鍛えられる。日本人は、責任感が強く、コレクテイブー一人で狩をするひとでなく、みんなで手分けをして田植えをする共同社会なので、みんなで遅くまで仕事をする。だから世界で日本人の労働時間がほぼ一番長いということになる。

日本の大手の工業メーカーの人とお話しする機会があった。わたしサムソンなんて安くたって絶対買わないわ。というと、実は、サムソンには、わが社の部品が買われていて、とてもいいお客さんなんですよ。ただ、値段はたたかれますけどね。サムソンの携帯は、自社で開発するというより、あちこちからの寄せ集め見たいなパッチワークですから、だから要するに集める親玉は韓国の会社ですが、あの中には、結構日本製品がはいっているんですよ。なるほど。。

さて、海外子女教育のデイレンマ。英語教育を学ぶために海外に留学に母子供で出す韓国人の考え方。アメリカやイギリスなど英語圏ならいいが、例えばフランスなどは、フランス語を学ばなければいけない。スウェーデンは、スウェーデン語となる。子供がどういう言語で、社会的な教養や、ものの考え方の基本を学ぶかは、どういう言語で教育を受けるかによるが、どの言語で知識を学ぶかは、きちんとその言語が習得されていなければならない。バイリンガルがゼロリンガルになる畏れを抱く親も少なからずいる。日本語を学ばせても、受験には関係がない。ただ日本語能力をつけさせて、日本語で読めたり、書いたりさせたい。これが日本に帰る予定があまりない親御さんの考え方であろう。

むしろ外国人的なアプローチである。両親が日本人の場合であっても、海外に長く暮らさざる終えない子供は、現地の言葉で基礎教育をほとんど受けるために、そこの国の人となる。知り合いにフランス語教育ですべての義務教育を受けた人がいるが、両親が日本人であるために、日本語は普通に話す。しかしながら、読めない書けないために、日本の新聞が読めない。話をすると普通の日本人だ。きちんとした東京のアクセントだ。が知識はすべてフランス語で書かれたもので受ける。頭の中は、戦前の日本人だといわれるんですよ。古いんです。という。日本語は、ベトナムの日本人補習校で少し勉強しましたが、読めませんね。漢字が特に。と話す。


同じくフランス語で教育を受けた知人の姉は、その後に、パリの大学で法律を勉強して企業専門の弁護士をしている。彼女いわく、姉の日本語は、フランスで会いましたが、ひどいもんですよ。ぜんぜん日本語がでてこなくてみんなフランス語に置き換わってしまうんですよ。私のほうがまだましかな。と言う帰国子女も結局一生住むために帰国しなかった。フランスの植民地を渡りあるいて今は海外で永住の棲家を見つけた。その知人の親は、夫を海外で亡くし、その後一人子供を連れて日本に戻り、亡くなられたが、海外子女になった子どもたちは、日本に住むことなく、一生フランスとフランスの植民地にいて暮らしている。

日本語を体系的に勉強しなければ、コミュニケートはできるが読み書きが難しい。海外に長く住んでいえると、日本語がおかしくなる。人事ではない。もちろんスラングなどは、どんどん分からなくなる。下手をすると70、80以上の人だけが使う昔の死語スラングを今もまだ使ってしまう恐ろしく古い日本語ボキャブラリーを平気で使っていたりする。例えば、今の海外に住んでいる人に@あらフォーってなんですか_と聞いても、多くの人は、ベトナムのうどんかな。とかさかなのあら煮です。など答えてしまうだろう。

海外帰国子女は、日本に帰ることを一定の基準として日本政府が補助している学校である。
帰国子女といわれる生徒のほうが少数派になり、大勢は日本語能力が帰国子女よりどうしても劣る現地の生徒が大勢の時に、教育の内容や指導は大勢にあわせた形となり、日本語をきちんと教えること、指導要領の内容が25パーセント厚くなったために、社会を減らして、国語と数学を教えるという。

小学校補習校で全く社会を教えていないということは、初めて聞いたのだが、言語は学科をクロスオバーして言葉や観念を学ぶものであるから、社会の言葉を学ばずしてどうやって観念や社会言語を身につけるのか疑問である。補習校で学ぶ子供が9年間日本の社会を義務教育の枠内で教わらずに大人になるという。

日本の憲法、歴史、世界の中の位置付けを教え、国を思う心や、日本の役割、工業、産業などをしっかりと時間をとり海外に住むまったく日本に帰らないかもしれない子供も含めて教えなければいけない。ああくまで理想論である。補習学校の校長先生も、講師の先生もみんな国語をまずちゃんとやらないと社会の教科書が読めないんです。とおっしゃる現場の声も無視はできない。小学校の補習校で全く社会を勉強していないのに、中学校で読めるわけがないんです。という。内容が増えた国語の指導要領をすべてこなすために社会が始めてなくなった現実をどのように考えたらいいのだろう。

結論は、餅屋の餅で、現場の教師の声が一番反映されるべきだという私の中で結論に達した。しかしながら、中学校に進学する多くは帰国子女が8割を占めるとするならば、週末土曜日の5時間の授業のうち数学を2時間、国語を3時間と3年間するよりは、社会を隔週で入れるなどできないのだろうか。ゼロと少しでは人生に大きく跳ね返ってくる。社会は、受験しなくてもいいが、基本的な日本国の憲法や社会のなりたちなどは、海外の学校で教えられるべきだと思う。現地の学校やインターナショナルの学校では、おのおのの国の社会やイギリスの議会などを教わるだろう。

願わくば、校長先生のおっしゃった国語の教科書の中で増えている社会や理科の要素環境問題などを通じて社会を学ばせる。そういう方針に期待するのみである。日々生徒と接している教師の声は、何よりも説得力があるのは確かで、理想論だけでは処せない問題でもあるが。一抹の矛盾と疑問が残る。あとは個々で海外子女をサポートする財団の社会などのコースを通信で子供に勉強させる自学学習となる。ほとんどの海外帰国子女を持つ親の心を横切るのは、自分の仕事で子供を犠牲にしたくない。という気持ちである。いやまだアフリカの部落に日本人が誰もいないところに赴任するよりはいいんですよと言う親もいるかもしれない。

今年の夏、大阪で夜通りを歩いている時に、有名名門高校お受験の塾の前を通りかかった。いつも10時近くまで明かりがついていて、中には子供たちが先生の話すことをメモしながら机に向かって勉強をしている。

夜9時半、10人くらいの子供が、窓ガラス越しに見ると明るい蛍光灯の明かりの元机を並べて勉強していた。こんな遅くに、子供たちは、一体何を勉強しているのだろう。黒板を見ると日本の議会制度である。夜遅く、大人たちは、ほろ酔いで歩いている時に、次の日本を背負う子供たちが、日本の議会制度を勉強していた。議会の仕組みをこんな夜遅くまで勉強している子供たち。将来のエリートを作る名門高校お受験塾がその子の将来にどういう影響を及ぼすかは分からないが。名門高等学校の受験科目には社会があるために、必死で勉強していると考えることができる。


日本の文部省教育審議会の関係者に知人がいるが、帰国の折に機会があるならば、海外の補習校における社会の教育の有無等にご意見を伺ってみたいものである。

補習校は、経営していかなければ、なりたたない。一生懸命に勉強する仲間がいて、中学校になると仲良しになるという。勉強だけでなく、友達のつながりで、みんな楽しい学校生活ができることがやはり一番。こうなったら社会科は、スウェーデン在住の日本人の親が小学校から教科書を買って理想的には中学校3年まで教えることとなるのだろうか。いいえ。必要ありません。だってスウェーデンのお受験、EUも、日本の社会なんてでないんですよ。とおっしゃる親御さんもいるだろう。まったくのデイレンマである。
一個一個の事柄は、これからは、暗記してもしょうがない。社会を体系的に学ばせる。何年に誰が何をしたというクロスワードクイズ的な社会の勉強する時代は終わりを告げ、どうしてこれが起きたのかという流れの中で歴史を学び、反省としたり、今後どうしたらいいか考えさせるという学習スタイルとなると思うのだが。
by nyfiken | 2013-12-10 21:45